♥ 世界のびっくり本&DVD&モロモロ専門店「どどいつ文庫」です。ご連絡はdobunko@excite.co.jp「コニチワど文庫」係まで大至急に。
 
ジャンル
別リスト
問合せ
&注文
最新の
ウフフ
最新行進日
2006.4.11
AM.10.00
先月の
デヘヘ
今年の
ムヒヒ
去年の
ケケケ
その前
オホホ
前の前
のンガ
 

目次でゴザル

お問合せ&ご注文はうはう
ヂャンル別リスト
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
dobunko.exblog.jp/

 

◎明日のホカホカ
どどいつ文庫‐通信販売目録

どどいつ文庫‐新宿山の手ショウルウム
東京最後の秘境「どどいつ文庫‐新宿山の手シヨウルウム」のご案内

小鳥さんの部屋
ど文庫のお客さま、小鳥さん(仮名:元NGぎゃらりぃ応援部員)の本棚のすみっこ拝見。

どどいつ文庫‐通信販売目録 」のお知らせ
最最新目録の作成は順調に足踏み中ですが、とりあえず

どどいつ文庫‐新宿山の手ショウルウム
東京最後の秘境?「どどいつ文庫‐新宿山の手シヨウルウム」のご案内

   
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せご連絡は、 dobunko@excite.co.jp までいつでもどうぞ。
---------------
[記=2006.03.30]

2006年3月ホカホカ入荷ですたい!
(最新ちょめちょめ日=2006.3.30)

*それぞれ順にゴキっと押っぺして見みみてください。
翌月のペエヂはアチラ          前月のペエヂはコチラ

    ♥♥  二○○六年○三月のもくぢです    ♥♥(最新こねこね時=2006.3.30.PM20.00)

♥ ♥二○○六年○三月の目次
今月のホカホカ
珍品ぢどうしゃ発掘写真集『ヘンテコな自動車たち/世界の奇妙な自動車100年』(3.30)
自家製せくす機械製造マニアお宅訪問写真集『せくす用の機械たち‐写真あんどインタビウ』(3.28)
行方不明の買い物カート野外観察写真集『迷い子になった買い物カートたち‐東北アメり力篇』(3.26)
500%増量の血縁妄想お写真かたろぐ『キミんちのよりもっとイヤぁな親戚ワースト50』(3.24)
人獣乱交的突然変異系イラスト凶作集『はじける超現実主義/浮上するあんぐらア〜ト』(3.22)
脚話術あ〜と写真集『歩く+喋る+寝そべる=ウソをつく/ローリー‐シモンズ写真集』(3.20)
臭い本『郷臭(のずたるじぁ)/過去へ連れ去る臭いたち』(3.18)
未来懐古まんが傑作集『精神錯乱の別荘/チャールズ‐クラフト作品集』(3.16)
悪趣味キテレツ陶芸あ〜ちすと作品図録本『牢獄の空気のなかで』(3.14)
図解&矢印フェチいらすと画集『実技指導のア〜ット/おけいこ第1課』(3.12)
秘境ニポン駄菓子屋玩具これくしょん『サヨナラ‐ホームラン!/ニポン野球カード』(3.10)
現代北欧サイケいらすと集『怪物たち/クラウス‐・ハーパニエミ』(3.08)
あめリ力歴代お笑い芸人大図鑑『写真でみる寄席芸人の歴史』(3.06)
メキシコ超悪趣味豪邸(ご-てい)自慢写真集『金持ち&有名なヲンナたち』(3.04)
未来懐古まんが傑作集『モダンああふぅ』(3.01)

…………………………………………………………………
翌月ぶんと前月分
翌月のペエヂはアチラ         前月のペエヂはコチラジャンル別総合リスト
2○○3年01月1日から2○XX年XX月XX日まで
…………………………………………………………………
お問合せ&ご連絡は: dobunko@excite.co.jpまで。25時間受付ちうです。
…………………………………………………………………
最新ペエヂはアチラ

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.03.30)

珍品ぢどうしゃ発掘写真集

ヘンテコな自動車たち/世界の奇妙な自動車100年』
★★★★★ 。。怪作写真集『アァっと自動車』に大集合した世にも奇妙な自作改造自動車のかずかずは、いはゆるノオマルな自動車の外観からどこまで限り無く遠ざかっていけるかの飛距離を荒らそうバンヂイぢゃんぷ競技のような熱気に包まれている一方で、土台になっている自動車のしくみそのものは、そこいらぢゅうの道路や駐車場や道を歩いているひとの背中のうえお腹のうえなどを24時間無休で走り回っている、いはゆる大多数派の自動車をそのまま流用しるものばっかりであったわけですが、本書『ヘンテコな自動車たち』は、エンジンのちからで4つの車輪をコロコロ転がしてヒトをひいたり色々なものに激突したりするための乗り物、とゆう自動車についての半固定的想像図=現実っぽい像から、大なり小なり自動車の骨ぐみや土台のしくみのうえでハミハミしているのが特徴の、自分勝手な自動車らしさ、自動車風をふかしまくっている、びみょうに大胆にヘンテコな自動車たちが、大判1ぺえじにつき1台〜3台ずつ、草葉の蔭からぞくぞく登場する珍品自動車ショウなのでありますす。背中あわせにある座席のそれぞれにハンドルがついていて前後左右のどちらにも運転できる自動車や、自動車と小型飛行機をノリとハサミでつないだようにむりやり1つにつなぎあわせてある空飛ぶ自動車、自動車タイヤがついた自転車、巨大コビト自動車、飛行機用の超強力エンジンを積み、しかもブレーキのついていない弾丸自動車、水陸両用にみせてボートに乗っているだけの自動車。。などなどーなど、自動車業界のしょうばいにんたちが本気のつもりで大量製造販売を目指して企画倒れに終わったか、発売されても売れ行き不振で生産中止になって退化の袋小路にはまりこんで絶滅した珍種ぢどうしゃたち。高熱で寝ているときなどに夢のなかを無気味な無人自動車がぶうぶう走り回って追い掛けてきたりすることがあったりなかったりすることがなくなくもないようですが、そんな悪夢の自動車の正体に接近するための手がかりにもなりそうな一見単調でいて意外な噛みごたえありっぽいお写真集です?? [記:2006.03.30PM20時00分ごろ]

珍品ぢどうしゃ発掘写真集 『ヘンテコな自動車たち/世界の奇妙な自動車100年
by=ティモシィ‐アーキボールド 外見=はあどかば。ヨコ24.6xタテ29.5センチメイトル。重さ=約800ぐらむ弱。 カラー&シロクロ写真集。112頁。 発売=2004、from えげれす(英語版)
ど特価=¥3500 お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: 自動車唱歌06030
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.03.28)

自家製せくす機械製造マニアお宅訪問写真集

せくす用の機械たち‐写真あんどインタビウ』
★★★★★ 。。電気ぢかけの模造ちんちんを自宅で作るのを趣味や仕事にしているヒトたちのおウチのなかにある作業場を訪問。草の根せくす機械化ぷちブウムの日頃は目にみえない現場関係者のかたがたに、なぜに股そんなことを?とゆうあたりの個人的事情を根掘り葉掘りイロイロほぢほぢ掘りかえしながらの訪ね歩き。21世紀せくすのパンツのゴムの伸びぐあい調査ちっくなお写真集であります。ぢぶんのおウチでしこしことセクス機械の開発や製造に目をかがやかせているヒトと聞くと、たとへば野坂昭如げんさく今村昌平かんとくの映画『エロ事師たちより:人類学入門』(1968)で小沢昭一がえんぢたような日蔭の世界の住人を思い浮かべたりされるむきもあり得りうるかと思います。確かにその方面系の、たとえば業界すじ向けプロ仕様の装置を開発したリッキィさんとゆうマッサージ師くずれの千人斬りをとこのように、装置の購入を希望するお客さんととことんまでのおつきあいをしたがるヒトや、自家製せくす機械発明工作ぶうむの圧倒的な押っぺし力となったファツキングマシンどつぼコムのこれくしょん、合法ばいしゅん街‐ネバダの名門「ちきん‐らんち」内で稼動中の、総重量約230キロ、最高震動速度毎分6500回転で世界初のインターネット経由での操作が可能とゆう電脳せくす機械の作者とばいしゅん宿のやり手ババ、などプロ中のプロみたいなひとたちもちょろちょろ登場するいっぽうで、それとは極端に正反対に、パスタの麺うち機を改造した電動ちんちんや、モーターを着脱式に改造して、ふだんはクッキーやお菓子づくりに使え、真夜中ムウドのときにだけ、夜の電動おもちゃに流用ができるミキサーを作ったヒトや、子どもの時からじぶんが使うための義肢をぢぶんで工夫して作ったりしていて、はじめて作ったせくす機械は高校の同ぢクラスのホモ生徒用のものだったとゆうヒト、白血病の子どもを抱え家族の生活費かせぎのために合計2500円ほどのリサイクル部品を材料に売れるせくす機械を製造販売する失職者、棺桶型のばいぶで遊ぶゴスかっぷる、50才すぎのおデブな彼女と、それをモデルに有料えろーすホーム頁で小銭をかせぐ交通事故で車椅子生活のをとこヒトのカップルのために、セクス機械を製造&ただでプレゼントしてあげたご奉仕ごころあふれるアマチアせくすマシーン職人、ピストン運動無用論を証明するために電動器具をつくり続けて17年とゆう理論派のおじいさん、とかとか、世の中にはいろんなひとがいる、のひとことではかたづけられないいろんなをとこ、あんど、をんなのひとたち。さまざまな思いや体液にまみれているはづなのに、みた目としてはとってもばかばかしいような電動ちん各種がそこに置かれてあることで大なり特大なりに違和感をかもしだしまくっている書斎、工作室、台所、居間、車庫など、日常の生活くうかんウイズ電動こけしウイズ作者たちの、とにかくあんまりにもいろいろあり過ぎるひとたちだらけのお写真あんどルポなので、せくす機械や電動具なんかに興味なしの方にも興味つきない1冊になっています。こーゆーばらばらなひとたちを数珠つなぎに萌えあがらせる縁の下のインタアネットリ力や機械工作まにあたちの実力に驚いてみたりもしつつ、どこまでも意味不明でうれし気な問題写真&現場るぽ集です?? [記:2006.03.28PM22時00分ごろ]

自家製せくす機械製造マニアお宅訪問写真集 『せくす用の機械たち‐写真あんどインタビウ
by=ティモシィ‐アーキボールド 外見=はあどかば。ヨコ24.6xタテ26.5センチメイトル。重さ=約690ぐらむ弱。 全カラー版。写真&るぽ。112頁。 発売=2005、from ろさんじぇるす(英語版)
ど特価=¥3500 お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: 自家発電装置060328
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.03.26)

放置ポンコツ買い物カート野外観察写真集

迷い子になった買い物カートたち‐東北アメり力篇』
★★★★★ 。。買い物カゴを乳母車に取り付けたような形のいはゆる買い物カート(ショッピング‐カート)といえば、ゾンビー軍団が多数はいかいしたりできるほど床面積が広い東北アメり力地方のスーハー市場やデバートに無くてはならない風景の1コマの隅っこですが、町の中や町の外などのあちこちで「迷子」になって全身ボロボロの無惨なすがたをさらしている行き倒れ系の買い物カートを7年間にわたって250体ぶんばかりも捕獲‐採集。これを著者による新発明の迷子カートたいぷ別分類にあてはめて、それぞれの迷子カートの来し方行く末までを透視してみせたオールカラー写真版の放置ポンコツ買い物カート野外観察図鑑ふうお写真集です。肌つやが思いきり最悪で、骨格もゆがんだりつぶれかけたりしている買い物カートが、おもいかげない場所で寝転がったり倒れていたりする姿は、最悪の大量消費社会時代の牛車というようりは、ジャングル奥地や沙漠のなかのへータイさんの白骨死体の雰囲気。池や海のなかに水没しそうな買い物カートやコンクリのヘドロで死に体のカートなど、カンドーもひとしをで、放置自転車部品ドロボー写真集『棒(ぼう)につながれた自転車 』の、説明さーびす多めな姉妹編のおもむきです。真正買い物中毒者のかたや、買い物カート萌えのかた、スーパーで品だしのパートをしているお知り合いへのご贈答のためにも、ぜひ買い物カートに投げ込んだつもりのいきおいで、当店までお注文ください。。 [記:2006.03.26PM11時15分ごろ]

行方不明の買い物カート野外観察写真集 『迷い子になった買い物カートたち‐東北アメり力篇
by=ジュリアン‐モンターギュ 外見=そふとはあどかば。ヨコ16xタテ21.4センチメイトル。重さ=約410ぐらむ弱。 全カラー版。写真図版250点以上。176頁。 発売=2006、from にうようく(英語版)
ど特価=¥2500 お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: 買い物ブギ060326
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.03.24)

500%増量の血縁妄想お写真かたろぐ

キミんちのよりもっとイヤぁな親戚ワースト50』
★★★★★ 。。たとえば、蛇おんなのヒトが家族として居候させている陸ガメがいわゆる浮気相手のサンショウウオを連れてきて一緒に寝起きをしはじめたようなときに、蛇おんなからみてサンショウウオを親戚の範囲にまぜてあげることにどんな不都合があるのか??など、世間にありふれた義理の姉妹兄弟、義理の親子どんぶりの実例さまざま数えあげてみても、血のつながりとゆう妄想に輪をかけてアイマイもっこりとした親戚とゆう妄想のとりとめのなさには何か心和むインチキ臭いほのぼの感がちょっぴり無気味に付着しているわけですが、あの人その人などみなみな様ごぢしんの親戚のぢいさんばあさんじょうちゃんぼっちゃんおばさんおじさんとかとかの中に、もしもこんなヒトがいたらイヤだよぉ、とゆうクッキリしたチャームぽいんとつきの人物わあすと50たいぷをイメエヂ写真つきで網羅した、イヤぁな親戚あるある写真図鑑本であります。そろいも揃ってぶ厚い世間的信用と名声にくるまれて将来のしやわせが確実に保証されている「完璧かぞく」にはじまり、「離婚暦ありで出会い系で燃焼するオヂさん」「TVコマーシャルで人気の子どもモデル」「本気で堅い握手をしたがるヒト」「競泳用の股間ぴっちりビキニパンツをはきたがるヂイちゃん」とかとかとか、そんなに嫌がらなくてもいいのでは。。と作者にはいしどうどうしたくなるような中途半端にいやな親戚きゃらくたあが、ぞろぞろ登場。その典型的な特徴や、そのそばにいると得することや損することなど、全部で50種類のそれをハンディ図鑑ふうにまとめてあります。苦手だった親戚づきあいを、珍種の昆虫採集とおもい直して楽しみに変えてみるきっかけなどに、なるわけはあんまりないかもしれないですが、びみょうに中途半端なくだらなさを噛み締めたい方や、冠婚葬祭用のいや気なお土産をお探しの方はぜひどおぞ??? [記:2006.03.25AM00時20分ごろ]

500%増量の血縁妄想お写真かたろぐ 『キミんちのよりもっとイヤぁな親戚ワースト50
by=ジャスティン‐ラックス 外見=愛蔵版小型はあどかば。ヨコ13xタテ19.4センチメイトル。重さ=約270ぐらむ弱。 全カラー版。104頁。 発売=2005、from にうようく(英語版)
ど特価=¥2000 お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: 拡大小家族060324
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.03.22)

人獣乱交的突然変異系イラスト凶作集

はじける超現実主義/浮上するあんぐらア〜ト
★★★★★ 。。「ニンゲン御一行さま」とゆう看板のぶら下がったお花見の席の仕切りの紙テープの向こう側に広がる景色まで見物したいとゆうときに、別枠扱いされるリッパなヒトに成り上がることを目論む高級あ〜と(ハイブラウ‐アート)正反対に、映らないテレビ受像機やビデオ再生機が家具のように並ぶゴミ捨て場に棲息するオンボロ人形へと突然変異することで通常の「ニンゲン御一行さま」席からでは見通しのきかない夜のお花見気分を味あわせてくれる劣等あ〜と(ロウブロウ‐アート)が1990年代中ごろにブウムになりはぢめてからかれこれ10年。ロバート‐クラムとともに1960年代アングラまんがブウムの扇動者で、そのままひきつづき劣等あ〜との扇動者でもあるロバート‐ウィリアムスとその後続後継世代の人気劣等あぁちすとの方々総勢23人の作品を寄せ集めた歴史的凶作作品集です。収録あぁちすとは、実話犯罪地獄豆絵本風 『 酔いどれ共、底ぬけ共、あんどイキのいい泥棒乞食共 』の猟奇画魔人ジョー‐コールマンもいれば、ニポン和菓子職人系ヂャズ喫茶マスターたいぶの怪獣をたくティム‐ビスカップ、助けたミツキィマウス亀に連れられて世界の七つのオネショの海の彼方の竜宮デズニランド城を漫遊するクレイトン兄弟突然変異の子どもたちのエリック‐ホワイトやトッド‐ショアー 、現在では入手困難な絶滅どうぶつ幻視画集 『 災厄の剥製師/初期北米植民地の末期的動物誌』のスコット‐マスグローブ、ゴスロリ廃人人形作家リズ‐マクグレイス、極悪趣味陶芸工作者チャールズ‐クラフトなどなど、当ホ〜モ頁でもおなじみの駄々っ子のかたがたはじめ、ニポンでも大人気のマーク‐ライデンやシャグやイレズミ大親方エド‐ハーディ、21世紀式ふぁんたすちっくBDSMいらすとの放棄星カミーユ‐ローズ‐ガルシアなどなど登場する絵描き作者は総勢23人。寄せ鍋のなかではガイコツ、どうぶつ、妖精、ばけもの、人形、宇宙人、テレビや広告中の仮想人物たちなどの具が、ニンゲンさまと一体になって恍惚の不安感にヨロコビのなみだをぷるぷるふりまきながら泳ぎまわっています。狂牛病の牛肉でつくった牛どんの大盛りを何杯もお代わりしたあとのような満腹感とゲップの味を楽しみたいかたはぜひ??? [記:2006.03.22PM21時40分ごろ]

人獣乱交的突然変異系イラスト凶作集 『はじける超現実主義/浮上するあんぐらア〜ト

by= 外見=愛蔵版はあどかば。ヨコ26xタテ26.2センチメイトル。重さ=約1.2きろぐらむ弱。 全カラー版。156頁。 発売=2005、from さんふらんすすこ(英語版)
ど特価=¥5400 お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: 密室プレイ060322
「今日の目次」はコチラ

  ♥♥  今日のど忘れ日記  ♥♥(最新こねこね時=2006.03.21.PM22.15)

ヂャンル別りすとを3つきぶりに後進しました」
★★★★★ 。。去年12月7日以来、指おりかぞえて1、2、3毛月ぶりで、「ヂャンル別りすと」に今年2月いっぱいのぶんまでのご案内済み本を追加しました。今回は新ヂャンル「DVD」コーナーにDVDだけをまとめてのせてみたりもしてみましたのですが、どどでもよかったですねへ。眠気でモーローとしながらの作業に終始したためいつもながらのリンク切れその他不備なところもあちこちにあるかもしれませんのですが、とりあえず見てみてくだはひ。。。

★★★★★
[記:2006.03.21PM22時15分ごろ] …………………………………………………………………
お問合せ&ご連絡は: dobunko@excite.co.jpまで。25時間受付ちうです。
「今日の目次」に戻る

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.03.20)

脚話術あ〜と写真集

歩く+喋る+寝そべる=ウソをつく/ローリー‐シモンズ写真集
★★★★★ 。。現実とゆえばホントのホントをそのまま吸い取ることが写真家のおつとめのような錯角がしぶとくはびこっていた1980年代はじめごろに、実際の現実をささえる骨でもあれば皮でも肉でもある自家製手づくりの現実いがいの何ものでもなくなくないウソを大胆に導入した演出写真、自作妄想自演写真づくり第一世代の一員として世にでた女性写真家ローリー‐シモンズさんの足フェチな足あとをたどり直す魔法人形お写真集です。魔神のご休憩ルウムっぽく邪悪な空気にくるまれた日用製品が要所要所に安置された人形館の大道具小道具づくりにも確かなウデを披露してくれるシモンズさんですが、やはりみどころは、脚フェチを公言するシモンズさんらしい人形たちの脚の人相とりどりや、人形の脚もとに寝転がってウソのお相手をしてくれる見物人を待ちわびつづける影たちの表情ではあるでしょか?
ハンドバッグの超特大ヂャンボ版や歩く写真機や歩く一戸建て住宅や歩くペストル歩くお誕生ケーキまるごとなどの上半身を、スラリと伸びた左右各1本ずつの合計2本脚の1組みづつが支えている怪獣とゆうより東海道お化け戦争の妖怪みたいなハリボテ人形人間の影。似たように何を考えているのかわからない顔をした腹話術の人形たちにあれこれの衣裳をつけさせてあげた「男の値うちは洋服で決まる」シリーズ。風呂場の灯を黒くすることが自宅のお風呂場が安置場むうどに一変することを証明してみせた「真っ黒なお風呂場」シリーズ。腹話術師にぢぶんの髪の毛とポラロイド写真を渡してこさえてもらった人形が作者のシモンズさんに似ているよりもはるかにそれ以上に作った人形の影のかたちが、シモンズさん当人の影のかたちとそっくりになりすぎてしまったおかげで、同じひとつの影の持ち主が、人形なのかシモンズさんなのか見分けがつかなくなってしまった「悔恨のおんがく」シリーズなど、1980年代から最近作までのシモンズさんの人形あそび写真をひとわたりぐるりと配下んでけるようになっています。歩くための脚ではなく脚ふぇち憧れの美美しい脚にまとわりつきたがるホルモンと、腹話術の人形に生まれ変わって黙ったままでぺらぺら喋りたのしてみたい口唇性愛ホルモン。通常は両立するかどうか考えてみられることもまったくなさ毛なこの2部門の欲求を同時に満足させてくれるビ妄想の香りにぐほほと暗くロマンチクな好写真集です??? [記:2006.03.20PM21時59分ごろ]

脚話術あ〜と写真集 『歩く+喋る+寝そべる=ウソをつく/ローリー‐シモンズ写真集

by= 外見=愛蔵版はあどかば。ヨコ25xタテ29センチメイトル。重さ=約1.3きろぐらむ弱。 全カラー版。156頁。 発売=2005、from にうようく(英語版)
ど特価=¥6900 お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: 影法師の誘惑060320
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.03.18)

コスると臭いが出る本

郷臭(のずたるじぁ)/過去へ連れ去る臭いたち
★★★★★ 。。鼻毛の長さの長短とは無関係な世間のぢょうしきとしてまかりとおっている、体内に埋め込まれている人間時計の針をカコの方向にむかって一気に逆回転させる時空旅行のためののりものとして、懐かしい匂いの記憶がどれほど重宝なのであるあるあるものであるかてゆう伝説を、事実かどうか実地確認できる臭い付着本でありまする。臭い元リストふうな物件各種、品物や具体的なしょうひんの実物&広告などによる目からはいってくる臭いたいぷ1。声のない声が耳から這入ってくる臭いがたいぷその2つめ。「ココ、すくらっちしてみて」みたいなほんの一言と矢印が本の中と外の世界との換気扇の役割をしつつ記憶の刺激剤としての奇妙な臭いのもとを送り込んでいる箇所がタイプの3、あわせて3たいぷぅの臭いのもとが1940-60年代の工場製品の色彩に同伴されて紙面のうえにこちゃこちゃ入り乱れながらなすりこまれています。チェース&サンボーンの缶入り即席コーヒー粉や材木小屋ぢるしのシロップやスキッピーの壜いりピーナツバターなどの無栄養食品類のかずかずやロッタ‐コーラやネヒ‐アッパー10など不純度100%の清涼化合物飲み物るいニキビ薬の黒水牛蛇(ぶらっく‐ぱいそん‐すねぃく)など家庭のお薬るい、ローリー‐ライトやニューポートなどタバコや葉巻きなどなど商品名に心当たりは一切ないまま鼻の穴だけが機械的にぴくぴくするもの、鉛筆の芯や湯葉状にうすい膜のたかまりになった接着剤や食べられる粘土やゴムタイヤの足あとやゴムの指サックや象さんのカラダにつきまとって離れない動物園のウンコ臭い匂いや女性用&男性用お化粧品各種など、説明いらずで臭うものもぞろぞろ。そして本書最大の呼び物であるコスると臭いのでるコーナーには、コスられ要員として、グレープソーダ水、電飾で飾ったクリスマスの木、ヴィックス‐ベポラッブ、野球の玉とグローブの使用済み、ペアルックのお揃いTシャツなど知ってる知らないなどと有無をいわさず臭いものの臭いがコスり付けられ、読者のココ掘れごしごしのちからを拝借してお部屋の空気ちうに臭い成分をまき散らす刻がくるのをぼーっと待っています。鼻ねんまくへのびみょーな刺激を多少不確かにお約束する意識変成本をお布団の中に潜り込んでぜぜひひ一度お試しを??? [記:2006.03.18PM21時59分ごろ]

臭い本 『郷臭(のずたるじぁ)/過去へ連れ去る臭いたち

編=マイケル‐ジッター、シルヴィ‐ヴァッカリ、キャロル‐ボボルツ 外見=はあどかば。ヨコ=16xタテ=16センチメイトル。重さ=約250ぐらむ弱。 全カラー版。こすると臭いがでる場所10箇所あり。96頁。 発売=2005、from みずうり(英語版)
ど特価=¥2000 お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: 匂へる園060318
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.03.16)

悪趣味キテレツ陶芸あ〜ちすと作品図録本

精神錯乱の別荘/チャールズ‐クラフト作品集
★★★★★ 。。いまではオバちゃん趣味の代名詞のひとつに数えられる陶芸に、超古代の焼き物職人なみの呪術的非論理しこう術と現代ぢんのひ弱な暴力性をてらてらと上塗りして青光りさせる悪趣味キテレツあ〜との鬼、チャールズ‐クラフトさん。売れっ子陶芸家とはゆうても、初めてせけんの注目を集めた1990年代初期発表のデルフト焼の技法をつかって飛行船ヒンデンブルク号の大爆発やドレスデン大空襲や阪神大震災やタンカー沈没や洪水で破壊されたおウチなどを描いた「災害時食器」シリーズで使ったお皿は、レストランや飲食店で捨てられたゴミのお皿をひらってきたものだったり、事件犯人の逮捕時ポラロイド写真のコピーをすりつけた「わくわくピクニック皿」シリーズで使った皿は、一見ほんものに見えるだけの使い捨ての紙製の皿だったり、国際戦争犯罪裁判所からも購入申し込みがはいったほど壊れやくてオモチャのせんそーチータカッタッタなどーするライフるや手りゅー弾や機関ぢうなどの殺ぢん道具をかたどった陶器は、クロアチア内戦時に地下いちばで購入したライフるや手りゅー弾や機関ぢうなどの殺ぢん道具そのものを原型として金型をこさえていたり。そすて、この殺ぢん道具だけでなく、殺人バイク乗り集団‐地獄の天使(ヘルズ‐エンジェルス)のお皿や、第三帝国禁制石鹸(陶器)やヒトラー急須、それに粉にした人骨を焼きこんだスポーンしりいずなど、どれもこれも目玉の快感を最優先にして、陶器をこねくる手の快楽を無視することはなはだしいにもほどのある、画家くずれの作者ならではの見事な変態ぶりを示しています。またクラフトさんが自己流で20才ごろにお絵描きを自己流で描きはじめたいちばん当初のお絵描き作品こそ見当たらないものの、インドヒッピー修行から故郷のサンフランススコ‐シワトルに戻って以降のクラフトさんの足跡をひととおり図版で眺めることのできる本書には、私淑するボンダッチに捧げたタイル切手や、ライバッハを中核にする国境横断集団「NSK=新スロベニア芸術」にまざったときにつくった旅興業のためのポスターしりぃずや、作者のクラフトさん自身がパスポ一ト偽造ようぎで逮捕されるほど見事なできばえのNSK親善大使用パスポ一トなどもあわせて収録されています。たとえは古いですが陶芸に転向した鳥肌実みたいなチャールズ‐クラフトさんによる悪趣味デルフト焼きのばかげた世界を、ばかげた現実世界の写し身としていろんな見方でながめてたくさんお楽しみください。?? [記:2006.03.16PM23時59分ごろ]

悪趣味キテレツ陶芸あ〜ちすと作品図録本 『精神錯乱の別荘/チャールズ‐クラフト作品集

編=マイク‐マクギィ、ラリィ‐レイド 外見=そふとかば。ヨコ=27.7xタテ=24.3センチメイトル。重さ=約600ぐらむ。 写真満載。96頁。 発売=2002、from さんふらしすこ(英語版)
ど特価=¥3600(在庫僅少です) お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: 錯乱陶芸060316
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.03.14)

廃墟の壁の写真集

牢獄の空気のなかで
★★★★★ 。。監禁した囚人たちを人体実験用の動物として活用しまくっていたことが、もともとからのアメり力でも指折りな人権蹂躙極悪非道の暴力刑務所とゆう悪名の凄みに一段と拍車をかけていたフィラデルフィアのホームズバーグ刑務所。その創設は19世紀末の1896年だかにさかのぼり、1960年代にはヂョンソンあんどヂョンソンやダウを含む有名製薬&化粧品&食品会社などが商品開発のための人体実験テストの、1970代にはいってからはミりタり方面の、いはゆるニュルンベルク原則にてらせば明白な非人道的犯罪行為に該当するますます悪魔の飽食ちっくなミりタり医学人体実験の舞台になるなど、1997年に閉鎖されるまでのおよそ100年もの長期間にわたって牢獄内に監禁されたヒトたちの肉体と精神をむさぼり喰らいつづけた最暗黒の刑務所が、いまでは廃墟同然のすがたで無人のまま打ち捨てられているらしく、好き者写真家トーマス‐ローマさんてば、全館で700室ある牢屋のなかすべてを廃墟めぐり。崩壊にむかって崩落まっさかりな牢獄内のカベ‐カベ‐カベ際の表情ばっかりの中に、そればっかりで塗り固めたコノ写真集『牢獄の空気のなかで』をつうじてわだぐぢたち(誰?)まで擬似監禁してくれるのでした。トーマスさんのレンヅ越しにみたココの刑務所カベの二大特色は、カベ紙がそこいらぢゅうでめくれあがってきて大小とりどりのぶさいくな花びらで飾られているように見えることと、通常なんとなくの牢獄のイメエヂには直結しない、明らかに囚人たちが描いたものすごくたくさんの落書きの絵や文字や記号がそこいらぢゅうに溢れ帰っていること。天井や側面の窓からはときおりお日さまのひかりが差し込んで牢屋のなかをまぶしく輝かせることもあるのですが、それらの特色をのみこみながら、全体的には老はんざい者の衰えくたびれた皮膚に刻まれた遠い日のイレズミや生傷、刃物の傷跡などをしげしげ眺めるようで、ことに落書きをぼんやり眺めはじめるといつまでも目が話せないような気分になったりもします。この写真集とともに、自分の部屋にいながらにして擬似的刑務所きぶんを味わうだいご味をどんぞおウチでお試しください。。?? [記:2006.03.14PM23時59分ごろ]

廃墟の壁の写真集 『牢獄の空気のなかで

写真=トーマス‐ローマ 外見=愛蔵版布装はあどかば。ヨコ=28xタテ=36センチメイトル。重さ=約480ぐらむ。 デュオトーン写真44点。96頁。 発売=2006、from にうようく(英語版)
ど特価=¥5800 お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: 面壁百年060314
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.03.12)

図解&矢印フェチいらすと画集

実技指導のア〜ット/おけいこ第1課
★★★★★ 。。「おせっかいの名人」の異名を持つ図解いらすと画の先生マチュウ‐ヴェスコーボさんが、その奇妙なアダ名の由来をへほへほなるへほと思い知らせてくれる、どうでもいいことばっかりの実技指導を手とり揚げ足取りの余計なお世話のおおるからあイラスト図解いらすと集であります。表紙に抜てきされてもいる「黒くって縮れてんの」というイラストは、右手にのせた石鹸をぢいっと見ながらユニットバスの浴槽に立っている小太り気味な全裸の黒人男性を描いているのですが、白いバターのようにも見える石けんらしきもののをよくみると、筆記体のこもぢのeの形の黒い汚れあり。とゆう状態が、大きく描かれた全体図の横に縦1列で4つならんだ詳細図解のいちばん上の段に示されています。詳細図解その2では、この石鹸にシャワーから出た水流が浴びせられ、3ではそれをフリフリ。いちばん下の段にある最後の詳細図解で、eの字が消えて石鹸がきれいになった状態が示されてメデタシ。とゆうわけで、この黒くって縮れてんの」はようするに、入浴後、石鹸に付着した陰毛、恥毛をとりのぞくための手順の、親身なご指導になっているのですが、以下、この本1冊まるごと全編がこんな調子で、「ヌードダンサー嬢のGストリングのツンパのヒモにご祝儀のちっぷをはさむ方法」やら「犬同士がおたがいのお尻の匂いを嗅ぎっこするときのお約束」「閉まる真際のエレベーターに慌ててのってこようとするヒトへのかたちばっかりで役立たずな手助け」「わきの下でオナラみたいな音をだす方法」「おもらし寸前の子どもの足踏みのダンスステップ」「2人で外食したときに指の動きだけでお会計係に支払いを誰もち(a..こっち払い。b.相手払い。c.割り勘)を伝える方法」などなど、ひとり芸のネタみたいな図解ごっこが、直接的な題目とは無関係とゆう意味ではないほうがましっぽい無駄な細部までを小サジ1杯半ぐらいのびみょうなサジ加減でさしはさみつつ、急所には必殺の矢印また矢印突き立て突き刺し繰り広げられていきます。創作言語症マニアや超古代文字愛好家のかたがたにまで広くおすすめしすぎると叱られてしまいそうですが、草場の影で地団駄踏む大伴昌司のネグリジェ衣擦れの音が聞こえてきそうなヒョウロク玉系あやかしの図解集です?? [記:2006.03.12PM23時59分ごろ]

図解&矢印フェチいらすと画集 『実技指導のア〜ット/おけいこ第1課

著=マチュウ‐ヴェスコーボ 外見=そふとかば。ヨコ=28xタテ=24.3センチメイトル。重さ=約480ぐらむ。 カラー図版満載。80頁。 発売=2004、from にうようく(英語版)
ど特価=¥3200 お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: 矢印マニア060312
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.03.10)

秘境ニポン駄菓子屋玩具これくしょん

サヨナラ‐ホームラン!/ニポン野球カード
★★★★★ 。。野球とゆうお遊戯を原産地のアメり力から輸入したドサクサで、ぢぶんのおくにの野球選手のすがたを印刷したお子ちゃまむけの紙製のぺらぺらオモチャ「野球カード」まで作るようになってしまったクニは、キューバ、プエルトリコ、ベネズエラ、ドイツ、南アフリカなど数多くあるらしいのですが、それらの中でも20世紀初期から1960年代にかけて量‐質ともにアメり力製野球カードの猿マネといって一言でかたづけるにはあまりにもバカバカしく目ざましい退化をみせたニポン‐駄菓子屋さん系のソレを、ニポン野球カードこれくたーとしてすでに数冊の著書もある好き者ゲイリィ・エンジェルさんらが音頭をとってご披露してくれた素敵にヒドすぎな図案意匠これくしょんです。「野球カード」と舶来ことばに訳すとわかりにくーいと思いますが、要は、ヨダレかけの代わりにどうみても変てこな帽子をかむって、作業服みたいな寝巻きをつけ、手にはホームランアイスの棒の長いくて太いみたいのを握った八百万のお地蔵さまみたいな野球選手たちの影を平らべったくを写し取ったメンコや絵はがき、ブロマイド、カルタなどの紙もののこと。1934年(昭和9年)にベーブ‐ルースをふくむ大リーグオールター選手一行が来日したときのどさくさ品でも、太陽ロビンスの本堂保次とか急映フライアーズの大下とかがエノケンや阪東妻三郎や力道山と並んでいても、なんの違和感もなく、単調で無表情なところに表情を超えた個性をみるひとが勝手に読み込むことを強制してくる強引な展開の連続は、両チーム得点はいらないままゼロ行進の続く超ロン毛な泥沼的延長試合を人形劇で演じているかのようなおもむきも有ります??並行宇宙出身のいろんなエビス(ヨシカズ)さんがまじめに描いた野球観戦記念の写生ちょうぽい雰囲気のへなへなお絵描きを、空振り三振、見逃し三振など、さまざまな見方で御覧召されてくださませ。。。 [記:2006.03.10PM23時59分ごろ]

秘境ニポン駄菓子屋玩具これくしょん 『サヨナラ‐ホームラン!/ニポン野球カード

著=ジョン‐ゲイル、ゲイリィ・エンジェル 外見=そふとかば。ヨコ=17.5xタテ=25.4センチメイトル。重さ=約680ぐらむ。 カラー&原色図版満載。192頁。 発売=2006、from にうようく(英語版)
ど特価=¥2800 お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: 野球ふぇち060310
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.03.08)

現代北欧サイケいらすと集

怪物たち/クラウス‐・ハーパニエミ
★★★★★ 。。真っ白な星空にロケット花火の大砲で打ち上げたガチャポンの景品のような宇宙の天然自然のうちの極小単位の基本部品もろもろの要素のかたちや気配。ニンゲンさまが自分らの都合がいいように略奪した自然資源の浪費‐濫費によってこさえたり妄想してみたした不自然この上なさ毛な現代地球都市人工風景。それらが、メビウスさんちの輪なげよろしく地つづきでどこまでもつながり、空中かと思えば、水中、かと思えば、森林。鉱物の結晶かと思ったら植物、かと思ったら幻覚、動物かと思ったら風景、かと思ったら民族衣裳の柄かと思ったら、やっぱり植物。森林と凍土がまぐわいを繰り返し、木の葉の影のような神秘のつぼやきが絶えまなくざわわと聞こえる北欧の非現実的な森のなかをさまよい歩く半物質的ななぞのケダモノたちを描いたダークでサイケなイラストしりいず「怪物たち(モンスタ)をそのまま表題にしたクラウス‐・ハーパニエミさんのお作品集です。魔法のキノコを食べ過ぎたジム‐フローラ風な「怪物(ばけもの)たち」しりいずの他、ニポンを含め国際的にも人気の高いフィンランドの生地屋さんマリメッコ社からクラウス‐・ハーパニエミさんが発注をうけてでざいんした生地の雰囲気と共通するような、コンピウターの焼ける匂いを強く押し出した立体CG人形劇風の、いまどきのオモチャ&雑貨屋さんにもいそうな怪物(ばけもの)ものキャラでざいんシリーズ。それと、中南べー古代部族直系のビアズリィ風な東洋系ゴシック趣味で描いた1960年代若者風俗りばいばるの白黒音楽いらすとシリーズの、あわせておよそ3部構成になっています。トナカイの肉とオーロラ光線をねんがらねんぢゅうゴハンのおかずにしているひとにしか描くことができなさそうなふかしぎな色メガネ光線をすかしてみたハーパニエミさんのおサイケわあるどを、春のお花見しいづん到来にに先駆けてぜひ繰り返しお堪能ください。。 [記:2006.03.08PM23時10分ごろ]

現代北欧サイケいらすと集 『怪物たち/クラウス‐・ハーパニエミ

著=クラウス‐・ハーパニエミ 外見=そふとかば。ヨコ=13xタテ=18センチメイトル。重さ=約750ぐらむ。 カラー&シロクロ画集。96頁。 発売=2004、from にうようく(英語版)
ど特価=¥2600 お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: 北極幻想060308
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.03.06)

あめリ力歴代お笑い芸人大図鑑

写真でみる寄席芸人の歴史
★★★★★ 。。ひとりごとのプロ職人やコビト芸人、声色つかい、笑わせ屋、歌手、曲芸師、腹話術師、軟体人間、引力圏内からの離脱のプロ職人なども続々と登場。ニポンにある主食とオカズのほとんどすべてを落語と漫才が占めるニポンの寄席とはちがって、別名バラエティ‐ショウともいうぐらいで何しろ色とりどりな芸人男女が笑いの各種ツボをあの手この手でこじ開けるべく襲いかかってくるアメり力の寄席演芸(ボードビル‐ショウ)の舞台で喝采をむさぼった数々の名人上手人気者たちのうつりかわりを、黒塗りニセ白人ミンストレル‐ショウよりもっと前の時代からテレビ普及初期の現代までたどるアメり力庶民娯楽の殿堂本であります。
前半第1部ははアメり力の寄席演芸(ボードビル‐ショウ)の歴史を貴重シロクロ写真を豊富にまじえて駆け足ぎみに一周。後半第2部は文章は写真の下の短い説明文だけで、その説明文をのぞけばあとは写真ばっかしの寄席芸人お写真館とゆう段取りがつけられています。 収録されているシロクロ写真図版は全部で400点以上あるため、説明文をちょろりとのぞく楽しみに目をつぶってみてみれば、何がおもしろいのだかよくわからないままのうちにも、写真そのものだけを眺めるだけでも東京都心の湯量豊富ふうななぞの温泉などよりも、より長めの湯けむり温泉気分でのいちいちの妄想に溺れることもできそう???
[記:2006.03.06PM23時10分ごろ]

あめリ力歴代お笑い芸人大図鑑 『写真でみる寄席芸人の歴史

著=ベルナード‐ソベロ 外見=はあどとかば。ヨコ=20xタテ=センチメイトル。重さ=約750ぐらむ。 貴重シロクロ写真400点以上。224頁。 発売=1961、from (英語版)
ど特価=¥3600(*古本です。保存状態=まずまず上吉) お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: 寄席演芸060306
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.03.04)

メキシコ超悪趣味豪邸(ご-てい)自慢写真集

金持ち&有名なヲンナたち
★★★★★ 。。じぶんのお部屋のすみっこで、2本の真っ赤な柱に支えられた金ピカの天蓋の下、鎮座まします座高5メートルはありそうな金ピカの大仏さまのおひざのまわりにはオモチャ代わりの札束がごろごろ転がっている上に、年令いまいち不祥の白人女性が、金ピカ大に負けないほど金ピカなドレスの裾を大胆にめくりあげて寝そべっている光景。とか、豪勢な獅子脚つきの家具の横にまるで生きているように見えるホンモノのライオンが目をつぶっておすわりしている頭をテニス楠で踏んづけて、片手には鞭代わりのようにテニスラケット構え、白いアンダースコートまるだし太ももの背中まるだしで、アメり力ジョークいりの黄色いTシャツを片肌ぬいだワイルドなポーズング、そしてまた、壁に並べて飾られた家族らしき女性3人の美容院の広告チラシのイラストれべるの最悪肖像画の巨大な額縁とともに、部屋調度のめちゃくちゃな豪華さとの異常なあんばらんす具合を誇示している光景。とか。メキシコ人口の大部分を占める世界的にも名高いビンボー庶民の小銭とゆう小銭を吸い上げて成金階級にノシ上がったヒトたちのおウチや仕事場を、同じくメキシコ成金階級の側の出身(1973生まれ)の女性写真家ダニエラ‐ロッセルさんがご家庭訪問してきた実況中継の記録でありますて、ライオンだけでなく豹でも山羊でも剥製やら何やらが動物園のなかかと思うほどにいくらでもお部屋のなかにごろごろしているのもまるっきり当たり前ならば、一貫性や統一感などを一切無視して古代エジプトやギリシャ‐ローマから現代最先端までのあらゆる家具調度品などが時間無制限食べ放題もーどで部屋の内外に持ち込み放題なのも当たり前だったりする成金メキシコ白人のかたがたのウルトラ‐バロッコい金ピカ部屋の数々を見ていると真っ先に思い浮かぶのは廃墟。それも、使い古され見捨てられた挙げ句の果ての廃墟ではなく、イエづくりの構想をねりはじめた最初の一歩にまでさかのぼる先天性の人工廃墟。撮影者ダニエラさんのくちぐるまにのせられたのか、ぢぶんの肉体だけで写真の画面全体を埋めつくすようなつもりで有名モデルきどりのポーズをかましまくる金持ち女性たちの、ひたすら空回りするだけの巨大な欲情をとりまいて、さらに増幅された虚しさをこだまのように反響させるキラビやかな悪趣味豪邸の数々。ここに登場するお部屋の持ち主の多くが、ぢつはメキシコで永年にわたって社会のオキテを好き勝手に動かすことのできる政治的立場をいいことに腐敗や悪事に手を染めて異常な富のひとり占めをしてきたヒトたちの親類縁者だったりするらしく、しかもちょうどこの写真集のための撮影ほうもん時期の1998-2002年は、これらのひとたちが長過ぎた不正な特権階級の座から追放されて、ほーりつで叱られたり、それがコワくて国外に逃げ出したりの時期にあたっていたそーで、沈んでいく夕陽の重みに耐えているかのような成金家族のひとたち(おもには女性たち)の、客ひきが上手くいかず必死でコビをばらまく売春女性みたいなウツロな風情も、言われてみればナルヘソな?地ベタに叩きつけられたあとの成金階級ではなくって、墜落しはじめた一瞬の加速度つきのラテン植民地系成金の悪趣味部屋とゆう地地獄の金ピカ廃墟を、ようやく流行の終わったニポンでの「蛭づぞく」「セレブウ」「かちかち組」などの末路と見比べてみたりもしつつ、ぜひこの機会にせめてぢろぢろ眺めてやってください?? ???
[記:2006.03.04PM23時10分ごろ]

メキシコ超悪趣味豪邸(ご-てい)自慢写真集 『金持ち&有名なヲンナたち

写真=ダニエラ‐ロッセル 外見=そふとかば。ヨコ=23xタテ=33.3センチメイトル。重さ=約555ぐらむ。 カラー写真集。124頁。 発売=2002、from (英語版)
ど特価=¥3600 お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: セレブ地獄変060304
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.03.01)

未来懐古まんが傑作集

モダンああふぅ
★★★★★ 。。まんがとア〜トの不吉なまぐわい」を雨乞いの呪文に、狂いに狂った光景を描いておもしろがる狂ったお絵描きあそびとしてのマンガの狂ったみりきに満ち満ちた19世紀から現代までの有名‐無名まんが家や芸術家たちの知られざる怪作、傑作を世界まんが&アート史上の開かずの間から奇術師よろしくホイホイ取り出して並べてみせてくれる高栄養高カロリーのレトロまんが復刻コレクシオンです。ひとが大勢集まって右往左往するスケート場や結婚式場や鉄道や馬車がいきかう交差点や火災現場などを、地球のお中のなかに寝転がって地べたの下から地上の世界を反対方向から、ちょうどミミズがニンゲンの世界を見物する視線で描いてみせてくれるヘンリー‐マイヤー(1868-1953)さんや、
ビアズレーのエロとアレベルト‐マルティーニのグロをヌボってデコデコした作風といわれ若気が至った時期には伊太利ふぁしす党党員もしていたというアントニオ‐ルビーノ(1880-194)さんの四角い頭がノコギリざめにしごかれて6角形になるような2+2=6が正解の引き算割算まんが、新聞漫画の重鎮ゼームス‐ハルトの地獄変しりぃず、あめリ力まんが界のスーパーマン‐ジャック‐カービイが1958年のアメイジングストォリィ誌に発表したダリぱろ4次元突入まんが、ダリ(本家の)が14,5才当時に妹を面白がらせるために描いたマンガの原稿や企画倒れに終わったダリの監督映画『ニューヨークの超現実主義者的神秘(1935)』のための連続イメエヂ画(すとぉりぃ‐ぼぉど)など紙面がこげ臭くなるほどに天災的な才能の火花がそこいらぢゅうのコマというコマのうえにばらまかれています。また、ドリフのおヌウドコントみたいな「画家とモデル」がお題のひとコマ漫画コレクションには、ジョージ・クルックシャンク、ピカソやクラムのお絵描きも登場。おはなしを物語るために補助の道具として絵が描いてある漫画ではなく、絵のそとでの不可能を可能にすることもできる絵のなかの世界の限界をペン先1本で増大‐拡張していく懐かし毛な漫画の世界にどっぷりひたってみてくらさい???
[記:2006.03.01PM23時10分ごろ]

未来懐古まんが傑作集 『モダンああふぅ

編=クレイグ‐ヨォ 外見=そふとかば。ヨコ=23xタテ=30.3センチメイトル。重さ=約555ぐらむ。 カラー&シロクロ図版満載。124頁。 発売=2005、from (英語版)
ど特価=¥2800 お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: 漫画の缶詰060301
「今日の目次」はコチラ
お問合せ‐ご注文はdobunko@excite.co.jp「どどいつ文庫‐○○係」までどうぞ。。
inserted by FC2 system