♥ 世界のキテレツ洋書&デヘブヒデヘ専門店「どどいつ文庫」です。ご連絡はdobunko@excite.co.jp「コニチワど文庫」係まで大至急に。

目次でゴザル

●最新頁はアチラ
最新頁
dobunko.jp/
◎1つ前のペエヂ
2006.8月分
◎ど忘れ日記ブログ
dobunko.exblog.jp/
◎ヂャンル別りすと
コチラです
◎ご注文方法
ご注文は25ぢかんOK
※ホ〜モ頁にのつていない本やDVDのお問合せもどおぞ。。
◎ご来店あんない
コチラです
◎おメエル連絡先
お問合せご連絡は、 dobunko@excite.co.jp
まで。いつでもどうぞ。
25ぢかん受付中
※ホ〜モ頁に出ていない本やDVDもお探ししします。。


〈ふりだしへ戻る〉

2006年9月ホカホカ入荷ですたい!
*それぞれ順にゴキっと押っぺして見みみてください。
翌月のペエヂはアチラ          前月のペエヂはコチラ

    ♥♥  二○○六年○九月のもくぢです    ♥♥(最新こねこね時=2006.10.01PM.17.00)

♥ ♥二○○六年○九月の目次
今月のホカホカ
最新の御案内
『2007年版/納骨堂ものがたりカレンダー 』(9.30)
『2007年版/遊ぶ尼さんカレンダー』(9.29)
『2007年版/猫はナゼ絵を描くかカレンダー』(9.29)
カルトB級映画いんたびう集『驚異のB級怪物』(9.27)
錯乱情報版観光ガイドブック『年中無休/誰も行きたくない観光地ワースト80』(9.25)
世界の発情刺激デザイン標本集『『ばつばつばつ/現代でざいんのセツクスぱわあ』(9.23)
幻覚オカルト暴力めるへん漫画『てんかん』(9.21)
20世紀写真にみる性差消滅肖像集『ヲトコヲンナ105枚の写真』(9.19)
『穢(けが)れたムダづかい』(9.17)
公式版‐同性愛おりんぴつくDVD『第6回ゲイゲイム‐新たな空の下で』(9.15)
ぐみょみょデロロレ画家作品集『ピーター‐ソウル回顧展』(9.13)
元祖ビックリ写真絵はがき集『実話写真絵はがき集』(9.11)
あにまるゲイアニメ映画DVD『おかまカモ‐映画版』(9.09)
『ネコ‐イヌ‐ウサギ/写真家ハリー‐ウィッティア‐フリーズの普通ぢゃない世界』(9.07)
1960年代ゲバゲバはれんちマンガ大魔王65才記念作品集『S‐クレイ‐ウィルソンのアァ〜ト』(9.05)
元祖インドすりらー映画DVD『行方知れずのヒト』(9.03)
天象儀ふう切り貼り画集『ザ‐ふしぎ/おもいでの都市の肖像:第2集』(9.01)

…………………………………………………………………
翌月ぶんと前月分
最新のペエヂはアチラ         前月のペエヂはコチラ
ジャンル別総合リスト
2○○3年01月1日から2○XX年XX月XX日まで
…………………………………………………………………
お問合せ&ご連絡は: dobunko@excite.co.jpまで。25時間受付ちうです。
…………………………………………………………………
最新ペエヂはアチラ
2006年9月29日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その3    

1950年代怪奇残酷マンガかれんだー

2007年版/納骨堂ものがたりカレンダー
...20世紀後半の怪奇まんがの原点といえばECコミックス。悪名高いアメり力漫画の倫理規定による締め付け実施のキッカケにもなったほど、黒い笑いにつつまれた何でもアリの怪奇描写が良識を理解できない世間のオトナのひとたちを激怒させ、そのごの映画、まんが、小説なども多大な影響をあたえ今も熱狂的なファンがいることでも有名なECコミックスのなかでも、「納骨堂ものがたり(ているず‐おぶ‐くりぷと)」は、とりわけ有名なシリーズのひとつですね。その伝説の怪奇残酷まんが雑誌「納骨堂ものがたり(ているず‐おぶ‐くりぷと)」シリーズの極悪絵柄の悪夢の表紙絵が、墓場でぢっとしていられず生きているヒト肌に焦がれてモッサリと輪廻転生、いまごろのこのこ来年2007年版のカレンダーとなって復活してしまったのでした。バケモノ、妖怪、ミイラ、ガイコツなどブキミきゃらくたーたちの元気のいらない元気な活躍っぷりは、魔よけ、厄よけ、厄払いなどの効果も期待大中小ないのかあるのかと聞かれれれれば絶対にだいたいないと断言してもよさそうで、ぢぶんの部屋が1年ぢゅうかわいい化け物屋敷みたいだったらいいなーと願う皆々さま(誰?)におすすめできそーです。??
[記:2006.09.29PM22時55分ごろ]

1950年代怪奇残酷マンガかれんだー『2007年版/納骨堂ものがたりカレンダー
発行=2006年、にうようく。英語版
大きさ: 30.5x30.5センチ。 重さ=約270ぐらむ弱。
外見=表紙(表と裏)プラス12ケ月ぶんのオールカラー図版で図版合計14点。26頁。中とじ。製本した状態ですのでご使用後にもバラバラにならず保管できます。
ど特価: ¥2000
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号:生き埋め暦0609293


2006年9月29日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

外出と娯楽だらけの修道院かれんだー

2007年版/遊ぶ尼さんカレンダー
...修道院のアマさん、尼僧仲間どうしが大勢で外におでかけしては、盛り場ウロウロ、屋内外の娯楽施設で、遊ぶわ遊ぶわ。女子高生や女子大学生たちが集団で尼さんのコスプレをしているのでは?と勘ぐりたくなるほど、無邪気に遊びまわる尼さんたちの記念写真の数々。去年、一昨年と当店でも大好評をいただきました『遊ぶ尼さん』カレンダー、来年2007年も無事に刊行のはこびとなりました。裏表紙の説明によると写真は1950-60年代に撮影されたものらしいのですが、尼さんがうれしそうにジェットコースターにのっていたり、60年代にニポンでも流行したツイスター(ゲーム)をして遊んだり、新作修道服のファッションショウを見物してり、尼さんだけのロックバンドを組んで練習したり。とにかくとーても楽しそう。集団で快楽の探究にはげむ尼さんたちのカレンダーを壁にかけ、1年ぢゅう修道院脱走組きぶんを満喫してください??
[記:2006.09.29PM23時45分ごろ]

外出と娯楽だらけの修道院かれんだー『2007年版/遊ぶ尼さんカレンダー
発行=2006年、にうようく。英語版
大きさ: 30.5x30.5センチ。 重さ=約270ぐらむ弱。
外見=表紙(表と裏)プラス12ケ月ぶんのオールカラー図版で図版合計14点。26頁。中とじ。製本した状態ですのでご使用後にもバラバラにならず保管できます。
ど特価: ¥2000
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号:快楽修道尼0609292


2006年9月29日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

猫アーチストかれんだー

2007年版/猫はナゼ絵を描くかカレンダー
...当店の超ロン毛セラー本『猫にナゼ絵を描くのか』の姉妹編『猫はナゼ絵を描くのか』が2007年版のカレンダーになりました。『猫にナゼ絵を描くのか』は、ネコには天性の絵描きとしての才能があり、カーテンやソファーのひっかきキズでさえも、天地さかさまにしてよくよく眺めれば立派なお作品になっているのですよー。と、吾輩夏目漱石こと、やな家みどりも思い付かなかったデタラメ仮設にもとづいて、スンゴイ絵を描く天才ネコ(ネコ科のネコ)たちの発掘につとめた怪しくもユカイなお写真集。2007年版で3回めだかになるカレンダーばーじょん、今回は、写真集収録のものとは別にカレンダー用に撮り降ろした写真が多く、すでに写真集をお持ちのかたにも新鮮(?)。気まぐれまかせでアートに打ち込むネコたちと文字どおりにちゃらんぽらんを絵に描いたようなネコが描いた絵の数々をお部屋に飾り、お客ちゃまにソッポをむかれたりツメでひっかかれたりされてみては、いかがでしょう??
[記:2006.09.29PM22時55分ごろ]

猫アーチストかれんだー『2007年版/猫はナゼ絵を描くかカレンダー
発行=2006年、にうようく。英語版
大きさ: 30.5x30.5センチ。 重さ=約270ぐらむ弱。
外見=表紙(表と裏)プラス12ケ月ぶんのオールカラー図版で図版合計14点。26頁。中とじ。製本した状態ですのでご使用後にもバラバラにならず保管できます。
ど特価: ¥2000
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号:人間時計0609291


2006年9月27日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

超カルトB級映画いんたびう集

驚異のB級怪物
...ぢぶんに催眠術をかけてでも脳みそのスイッチをストッピんぐ、思考力も判断力も限り無くゼロに近い現実完全逃避モオド、、現実遮断モオドに突入することを観客側のエチケットとして要求するわがまま勝手なバ力大国アメり力特産の昭和20年代から昭和40年代産の低予算B級映画。その掃き溜のなかでもズバ抜けた非現実性をほこるZ級SF、ファンタジー&怪奇ホラーあんど非行少年少女映画の数々に、スタッフや出演者としてバカの極地を超えた神秘的なまでの理解不可能オーラまといつく名前を刻み、公開当時こそ完全に無視されながらも今では不滅のごみクズカルトの地位にまで下がりつめた男女B級映画人26人の方々へのこんにちわインタビウ集であります。ヲトナどころかワケ知りのコドモにもついていけないゲテものヂャンル扱いでニポンの映画館では未公開のものが多いので、本書に登場するZ級有名映画人の名前や作品名をづらずら並べても、写わだぐぢ(誰?)ぢしん何となく聞いたことのある固有名詞はごくごく一部でしかないのですが、いちおう目次を写してみますと、『遊星よりの物体X』(1951)の助演男優ジム‐アーネスJim Arness(ジェームス‐アーネス)。3D映画『ゴリラの復讐 GORILLA AT LARGE 』(1954、ニポンでは後にTV公開のみ)やエド‐ウッド脚本の『花嫁と野獣 The Bride and the Beast 』(1958、ニポン未公開)に主演した「ゴリラの女王」シャーロット・オースティンCharlotte Austin 。『惑星Xから来た男 The Man from Planet X』(1951)の主演男優ロバート・クラークRobert Clarke。ビートニクス映画『Daddy-O』(1958、ニポン未公開)主演の「アコーディオン界のヴァレンチノ」ディック ・ コンティーノDick Contino。『フランケンシュタインの 娘 Frankenstein's Daughter』(1958)。 『未知の巨人 Giant from the Unknown 』(1958、ニポン未公開)の監督リチャード‐E‐カンハ Richard E. Cunha(リチャード‐E‐キュンハ?)。
『半魚人の逆襲 REVENGE OF THE CREATURE』(1955)や『原子怪獣と裸女 Day the World Ended』(1956)の女優ロリー・ネルソン Lori Nelson 。『放射能X 』 (1954) の主演男優フェス・パーカー Fess Parker。
『惑星アドベンチャー スペースモンスター襲来!Invaders from Mars』(1953) の主演男優ジミー・ハント Jimmy Hunt 。 『怪人フランケンシュタイン I Was a Teenage Frankenstein 』(1957、ニポン未公開) の監督ハーバート・L・ストロック Herb Strock。
『西洋式歌垣海岸の恐怖 Horror of Party Beach』(1964、ニポン未公開)『吸血原子蜘蛛 EARTH VS. THE SPIDER』(1958、ニポン公開1963?) の男優 エド‐ケマーEd Kemmer。ロジャー‐コーマンの初期作『悪魔と魔女の世界 THE UNDEAD』(1957、ニポン未公開)やオリヂナル版『リトルショップ‐オブ‐ホラーズ』 (1960、ニポン未公開) ほか男優としても出演作多数、『フランケンシュタイン・娘の復讐 (1971、ニポン未公開) など監督作もあるメル・ウェルズ Mel Welles。
『金星人地球を征服 It Conquered The World』(1956)のビヴァリー・ガーランド Beverly Garland 。代表作に『その女を殺せ THE NARROW MARGIN』(1952、ニポン未公開、かんとくリチャード‐フライシャー)や『現金に体を張れ』(1955)などがある暗黒犯罪映画の女王Marie Windsor (マリー・ウィンザー)。 1950年代にはマリリン‐モンロー‐ジェイン‐マンスフィールドと人気を争いいまだに現役ばりばりフェロモン全開のやさぐれグラマーつっぱり女優マミー・ヴァン・ドーレン Mamie Van Doren。『妖怪巨大女 Attack of the 50 Foot Woman』(1958)で巨大化はせず巨大女の夫の浮気相手の役をつとめた50年代B級映画のセクシー女王イヴェット・ヴィッカーズ Yvette Vickers。
『残酷女刑務所』(1971)や『コフィー』(1973) 『フォクシー・ブラウン』(1974)など黒人アクションすたあ女優パム‐グリアの育ての親で、怪作『蜘蛛赤ちゃん SPIDER BABY』(1965、ニポン未公開)でも知られる監督ジャック‐ヒル。それに昭和30年代の悪役男優レオ・ゴードン Leo Gordonや、『死霊のはらわた』ほかサム‐ライミ監督作品でおなじみのブルース・キャンベルなど、ユウチウ部りんくの張り過ぎで本のご案内がどこかに消えてしまいそうですが、なにしろ本書の収録図版はインタビウされているヒトたちのシロクロ肖像写真のみで、ビヂュアル的な資料価値はほとんどゼロ点。ですが、そんなことはさておいて、B級映画生え抜きのつわもの男女26人が、ファンが知りたいそんな質問こんな質問にお答して、不遇時代のB級映画界の日当たり悪げな記憶のなかのお花畑からぶちっとむしりとって披露してくれる、いろいろビミョーに珍しいお花のようなむかしばなしに耳を傾けてみると、何とも言えない泥臭い、香りがむうんむん。ど田舎ということしかわからない知らない土地のおんぼろ映画館であまりのつまらなさに居眠りしている夢のなかでとんでもない傑作映画を見ているような気分になりながら、辞書によだれを垂らしながら少しずつ読んでは忘れたいようなブサいくなかわいいご映画本(読み物)で、す?? 記:2006.09.27PM21時20分ごろ]

超カルトB級映画いんたびう集『驚異のB級怪物
by マーティ‐バウマン
発行=2004年、にうようく。英語版
大きさ: 17.8x25.3センチ。 重さ=約525ぐらむ弱。
外見=そふとかばあ。シロクロ肖像写真26点いり。240頁。
ど特価: ¥2400
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号:深夜映画劇場060927


2006年9月25日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

錯乱情報版観光ガイドブック

年中無休/誰も行きたくない観光地ワースト80
...そんな場所にわざわざ出かけてヒドい目にあっても自業自得と垢の他人からボロかすに言われること請け合いの、世界の不適切観光名所80ケ所を厳選。おでかけ先には、ウクライナの爆心地チェルノブイリやアフガ二スタソ‐サレルノ政治犯強制収容所や口スアラモスの核ぢっけん施設やボスニア‐ヘルツェゴビナのモスタルやヌポンのナントカくにぢんぢゃん、北カソコクと南チョ一セソの非ぶそ一境界線など、フツーに有名な悪趣味観光地もありつつ、スタ一リンが旧ン連で初めての核実験をして以来、地球上でもいちばん大量の爆撃の嵐をでむちゃくちゃに耕されているカザフスタソのセ三パラチソスク見物、タージ‐マハルのすぐ近くインド‐マクラナで日々新たな死者を見殺しにしつつ採掘が続くプラチナ鉱山の坑道、毎日100万リットルの井戸水をくみあげるコカコラ工場が引越してきたおかげで水位が思いきり下がって井戸が枯れ果て、遠くまで頭にカメをのせて水汲みにいくひとたちの村、1984年に発生した世界最大の化学工場事故以来いまだに汚染物質が垂れ流しのまま放置されているボパール、終戦30年後のいまも毎年2万人の死傷者をだしながら活発な取り引きが行われているベトナムのリサイクル地雷屋さん、電気も上下水道もない町の一角の1平方マイル(=約2.5平方キロメエトル)に15万人以上の住居無法占拠者がひしめあって暮らしているリオ‐デ‐ジャネイロの最暗黒、アフリカ‐タンザニアにあるイタリア企業直営の世界最大の靴工場,ルワンダ大虐殺のさなか映画「ホテル‐ルワンダ」で有名になった「千の丘ホテル」(オテル‐デ‐ミル‐コリン)で繰り広げられていたとゆーフツ族さんぼうたち酒池肉林。。飲み食い買い物以外は誰でも知っているような事実でもとことん無視して知らんぷりホッかむりするのが当たり前のようになってる世間一般の旅行ガイドの政治的姿勢とは540度ほど方向を変えて、歴史、経済、社会のしくみなどとゆーた類の、集団的エクトプラズムのまっただなかで、手足をからめとられてジタバタするしかない土地土地の住人のぎりぎりまじかにまで接近して、現場のネバネバを味見しようとしているため、観光ガイドとしての実用度はもちろん限りなく低いわけですがその代わりに、閉じこもりっきりのぢぶんのおフトンのなかにいながらにしてペラパラ好きな頁をめくって辞書を片手に1、2頁ずつ読むだけで、世界ぢゅうの苦ぢいヒトや無意味に殺されていったひとたちのザワザワがやがや呻き声笑い声がそこいらぢゅうを埋め尽して目のまえをまっくらにしてもくれる悪夢体験でどたまの芯までグラグラするような、錯乱情報社ならではの糞マヂメ一直線の痴性派ごりごり旅行がいど本です。??
[記:2006.09.25PM23時55分ごろ]

錯乱情報版観光ガイドブック『年中無休/誰も行きたくない観光地ワースト80
by マーチン‐コーエン
発行=2006年、にうようく。英語版
大きさ: 15.8x22.8センチ。 重さ=約400ぐらむ弱。
外見=そふとかばあ。シロクロ図版&地図いり。192頁。
ど特価: ¥2400
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号:夜間飛行060925


2006年9月23日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

世界の発情刺激デザイン標本集

ばつばつばつ/現代でざいんのセツクスぱわあ
...奇術師のようにお客ちゃまの目の前から売り物の素顔を隠し、しかも、素顔が消えていることをお客ちゃまに気づかせないようにするための新技てくにっくの追求に血道をあげている宣伝広告でざいなーの方々が、手軽な切り札として安易に使いたがるエロねた下ねたセクチィねた。 今まで何十万年ももあいだあきてもあきても居眠りしながらヒト類のヒトたちがやりにやりつづけ、目さきの刺激やささやかな変化も考え尽したにもほどがありそうなセクス行為とゆうものを、今さらどうヒネったらば、目あたらし毛な広告になるか。本書は、世界デザイン界の売れっ子ツゴ腕センセー、ステファン‐サグマイスターやアート‐シャントリィ、テリィ‐リチャードソン、フランク‐コジック、マーカス・キールステン,チボール‐カルマン、ポール‐ディビスなどなどの、ニポンからも若野桂や都築響一、ヒステクック‐グラマーなどの宣伝ポスターや書籍の装丁、CDヂャケットなど、エロねた仕込みの作品ばっかりをオールカラーで満載。直前の瞬間までの世間的にはセクシと思われていなかったセクスの混乱状態が、そのデザイン作品の誕生によって、セクシあぴーるモワンモワンな、欲情の神棚へと不自然に祭り上げられている様子や、そのことが一方では、それまでのタブウが、タブウとゆう呼び名に価しない使い古しの生活用品のような立場にずり下がることで、発表時点では衝撃的だったはずの作品が、急激に新鮮味や輝きを失って、ありきたりなものに成り果てた無惨なすがたなど、つかみどころがありそうでないセクスとゆうものを素材に、 極端古いエロ/新しいエロ、見慣れたエロ/衝撃的エロ広告など、両方のはじっこまで行けば同じ根っこに戻りそうなエロたちが、デザインという檻のなかでヂタバタしている様子を、遠目にながめながら、皆々さまおそろいでつまらな所をボロカスぐらいに思いきりけなしてお楽しみください。??
[記:2006.09.24AM00時01分ごろ]

下ねたデザイン標本集『ばつばつばつ/現代でざいんのセツクスぱわあ
Xxx: The Power of Sex in Contemporary Design (Graphic Design)
by 編=ジョシュア‐バーガー、プラズム‐メディア
発行=2003年、まさちうせっつ。英語版
大きさ: 23x29センチ。 重さ=約1.1きろぐらむ弱。
外見=ハードゴム製かばあ。192頁。
ど特価: ¥4500
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号:手八丁口八丁060923


2006年9月21日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

幻覚オカルト暴力めるへん漫画

てんかん
...少年時代にてんかんの発作を起こし落ち着く時期とくづれる時期を大きな周期でくりかえす兄と、こんぐらかった絆で結ばれたまま、そろって芸術家でオカルト指向のある両親の家で暮らした作者の分身デビッド(幼名フランソワを途中で改名)が、ハンデーを背負うニンゲンがゆっくりと前後左右好きなほうへ動いたりいつまでもじぃっとしていたりすることができるフツー人用よりも幅の広いゆったりした時空のほうへ、知らず知らずのうちに少しずつすべりだしていく成長停止の過程を、光か闇か、シロかクロかのくっきりした明暗だけでなりたっていてしかもしばしばクロを応援するコワいシロまで頻繁に出没するので黒い精力が優勢な、切り絵風の絵で描いた正統派の異色マンガです。主人公と作者のおフランス人デビッドがどこまで正確な一人二役なのかはどどでもよいとしまして、お話の背景になっている時代は、アルジェリア戦争の終わりから2年後の昭和39年(1964)、作者が5才のころから、平成6年(1994年)いまだに両親と同居中の作者のもとへ、裏ぶれた中年男になった兄がぼろぼろの姿で数年間の行方不明ののちに突然すがたを現わすまでの30年間で、なかでも特には、昭和43年(1968年)パリ5月革命でドゥルーズ=ガタリの反精神医学運動が流行したころからの数年間。雑誌『ムー』のご先祖にあたるルイ‐パウエル&ジャック‐ベルジェの怪しいニウエイジ雑誌『プラネット(Planete)』を作者の両親が愛読し、ニポン人ジョルジュ‐オ-サワ(George Oshawa)こと桜沢如一が海外に弘めたマクロバイオティクの信者が集うコミューンに家族で出入りをはじめるころから、作者の日常風景を描いているはずのコマのなかにも、幻覚的な物の怪やアノ世に住んでいますと言い張る骸骨のヒトたちなどがどんどん押し寄せてくるようになっていきます。両親はますますオカルトにおぼれていき、薔薇十字団にでむいたり、ルドルフ‐シュタイナーのゲーテアヌムを訪ねたり。逃げ道だったはずの夢が現実のようなフリをして手招きをしてくるオトロシさ。兄がおウチのなかで家族全員を相手にして神がかり的な暴力の発作におちいっていく場面での、生皮をむかれたような形相のオソロシさ。そして、そのオソロシくも痛ましくもまぶしいような形相が、作者のうえにも貼り付いてとれなくなって。。 現代ヨーロッパまんが界でもっとも重要な作者の傑作、という宣伝文句をみても、現代ヨーロッパまんが界をしらないわだぐし(誰?)にはそれがホントかどうかがわかりませんのですが、なにしろ昭和の時代のガロ系漫画の匂いがぷんぷんする作品なのは間違いなさ毛。狂気系愛好趣味のかたの枕頭にそーっと置いてあげてください??
[記:2006.09.22AM00時15分ごろ]

幻覚オカルト暴力めるへん漫画『てんかん
Malefemale
by デビッド‐ベー
発行=2005年、にうようく。お仏語からの英訳版
大きさ: 17.0x23.0センチ。 重さ=780ぐらむ。
外見=はあどかば。367頁。
ど特価: ¥3600
☆☆ソフトカバー版はど特価: ¥2600
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号:人格転換060921


2006年9月20日のあれやこれや。

    ★今日のご報告    

ジャンル別一覧表を後進しました

..この頁のしたのほうにある「ジャンル別一覧表 」に、先月2006年8月に誤案内した本を追加しました。ジャンルに整理しても意味がないものばかりの専門店とゆう、意味不明な当店の性質に、仮りにこさえてあるジャンル自体の不十分さや、すっきり整理したり分類したりすることが元々あまり得意でないわだぐぢ(誰?)がむりむり作業をしているとゆう事情など、おもしろ味のうすい味が引き算のまちがい合戦で、壊れた電気レンジで3時間解凍した冷凍チャーハンのような、めだった変化のみえない結果になってますが、何かのときにはみてみてくださいまひ。。。。
[記:2006.09.20PM13時45分ごろ]


2006年9月19日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

20世紀写真にみる性差消滅肖像集

ヲトコヲンナ105枚の写真
...ニンゲンはヒヨコではないのでメスかオスかを見分けるのは専門の技術がなくてもカンタンなのかと思ったら反対の賛成で、オス型の性器をメスの、メス型のをオスの、カラダに外側から取り付けたり、性ホルモンをもりもり摂取してカラダの内側からカラダの性別を変化させてみたりなどして、上手く行くこともいなかにこともあるきのを、をととい、先おととい。20世紀世界写真界の新旧スタア職人のせんせいがたの名作人物肖像写真105点を観察対象ににして、ヲンナらしさてゆうイメエヂ、ヲトコらしさてゆうイメエヂが、それぞれのお写真のなかで、どれほどグラグラゆれならが入り交じったり突きのけあったりしているか、写真をながめる読者本人がふだん意識しないまま使っているヲトコ/ヲンナ判定器が、ヒトの髪の毛、目つき、化粧、アクセサリ、表情、肉づき、骨格、服装、しぐさ、たばこの持ちかた、笑いかた、着こなし、目つき、態度、場面、環境などなどについての、どの部分のどのような特徴に重点を置いて、それをヲンナらしさ、あるいは、ヲトコらしさのシルシである何かだと、認定したり、迷ったりしているのかを、ぢぶんでぢぶんに聞いてみるための、たえまなく歪む手鏡のようなお写真これくしょんです。収録されているのは何しろ何だかどとても恥ずかしいぐらい有名&人気写真家の、リチャード‐アベドン、セシル‐ビートン、イモーゲン‐カニンガム、エリオット・アーウィット、マン‐レイ、ラルティーグ、アンディ‐ウォーホル、アニー・リーボビッツ、ゲイリー‐ウィノグランド、バーバラ‐クルーガー、ナン‐ゴールディン、メアリー‐エレン‐マークス、ハーブ‐リッツ、フィリップ‐ロルカ‐ディコルシア、アンナ‐ギャスケル、ルーカス‐サマラス、シンディ‐シャーマン、森万里子、森村泰昌、グレゴリィ‐クリュードソン、アンナ‐メンディエタセイドゥ・ケイタ、そしてまた、男爵アドルフ‐デ‐マイヤーやピーター・ヒュージャー(Peter Hujar)もといった調子でおよそ70人でこぼこ。広く浅く収録写真家の知名度にもたれかかって厳選をさぼっているように見える部分もありますが20世紀写真と性差論の教科書副読本みたいな本をお探しのかたには実にぺったりのお写真集です??
[記:2006.09.19PM21時50分ごろ]

20世紀写真にみる性差消滅肖像集『ヲトコヲンナ105枚の写真
Malefemale
by 序文=ヴィンス‐アレッティ、解説=ウェイン‐ケステンバウム
発行=1999年、にうようく。英語版
大きさ: 25.0x29.5センチ。 重さ=980ぐらむ。
外見=はあどかば。写真集。96頁。
ど特価: ¥4500
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号:性転換060919


2006年9月17日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

ムダ作文+ゴミ写真の合奏集

穢(けが)れたムダづかい
...ひと串でムダづかいといっても、コチラ側のムダはアチラ側のトク。それを全体としてみたばやい、シーソー台の傾きは差し引きプラスマイナス0度なり。とゆー商業高校ボキの教科書にてらしあわせれば禁じられた反則ワザ、100ピャーセントのムダだけで成り立つムダづかいはどしたら可能なのか。ソンかトクかといえば自分がソンするだけでトクするひとは誰もいないムダづかい、とは一体全体どんなことななののか。ぢゃんぢゃんばりばり何でもかんでもムダづかいして、何もしないでぼんやりしてみたいけれど、それで誰かがもうけるのは腹が立ってしかたがないしい、とゆうたご不満でつねづね悶々とお脳みちゅうの大勢のみなみな様(誰?)のなかの2人として、女性写真家ダナ‐ホーイさんと女性作文家グレートヒェン‐ルービンさんが、骨折り損のくたびれ損な高純度の浪費欲、勘違いの浪費、バカだアホだと後ろ指を突き刺されるような空費だけがヤリガいのある真に穢(けが)れたハレンチの名に価するムダづかいなのでござるヨう、とゆう暑苦しくも涼し気なご高説を写真でなぞりコトバでみつめて実演。一見ゴーヂャスでもありつつ、何だかバカバカしい毛の金ぴか写真絵本です。現代あーちすとマイケル‐ランディが、自分の持ち物7226個を分類しラベル貼り分解してから地面に埋めた2001年話題のパフォーマンス「故障」や新作の彫刻を地面に埋めてニッコリのイタリアぢん現代芸術家マウリツィオ・カテラン「キタキュウシュウ2001-ニューヨーク2004」、あるいは、買い溜めたレコードの未開封コレクションの山で来訪者をびっくりさせたジョセフ‐コーネルなど、本文の作文のなかに中途半端なムダづかいの例として紹介されているのは、ゲージツ家や小説家などのはなしが多め。写真は、タバコを吸いながら馬に乗って走る臨月まぢか風のはらぼて妊婦や、高級ワインを小石のうえにぶちまけたり、池の水面がパン屋さんになっていたり、赤ちゃんへの誕生日プレゼントが本ものの黄色いトラックだったり。ムダなまわり道でいっぱいとゆう印象をふりまきつつ、ほんもののお札を丸めてデカいごみ箱に投げ捨てたり、高額紙幣に火をつけて燃やしたりして絶頂へ。お金を燃やして発情のきざしをほのめかすかのようなお写真をながめていると、やりたかったのは要するにコレ、みたいな狙っちゃいました感がヒシヒシ伝わってくるようです。意味のあるなしは脇の下にどけておいて、価値あり、とゆう妄想と、無価値、とゆう妄想とが、火打ち石のようにかちかちぶつって炎になり水を呼び土にもどして、燃やしたり、沈めたり、埋めたりして、そこにあったはずのものが、どこにあるのかわからない状態になってゆく、スリル0点の無価値探究本を枕元において、ふかーくガッカリしていただくなり、いただかないなり、お気に召すまま、どどどーぞ??
[記:2006.09.17PM22時50分ごろ]

ムダ作文+ゴミ写真の合奏集『穢(けが)れたムダづかい
by 写真=ダナ‐ホーイさん、作文=グレートヒェン‐ルービン
発行=2006年、にうようく。英語版
大きさ: 26.0x23.5センチ。 重さ=730ぐらむ。
外見=はあどかば。66頁。
ど特価: ¥4500
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号:六無斎060917


2006年9月15日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

公式版‐同性愛おりんぴつくDVD

第6回ゲイゲイム‐新たな空の下で
...31種目にのぼるスポーツ競技種目だけでなく多彩なイベントや行事を盛り込み世界全国からの参加者1万2000人を迎えて2002年11月2日〜9日までの8日間、南半球でははじめてオーストリア‐シドニーで開催された世界同性愛スポーツのオリンピク、ゲイゲイム。1982年サンフランシスコでの第1回大会から数えて第6回にあたる今回の大会テーマは「新たな空の下で」。テーマ脳みその最後のひとサジまでを犯す熱狂や興奮からは大さじ一杯ほども毛色の違う、ほのぼのとしたお祭りムウドでもりあがる各競技のおいしそうなことろ合計5時間ぶんを押し込めた満腹ごちそうさまももう無理ですゥっぽいDVD2枚セットであります。

ゲイなのかゲイでないのか区別のつかない我利我利亡者たちが血相を変えて金属メタルに群がるフツーのオリンピツプやスポーツ大会ではありえなさ毛な、しばしば閑散とした客席にまでもわんと広がっているホノボノした空気がもたらすゲイゲイムのヒィヒィりんぐ効果。そのパーワーのみなもとは、ひりだした結果をくらべるためだけのスポーツ競技とゆ-倒錯的な発想が、ゲイゲイムには見当たらないからから。若いサカリのヒトだけでなく中高年のサカリのひとも、ヲトコっぽくみえるヒトもヲンナっぽくみえるヒトも、ヲトコの服装をしているヒトもヲンナの服装をしてるヒトも、みんなごちゃまぜで参加できるるネットボール(低い位置にリングがあるバスケットボールのようなのの)のような競技に限らず、男性ホルモン系と女性ホルモン系が別々に行われる競技でも、記録達成の瞬間にむかって直線的にエクスタシーを高めていくとゆーサカリのつけかたではなく、勝ち負けを争う競技のさかなでも、いつでも何だか和気あいあい解放感でいっぱいなのでした。

DVDに収録されている競技種目は、バスケ、自転車(路上、野山)、ゴルフ、ボディビル、水泳、タッチ‐ラグビィ、三種競技、重量挙げ、ヨット、アクアマニア(プールサイド余興合戦?)、社交ダンス、ホッケー、フィギュアスケート、アイス‐ホッケー、マーシャル‐アーツ、ソフトボール、陸上競技、バレーボール、水球、マラソンなどなど。このDVDをしばらくみてからスポーツをしているひとをみると、もっとゲイらしくたのしそうに競技せんか、と、指導してやりたくなりそーです。ゲイ‐レズ、トランスヂェンダ、トランスセクシャルだけでなく、車椅子利用のひとや、おくちのまわりの筋肉をゆっくり動かしてしゃべるひと、口でしゃべる代わりに手でしゃべるひとなどなども、誰からの区別なく参加できるゲイゲイム。今年2006年シカゴでの大会もすでにつつがなく終了してしまっていまして、その次の2010年までカラダを持て余しぎみのみなみなさまの大発奮のたねにも格好なカルチヤショッキング映像集です。
??
[記:2006.09.09PM22時40分ごろ]

公式版‐同性愛おりんぴつくDVD『第6回ゲイゲイム‐新たな空の下で
発売=2006年、あめリ力、英語版
収録時間= DVD2枚組合計=約5時間分。音声=5.1チャンネル。ドルビー‐ディジタル。
地域コード=「0」。ニポン向けDVD専用プレーヤーで再生できますす。
ど特価: ¥3800
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号:ゲリンピックDVD060915


2006年9月13日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

ぐみょみょデロロレ画家作品集

ピーター‐ソウル回顧展
...本職のお絵描き専門科でありながら「洗練された冗談以外の冗談なら何でも好き。わたいはヒトを愉快な気分にさせるオモシロい絵が描きたいんぢゃあ。」と真顔でウソぶく純朴なお笑い芸人志望の中学生のサトリ的な境地に中年過ぎてたどりついてしまった世にも珍しい世界的悪趣味ぽんち絵画家ピーター‐ソウル。その激烈バカ画家生活約50年におよぶ浮動の地位での二十世紀末までの分のヨレヨレとぐみゅぐみゅの大ばくはつをグラリグルルとこきまぜて開催されたフランス‐ベルギーの4ケ所の美術館でのピーター‐ソウル回顧展記念の愛蔵版画集でござります。1953年生まれで、オランダ、フランス、イタリアなどヨオロッパ各地での修行。古里アメり力へまいもどった1960年代はじめには本書に収録のお作品「風呂場のセックス殺人鬼」(1961)や「電気イスの性的変質者」(1964)など三流俗悪週刊誌のみだしみたいなヒドイ題名の絵ばっかりをすで描きはじめていたらしのですが、タイムマシン式に最近作をながめたあとで、過去の作品を見直してみることができるのが回顧展記念作品集のありがた味で、1970年代なかばお笑い開眼したのちの円熟期(?)の、電気イスに縛り付けられた食人殺人鬼ジェフリー‐ダーマーのくちのなかに最後の晩餐メニウとして菜食主義者用のごちそうをつめこんでいる作品「ジェフリー‐ダーマー」(1993)をみてからあらためて初期の殺人ものをながめたりしてみれば、発表当時は流行の抽象表現主義の下痢腹気味なのか、次には新しい流行の変質者系ポップアートなのかと首をかしげられたソウルさんのお絵描きにづづっと一貫して流れていながら曲がったおヘソのせいで見えにくくなっていた「お笑い」の要素がくっきりと浮かびあがって透けてくるのがわかります(?)。ソウルさんの絵のひとつひとつに、ものがたりの主人公のようなひとたちが住み着いていまし。平面におしつぶすちからと発情フェロモンの反発力とで度はづれな膨張とゆがみでいっぱいの異常な熱帯性高気圧がうごかない台所やお風呂場のなかにとぢこめられたアメり力ぽんこつ自動車修理工場のペンキのたるで着色したゴムのお肉をふくらました夜店の風船人形人間みたような、犯罪者や、犯罪者よりもっと頻繁にこんにちわを言うまでもなくそこにいるマンガアニメの主人公やテレビワイドショウばーじょんに娯楽化された戦争や政治家たち、どれもどれもがお笑い犯罪タレント的激烈バカの使命にちうぢつに、手足をふくらませたり飛び出したりぐにゃぐにゃにしたかと思えば、全身ばらばら数を増やしたりちぎれて転がってみたり。あべこべ世界から来た大工さんにしかできなさそうな不法時空建築忍法大技小技の連発で見るひとをソウル式フシギのくにの笑いツボへと叩きおとすべく自由きままに暴れまくっています。そしてまた一方、近作の、ダビンチ、ボッティチェルリピカソ、デュシャン、ベーコン、ダリなど大げいぢつ家の有名作品のソウル式パロディ版などでは、派手はでしい色彩のぶつかりあいのおかげでソウルさん本人も忘れていたのかも知れないお絵描き職人としての本領を発揮したおみごとな点描が冴わたり、出口まちがいっぽい肉体の開口部から正体不明の体液ぢゅくぢゅくで素敵に台なしにされた世界的名作絵画のぱちもん版のばかばかしさが、濃厚な味わいで優雅に焼き上がっていたりとか。1960年代当時、ロバート‐クラムに誘われたときにアングラ漫画仲間に入るのを遠慮した選択がたぶん正しかったらしく、グロいまんがみたいな絵をゲーヂツ的な技量で描きあげるとゆー他に誰も真似したがらない変態画家になり、マイク‐ケリーはじめ年下の現代げーぢつのひとたちからたくさん羨ましがられているソウルさん一流の激烈ばかアート半世紀、ヌカみそつけ初めから食べ頃までのあゆみを、ごゆるりご賞味くだください??
[記:2006.09.13PM22時40分ごろ]

ぐみょみょデロロレ画家作品集『ピーター‐ソウル回顧展
by 編=ブノワ‐デクロン他
発行=2006年、ふらんす。英語と仏語の2言語併記版
大きさ: 25.3x28.9センチ。 重さ=1.3きろぐらむ。
外見=はあどかば。168頁。
ど特価: ¥4600
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号:激烈バカーと060913


2006年9月11日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

手づくりビックリ写真集

実話写真絵はがき集
...現像しなくても見ることができる写真を電話線のヒモがついていない電話器で撮影できてあたりまえ、パチョコンと写真を使ったフランケンシュタイン博士ごっこで幼稚園児が遊んでいても大体のひとは驚かないぐらいにな今どきの時代から地球のネジを逆回転にぐるぐる回して、100年ぐらい前あたりでちょこっと止めてみたあたりの時期に北半球の一部地域で大ぶうむとなっていた、いっさいパソコン無添加無使用の手こね合成びっくり実話写真絵ハガキの個人コレクション本です。収集主は、ハーヴェイ‐ツルセンスキィさんとゆうて、絵を描いたり写真撮影をしたりのゲイジュツ家でありまして、しごとのかたはら20年ほどの間にあつめた実話写真絵ハガキ3000点ほどのなかから厳選した200点ほどのシロクロびっくりどっきり&フツーの写真を収録した写真集です。写真絵はがきとゆうと、無名の職業写真家&業者がこさえた大量生産の複製品のように思いますと思いますが、そして確かに多少の販売用写真や雪の結晶ぐるいのウィルソン‐ベントレー写真や変態見世物芸人おみやげ写真などもふくみつつ、本書の目玉のひとつは、アマチアの写真好きなひとたちが家族や知り合いを驚かせて喜ばせるためにこさえた1枚限り、ないしせいぜい数枚〜数十枚限り極私的どっきり実話写真を多数収録していること。その背景には、当時、1907年にコダック社から発売されたお手ごろ値段の新型ぽけっと写真機が、イ)専用絵ハガキ用紙の裏面に直接ぷりんとできる。ロ)写真機のうしろがわに開けてある穴から専用の金属製器具を差し込んで直接ネガに文字や文章をいたづら書きができる。などの新機能をそなえていて大ヒット。そしてこれと不自然なぐらいピタリと同時期に、絵はがきに私信を書いたらダメというそれまでの郵便法(ベーこく内のお話)が撤廃されたという事情もあって、手づくり写真絵はがきが、絶頂時にはベ一こくないだけでたとえば1908年の1年間に6億8800万枚も配達されたりしていた(べ一こく郵政省の推定統計)そおで、その時分の郵便配達係のひとの荷物のなかみを21世紀のいまごろに赤の他人もいいとこなわだぐぢどもがのぞき見れてしまう珍妙なお写真集なのでありますた。写真は、ウシ、ウマ、気球、荷車、棺桶などがふざけたヒトたちやサーカス団などにまじって通り過ぎたり立ち止まってみたりのパレードのまき。解体して吊るした動物を職場のなかまで囲んだり、止まり木で翼を広げているペットの巨大な猛禽の足下で布地をいぢくっている仕立て屋さんだったり、タルをころがしているひとたちの遠く近くで段バシゴの途中までのぼっているのが父親本人だったりの仕事風景のまき、森の木立でひとり2役(?)の逢い引きを演じてみたりのロマンスのまき。戦場を丸ごとスッポリおおいつつむ津波のような土煙りや巨大彗星のしっぽがびうんの夜と昼のまき。虫歯の半分少女からハゲあたままで並ぶ人物肖像写真のまき。蒸気機関車、自転車、単葉機、複葉機、自動車サイズの巨大バッタ、飛行船やロケットやボートの浮かぶ動作と機械のまき。巨大ウサギやシカのダンスチームなども登場する狩猟のまき。おばけタマネギおばけトウモロコシおばけジャガイモなどの採れすぎで豊作なのか不作なのかわからない収穫のまき。下着姿で街頭で踊るモナリザの微笑や雪で彫刻したライターの炎など無気味なもののまき。シッポに火がついた白馬が背中に少女をのせたまま高さ10メートルのやぐらの上から水槽にむかって飛び下りたり、サーカス系もあれこれの芸能娯楽のまき。汽車と汽車が正面衝突、倒壊したいえの屋根でおすましポーズの小さなコドモなど大惨事のまき。落ちそうな棚をかぼそい棒で支えたりの楽しきわがやのまき。などと、何という考えもなさ毛に分類して並べられています。発明とゆーことを、そんなもの発明しなければよかったのにぃ、とゆう後悔とゴメンナさいの実用化という側からのぞいてみたばあい、ニンゲンのすがたかたちからウムを言わさずコトバをむしりとって死人のように黙らせる写真機などてゆう発明品が、なければよかった禁断の魔法のオトナこどものオモチャとして世間一般に大歓迎されたのは、当然すぎるぐらいのことなのかもですが、写真機が捕獲した世界の似すがたを好き放題に変型してみたり、いぢくりまわしてもてあそんでみたいとゆう自然に不自然な好きものゴコロの、ハイテク時代といわれる今もローテクなむかしも似たりよったりなウズキっぷりをみどころに妄想を思いきりふくらませると、超短編小説集を読むような気分楽しめたりもできそうな、がらくた写真絵ハガキ写真集です。??
[記:2006.09.11PM21時10分ごろ]

手づくりビックリ写真集『実話写真絵はがき集
by 編=ラエティティア‐ウルフ
発行=2005年、にうようく。英語版
大きさ: 17.7x23.5センチ。 重さ=670ぐらむ。
外見=そふとかば。208頁。
ど特価: ¥3000
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号:実話写真時代060911


2006年9月09日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

あにまるゲイアニメ映画DVD

おかまカモ‐映画版
...『おかまホモ』。最初は1999年から氷箱コムとゆうホーモ頁で発表され、2002年からケーブルTV版の放映を開始。宣伝文句をうのみにすると「アメり力初のテレビ向けゲイ‐アニメ」という触れ込みで話題になり、ついには、映画化にまで至った人気アニメが早くもDVDで登場してしまいました。映画版『おかまホモ』は、監督ジース・ファインバーグ、脚本は、来年公開予定の映画版『シンプソンズ』の脚本担当者(10人ぐらいの脚本チームのなかの一人)マイク‐ライス。ティム‐カリーやデビッド・ドゥカブニー、これまた『シンプソンズ』の脚本執筆歴もある毒毒お笑い芸人コナン・オブライアンなども声優として出演。制作費が500万ダラ(邦貨時価換算して約6億円弱)という高額低額予算ゲイあにまるアニメらすーのです。おはなしは、ホモのカモ(カモは鴨、トリのカモ)、名前は「おかまカモ(クィア‐ダック)」とその恋人でホモ歴1年半のホモのワニ、名前は、「公然ホモのゲイ太(オープンリィ‐ゲイター:アリゲイターのゲイター、と、ゲイのゲイ、のだじゃれ)」のカップルが、ヘテロ世界からの各種の手招きや脅迫の渦巻きにのみこまれ、果たして、結局、どうなっちゃうのー。というポルノでは全然ないロマンチックコメディ(?)。主人公‐おかまカモかっぷるの友人あにまるキャラとして、酔っぱらいネコの「オスカー‐ワイルドキャット」や、倍セクシャルで躁鬱気味の北極クマ「バイ‐ポーラーベア(bi-sexualと、bipolar=躁鬱、と、ポーラーベア=北極グマ、と、ベア=熊もえ、熊フェチの4重ダジャレ)がそちこちを固め、ゲイ反対派や賛成派の有名有名人に似たヒトたちがパロデーぽくたくさんでてきたり、ミュージカル曲が随所に挿入されたりと、おもしろいと思うひとには必ずおもしろい見どころいっぱい、かも。
DVD版には、各エピソード3分ずつで構成されているテレビ版『おかまカモ』の5話ぶん(合計15分)など、劇場映画版ではみられない特典映像のオマケつき。あにまる好き、アニマル人間ふぁんの皆様だけでなく、ゲイ好き、ゲイ研究好きの皆々様への贈り物にもペットリなDVD。地域コード「1」バージョンおんりーのため、ニポンこくない用DVD専用プーレーヤーでは再生できないのがちょと残念ですが、それでも、とゆー方は是々非々??
[記:2006.09.09PM22時00分ごろ]

あにまるゲイアニメ映画DVD『おかまカモ‐映画版
by 監督ジース・ファインバーグ
発売=2006年、あめリ力、英語版
収録時間= 約75分。 。
地域コード=「1」。ニポン向けDVD専用プレーヤーでの再生は不可です。
ど特価: ¥3000
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号:ゲイアニメDVD060907


2006年9月07日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

2足歩行あにまるコスプレ写真集

ネコ‐イヌ‐ウサギ/写真家ハリー‐ウィッティア‐フリーズの普通ぢゃない世界
...フトンかぶって寝床のなかでゴロゴロしていると、2本足で立ち上がって歩いたり立ち止まったりする作業は、ニンゲンがニンゲンらしくあるために必要なおしごとという意味では、それほど重要なことなのかどうか、ギモンに思えてくることがあったともなかったとも言えなくなくもなくないわだぐぢ(誰?)のようなイキモノにも、2本足で立つことがレッサーパンダやアザラシやニンゲンだけの特技ではないことを、楽しくもバカバカしく見せびらかしてくれるネコ‐イヌ‐ウサギのニンゲンこすぷれ写真集です。じぶんが一緒に暮らしているネコや、近所のうちのイヌやウサギやブタなどを集めてニンゲン風のコスチウムを着させたうえでチーチーパッパチーパッパーと幼稚園のお遊戯みたいなことをあれこれさせて喜んでいる写真家のハリー‐ウィッティア‐フリーズさんは、1879年6月8日ペンシルバニア生まれ。本書に収録されているアニマルこすぷれ写真を取りはじめたのが1905年ごろで、その当時の写真絵ハガキぶうむにのって売れまくり。1940年代家族と死別したのをさかいにフロリダに移住し、一人きりのひきこもり生活をしながら写真をとりつづけ、1953年に自殺。死後25年ほども経った1970年代後半、コレクターのアンさんというひとの骨折りで生前のドウブツ写真がふたたび脚光をあびて。。といった経歴の持ち主。ニンゲンぎらいのアニマル好きらしいフリーズさんが写真機のうしろで放つカゲりのあるオーラに引き立てられて、ニンゲンのコドモの真似をして遊んでいるアニマルたちの、なんだかどーしよーもないカワいらしさが際立ってやるせなく輝いてみえるようです。ネコ‐イヌ‐ウサギさんたちと共倒れでだめになりたいネコっかわいがり、イヌっかわいがりの皆々さまの寝床のなかのお散歩のおともなどにも非常に好適なお手ごろ版です。??
[記:2006.09.07PM23時35分ごろ]

2足歩行あにまるコスプレ写真集『ネコ‐イヌ‐ウサギ/写真家ハリー‐ウィッティア‐フリーズの普通ぢゃない世界
by ハリー‐ウィッティア‐フリーズ
発行=2006年、えげれす。英語版
大きさ: 22.3x21.5センチ。 重さ=330ぐらむ。
外見=はあどかば。78頁。
ど特価: ¥3000
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号:動物脳場060907


2006年9月05日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

1960年代ゲバゲバはれんちマンガ大魔王65才記念作品集

S‐クレイ‐ウィルソンのアァ〜ト
...爆発ゲイジュツ画家ジョー‐コールマンが人間顕微鏡的な透視能力で描いた、突然変異ナマ着替え中のブサイク遺伝子ひしめきもつれからまりあう暗黒因果宇宙マンダラ地獄絵図の何コマかと夜の電車の中などで肩がぶつかりそうになって思わず謝りそうになったことのある方は少なくなくないかと思いますが、遅れてきた青年コールマンさんがマンダラの扉外からはずして中に吸い込まれていくのに対して、伝説的ハチャメチャいらすと画家S‐クレイ‐ウィルソンは、はじめっから因果宇宙のまっただなかで生まれ育った陽気な万年悪魔青年。そして本書は、今年2006年、S‐クレイ‐ウィルソン65歳のお誕生日に刊行されたおめでと記念、美大生時代から今年描きたてホヤホヤのものまでおよそ半世紀分のどくされ未発表作品多数をふくめた作品約150点でゲバゲバ画家生活半世紀を回顧した堂々の大作品集であります。昭和40年代に活躍した元祖ヒッピーあんぐら漫画家としてロバート‐クラムの名前を思い出す方は少なくなくないかと思いますが、本書に収録されているロバート‐クラムによる序文にもあるように、S‐クレイ‐ウィルソンは、ロバート‐クラムがひとりでシコシコ作っていた元祖ヒッピーあんぐら漫画誌『ZAP!』に他の誰よりも早く加入した一番最初のお仲間というだけでなく、美大出身の残り香のひとかけらも残していない筋金いり超りあるハードコア極道バイカーお絵描き野郎として、クラムのアングラ人生開眼への道案内役をつとめた鬼神中の奇人。あんぐらマンガ黄金期には、若親分のひとりとして活躍し、しましまズボンの真っ赤な悪魔「ちぇっかーど‐でいもん」をはじめ、レズビアン極道ヲンナ暴走族の牝犬ルビー「るびぃ‐ざ‐だいく」、暴虐海賊船長の尿もれ歯グキ「キャプテン‐ピスガム」などの人気キャラクターで知られもしたわけですが、あんぐらマンガぶうむ終了後、ヒッピー的な反世間的かち観から離れることで作家生命をひきのばしたクラムやロバート‐ウィリアムスなどとはちがい、S‐クレイ‐ウィルソンはメタくそ街道のみぶっ飛ばしてきた生っ粋のガソリン飲み過ぎオリヂナル‐ハードコア‐ガレーヂパンクばか一代。悪霊にのりうつった怪物もどきとニンゲンもどきたちが不動産屋さん的に観測すれば1坪か2坪ぐらいの店内のなかでよくもこれほど大人数押し込んだと呆れるほどにひしめきあう酒池肉林に銃弾とヤイバがで好き放題に飛びかい入り乱れ吹き上がる血しぶきや舞い踊る肉片が最大級の祝福としてぬりたくられる百鬼夜行図の数々。1950年代怪奇マンガ墓場の地べたをくぐって60年代あしつど路上広場に鋼鉄のお馬にまたがってヒョッコリ現れデビー‐アレンあんどジ‐アローズで踊り狂う幕末土佐の魑魅魍魎絵師‐絵金の生まれ代わりをホーフツさせるS‐クレイ‐ウィルソンの神話的やんちゃなモーターサイコ宇宙とたびたび正面衝突してみてください??
[記:2006.09.05PM20時50分ごろ]

1960年代あんぐらマンガ大魔王65才記念作品集『S‐クレイ‐ウィルソンのアァ〜ト
by S‐クレイ‐ウィルソン
発行=2006年、バークレィ。英語版
大きさ: 23.5x29センチ。 重さ=590ぐらむ。
外見=はあどかば。156頁。
ど特価: ¥5400
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号:淫力魔人060905


2006年9月03日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

元祖インドすりらー映画DVD

行方知れずのヒト
...鉄で造ったベルベットの手袋マンガ家で原作者のダニエル‐クロウズが脚本にも参加した映画『ゴースト‐ワールド』のおおぷにんぐ曲に使われた60年代インド‐ビートニック歌謡ロックの謎の名曲「ぢゃん‐ぺーちゃん‐ほぉ Jaan Pehechaan Ho」。ベネチアマスク(女王さまマスク)着用のヲンナとヲトコたちが、Ted Lyons & His Cubsが脳天気なエレキ&ブラスで演奏するコノ曲にのって、頭ガイ骨のなかでスズメバチが暴れているかと思うほど激しくクビをフリフリしながら踊り狂うひとコマは、以前からユウチウ部でも評判となつていたわけなのですが、その、たいしたタマ毛たスットンキョウな恍惚映像のでどころは、このDVD、インド映画『行方知れずのヒト(GUMNAAM )』(1965)だったのでありました。
インド映画史上はじめてのスリラー映画、という評判がホントか勘違いかは判りませんのですが、どどでもよさ毛なあらすじをかいつまむと、不時着した飛行機に取り残されて絶海の離島に取り残された男女が、不思議な歌声にみちびかれて謎のお屋敷に到着。お屋敷では連夜、怪事件が続発し、きのうも一人、きょうもまた一人と次々に命を奪われて姿を消していく、まるで「そして誰もいなくなった」みたいなおはなしです。
ちなみに、第1の名曲珍場面は、下のこれ(*画像の中央の矢印を押すと動きはじめます)

全編を通じて一番高血圧なのが、映画冒頭近くの上の場面で、あとはずいぶんな低血圧、低血糖。お屋敷場面ではほとんど出づっぱりの召し使いの男と、手がたく糞まじめな演出にどこまでガマンできるかが、この映画のラスト近くの見せ場、第2の名曲まで生き延びていくためのカギ。Z級ゴミくず映画のひとつのお手本と言えなくなくもない本作で、放置プレイにも似たマゾ的よろこびに見事に耐え抜いてみてみてください??
[記:2006.09.03PM23時00分ごろ]

元祖インドすりらー映画DVD『行方知れずのヒト
by トニィ‐フィッスパトリック
発行=200?年、いんど、ヒンディ語(英語字幕つき)
収録時間= 約132分。 音声=ドルビー‐デジタル。
地域コード=フリー。通常のニポン向けDVD器機で再生できます。
ど特価: ¥3800
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号:印度奇譚DVD060903


2006年9月01日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

花の天象儀ふう切り貼り画集

ザ‐ふしぎ/おもいでの都市の肖像:第2集
...プラネタリウムのなかにふりそそぐ人工の星くずをあんまりにも大量に吸い込み過ぎたせいでオツムのなかが24時間お休憩抜きの口からでまかせ星座ものがたりグルグル大回転中にでもなってしまったかのように、ぢぶんが生まれ育った市俄古(しかご)の町の汗ばんだ毛穴から吹きこぼれる花ふぶきをしきつめた人工星座でいっぱいの昼と夜の調子の狂ったおウタの数々をプラネタリウムの地平線のところに書いてあるオマケのような町の住人になって空をみあげてでもいるように浮かれ気分でフフフとつむいでゆく切り貼り絵師トニィ‐フィッスパトリックさんのフシギ都市シカゴしりいず画集の第2集でござひます。ぢぶんで手描きした絵と、古いマッチ箱やお酒のビンの絵柄や古雑誌の広告の絵、古い楽譜の音符を切り貼りがらがらかきまぜて、フィッスパトリックさんが人造天の川に投影する架空星座のおもな主人公は、どうぶつ、花、虫、ベッドの中を仕事場にしているヲンナのひと。それらを遊星のようにとりまく細胞分裂途中の玉子みたいな花びらやミラーボールの手下のような星々のあぜ道を折れ曲がりくねった五線譜にして、サーカスの舞台から逃げてきたどうぶつや、悪の殿堂にもみえる古くて大きな建物、禁酒法時代の酔っぱらい男女二人連れ、賭博場からころがってきたトランプやサイコロなどなど入り乱れ、もつれる足でしか踏めないヲドリの地ひびきをトドロかせています。何十光年も遠い空のむこうから勝手にやってきて黙っていてもこんばんわと挨拶をしていく夜空の星ではなく、何年か何十年前のぢぶんちの近所にあったはずなのに妄想のなかでしか遊びにいくことのできない夜の町のきれはしを、爪のアカと妄想をこねてノリ貼りすることに執着するチマチマこじんまりとした切り貼り画家のヘソまがりプラネタリウムから響くあいぐるぢい不協和音のさざなみを足湯きぶんでお試しくださし??
[記:2006.09.01PM21時20分ごろ]

花の天象儀ふう切り貼り画集『ザ‐ふしぎ/おもいでの都市の肖像:第2集
by トニィ‐フィッスパトリック
発行=2006年、さんふらんしすこ、英語版
大きさ: 21x27.5センチ。 重さ=590ぐらむ。
外見=そふとかば。82頁。
ど特価: ¥3800
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号:天体妄想観光060901



翌月のペエヂはアチラ          前月のペエヂはアチラ


この頁の先頭に戻る
....当店への ご連絡はdobunko@infoseek.jp「どどいつ文庫」まで。
inserted by FC2 system