♥ 世界のびっくり本&DVD&モロモロ専門店「どどいつ文庫」です。ご連絡はdobunko@excite.co.jp「コニチワど文庫」係まで大至急に。(*電気住所2006.4.13に変更しました)
 
ジャンル
別リスト
問合せ
&注文
最新の
ウフフ
最新行進日
2006.5.01
PM.23.25
先月の
デヘヘ
今年の
ムヒヒ
去年の
ケケケ
その前
オホホ
前の前
のンガ
 

目次でゴザル

お問合せ&ご注文はうはう
ヂャンル別リスト
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
dobunko.exblog.jp/

 

◎明日のホカホカ
どどいつ文庫‐通信販売目録

どどいつ文庫‐新宿山の手ショウルウム
東京最後の秘境「どどいつ文庫‐新宿山の手シヨウルウム」のご案内

小鳥さんの部屋
ど文庫のお客さま、小鳥さん(仮名:元NGぎゃらりぃ応援部員)の本棚のすみっこ拝見。

どどいつ文庫‐通信販売目録 」のお知らせ
最最新目録の作成は順調に足踏み中ですが、とりあえず

どどいつ文庫‐新宿山の手ショウルウム
東京最後の秘境?「どどいつ文庫‐新宿山の手シヨウルウム」のご案内

   
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せご連絡は、 dobunko@excite.co.jp までいつでもどうぞ。
---------------
[記=2006.05.01

2006年4月ホカホカ入荷ですたい!

*それぞれ順にゴキっと押っぺして見みみてください。
翌月のペエヂはアチラ          前月のペエヂはコチラ

    ♥♥  二○○六年○四月のもくぢです    ♥♥(最新こねこね時=2006.4.29PM22.40)

♥ ♥二○○六年○四月の目次
今月のホカホカ
街で見かけた変なコトバのある風景あるばむ『ホントにあった出来事のでっかい本 』(4.29)
精力御不要発明いらすと図鑑『特許申請済みのエロ道具:破いて捕る乳帯、二人一組椅子、震動性避妊器具、みたいな天災的発作的特許 』(4.27)
ハマリ系あなろぐコンピータお絵描きマンガぁ〜と本『ビイヂェイどドツグ犬』(4.25)
幻影ヌウド幽体離脱写真集『眠っているヒトたち』(4.23)
純正ヒッピー手づくりファッション巡礼写真集『天然系ファンキーあんどピカリのア〜ト』(4.21)
暗黒版デズニ一らんど少女地獄童話画集『地球上でいちばん悲しいトコロ/カミユ‐ローズ‐ガルシアのア〜ト』(4.19)
写真でみる英国オネエ生活150年史『美少年って一体、誰ぁれ?』(4.17)
怪奇料理ギャグひとコマ漫画集『チャールズ‐アダムスのナマ焼けお料理読本』(4.15)
統合失調症的ばらばら寄せ集め雑誌『マクスゥーニィの第17号』(4.13)
イキモノ絶頂セツクス写真集『動物たちのセツクス術/大型&小型生物の生殖習慣がいど』(4.11)
美人コンテスト悪趣味びぢゅある図鑑『美の女王様』(4.09)
動物ぎゃくたいイヤだよ残酷絵本『愚か者たちの船』(4.07)
瞬間冷凍少女&少年真空ぱっく写真集『インガル‐クラウス肖像写真集』(4.05)
医学模型夜話『胎児たちのロウ人形:ツィーグラー工房生まれの胎児模型のこと』(4.03)
有名事件裁判の実況中継画集『正義のア〜ト/目撃者が見た重大裁判30件』(4.01)
今日のど忘れ日記
電気メイル不具合のお知らせ(4.0)

…………………………………………………………………
翌月ぶんと前月分
翌月のペエヂはアチラ         前月のペエヂはコチラジャンル別総合リスト
2○○3年01月1日から2○XX年XX月XX日まで
…………………………………………………………………
お問合せ&ご連絡は: dobunko@excite.co.jpまで。25時間受付ちうです。
…………………………………………………………………
最新ペエヂはアチラ

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.04.29)

街で見かけた変なコトバのある風景あるばむ

ホントにあった出来事のでっかい本
★★★★★ 。。奇妙キテレツ呪文のようにも謎の暗号のようにもあほーなたわ言にも見えるヘンなことが書いてあるようにも見えるモロモロ物件を、冴えないことだけが取り柄のような街角の風景のなかからもぎとってきた想定外のおマヌケ写真で紙面の大部分が埋め尽くされ、実質的には街でみかけた変なカンバン写真集。ホントウにあったおバカばなしの紹介はほんのサシミのつま程度の分量そえられているだけで、全体としては、あたまのはたらきがワルい自慢ねらい、本のつくりがダラシない自慢ねらい、みたいな印象の、B級路線まっしぐらー本です。収録写真は大多数大部分がカンバン系で、「愛情なし証券」「こどもビアガーデン」「ダブルぶいマスかきセンターただ今開場中」「地獄あな沼たぬきクラブ」「汚れヲンナ公園」「生き餌モーテル」など、何かと勘違いしやすいだけなのかと一応なんとなく納得できなくもないものもあれば、「屋内空中ダイビング」「じゅうたんのフライ揚げ」「樹木は立ち入り禁止」「防御的運転、夕食無料サービス有り」とか「ウジ虫?何とも粋な思いつきだ」が宣伝文句の食品CMとか「防御的運転、夕食無料サービス有り」とかいった具合に、ブンガクの冷凍庫から溶けて流れてきたようなクリーミィにあほーな意味不明のことばが書いてあるものまで、ごちゃごちゃとしつつも、ある程度は整理もされていまして、「ゲイ燃料」のタンクの写真の近くには「ゲイ動物病院」「レズ(男役)デイケア」やいわゆるSM趣味とは一切無関係らしい「S&M食堂」「S&M食バー」「S&M市場」「S&M錠前サービス」などなどの看板写真がひしめいていたり、選挙看板の写真で「チップ‐ディックス(=かけら‐ちんぽぽ)」候補のとなりに「カーク‐コックス」(=教会ちんぽ)候補がいたり、「ナザレの売春婦教会」の看板写真の斜うえが「発情ヒキガエル救援」だったり。全部が全部看板とゆーわけではなく、変な言葉が刻んである墓石の頁や、メキシコのへんな絵ハガキこれくしょんの頁などが紛れ込んでいたりもします。下品な方面の基本的英単語をしっかりおさらいしておきたい方などにはナマ臭いお手本にもなりそうな、野外観察系無教養ばんざい本です????[記:2006.04.29PM22時35分ごろ]

街で見かけた変なコトバのある風景あるばむ 『ホントにあった出来事のでっかい本
by スコット‐ルビン 外見=そふとかば。ヨコ=21.3xタテ=28センチメイトル。重さ=約520ぐらむ。144頁。 発売=2004年、fromあめリ力(英語版)
ど特価=¥2500 お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: 看板チンドン060429
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.04.27)

精力御不要発明いらすと図鑑

特許申請済みのエロ道具:破いて捕る乳帯、二人一組椅子、震動性避妊器具、みたいな天災的発作的特許
★★★★★ 。。たとへば、顔面に装着して使う電動式人工へのこ。とか、代用おそそを装備することで月経中の擬似挿入受け入れもスムースーな画期的生理綿。とか、外側を空気でふくらませる2層式にすることで、へのこサイズを増大すると同時に摩擦感をなくすことで早漏防止の効果も期待できる男性用新型避妊器具。といった調子で、どうみても役立たずという意味では物凄くご立派な、セクスましーん新発明、珍発明の特許申請書類を役場の書類だなのホコリの奥から発掘&救出してきた妖しくフシギなゴミの山系図解集です。人工素材のはなつ異臭やおんぼろ機械の発するマヌケな金属音をともなう大小の苦痛のなかにしゃにむに飛び込んででも、性のよろこびのカケラを拾い集めてこようとする発明者たちの意気込みだけでも、他人さまから相手にされなくなる資格にぢゅーぶんなのに、他人さまが見落としていることがらをあんまりにも真剣にほじくりすぎるご苦労様なかたがたが遂にたどりついたと思い込んでいるわりに、出来上がったものは、実際にはz級ぎゃぐ漫画でみたことがあるようなありきたりな雰囲気が漂うばかばかしさ。口にはめて使う避妊具各種や、股間がダイヤモンド型にふくらんでみえるのがセクシー(?)とゆうビキニぱんつ、などのように外観からして明らかに奇妙な名作や傑作っぽいものが少なく、代わりに、ここ10年ほどの間に特許出願された使用目的意味不明な器具や機械を無節操に収録してあるのが本書の特色のひとつで、本書の兄弟篇にあたる御意見御無用発明いらすと図鑑『 特許申請済みのバカ:水中呼吸器具着用犬、炎天下ビール用日傘、音楽演奏歯ぶらし、みたいな天災的発作的特許 』の著者ならではのお気楽本になっています。すべての図解ひとつひとつに無数にからみついている補助用の線が、いつの間にか、どれもこれも特徴のある陰毛のように見えてくると、それぞれの特許のためにムダに放出されたホルモンやヘロモンがざわめく気配にゾゾっとしたりウウっとしたり。馬糞紙かと思うほど粗末な用紙や安っぽい装丁も内容にぴったりで、ダメな性生活やダメな本に愛着をおぼえる方には必携かもかも(?)なびみょーに中途はんぱヒドさのある性機械工学図解集です????[記:2006.04.27PM12時15分ごろ]

精力御不要発明いらすと図鑑 『特許申請済みのエロ道具:破いて捕る乳帯、二人一組椅子、震動性避妊器具、みたいな天災的発作的特許
by リチャード‐ロス 外見=そふとかば。ヨコ=20xタテ=20.5センチメイトル。総重量=約200ぐらむ。144頁。 発売=2005年、fromあめリ力(英語版)
ど特価=¥1900 お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: 永久停止機関060427
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.04.25)

ハマリ系あなろぐコンピータお絵描きマンガぁ〜と本

ビイヂェイどドツグ犬
★★★★★ 。。「紙のラヂオ(ぺえぱあ‐らぢ)」とゆー名前の3人組が今夜もおとろけする、ベロでなぶると電波のでる極彩色の印刷放送、単行本ぶあぢょんです。ものすごく重たいコンピウタあんど電線音頭ばあぢょんはhttp://www.paperrad.org/をがちゃがちゃすると色々見れれれますが、こちら単行本のほうはもちろん運転のお手間は一切無用単色12種類のカラフルな用紙に、単色または極彩色で印刷されたマンガあんど写真あんどイラスト合計12作品が収録されていまして、ニンゲン風の皮をかぶった2本足であるくイヌにんげんや、これがドツグ犬なのかどうかわかりませんのですが、小さな木馬のような皮でできたサングラス目玉のイヌ犬などが宇宙船のなかや外をうろちょろとしています。となりの絵からとなりの絵と、まんがを読むときの生活習慣病に操られて目玉を動かしていればよいのですが、絵の線やワクの線の1本1本が、おそろしくムダにご苦労様に、ざと滑らない線、わざとむちゃくちゃ速度の遅い線で脳波停止寸前ニンゲンと電源停止寸前コンピウタの死闘みたいな調子でギクシャク、ギコシャコと、描いてあるうえに、「ストオリイ」を語りたいまんがならばワザワザ絵にすることのない何気ない仕種や何ということのない言葉をかたちにするためのたくさんの絵がそこらぢうにばらまいてあったりで、みているうちに、時間の流れるはやさがどんどん遅くなったり、普段とは違う方角にむかって時間がすべっていったりするような感覚にのみこまれて、いつまで見ていても見終ることも読み終わることもなさ毛だったりもするみたいな。誰にも描けるために、あえて描こうとするひとが少ないタヒプの変てこさに染まっていて、ハマらない場合は資源ごみっぽく、ぴったりハマると目のまえがぐるぐるしそうな、びみよなプチ‐モンダイ作、です????[記:2006.04.25PM19時30分ごろ]

ハマリ系あなろぐコンピータお絵描きマンガぁ〜と本 『ビイヂェイどドツグ犬
by ペイパー‐ラヂ 外見=そふとかば。ヨコ21.5xタテ27.8センチ。総重量=約770ぐらむ。64頁。 発売=2005年、from にうようく(英語版)
ど特価=¥4500 お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: 宇宙動物漫画060425
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.04.23)

幻影ヌウド幽体離脱写真集

眠っているヒトたち
★★★★★ 。。。腐爛の華のお花畑にも見えるほどお肌にいろいろとシミ‐ヨゴレ‐網目系の模様がたっぷりへばりついているおかげで暗黒イレズミを背負った1920年代おフランス犯罪者をさえホーフツさせるヲンナやヲトコのひとたちが寝巻き腰巻きも着用しないで眠っている姿を写した優雅な心霊写真風おヌウド写真集。もっとランボーに要約すると、眠りヌウド写真集なのですが、くはしく説明すると意外にたいへんなメイキングらぶ行程は、悪夢にとりつかれて眠れない写真家エリザベスさんが、グーグー安眠できるひとたちって羨ましいよー、と思ったのがはぢまりで。ニウヨウクの自宅に、ウレタンクッションと敷布代わりの舞台用の黒幕でこさえたいかにも寝ごこちの悪そうな仮設の寝室を用意して、寝姿モデルになってくれる男女を順番にご招待。エリザベスさんは部屋のベランダから寝室を見下ろす位置で写真機のうしろに座り、下で眠っているヒトのいいポーズ待ちのため、自分だけ一晩じゅう起きていてシャツターチンスをうかがう、とゆー意味不明の苦行が第一段階。そのノゾキ魔的執念がぢぶんでも恥かしかった、とのことで、撮影後のフィルムは箱にいれて封印していたらしーのです。ところが、その後、エリザベスさんの父ちゃん母ちゃんが相次いで他界したのを境に、エリザベスさんのおつむに浮かんだのが、寝ているヒトたちのイメエジをローマ時代の古い壁の上に投影して、それを写真にとりたい、とゆー、これまった不思議な欲望。その実現のため、エリザベスさんと撮影隊一行は、イタリア‐シシリアにある、30年前の大地震のせいで住民が逃げ出して帰ってくることができず放置されている幽霊村まではるばる遠征。夜の夜中に高い足場をわざわざ組んで、眠っているヒトたちのヌウドを古壁に投影して、写真の写真を撮影してきましたー。。とゆーぐらいにたいへんな、真夜中の幻影と幻影が、指折り数えるのもめんどうなほどの途切れ途切れあな時間の地層とまぜこぜされながら何層にも積みかさなり罪重なりした結果のおヌウド写真なのだそうでありますた。その後、エリザベスさんは、アメり力‐黒人ハーレム地区の御葬式や屋さんにお邪魔して、立派な盛装を死装束に棺桶のなかで眠っているヒトたちを写した死体置き場写真集の制作に没頭することになったのですが。。それやこれや、ややこしいことすべてを溶かして影一色で塗りつぶした羊水のような暗闇のなかで、大小あちこちの関節を無意識にぐるんぐるん回転させて眠っているヒトたちの、胎児の記憶をめざして竜宮城のまわりで踊る水中ダンサーみたいな優雅なおすがたの幻影の幻影をおサカナに、みなさまお好きな妄想にとっぷりお浸りくーださい。。??[記:2006.04.23PM19時30分ごろ]

幻影ヌウド幽体離脱写真集 『眠っているヒトたち
by エリザベス‐ヘイアート 外見=はあどかば。写真集。ヨコ25xタテ31.5センチ。総重量=約690ぐらむ。64頁。 発売=2002年、from にうようく(英語版)
ど特価=¥4500 お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: 入眠時幻覚060423
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.04.21)

純正ヒッピー手づくりファッション巡礼写真集

天然系ファンキーあんどピカリ
★★★★★ 。。サンフランススコでの宇宙乞食文化大爆発の口火を切った1966年1月の「トリツプ祭」体験を跳び箱にして世捨て家族になったヒッピーねえさんアレクサンドラさんが先導役になって、ラリラリ仲間たち手ぬい手づくりの向精神性改造異装意匠衣裳をたずねて西へ東へ。ヒッピーぶうむ消滅直後の残り火ぶすぶすくすぶる1974年に刊行された、お針子作業によるマンダラ探究を目指すハレハレ巡礼写真集(*古本)です。ヒッピー模様といえばお約束のうえでは、顕微鏡のしたで踊る草履虫(ぞうりむし)を万華鏡のなかに投げ込んだようなペイヅリー模様を思い浮かべるわけですが、ぶうむ真っ最中に地面をぐらぐらさせた無数のお調子者のひとりだったアレクサンドラさんが当時に出会った注目すべき人々のこさえた刺繍(ししゅう)やパッチワークは、うぢゃうぢゃとバイ菌っぽく急激にふえてスキマ恐怖を埋め尽くしていくようなタイプのは少なくて、同じくサイケでつくな模様とはゆうても、むしろ幼稚園おちこぼれっ子が描いたお花や空の太陽や月やお星さまたちや不思議な鳥さんやケムリや貝がらやムシさんたちの絵やたましいを形にしたような、派手なのと同時にひたすら素朴なものばかり。それが、Gパンやシャツだけでなく、玄関の木製ドアーに刻みこまれていたり、便座カバーや三面鏡に覆いかぶさっているかと思えば靴底になっていたりと、思い掛けない方向から変な波動を流し目にのせて送りつけてきます。なかには観光ヒッピーや日曜だけヒッピーの聖地だったバークレィ‐テレグラフ通りの露天や成人映画館などの絵はがきっぽい写真もあったり、一昨年に記録映画がニポンでも公開されて皆様おなじみの、無名時代のデヴァインも参加していた60年代伝説のダメダメ女装ハプニングミュージカルちいむコケッツ(the cockettes)の当時の団員のひとりピアノ担当のスクランブレィ(Scrumbley)さん(の写真)があったり。これまた絶滅危惧いきものの求愛こうどうを見物しているみたいな、親近感と縁遠さとを同時にかみしめることのできるステーキな写真集です??[記:2006.04.21PM22時00分ごろ]

純正ヒッピー手づくりファッション巡礼写真集 『天然系ファンキーあんどピカリのア〜ト
by カミユ‐ローズ‐ガルシア 外見=そふとかば。カラー写真集。ヨコ25xタテ21.5センチ。総重量=約480ぐらむ。136頁。 発売=1974年、from さんふらんしすこ(英語版)
ど特価=¥6000(*古本=状態は下の中) お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: 曼陀羅刺繍060421
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.04.19)

暗黒版デズニ一らんど少女地獄童話画集

地球上でいちばん悲しいトコロ/カミユ‐ローズ‐ガルシアのア〜ト
★★★★★ 。。ポップ突然変異系滅亡世代の凶作画集『 はじける超現実主義/浮上するあんぐらア〜ト』に犇めく名うての虚弱体質ぢまん揃いの若手センセイがたの中でも残酷少女幼稚趣味で大へうばんの、1970年うまれの女性いらすと画家カミユ‐ローズ‐ガルシアさん、待望の初単独愛蔵版作品集です。カミユ‐ローズ‐ガルシアさんさんが描くのは、ヘンリー‐ダーガーと杉浦茂に憑依された手塚治虫クローンが描いたデズ二一ぱろでぃ少女まんが版ヴィヴィアン‐ガールズの冒険みたいな童話ぢみた悪夢の光景。農薬だらけのオレンヂも元気に育つカリフォリニアの太陽を浴びながら小こども期から中こども期を過ごした後遺症のおかげ様なのか、カミユさんの絵のなかでは、黒い涙も真っ赤な大出血もぬくぬくと暖かい色合いに染まり、オトナのファッションモデルさんみたいな1950年代風のオシャレ服を着て手足と首がモヤシみたいなあんばらんす美少女たちも、真夜中のデズ二一ちっくなどうぶつキャラクターたちも、そろって節足どうぶつのようなしなやかさに恵まれて、イキイキ悶えのたうち呻き苦しんでいるようす。本書には、ウィリアム‐バロウズの小説から題名をいただいた2001年のカミユさん初個展「柔らかい機械」をはじめ、ディックの短編小説をいただいた個展「引きこもり症候群」、「時計仕掛けのオレンジ」からいただいた個展「うるとら暴力世界」、「デズニ一らんどの宣伝文句「地球上で一番ハツピーな場所」を素直にそのまま裏にした2005年の最新個展「地球上でいちばん悲しいトコロ」など、最近5年間に開催された10回の個展の主要作品を大判紙面(30センチ弱四方)でぢろぢろながめられます。 現代しほんしゅぎ社会の魔法つかいたちの操るハツピー妄想にあおられてデズニ一らんどに押し寄せる人波がひきづってくる黒い影の大津波を、もうひとつの別のホンモノ‐デズニ一らんどのなかの紙芝居として全身の毛穴をさかなでする鳥肌や寒気を密かに楽しみながら封印しようとする制作上のネライが全然わからなくてもへっちゃらなカミユさんの黒いナミダでいっぱいなお絵描き世界におぼれてみてください??[記:2006.04.19PM13時45分ごろ]

暗黒版デズニ一らんど少女地獄童話画集 『地上でいちばん悲しいトコロ/カミユ‐ローズ‐ガルシアのア〜ト
by カミユ‐ローズ‐ガルシア 外見=はあどかば大型愛蔵版画集。ヨコ28.7xタテ28.7センチ。総重量=約1.4きろぐらむ。136頁。 発売=2006年、from さんふらんしすこ(英語版)
ど特価=¥5200 お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: 少女地獄童話060419
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.04.17)

写真でみる英国オネエ生活150年史

美少年って一体、誰ぁれ?
★★★★★ 。。手あかのついた「ゲイ」とゆう言葉よりも「オネエ(くぃーん)」と呼ばれたい、など趣味的こだわりにこだわるオネエ‐ロンドン女王(くぃーん)の著者ガーディナーさんが、ヒイヒイヒイ〜〜オジイさんぐらいの時代にまでさかのぼる19世紀なかごろの写真の普及とともに地下潜行期から出発してホモ解禁からエイヅ後の現代にまでいたる英国ほも写真150年のあゆみを、写真絵ハガキやら新聞記事の切り抜きやら、どこの誰ともわからないヒトが撮影した古写真やらの、収集期間25年におよぶ自前の秘蔵のオネエ風俗資料コレクションからヌキだした600点以上のシロクロ(クロクロ)写真資料によって再現。巻頭の、ヴィクトリア朝ぢだいの退廃期ローマの貴族ほも趣味な二青年写真につきそう説明文に、当初オスカー‐ワイルドが友人に手渡したこの写真が、そのまた友人から友人へ、そしてまた友人から友人へと、途中3人のヒトたちと時間のずれを経由して著者の手元にまだたどりついたことが、途中のヒトたちのフルネイム入りでしるされていまして、写真に映っているヒトたち映したヒトたちがまったく想像もしなかったこのような紙面でふたたび陽の目をみることになった忘れられた写真の1枚ずつに、直接間接にそこにかかわったヒトたちの体臭をよくよく噛み締めるようにとゆー著者からの無言の熱いささやきとなっているわけですが、以下づらりづらりと登場する写真は、レオタードの語源になったパリのサーカス芸人(男)レオタードさんのステテコすがたの写真にはじまり、映画館とゆうものが出来てくる以前のゲイのナンパすぽっとだったとゆう音楽演奏施設(ミュージックホール)や芝居小屋内の酒場、世間のジョーシキで断罪されていた同性愛カップルの同棲のための唯一の逃げ道だった男秘書や召使い、収入不足をホモ売春で埋め合わせていた制服姿の守衛さんたちや郵便配達さん、グレコ‐ローマン式のレスラーやボクサー、ハンガリー出身で世界初のプロ‐ボディビルダーのE‐サンドウ(Eugen Sandow)、俳優やヘーたいサンの女装すがた、少年バレリーナ、ボーイスカウト、などなど、とくに古い時代の写真になるほど、どこがオネエなのかホモなのか納得するのが確かにムツカシー毛な、一見するだけでは何がホモやねんオールドロックンロールショウか歴史の古い男子校のアルバムみたいにも見えてしまいそうな写真ばっかりなのですが、写真の短い説明文をちらりと読むと、あああ、そうだったのかああと初めて納得。本書の3分の2ぐらいまでは、ゲイだと周囲に自慢する以前に、ゲイだとゆー自覚にめざめるだけでも大変だった時代の、自覚さえないままだったりも珍しく無かったゲイのひとたちがゲイ本来の欲求をまんじょきさせるための、はためには悲しい代用オカズの歴史的品評会で、残りは英国のゲイばんざい活動や、差別だけでないモロモロの壁をこえてラ〜ブラブラららなごく最近のイメヘジへと接続するとゆう段取りになっています。オネエ、クイン、ゲイ、ホモのひとを、写真はどんな視線でながめてきたか、と、その移り変わりを見るとゆうのぞき穴と、オネエ、クイン、ゲイ、ホモのひとたちは写真のなかでどんなイメエヂにおさまることを望んできたのか、と、その移り変わりを見るとゆうのぞき穴。2つめの穴からは英国の同性愛的ファッションの現代史もみれたりで、写真家セシル‐ビートン美声年時代の華麗な女装すがたを拝観できたりもします。アルバイトや専任で家庭教師をしているかたには、現代英国の同性愛の歴史をおべんきょーする時の副読本としても大変にチョーホーな写真資料集です。 ??[記:2006.04.17PM22時35分ごろ]

写真でみる英国オネエ生活150年史 『美少年って一体、誰ぁれ?
by =ジェイムズ‐ガーディナー 外見=そふとかば。ヨコ19.7xタテ26センチ。総重量=約685ぐらむ。224頁。 発売=1998、from にうようく(英語版)
ど特価=¥3500 お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: 英国ほも史料060417
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.04.15)

怪奇料理ギャグひとコマ漫画集

チャールズ‐アダムスのナマ焼けお料理読本
★★★★★ 。。テレビ&映画の怪物家族」「アダムスのお化け一家」の原作者‐漫画家チャールズ‐アダムスの大好物のひとつ、コワ過ぎてヒキつり笑いでやりすごすしかないお料理てえまのヒトこま漫画ばかりを集めた単行本です。真夜中の森の中でもぎたての新鮮なソレや、海釣りの最中に偶然釣り上げたソレ、一見普通の食材店やどう見ても正体ばればれのブキミなお店でさり毛なく販売されているソレなど、のろわれすぎな産地や売り場から台所に届けられる血なまぐさくて幻覚じみていたりもする新鮮な食材のかずかず。料理のきめては魔女の大鍋。いよいよ出来上がった晩さんのごちそうをフツーのひとが頬張ると、お化けや怪物、魔女や妖精お待ちかねの、ホントーのごちそうができあがる。。といった調子の、人間たべ放題テイストの濃厚な黒いお料理ギャグひとコマ漫画が、超自然的なぶきみさと同時に動物の毛皮でくるむような暖かいヌクみをあわせもつムウディなアダムスさんのペン画にみちびかれるままに、ぞろぞろぞろりと登場しておます。怪奇料理レシピの頁もあり。いろいろな意味でヒトを喰っているからコワいとゆうラベルをこえて、どうぶつを、でも、植物を、でも、とにかく何かをヒトが食べるとゆーことそのものの、おかしさ、ふしぎさ、こわさ、などなどを、のぞき穴を通して見せられているみたいな、とゆう意味で、オモシロくもコワくもあり、毒にも薬にもなるつごい漫画。お不美味しんぼな方々へのご進物にも最適です??[記:2006.04.15PM19時25分ごろ]

怪奇料理ギャグひとコマ漫画集 『チャールズ‐アダムスのナマ焼けお料理読本
by = チャールズ‐アダムス 外見=ハードカバ。ヨコ19xタテ26.8センチ。総重量=約700ぐらむ。108頁。 発売=2005、from にうようく(英語版)
ど特価=¥2800 お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: 怪物家族料理060415
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.04.13)

統合失調症的ばらばら寄せ集め雑誌

マクスゥーニィの17番
★★★★★ 。。ひきもっこり派の多流他菜(おるたな)ポップ読み物雑誌の通天閣『マクスゥーニィの』の17番は、エンジ色に白い文字で『マクスゥーニィの』17番と印刷した細い帯をはりつけた透明なビニール袋のなかに、てんでんばらばらな印刷物各種をつめこんだ寄せ集め雑誌。冊子になっているものから広告ちらしやチェック表まで、いろいろな方向性にそってそれぞれが単純な理解をはぐらかすことを目的に作られているかのような印刷物のどれもこれもが、実在するヒトなのか架空のヒトなのかすぐにはわからないバーモント州アぁりントン在住のマリア‐バスケスさんとゆー謎のひと宛に差し出された郵便物という設定になっています。ビヂュアル的に目をひくのは、中ぐらいサイズの事務用封筒に入れられたミニポスターセットで、みなみな様がたの大好きな、マニュエル‐オキャンポやマーク‐ライデンやカミーユ‐ローズ‐ガルシアのそれや、フイリッピン製のライフルと銃弾にハロー‐キティのカワイイ絵柄をあしらったジェム‐ショルニック(Jaime Scholnick)のおとろしい立体作品などお絵描きや写真を印刷した紙13点ほどが押しピンで壁に吊り下げらけるのを待ちかねています。2冊ある雑誌の1冊は、いつもの『マクスゥーニィの』風のひねくれ読み物あんど色悪く肥大した肝臓レバーの写真あんどヲタクい漫画などを収録した書名「無気味なもの」で、もう1冊の冊子は、中国の野人をふくむ世界の雪男研究本「イエティりさあち」。ほかに、でく人形いりバスケット詰め合わせセットぎふとの偽カタログや簡易型ルウシィ‐オルタのように複数のひとのカラダとカラダがどこかでつながっている変な衣服せんもんの通信販売ニセ広告カタログ、ヒミツの封書などなどもあり。ゴミ漁りマニアになった気分で、これらすべての受け取り人であるらしいマリア‐バスケスさんって一体どんなひとなのかを、あれこれ妄想してみたり、じぶんや誰かをマリア‐バスケスさんだと思い込んでみたり、工夫しだいで面白く無さをいくらでも増幅することも可能な変てこ猟師のみなさま向けな、どどでもいいイイ意味での珍本です???[記:2006.04.13PM21時30分ごろ]

統合失調症的ばらばら寄せ集め雑誌 『マクスゥーニィの第17号
外見=(雑誌2冊ぷらすミニポスター13点セットぷらすカタログ2種類ぷらすお手紙封筒2点など)のビニール袋いり詰め合わせセット。総重量=約700ぐらむ。140頁。 発売=2005、from にうようく(英語版)
ど特価=¥3000 お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: 雑誌もど木060413
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ日記    ♥♥(最新こねこね日=2006.04.13)

電子メイル住所変更しました。。

★★★★★ 。。当ホーモ頁内の今年2006年4月3日のところにも書きましたのですが、当店ご連絡用に使用中の「インフォシーク」電気メイルで、あいかわらず断続的に通信事故がおきているため、当店連絡先の電気メイル住所を「どぶんこ@インフォシークどつとジェイピィ」から「どぶんこ@エキサイトどつとコどっとジェイピィdobunko@excite.co.jp」へと変更しました。
気がついた範囲での旧来の電気メイル住所「インフォシーク」での事故の内容は、1)hotmailメイル、2)au(ezweb)メイル、3)および、もしかしたらdocomoメイルその他の電気メイル住所と電気メイル住所「インフォシーク」との間で、イ)「インフォシーク」から送信したはづの電気メイルが配達されない、ないし、ロ)数時間とか数日とかの遅延、延滞、なぞの空白時間をへだててノソノソと配達される、ハ)「インフォシーク」あてに送信していただいたメイルが行方不明になり受信できなかった。などで、少なくとも最近1け月以上にわたって不定期的かつ断続的に発生していたことが判明。当店とお客さまとの通信途絶や、お花見弁当食べ損ない、など、困ってしまってワンワワンなため、電気メイル住所を変更することにしましたです。
旧来からの「どぶんこ@インフォシークどつとジェイピィ」も、いままでどおりには送受信ともに可能なのですが、送信したつもりのメイルが途中で着信をまたずに消滅してしまう事故がおきた場合、送ったヒトも送られたヒトもどちらも気がつくがムツカシーのはヤギさん通信以上ですので、これからは「どぶんこ@エキサイトどつとコどっとジェイピィdobunko@excite.co.jp」あてに、でお願いします。
なので、先日の「日記」にも書きましたように、当店あてに送信していただいたお問い合わせやご連絡メイルで、当店からの返信が待っても待っても届かなかった。とゆう方いらっしゃいましたら、御面倒でも「どぶんこ@エキサイトどつとコどっとジェイピィdobunko@excite.co.jp」あてにご連絡ください。
と、そんなわけで、目下のこる唯一気がかりは、「インフォシーク」から乗り換えることにした「エキサイト」で、通信事故がまったくないのか、時々はあり得るのかを、まだ全然わかっていないとゆーことで、そういえば以前「エキサイト」ブログのメンテナンス時に、ログインできない状態が予告時間を大幅に超えてちょー伸び伸びになり、皆の衆こぞって大弱り、とゆーことがあった記憶がぼんやり蘇りつつもあるのですが、何かのときにはそのつどに、当ホーム頁上でご報告します。。
[記:2006.04.13AM11時55分ごろ]


お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.04.11)

イキモノ絶頂セツクス写真集

動物たちのセツクス術/大型&小型生物の生殖習慣がいど
★★★★★ 。。著者のお言葉を拝借(超誤訳)しますと「スペイン魔女狩り裁判で悪名高い異端審問官トルケマダの拷問器具にも似たトゲトゲ付きのへのこ(*へのこ、とは、ぺないす、を珍ぼう、のことです以下同様)を持つオスのアズキゾウムシのお相手を勤めるご苦労様なメスのアズキゾウムシ(female bean weevil)の霊前に謹んで捧げます」とゆうこのビューチフルなアニマルらぶらぶ写真集。特別待遇のアズキゾウムシさんは、オスのへのこの拡大写真まで掲載されているぐらいで、アニマルSEXとはいいましても、地上の動物さんたちに限らず、虫さんやクモさん、鳥さん、川や海の生き物やおサカナさんなど、ニンゲンのメガネにうつしてみるとすごうく小さかったりととても大きかったりしているようにイビツ映る地球あちこち生まれのイキモノたちが、おもにはオスとメスでまぐわっている瞬間のウレシ〜そうだったり苦しそうだったりする全身の表情&イキ顔を待ち構えての、ニコニコ&ビックリな決定的瞬間をぱくぱくと頂きまくっています。いきものの世界ではニンゲンとともに完全な異常へんたい行為となっている顔と顔をみあわせてのまぐわいをいたすだけでなく、メスどうしやオスどうしで生殖器のいぢくりあいをするのが大好きなボノボ。ホモカップル率が全体の15%に昇るとゆうハイイロガン。メスのおしつこの味で交尾にふさわしい時期かどうかを判別するとゆうオスのキリンさん。他のオスの下腹部におのれの精子を注入して、直接的にはじぶんが交尾するチヤンスのないメスとの受精をもくろむクマノミ。船の底などにへばりついた状態ですこし離れたむこうのほうにへばりついているメスとまぐわうために30センチの長さにまでへのこが伸びるフジツボ。20センチから最大40センチ以上もあるへのこを尾長鳥のようにぶらさげているので有名なコバシオタテガモ。巨根をなめあうのもすきなバナナナメクジ。、見開き2頁ずつの片側1頁がまるごとカラー写真でもう1頁は解説文、とゆう図鑑ふうのつくりになっていまして、解説ぶぶんのほうも、架空のアニマルべっどトークあり、ラブレター風ありで、太字で印刷してある部分の前後数行を辞書をひきひきしてみるだけでも目からホルモン焼きのコゲめが落ちるほどにづいぶんオモシロく、たとへばお肌がズルムケっぽい大きめのカエルの背中に、すこし貧相な小柄のカエルがしがみついている写真など、見ているだけで苦いお茶の酒の肴にもぴったりなのですが、解説をみると、このコスタリカ産ヤドクガエルは、後背位のこの体位のまま6ケ月ものあいだジィっとして過ごす習性あり、とありまして、甘いお茶をより苦くのむ調味料としてさらに味わい深く噛み締めることもできるのですが、それはそれ。ふだん動物園ぐらいでしかみたことがないのに身近なように勝手におもいこんでいるパンダさんやゾウさんトコジラミさんやタツノオトシゴさんヒトデさんゾウさんライオンさんサソリさんマカクさんイルカさんジュゴンさんアメフラシさんなどなどのカッポレのまぐわい中の、げにもユカイな真剣きわまりないマヌケ顔、絶叫顔、などを次から次へと鑑賞できるちょっと悪趣味でどとても素敵な小型版お写真集でござりまするる。ご愛用用に、ご進物に、2冊3冊どどどうぞ???[記:2006.04.11PM23時55分ごろ]

イキモノ絶頂セツクス写真集 『動物たちのセツクス術/大型&小型生物の生殖習慣がいど
by デビッド‐ストローム 外見=そふとかば。カラー写真&かいせつ集。ヨコ13.9xタテ18.4センチメイトル。重さ=約200ぐらむ。140頁。 発売=2006、from にうようく(英語版)
ど特価=¥2000 お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: アニマルらぶ060411
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ日記    ♥♥(最新こねこね日=2006.04.03)

電子メイル不具合のおしらせ。。

★★★★★ 。。きょう4月3日の夕方に気づいたのですが、当店で使っている電気メイル住所の元締め「インフォシーク」に、以下のような「おしらせ」が。。。
(以下、引用) 「おしらせ// 現在、Infoseekメールから送信したhotmail宛のメールが届かないという現象が発生しており、弊社とMSN様間において、現在改善に向け調整させていただいております。改善まで今しばらくお時間をいただくこととなり、大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願いいたします。 (2006.03.30)」 (引用おしまい。)
あ〜らら。「おしらせ」の日付けはいまから4、5日も前になっているのですが、きょうの午後に電気メイル郵便箱をのぞいたときには、こんな「おしらせ」みかけなかったよーな。。それはともかくも、3月下旬に頂いた在庫確認メイルへの返信で送信完了したつもりでいた当店からのメイルが、数日間も過ぎたあとになって「宛先不明」を理由に舞い戻ってきてしまう、とゆう怪現象が繰り返し発生して困っていたのですが、その原因が「インフォシーク」メイルの不具合だったことがようやく判明したのでした。
Infoseekメールだのみではラチがあかないので、あわててdobunko@excite.co.jpとゆーメイルあどれすオープンしまして、hotmailメイルからメイルを頂いた方へは、へどろもどろなヤヤコしー事情説明かたがたで、おわび連絡メイルをお送りしたつもりでいますのですが、もしも、hotmailメイルから、およびau(ezweb)メイルから、そして、もしかしたらdocomoメイルからででも、当店どどいつ文庫あてにおメイル送信して頂いたのに、いつまでも返事が届かんぞー。。という方おられましたらば、大変にお手数おかけして申し訳ありませんのですが、dobunko@excite.co.jpあても一度ご連絡してみてくださいませ。すいませんけれど、よろしくお願いしますです。。 ??[記:2006.04.03PM19時25分ごろ]


お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.04.09)

美人コンテスト悪趣味びぢゅある図鑑

美の女王様
★★★★★ 。。ちきうの上に話を限っても美女と呼ばれる権利のあるひとは最低32億千万人、女装男性もまぜることにすれば潜在的には65億人以上のひとが自分を美女だと勝手に思っていても全然よろすいわけですが、しかも同時に、美女の「美」がいったい全体何のことだとゆー全宇宙的に標準化されたハカリやモノサシはどこにもないため、野菜の出来ばえ自慢とおなじようなつもりで美人こんてすとなどてゆうようなことを安易にしてしまうと、めいめいのどたまのなかに棲息している未確認動物UMAにも等しいてんでばらばらの架空の美女想像図と想像図が、それを転写複製しようとして成功も失敗もしている生人形モデルのかたがたの肉体(ヘヤースタイル、化粧、ふぁっそん、整形美容、ならびに、凍り付いた偽100万だららのスマイル)を拝借してがつんがつんと激しくぶつかりあう泥試合となるのは、見たことがなくても見なれた美女こんてすと、美女こんくうるのお約束なわけですが、見るひとを思考停止のづんどこへと突き飛ばす美女こんてすとのだいご味を、流行的にも現在とは懸け離れた何十年もむかしの美女こんてすとの写真や聞いたことも聞く必要もないイナカやトカイの美女こんてすとの写真とか、美女こんてすとをめぐる知らないほうよっぽどましな無用の雑学とかを通じて味わうことができる美女こんてすとビヂュアルがらくた箱で、ほみていると、変態見世物の一ヂャンル、フリーク‐ショウの一ヂャンルかと誤解したくなりそうな、通常はあえて語られることもない異常心理的照明による美女品評会の風景をこっそり楽しむこともできつつ、一見するとフツーっぽいぐらいに味付け淡白な美女こんてすと悪趣味びじゅあるコレクション本です???[記:2006.04.09PM23時55分ごろ]

美人コンテスト悪趣味びぢゅある図鑑 『美の女王様
by エリッサ‐ステイン 外見=はあどかば。愛蔵版写真集。ヨコ18.5xタテ18.5センチメイトル。重さ=約460ぐらむ。 カラー&しろくろ写真&図版満載。。128頁。 発売=2006、from にうようく(英語版)
ど特価=¥2200 お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: 美人見世物060409
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.04.07)

動物ぎゃくたいイヤだよ残酷絵本

愚か者たちの船
★★★★★ 。。動物食肉化作業の現場イラストるぽ本『死んでるお肉』では、狂牛病がもんだいになるより早い時期に出版されたにもかかわらず、あとで見直してみればヘタレ牛に捧げた観察記念絵がすでに収録されていたりするなど、ニンゲンさまの都合で流れ作業のベルトにのせられて死んでゆく動物たちのすがたを、つねに感情移入しすぎの動物になっちゃいました状態で描きつづける画家スー‐コーさん。近刊のこの絵本では、ヒツジさんがマナ板の上にのせられていまして、羊毛を描き集めるために胎児のうちハハ羊のお腹からひきずり出されて毛をぞられて血まみれの図、豪州から亜米の市場への移送のために衛生状態など絶無の輸送船のなかでひしめきあっているの図や、お船がちんぼつするときに船もろとも集団で溺死するの図、などスー‐コーさん独壇場のどうぶつ残酷えまきが繰り広げられています。スー‐コーさん自身が、むごいめにあって血のなみだを流す大勢のヒツジたちの皮をかぶって一心同体になっているのはいままでどおりなのですが、最近作の本書では、ヒツジを成仏させる役回りの暗い表情をした男性たちが、スー‐コーさんの父親だか近所のお友だちの父親だかの皮をかぶせられているような雰囲気をかんじさせるあたりが新たな見どころにもなっているようで、獣や怪獣の皮をかぶったら取れなくなった状態のニンゲンを描く今どき流行中のどうぶつ人間お絵描きの裏がえしブアジョンとしてみても興味毛深なオトナのこども絵本です???[記:2006.04.07PM23時55分ごろ]

動物ぎゃくたいイヤだよ残酷絵本 『愚か者たちの船
by 画=スー‐コー、文=ジュディス‐ブロディ 外見=はあどかば。愛蔵版写真集。ヨコ26xタテ26センチメイトル。重さ=約480ぐらむ。 全カラー絵本。。34頁。 発売=2005、from しあとる(英語版)
ど特価=¥2200 お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: 食べるな規犬060407
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.04.05)

瞬間冷凍少女&少年真空ぱっく写真集

インガル‐クラウス肖像写真集
★★★★★ 。。最低でも宇宙ぐらいの広さに広がっていたはずの意識のお砂場が、ムダ毛の加速的な発育やカラダの巨大化傾向に押しつぶされるようにしてづんづんと小さく縮みはじめようとする季節のなかにつっころばされた少女や少年の、統合失調症もどきな緊張に満ち満ちた表情ばっかりを捕獲しているドイツぢん写真家インガル‐クラウスさんとゆうひとの童貞喪失写真集です。独学で1990年代はじめから写真家としてのお仕事をはじめたとゆうクラウスさんは、この写真集前半におさめられている、インガルさんの娘のお友だちたちや近所のひとの知り合いから集めたドイツ‐ベルリン郊外在住の11〜12才の少女や少年たちを異次元世界からの移住者のように撮影した肖像写真で認められると、お写真留学の費用がもらえることになり、選んだおでかけ先がモスクワの少年院。親にほうりだされてやむおえず非行少年院で生活している少女、少年の肖像写真が本書後半には並んでいます。品質的には問題あり気味な旧‐東ドイツ製の印画紙の死蔵在庫品を使うことで、画面をかすかな金色をはなつ光沢でびみょ〜に輝かせるなど、濃やかな手しごとの味をからめつつ、写真とゆう障害物を一気にとびこえて写真のなかでひらべったくなっているどこかの誰かのある日ある時の顔の皮膚や皮膚のしたの筋肉のかたちや目線のかげり具合が、それを凍り付きながら写真ごしにぢっとノゾキ見しているどこかの誰かと無言会話のにらめっこするような妄想にどっぷりひたれる薄暗い森への入り口のような空間をのぞかせてくれているようです。このお写真集を前において、純粋とかケガレのない、とかゆう類のえげつない幻想に取り憑かかれるスキさえもないほどにぢぶんのことだけで充実しきった無呼吸状態の少女たち少年たちにむかい好き勝手なひとりごとをぶつぶつ投げてみてください??[記:2006.04.05PM23時00分ごろ]

瞬間冷凍少女&少年真空ぱっく写真集 『インガル‐クラウス肖像写真集
by 撮影=インガル‐クラウス 外見=はあどかば。愛蔵版写真集。ヨコ17.2xタテ24.8センチメイトル。重さ=約630ぐらむ弱。 ハーフトン写真38点。102頁。 発売=2006、from どいつ(英語版)
ど特価=¥5400 お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: 人類氷河期060405
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.04.03)

医学模型夜話

胎児たちのロウ人形:ツィーグラー製作所生まれの胎児模型のこと
★★★★★ 。。恍惚の微笑み浮かべた美女のはらわたご開帳で名高い十八世紀中期イタリヤ‐フィレンツェの人体解剖ロウ人形ブウムから1世紀ほど後にやってきた、ロウ細工でこさえた胎児の模型標本。そのブウムを支えて20世紀途中ごろまで医学模型の分野で独占的な地位を占め、いまでは忘れさられようとしているドイツ‐ツィーグラー製作所とゆう医学ロウ人形の専門業者のお仕事の歩みを、その当時の発展途上な発生生物学の遅れ具合との関係のなかでふりかえりみた、骨董的胎児標本発掘けんきう本であります。屍体解剖観察図をたよりに、超小型の赤ちゃんが同じ外見を保ちながらサイズだけ順次巨大化していくことで最終的に通常っぽいサイズの赤ちゃんへと変化してく過程を造型した胎児標本。とか、目玉なら目玉、心臓なら心臓だけのように、特定の器官だけをとりだしてその外見をなぞったかたちなど、前世紀の人体ロウ人形のつづきみたいな1850年代の標本もあれば、複式顕微鏡の発達や進化論の流行などの風にあおられて1870年代以降の、エルンスト‐ヘッケルの反復説を忠実になぞった異種同根祝賀会風の大解剖標本棚や、ヘッケル説を批判したことで知られるヒズ博士の監修指導のもとで作られた器官内部のしくみや器官と器官とのつながりまでがみてとれる精巧な標本もあったり。といった調子で、デジタル電気器具とコンピーターを総動員する生き物のお誕生研究のなかでは取り上げられたりする機会はまったくなさ毛な、いまどき基準でいえば非科学的の烙印さえいただけるぐらいに時代遅れで空想科学ショウの実演みたいなニンゲンの胎児模型のかずかず、と、それだけでなく、ヒヨコやサンショウオやハエなどの玉子やカラダの成長の模型もかずかず、貴重図版もりもり眺めることができます。前半は文章と図版、後半は図版およびツィーグラー製作所製品カタログの復刻とゆう構成になっていまして、文章による説明もそれなりにありますのですが、妄想系立体でっさんの参考には貴重な1冊となっていますっす??[記:2006.04.03PM19時40分ごろ]

医学模型夜話 『胎児たちのロウ人形:ツィーグラー工房生まれの胎児模型のこと
by=ニック‐ホップウッド 外見=そふとかば。ヨコ17.2xタテ24.8センチメイトル。重さ=約630ぐらむ弱。 カラー32頁、ハーフトン図版100点以上。206頁。 発売=2002、from けむぶりっぢ(英語版)
ど特価=¥5200 お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: 胎児夢枕060403
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.04.01)

有名事件裁判の実況中継画集

正義のア〜ト/目撃者が見た重大裁判30件
★★★★★ 。。写真機の持ち込みが極度に制限されている裁判を見物し、その場で絵を描いてくる係のひとをニューヨーク‐タイムス新聞社が初めて募集したときに採用されたときから数えても、30年以上の長い間、法廷での実況お絵描き職人をしているマリリン‐チャーチさんとゆう女性の野次馬根性全開の裁判お絵描き作品集であります。ウォーターゲイト事件や試験管ベイビー赤ちゃん誕生前死亡事件からO‐J‐シンプソン事件やジェニファー‐ロペスと交際中だったギャングスタ‐ラッパー、ショーン‐パフィ‐コムズの発砲事件まで、1970年代、80年代、90年代から現在にかけて、そのときどきの昼めしのオカズの足しにも重宝されたほどに世間の話題になった有名裁判30件の野次馬見物お絵描きを、ずずずらりらりと年代順に収録。ニポンでも特になじみ深毛なサムの息子やライ麦畑のジョン‐レノン殺しマーク‐チャップマン、巨額脱税事件でちょーえきを喰らった半島系某カルト教団教祖、不動産王ドナルト・トランプの2番目の妻だった女優マーラ‐メイプルズの靴フェチすとぉかぁ男ぢけん。それにおまけぺえじでは、有名人がタイホされたとき画廊シリーズで、シド‐ヴィシャス、ブルック‐シールズ、Mック‐ジャガー、イメルダ‐マルコスなどの小さめな1コマ絵も収録。裁判所に殺到するプロ&素人の野次馬軍団の熱気につつまれて、薄ぐらく、写真機の持ち込みは報道関係者にも許されていない法廷内部に陣取りながら、想像上の好き勝手な視点移動やむだな空間の切り詰めや脳内での照明操作、果ては場面のなかにお絵描き中のじぶんの姿までを描きこんでしまったりするなど、写真撮影だよりの撮影の場合だったらば明らかに反則ワザか物理的に不可能な大技小ワザで画面づくりには紙芝居ちっくなイイ湯けむりむうどがもムワンムワン。有名新聞ニューヨークタイムスやニュウヨウクのテレビ局WABCで使用される報道もくてき用のそれなりに重要な小道具であるにもかかわらず、現実に取材し現実の素材を利用しながら現実から微妙に大胆にかけはなれたホントみたいなウソの世界をつくりだす法廷見物お絵描き師のフシギなお仕事の成果を吟味してあげてください。?? [記:2006.04.01PM21時40分ごろ]

有名事件裁判の実況中継画集 『正義のア〜ト/目撃者が見た重大裁判30件
by=マリリン‐チャーチ 外見=そふとかば。ヨコ27.3xタテ20.7センチメイトル。重さ=約750ぐらむ弱。 オールカラー画集。160頁。 発売=2006、from ふぃらでるふぃあ(英語版)
ど特価=¥2800 お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: 虚構解体060401
「今日の目次」はコチラ
お問合せ‐ご注文はdobunko@excite.co.jp「どどいつ文庫‐○○係」までどうぞ。。
inserted by FC2 system