♥ 世界のキテレツ洋書&デヘブヒデヘ専門店「どどいつ文庫」です。ご連絡はdobunko@excite.co.jp「コニチワど文庫」係まで大至急に。

目次でゴザル

●最新頁はアチラ
最新頁
dobunko.jp/
◎1つ前のペエヂ
07.03月1日から3月31日まで
■盲学校生徒写真集
◎おメエル連絡先
お問合せご連絡は、 dobunko@excite.co.jp
まで。いつでもどうぞ。
25ぢかん受付中
※ホ〜モ頁に出ていない本やDVDもお探ししします。。
◎ヂャンル別りすと
。。。。
コチラです
◎ど忘れメモブログ
dobunko.seesaa.net/
◎ご注文方法
ご注文は25ぢかんOK
※ホ〜モ頁にのつていない本やDVDのお問合せもどおぞ。。
◎「小鳥さん」部屋
ご注文は25ぢかんOK
※ど文庫お客ちゃまの特殊蔵書はいけんコーナ。2年ぐらい後進してないです。すいません。そのうち復活しまぢろう。。
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
◎化石のホカホカ

◎おメエル連絡先
お問合せご連絡は、 dobunko@excite.co.jp
まで。いつでもどうぞ。
25ぢかん受付中
※ホ〜モ頁に出ていない本やDVDもお探ししします。。


〈ふりだしへ戻る〉

2007年4月ホカホカ入荷ですたい!
*お好きな順番で画像の上をゴキっゴキっと押っぺしてのぞいて見みみてください。

    ♥♥  二○○七年○四月のもくぢです    ♥♥(最新こねこね時=2007.05.24PM.17.00)

♥ ♥二○○七年○四月の目次
今月のホカホカ
手づくり棺桶マニュアル『ぢぶんで作れるファンシーな棺桶』(4.29)
ネコばかコレクニョン『究極版ネコ用品カタログ』(4.27)
世界ゲイいらすと画集『脱がされて/描かれたヲトコ』(4.25)
異常お料理もりつけアート写真集『毎日だだ』(4.23)
尼さん遊びまくり写真集『悪い習慣の書』(4.21)
21世紀ヂャポンでざいん大観光『なわばり/第5号/総特集‐ニポン熱』(4.19)
ヤサイ人形お写真傑作集『たべものあそび』(4.17)
ジョー‐コールマン童貞喪失作品集『ウゥルヴァリン、おねだりエサの謎』(4.15)
変態女王様崇拝絵本『サーダックスのアート』(4.13)
超現実主義ふぁっしょん図鑑『超現実のカラダ/呪物淫愛と流行服』(4.11)
冥土サーカス昇天画集『ヲレたったいま死んぢゃったの/リチャード‐コールマン作品集』(4.09)
性欲ぼくめつ妄想ユーモア画集『新‐神経症えろちく』(4.07)
アジア映画秘宝研究『フィリピン映画を読む』(4.05)
あんぐら漫画イラスト同人誌大全『のぐ○ドド/原始的かなだ式おサイケ落書き』(4.03)
創作動物もだんばれえ画集『別世界のドオブツたち』(4.01)

…………………………………………………………………
翌月ぶんと前月分
翌月のペエヂはアチラ         前月のペエヂはコチラ
ジャンル別総合リスト
2○○3年01月1日から2○XX年XX月XX日まで
…………………………………………………………………
お問合せ&ご連絡は: dobunko@excite.co.jpまで。25時間受付ちうです。
…………………………………………………………………
最新ペエヂはアチラ


2007年04月29日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

自作で楽しむ棺桶づくり

ぢぶんで作れるファンシーな棺桶
...もしもドラキュラ城にお泊まりに行くことがあったら、どのようなマイ棺桶を持参してみたいか。マカロニ西部劇映画『続‐荒野の用心棒』の主人公ジャンゴが棺桶を引きずりながら登場する場面を結婚式の披露宴などでマネするときには、どんなデザインな棺桶がよろしいか。そんな棺桶マニアックなご希望ご要望はひとまづ度外視するとしても、棺桶作りは、出来るなら生きているうちに準備を済ませておきたいことのひとつ。死んでしまってから棺桶にはいれば、することは何もまま焼かれておしまいになるだけですが、生きているうちに棺桶があれば、棺桶のなかで昼寝をしたり、棺桶の上で昼寝をしたり、棺桶を横に置いて昼寝をしたり。はたまた、棺桶のなかでオヤツを食べたり、棺桶の上でオヤツを食べたり、棺桶を横に置いてオヤツを食べたり。工夫しだいで無限の使い道のために棺桶を役にたてることが可能にまりますねー。
自分で使うにしても、プレゼントにしても、モノは手づくりが一番ぢゃい!と考える手づくり派、DIY派ならば、こー負にしたらファンシな棺桶つくれますよー、とゆうーコツを、棺桶愛好家のデイル‐パワーさん(画像の帽子をかぶっているひと)が、オールカラー写真図版230点いりで密着ご指導してくれるマニアル本です。最初に図面がありますので、材料集めもラクチン。書名の「ファンシーな」の部分はただのコトバのアヤ、らしく、完成を目指す棺桶のデザインぢたいはそれほど「ファンシー」ではなーのですが、棺桶を自分で作るという考えや、実際に棺桶作りに精を出しているぢぶんの姿そのものが「ファンシー」、そしてなによりも、この本がぢぶんの本棚に置いてある状態がすでに素晴らしく「ファンシー」なのは言うまでもありません(?)。問屋在庫の余命もほとんど絶えかけで次回入荷が可能かどうかはビミョウですので、お申し込みは大至急に。。??
[記:2007.04.29PM21時50分ごろ]

手づくり棺桶マニュアル『ぢぶんで作れるファンシーな棺桶
by デイル‐パワー
発行=2001年、むずりぃ。英語版
大きさ: 本体=21.7x27.9センチ。 重さ=約225ぐらむ。
外見=そふとかば版。カラー写真図版満載。64頁。
ど特価: ¥2000
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号::荒野の棺桶070429


2007年04月27日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

ネコばかギャグ商品コレクニョン

究極版ネコ用品カタログ
...「ニンゲンちゅーしん社会のなかでネコらしく快適に過ごすためのアイデアぐつつを、ネコが考案しネコが販売しネコが注文できる通信販売カタログ」。とゆうニンゲンちゅーしん丸出しな設定にもとづく、架空ばかパロディねこ便利グッヅ本です。約100点前後収録されていている取扱い架空ネコぐつづのギヤグれべるといったら、たとえば、電子レンジの前からなぜだかヒトの手首が伸びてネコの背中をおタッチする「ターボエンジンつき撫で撫でマシン」とか、ネコが下からヒモを引っ張るとトリの巣箱の底がバカっと開いてトリがとり放題の「落とし扉つきトリかご」とか、たくさん子どもを作りたいネコのための「ネコ用バイアグラ」「多産用ピル」とか、ネズミにはとっても可哀想な、新鮮なネズミをおいしく食べるための調理器具各種とか、ネコひげ用エクステンションはじめネコ美容器具各種とか、帽子型簡易通訳器などのネコ語をヒトにわからせる用品とか、ネコ用運転免許証やネコ臓器提供などニンゲン臭い資格教養モノとかいった調子で、どれをとっても発明だアイデアだ、と呼ぶのにはあんまりにも恥かし毛なようちえん年少組ラベルのばかばかしさ。ドウブツと家族暮らしをして親バカきぶんにハマっているヒトの弱味につけこんで、こんなクダラナーい本でもまだ買いますか?と挑戦を挑んでいるかのような、情けなくなるほどショボクレたネコばか本でごにゃいます。??
[記:2007.04.27PM19時10分ごろ]

ネコばかコレクニョン『究極版ネコ用品カタログ
by レイ‐G‐ストロベル
発行=2004年、むずりぃ。英語版
大きさ: 本体=19.0x26.1センチ。 重さ=約225ぐらむ。
外見=そふとかば版。カラーねこ図版満載。64頁。
ど特価: ¥1700
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号::ニャオンの恐怖070427


2007年04月25日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

世界ゲイいらすと大集合画集

脱がされて/描かれたヲトコ
...ゲイアート出版の老舗、ドイツのブルーノグミューダー社創設25周年記念の世界ゲイイラストアート画集。去年(2006年10月14日の田亀源五郎せんせいブログに気魄のもこった詳しい紹介のあるソレ(画集Stripped)であります(http://tagame.blogzine.jp/tagameblog/2006/10/index.htmlのまん中近くです)。編者まえがきによれば、1981年創設以来、ガイアート出版ひとすじのブルーノ‐グミューダー社にして、多数アーチスト参加の競作作品集は、本書が初めてとのこと。欧米出身者を中心にゲイアーチスト50人以上がヲトコのセクツーな裸体ひょうげんのテヒニクを競い合う紙面は、作者ひとりひとりの歓喜と苦悶のゲイ道巡礼のあとを濃厚ににじませた熱気妖気すさまじい別世界からのようおこしやっしゃ。発情後から発情前、とりとめもない日常から妄想のマニアックな極地にいたるまで地響きのするようなどよめき鳴りわたり、読者をひきずりこむ欲情の大渦がトグロをまいて目を光らせています。ヲトコ臭い肉ゆげのもやにつつまれた楽園ファンタジーの渦のまん中に飛び込むという即身成仏的な楽しみが目いっぱい待ち構えているだけでなく、無縁のヒトとしてゲイ道の外にハジキだされたままでも、50人50色の性的お絵描きアート術を、虫メガネ片手に性的不能者のよろこびを擬似的にかみしめつつ鑑賞するというヘンタイ的な楽しみも目いっぱい。古典西洋男色絵画系から20世紀モダンゲイ、ゲイCG、ゲイアニメ、ゲイコミクック、油絵から鉛筆画、コンピーター画まで何でもありの男肉の花畑をほじってみれば、埋蔵されている萌え、フェチ、マニアぽいんと豊富でどろんどろん。異性愛趣味のかたにも同性愛趣味のかたにも非常に見どころたくさんで、記念出版にふさわしいエロちクィアアート画集の好著となっています。??
[記:2007.04.25PM14時00分ごろ]

世界ゲイいらすと大集合画集『脱がされて/描かれたヲトコ
by 編=クラウス‐クレスリング、ジョイス‐ビュイクス
発行=2006年、どいつ。英語版
大きさ: 本体=17.3x21.9センチ。 重さ=約1.4きろぐらむ。
外見=はあどかば版。オールカラーイラスト&マンガ集。352頁。
ど特価: ¥4200
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号::ゲイの花道070425


2007年04月23日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

異常お料理もりつけアート写真集

毎日だだ
...家庭内ダダ、おウチのなかで麻から晩まで忙しくしているヒキコモリ専業主夫や従婦のかたがたどころか、むしろ野外生活まっただなかのかたがたの目の前を年柄年中行ったり来たりしている姿の見えないドラ猫がおくちにくわえたのをポトリと落としたお告げをひろげてよくみてみたら、にゃんだダダだと古式ゆかしくも風流なダダイズム、こんなに気色わるい楽しい旧世界がわだすたちのおウチの外ではなく中にもありだったのですか?という妄想を実演してみせたお料理見世物アート写真集です。最初から作者ご調理済みの標語が4種類、メヌウにあったりしていますが、庭のすみっこ草むらに突き刺さった四角いビスケットたちが、角刈り&パンチパーマの主婦軍団みたいに立ち話をはじめたり、つくりそこないのパン生地やくずビスケットなどをビニールの隣り億だけで、海辺の眺望まがいの風景をこさえたりして、おウチにいながら外出きぶんや旅きぶんにひたれる写真が、メウウ「野外風景ちっくな料理術」にあてはまるだけでり、残りの標語「キレイなおウチ」「法医学的家事」「お給仕のヒント」などは、ただのイヂワル。レース刺繍の代わりに手打ち麺をひろげてテーブルクロスとして食卓を飾ってみたり皮張りソファーの背もたれにかけてみたり。香りのよいハムやサラミをタイル代わりに床や壁にしきつめてみたり。重ねた野菜とハムをホチキスでパッチンしてみたり。壁の上の洋服かけのフックに目玉焼きをちょこんとかけて置いてみたり。たくさん焼いた目玉焼きでトイレの便器の足もとを可愛く演出してみたり。調理済みの食べ物が、食器というパンツをはかせてもらえずにハダカのままでお部屋のなかをひきずりまわされる屈辱の露出プレイが繰り広げられていきます。あり得ない場所にだけ食べ物がある光景は、腹べこで腹ぺこで苦しんでいる時の幻覚そのもの。白眼のフチから裏面にかけての焼けコゲがいかにも苦そうな目玉焼きの焼き上がりアート具合といい、口唇性愛欲を強烈に刺激する変態的お料理術お写真集です??
[記:2007.04.23PM12時10分ごろ]

異常お料理もりつけアート写真集『毎日だだ
by シアン‐ボーネール
発行=2007年、えげれす。英語版
大きさ: 本体=15.5x12.2センチ。 重さ=約170ぐらむ。
外見=はあどかば版。オールカラー写真集。66頁。
ど特価: ¥1900
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号::漸進的横滑り070423


2007年04月21日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

尼さん遊びまくり写真集

悪い習慣の書
...「みんな行け行けいけぶくろ」とおだてられることもよりも「尼寺へ行け」とののしられることのほうが何倍も楽しくなりそうかもな、聖なる尼寺修道女さまたちお忍びでもなく伸び伸びと遊びほおけておられる真っ最中のところを、パチリと撮影した門外不出、禁断の秘蔵お宝写真コレクションでござります。ブランコこいで楽しそうな修道女さま、輪になってタバコを一服の聖灰水曜日、貸貸しきり専用飛行機から続々と降りてくる尼僧行列、乳母車を押して育児にかいがいしい処女懐胎尼、ラジオ工作の指導をする尼僧長、尼僧服のまま海に飛び込んではしゃぎまわる尼僧、礼拝室の祭壇に安置した室内アンテナつきテレビを食い入るようにみつめる修道女一同、ライフルの一斉射撃をたのしむ修道女たち、パンチングボールを叩く修道女、団体でゴーカートにのる修道女たち、野球バットをふりまわす修道女、などなどと、意味のちがいもしらないままに尼僧だ修道女だとぼんやりと写真集のなかの写真を数え立てていると、キノコさんやウデさんといった西洋童話の登場人物風なお名前のかたに限ってすでに気がつかれたかもしれませんが、そーです、これは、当店で以前販売しましたカレンダー『遊ぶ尼さん』シリーズの3、4年間ぶんぐらいで使われた写真のうちから、よさ毛なものを選り抜いて本のかたちに編集しなおした保存版お写真集なのでした。本のサイズがカレンダーのときとくらべて4分の1ぐらいの携帯にベンリな大きさになっていて、これから俗世間を捨てて芸能界入りを狙うかたの荷物のなかにそっと忍ばせる贈り物などにも非情にお手ごろ感あり。カレンダー版がお手元にないかたにもあるかたにも、御利益がないことは確実に保証できそうな自由も不自由もすばらしーぢゃんぢゃん賛歌のお写真集です??
[記:2007.04.21PM22時10分ごろ]

尼さん遊びまくり写真集『悪い習慣の書
by パトリック‐リガン
発行=2006年、みずうり。英語版
大きさ: 本体=16.0x16.2センチ。 重さ=約220ぐらむ。
外見=はあどかば版。オールしろくろ写真集。66頁。
ど特価: ¥1500
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号::修道女告白070421


2007年04月19日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

21世紀ヂャポンでざいん大観光

なわばり/第5号/総特集‐ニポン熱
...マレーシアで刊行されシンガポール、ニュージーランド、オーストラリアなどで流通しているもだんデザイン雑誌「なわばり(テリトリ)」去年暮れ発売の最新刊はオールヂャパン大フィーバー特集号。ヂャポン産の新進気鋭イラストレイター&デザイナーのプチいんたびう付きお作品集となっています。といっても巻頭を飾っているのはエゲレス人デザイナーRian Hughesさん(www.devicefonts.co.uk),トキドキぶらんどの伊太利人Simon Legnoさん(http://www.tokidoki.it/)、シンガポールのデザイナーXavier TheoさんのShift Attack(http://www.shiftattack.com/)、マレーシアのChong Yew Huanさん(http://www.mysticalgarden.benfish.biz/)、GIlamon( Lefty,+Sau Lim+and Michael Chuahさん、http://gilamon.com/)など並みのヂャポン人をはるかに上回るヂャポンフィーバー系アーチストの作品もまじりつつ、ニポンからは、タニグチカズコさん(http://kzk-t.com/)、 ninko ouzouさん( www.ouzou.net/)、エイチエイチさん(http://www.cyano.biz/map.htm)、 銀義眼ブンタさん(http://www10.plala.or.jp/c03p1ex/)、Loose End さん(http://www.looseend.jp/)、Toumaさん(http://www.touma.biz/)、Ogi Graphicsさん(http://www.ogigraphics.com/)、TAKORASU (タコラス)さん(http://takorasu.com/)、GiottoGraphica.(yukinko +いのうえ よしひろさん)(http://giottographica.com/)、イラストレータCHICHIさんのVSIBLE ELEPHANT 47(ヴィジブルエレファント)(http://www.visiele47.com/index1.html)、川島淳子さん(http://www.junkokawashima.com/)、加藤彩(カトーアヤ)さん(http://www.geocities.jp/b_ba_a0530/)といった面々のお作品を収録したオールカラーのゴーヂャスな誌面。くはえて、たわごとおもちゃLame Toy,村井美々さん(http://www.muraimimi.com/)、Vegomaticさん(http://www.vegomatic.com/)のお作品収録のCD-ROMももれなくくっついていまして、しげしげみていくと、カワイイぢゃぽん、とゆー合体ロボを構成している体型や目つき、毛のはえかたやら着こなしやら、おおよその、もろもろの成分やホルモンがどんな外観なのかを、海外からヂャポンへの海外旅行きぶんでカワイイく楽しめる誰かにあげたいオミヤーゲむうどな一冊です??
[記:2007.04.19PM23時40分ごろ]

21世紀ヂャポンでざいん大観光『なわばり/第5号/総特集‐ニポン熱
発行=2006年、マレーシア。英語版
大きさ: 本体=24.0x29..0センチ。 重さ=約700ぐらむ。
外見=そふとかば版。オールカラー図版満載。118頁。
ど特価: ¥2400
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号::亜細亜大会070419


2007年04月17日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

ヤサイ人形お写真傑作集

たべものあそび
...イノチのある野菜や果物を食べるのは、ザンコクでかわいそー、だから止めましょう。と主張する方がこの写真集をみたことがきっかけで増えてしまうのでわ?と余計な心配のひとつふたつみっつぐらいしたくなりそうなほど、生き物みたいにカオの表情たっぷりな人形を、生野菜と果物だけで作るので有名なサクストン‐フリーマンさん。当店でも大好評売り切れ中の『速いたべもの』その他、これまでも何種類もの写真集が発表されてきましたが、本書は、それらすべてのうちのオイチイところばっかりを集めてきた十八番大全集でござります。人形だけでなく、家具や建物、乗り物など、くだものとオヤサイで作られてあるものならではの、手ざわりのやさしさや重さ湿度などがカンタンに想像できる質感。それに思いきり甘えながら作られた植物性人形たちが投げつけてくる、感情のビミヨな揺れや屈折をあらわした表情の多彩さ。なにが何でも野菜や果物ですべて作られていることの根本的なばかばかばかしさ。職場や学校などで常に手元に置いておいあれば、いざという緊急パニック時にもまず気を落ち着けるための目でみるおクスリとして強い効果も期待できそうなほど、マヌケでかわいーお写真集です??
[記:2007.04.17PM22時25分ごろ]

ヤサイ人形お写真傑作集『たべものあそび
by サクストン‐フリーマン、ジョースト‐エルファース
発行=2006年、かりふぉるにや。英語版
大きさ: 本体=15.3x16.5センチ。 重さ=約600ぐらむ。
外見=はあどかば版。オールカラー写真集。320頁。
ど特価: ¥2400
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号::植物祭070417


2007年04月15日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

ジョー‐コールマン童貞喪失作品集

ウゥルヴァリン、おねだりエサの謎
..畸形犯罪マニアの狂人画家としていまやニポンでの人気も色素沈着的に根をはやした猟奇画伯ジョー‐コールマンが、いまから25億年前の1憶万分の1年前に自費出版で2000部製作したまぼろしの童貞喪失大作品集が、復刻版で再登場。特大サイズだった元版とくらべると、本の版型は半分よりも小さめで、週刊まんが雑誌(B5版)ぐらいの大きさになっていますのですが、そのおかげで、指紋のスジとスジの間に何本のスジが引けるかを試してみましたー風に、紙面の背景をのたくるウネウネ模様のビッチリ感が、タテにもヨコにも元々の2倍、全体では4倍異常になっているかと見えるほどの偏執的密度を実現。なにしろ紙面全体の最初から最後までが、紙面のどこをみても意味不明の模様や絵や文字や数字などが脈絡なくまき散らされていて、狂気以上に狂った正気の状態を正気を保ったままで維持するジョー‐コールマンの魔術的的な磁力で覆い尽されたキケンな迷路になってしまっているために、描かれているオハナシを最初から順番に最後までたどっていくのがどとてもムツカシいく、オハナシを辿れたとして、それだから何がどうしたということは、例えあったとしても、ジョー‐コールマンがの畸形や有名殺人犯やケガや病気へのコダワリが昔からどれほど徹底したいたかを再確認できてウレシい気分になれる特典はありそうです。また今回の復刻にあたって、元版にはなかった実際の特典として、雑誌『びざあるせっくす』に掲載された全6頁のジョー‐コールマン作‐画の短編漫画を同時収録してあります。日夜押し寄せてくる妄想と必死にたたかっていた頃に厄よけの意味をこめて執筆したというまぼろしの一作を、ジョー‐コールマンふぁん以外のかたもぜひ一度見て放り投げてもう一度拾ってみたくなる、表紙以外は全部シロクロ描きのおマンガ2つ集です。??
[記:2007.04.15PM22時35分ごろ]

ジョー‐コールマン童貞喪失作品集『ウゥルヴァリン、おねだりエサの謎
by ジョー‐コールマン
発行=2004年(初版1982年)、しあとる。英語版
大きさ: 本体=16.7x23.5センチ。 重さ=約1055ぐらむ。
外見=そふとかば版。シロクロ版。まんが。40頁。
ど特価: ¥1000
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号::毒電波感電漫画070415


2007年04月13日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

変態女王様崇拝絵本

サーダックスのアート
..英吉利の現代.変態女王様崇拝イラスト界にこのヒト有りと言われるだけでなくニポンでもすでに知名度のある英国マゾ紳士サーダックスさんの妄想第一絵本です。「ワタシはフェチの画家ではなく、女王様崇拝の画家なのデス。好きなのは春川ナミオとエリック‐スタントン、ジョン‐ウィリーの水彩画、それにビアズリーとバイロス。」とみずから語るサーダックスさんのおコトバどおりに、マゾ男から女王様への赤面告白や禁断の妄想が一方の頁に短文でつづられ、それと向き合った頁には、その妄想の元になった、各種ご調教最中の女王様ご満悦のご様子の原光景を描いた作品が鎮座する、変態絵本しきの構成になっています。
現実でもM男としての世界の女王さまめぐりを実践しているらしいサーダックスさんだけに、絵のなかに登場する女王様たちのすがたかたちも白人だけでなく東洋系や黒人までさまざまで、それぞれの絵にはそれぞれ実際のモデルになった女王様が実在するのではと思わせてしまうほどに作者本人しか理解できない思い入れがたっぷり注入された思い出アルバム画集風な変態力作ぞろい。特に、これまたサーダックスさん本人が「ダークな髪の色がすてき」と賞賛を寄せているニポン女性たちがモデルの絵が少なくみて全体の4分の1ぐらい混ざっていまして、予備知識がなければ昭和ニポンの変態画家かと勘違いしそうなほどにシットリと、童話のような微熱に火照るエロ現実感をたたえています。白人女性風の顔だちのニポン女性に見える絵も大量にあり、ここでは女王様支配による世界変態連邦の到来がひと足早く実現したかのよう。清きマニアの一票をサーダックス絵本にどどどーぞ??
[記:2007.04.13PM23時10分ごろ]

変態女王様崇拝絵本『サーダックスのアート
THE ART OF SARDAX
by サーダックス
発行=2006年、ろんどん。英語版
大きさ: 本体=15.5x18.3センチ。 重さ=約465ぐらむ。
外見=はあどかば版。カラー&シロクロ画集。160頁。
ど特価: ¥2800
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号::日英変態同盟070413


2007年04月11日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

超現実主義ふぁっしょん図鑑

超現実のカラダ/呪物淫愛と流行服
...超変態的にニンゲンのカラダの女性的神秘を崇拝するための萌えテクニツクとして1920,30年代おフランスの元祖‐超現実主義者たちが競って発明した秘法の数々と、そのワザを素早くものにして新しい流行服をつくりだしていったファッション業界との、持ちつ持たれつな二人三脚のエロス道中を、作品図鑑風にまとめたレトロ悪趣味アートふぁっしょん本ですねん。女性のカラダをばらんばらんに分解したり組み立て直したりして、未解決の忌わしいブラックダリア事件の真犯人との関係までもとやかくウワサされてしまったりする超現実主義者たちが特に偏愛したお人形やマネキンの標本として、ハンス‐ベルメールやマン‐レイ、ラウル‐ユバック(写真家。照明光線でめったぎり)、キリコ、ヘルベルト‐バイヤー、ダリ、マルセル‐ジャンなどのお作品を陳列。一方のファション組からは、ショッキングふぁっしょんの女法皇エルザ‐スキャパレリの土俵いり。1938年パリの国際美術工業博覧会で超現実主義者と高級ファションデザイナーの相乗り和合が、ランバンの夜会羽織りをつけたロベール・クーチュリエの巨大マネキンというかたちで実現したのをさかいに、マネキンをファッション業者が独占するようになると、超現実派は、一層細分化された呪物淫愛、フェチ路線に走っていきました。という変な整理の仕方でヴィクトル‐ブラウナーやトワイヤン(マリエ・チェルミーノヴァ)、ドラ‐マールやメレ( メレット)‐オッペンハイム、レオノール‐フィニ、ドロテア(ドロシア)‐タニング、ユージェーヌ‐アッジェや『ヴォーグ』期のホルスト、エンリコ‐ドナティとマルセル‐デュシャンのお店の窓、それにダリの宝石やビックリ屋敷などを陳列してあります。江戸川乱歩『貼雑年譜』の変態オシャレなところだけをのぞきみするような気分のレトロいビヂュアルこれくしょんを春の惰眠のおともにどおぞ??
[記:2007.04.11PM22時50分ごろ]

超現実主義ふぁっしょん図鑑『超現実のカラダ/呪物淫愛と流行服
by ジスレイン‐ウッド
発行=2007年、にうようく。英語版
大きさ: 本体=21.5x19.2センチ。 重さ=約800ぐらむ。
外見=そふとかば版。カラー&シロクロ図版豊富。96頁。
ど特価: ¥3500
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号::超現実洋装店070411


2007年04月09日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

冥土サーカス昇天画集

ヲレたったいま死んぢゃったの/リチャード‐コールマン作品集
...冗談のあたりどころが悪くて死にそうになつてしまうのはヒトに限らずどんなイキものにも要注意な大災害のひとつなわけですーが。去年でとうとう生後30周年らしいリチャード‐コールマンさんてゆう、前歯の欠けたイレズミおにーさんの描いたこの画集には、はためには屁のようなことで仮死状態におちいってバッタリと倒れて身動きできなくなっているときにだけ見物することができそうな、この世でもあの世でもある場所で演じられるサイケな御葬式みたいなサーカス風の無重力儀式の光景を描いた絵ばかりがだいたい集められていますです。どこにもナゾがなさそうにみえるほどに一面ナゾだらけの夢のようなゼロ次元儀式に参列しているひとたちは、年代はとりどりでありつつ、人相は似たり寄ったりで、切れ長目のひとえマブタと目の下のクマがめだつ同じような顔のヲトコのひとたちヲンナのひとたちが、葬式の礼服を着るかハダカになるか三角頭巾をかぶるかして、ながいヒモの先にぶらさげた釣り鐘を持ったり、燭台にのったロウソクを体で支えたりしながら、黒い棺桶や横たわるヒトの回りにたむろしたり。無重力の窓として虚空に浮かぶ祭壇ステージは、サイケデリクな市松ピラミッドや5次元レインボー光線にいろどられ、再生のために切断された首からも、ジャックの豆の木よりもイキイキとした若葉をたくさんつけたたよりなさ毛にしなやかな木の枝がぐんぐん伸びてみたり。そのまわりでは、中世ロシアのサーカスぐまがネズミがおになったクマさんや、古代ローマ闘技場の見世物ライオンがホルモン美容にはげんだようなライオンさんもよりそって、サーカスむうどを静かにもりあげています。見物の目と耳を驚異のお庭でぐるぐるさせてくれます。
絵柄の雰囲気としてはマルセル‐ザーマやヘンリー‐ダーガー、エドワード・ゴーリー、蛭子能収、西岡兄妹などを安易にそこはかとなく連想させつつその誰ともハッキリと気のちがうスイッチおふのバイブいらすとレータ。古い聖書が燃え尽きたあとに復活したキリストいらずのカトリツク教会プレイとかお経いらずの仏像プレイとか。まちがいなく1度も雑誌ガロをみたこともない純粋ガロ直系。首吊り縄無用の無重力首つり風な解放感もかんじられ気味な、定員2.5人どうぶつもオー毛ーサイズの棺桶型感覚遮断空間での幻覚体験画集の体内を、ぜひ1度くぐって通ってみてください。お代は観てのお帰りです??
[記:2007.04.09PM19時30分ごろ]

冥土サーカス昇天画集『ヲレたったいま死んぢゃったの/リチャード‐コールマン作品集
by リチャード‐コールマン
発行=2007年、かりふぉるにゃ。英語版
大きさ: 本体=23.7x26.0センチ。 重さ=約800ぐらむ。
外見=布装丁はあどかば版。オールカラー画集。148頁。
ど特価: ¥5800
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号::冥土サーカス070409


2007年04月07日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

性欲ぼくめつ妄想スケッチ画集

新‐神経症えろちく
...エロちーくな肉体のもつウットリする魅力には、裏表の区別がつかない手袋の裏と表のようにぴったりひとつになっているゾゾゾとする恐怖がぺたりとへばりついていたり、いなかったり。迷信にこだわるセクスマシーン系のエロ職人さんなら条件反射的にとりあえず無視して通り過ぎた毛な、にんげん男女のエロースが時々みせるコワい顔やヘンな顔、意味不明のナゾのような顔のほうばかりを、左脳にはクタビレ気味な中年のスケベおやぢ、右脳には性のめざめの扉を開く直前のおこちゃまの脳をつめこんだバランス悪いヨロヨロ歩きのクルクルパーな気分でへらへら笑いながらジロジロ観察してみた妄想画集です。
画集の妄想のなかでは、いちばんハッキリと作者の目のカタキにされているのはオジさんたちのチンーコとキーンターマで、年季をつんだ熟女系のかたがたなどに日光と凸レンズの焦点を当てられたりして散々な目にあうだけでなく、男性自身がキャンドル代わりにして先端に火をともしてみたり、オバさん天使にそばに近付いてこれれるのをキラって先にじぶんでハサミでチョッキンしてしまったりと、初老男性たちが喜々として自発的にぢぶんのペーニースといとも簡単にサヨーナーラーをしています。
とゆうても、このような去勢による去勢不安の解消というかたちでの、伸びたり伸びなかったりするオトナのペーニースーへの違和感や絶望への笑いだけで作者のジョン‐クネオさんがこりかたまっているわけでは全然なくて、性毛、恥毛、および男性ホルモンでのびる全身の体毛へのけなげな抵抗ギャグの数々もあれば、オトナの女性の股間の亀裂が人工的につくられる工程をネタにした笑いもあったりと、オトナでもコドモでもないヒネたオトナのお笑い根性を土台に、気持ちのよくない気持ちよさと、気持ちのよい気持ちよくなさがこきまぜられています。
作者ジョン‐クネイ氏のペンと水彩によるエロスケッチは、18世紀イギリス風刺画黄金期の作者などを連想させながらも、着色の繊細さが、画のなかに登場する性的に屈折しまくったヒトたちの顔や全身の表情に、いかにもないかにも感を高めていて、どとてもエエかんじ。ヒエロニムス‐ボッシュの絵にでてくる悦楽妖怪たちが、ふつーのオッサン、オバさんたちの皮をかぶって遊びにきているような雰囲気もどこかに漂っているような(?)。そんなジョン‐クネオならではの奇妙なエーロスの世界をぜひ一度ごたんのーください??
[記:2007.04.07PM20時55分ごろ]

性欲ぼくめつ妄想ユーモア画集『新‐神経症えろちく
by ジョン‐クネオ
発行=2006年、しあとる。英語版
大きさ: 本体=14.7x22.0センチ。 重さ=約545ぐらむ。
外見=はあどかば版。オールカラー画集。92頁。
ど特価: ¥2800
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号::クウネ夫070407


2007年04月05日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

アジア映画秘宝研究

フィリピン映画を読む
...フィリピン映画ときくと思い浮かぶのは、フィリピン版スターウォーズとかフィリピン版スタートレック、本書に掲載されているフィリピン版ワンダー‐ウーマンDarnaなどではあるでしょか?そんな色眼鏡のくもり、アメり力Z級ゴミくず海賊版映画ビデオ店などからぢわぢわと広まったフィリピン映画についての色眼鏡のくもりを、すっきり磨き直して色眼鏡本来のゆがみをゆがみとして改めて楽しめるようになるためのお伴に最適かもなフィリピン映画についての基本図書。1983年に現地フィリピン‐マニラで出版されたフィリピン映画の本格的総合的なにうもん本でありまする。(古本です。) ★★★フィリピン映画の「歴史」「テーマと解釈」「スターたちと観客」「監督と映画会社」の3部こうせいで、現地フィリピンの映画ヂャナリストや大学校の先生や映画監督などがしっぴつ‐発表したお作文が、貴重しろくろ図版(?、図版点数はちょぼちょぼと)集められています。
「歴史」の部の話題のちうしんは、大平洋せんそーの戦火によってフィルム‐資料とも全滅にちかい状態になってしまった最初期のフィリピン映画界事情で、ニポンの初期無声映画のじだいと見比べてみたりすると、なにかと興味やコーフンがそそられそーな印象。
★★★「テーマと解釈」では、旧‐宗主国スペインのキリスト教文化の長年にわたる圧倒的な影響力をどだいにしてフィリピン映画の根っこのはしのはしまでしみ込んでいるフィリピン大衆演劇の伝統を、宗教抗争劇(コメディアス)、キリスト神秘劇(シナクロ)、ロマンチック‐ミュージカル‐コメディ(サルスウェラ)、ドラマ、ボードビルなどジャンルごとに腑分け。歌と踊りとダンス、涙と笑いと暴力と、思考停止ごらく
★★★「テーマと解釈」の部でも繰り返される「バクヤ」(フィリピン製の下駄?のこと)とゆー言葉。これはビンボーなひとをバカにするためのコトバで、カネモチのひとたちが見に行く英語やガイコク語の高級っぽい映画とはハッキリと毛色のちがう、地元製作の低予算で型にはまりきったタガログ語映画しかみない大多数のビンボーなひとを指すために広く使われているのだとかで、本書全体の感じやすい局部のひとつにもなっているです。
「スターと観客」の部でも、美人イメエジの代名詞になった白人系に対してイエエジのうえでトランクが低いように扱われる土着マレー人種系のビンボー家庭に生まれながら天性の歌の才能をたよりに映画スターとしての成功にたどりついた伝説的大女優ノラ・オノールの半生などを通じて、過去から未来まで「バクラ」を無視してフィリピン映画は語れないとゆう事実に照明光線が強く当てられています。
★★★全4幕構成さいごの「監督と業界」の部では、フィリピン演劇‐映画界の華麗なる一族「イランガ家」出身の巨匠ヘラルド‐デ‐レオン監督や濫作の帝王リノ‐ブロッカ、映画‐演劇界で大平洋戦前から活躍するランベルト・V・アベラナ、パム‐グリア主演の『残酷女刑務所』の製作総指揮など国際派Z級映画人として活躍したエディ‐ロメロなどのひとと作品、フィリピン映画界の課題などがかんとく本人の言葉などからほり下げられていたり。
★★★と、それやこれや内容はもりだくさん、フィリピンのばあいとまったく同じように、ガイコク映画といえばアメり力映画一辺倒になりがちなニポンの映画ふぁんにとっても、閉じたマブタをこぢあけて、とおくの村や町のひとたちに抱えられている地元産映画の暗闇にひきづっていってくれる貴重なご本です(*古本=在庫1册限りです)。 ?? [記:2007.04.05PM20時35分ごろ]

アジア映画秘宝研究『フィリピン映画を読む
READINGS IN PHILIPPINE CINEMA
by 編=ラファエル‐マ‐ゲレッロ
発行=1983年、マニラ。英語版
古本=保存状態は良好(並程度?)です。
大きさ: 本体=15.3x22.7センチ。 重さ=約545ぐらむ。
外見=そふとかば版。しろくろ図版いり。284頁。
ど特価: ¥5500(古本です)
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号::アジア映画秘宝070405


2007年04月03日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

カナダあんぐら漫画イラスト同人誌大全

のぐ○ドド/原始的かなだ式おサイケ落書き
...北極にむかって広がる太古そのままの広大でチビしー自然とその中での古代文明ぢだいからの生活をしているヒトたちがイルカと思えば、アチラには植物栽培奨励にも熱心な先端文明的都市生活をしているヒトもいたり。食べあわせの悪そうな異質な要素が平然と仲良くケンカしながら隣り合わせのベッドで寝起きしている不思議のくにカナダが原産地。1995年から2005年のあいだに現地で採れた、あんぐら漫画イラストあーと同人誌およそ50種類からよりすぐった作品頁を縫い合わせてこさえた怪作名作集です。
★★★現代カナダでかつやく中の若いひとといえば、マルセル‐ザマとその集団ロイヤル‐アート‐ロッジが思い出されることかと思いますが、こちらの集団は結合力がもーつとづーつと弱く北極海で寒中水泳を楽しむプランクどんよりも、集団としてのまとまりは力弱いですよー、と読みまちがうことのできるはなしが序文だったかに記されているのですが、にもかかわらず、出来上がったか途中でか目の前に投げ出されてくるお絵描き描きや写真写真撮影には、どれが誰のだかわかりずらいほど、どのヒトのソレにもはっきりと、はっきりさせない共通点が。それは、幻覚状態に突入したから、ヒト、ドオブツ、樹木などのあいだを区切る細胞のヘキやマクなどを自由自在に消滅させる天然ボケぱあー、なのかもなのですたかも(?)。
★★★シロクロぺえじとカラーぺえじの比率が、シロクロが4でカラーが2ぐらいで、これまたちょっと晴れの日に薄ぐらい森の小道をお散歩しているような気分なようかも(?)。
☆☆☆オーロラの空にむかって付節くれ曲がった背骨で直立するけったいなヒトもどきアニマルもどきの、現れては消える束の間の登場キャラクタたちは、それじたいが時々歩きまわる樹木でつくったおウチにさも似ていることが多過ぎで、全編をこっそり操っているのかも知れないはるかカナダの森の精霊さんたちのクスクス笑いが脳みその大奥までぢかに響いてきそうな勢いをかんぢさせます(?)。奇形っぷりの可愛さを競い合うのに無我夢中過ぎるおかげで、じぶんたちが妖精そのものであることにも気がつかないおナヌケなヘンタイ妖精たちが、次から次へと果てないドンジャラポいをくりひろげ、みなみなさまのオツムのネジを呆れさせたり感心させたりしながらユルユル緩めてとりはずし、頭蓋骨に風通しのよい小さな穴ぼこをあけてくれそーな、キモさわやかめ作品集です?? [記:2007.04.03PM23時30分ごろ]

カナダあんぐら漫画イラスト同人誌大全『のぐ○ドド/原始的かなだ式おサイケ落書き
by 編=マーク‐ベル
発行=2006年、ケベック。英語版
大きさ: 本体=16.5x20.2センチ。 重さ=約560ぐらむ。
外見=そふとかば版。しろくろ&カラー。224頁。
ど特価: ¥3500
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号::カナダさ行け070403


2007年04月01日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

創作動物もだんばれえ画集

別世界のドオブツたち
...振付師 マース‐カニンガムといえば、いつものように音楽沈黙家ジョン‐ケージにたのんで森のなかから変身の譜面台としてのキノコ音楽を採ってきてもらったりするのでも有名なそうなのですが、コチラは、つかの間の間ニンゲンに変身してみたりしたマース‐カニンガムが、じぶんの夜のキノコの森のなかでみつけてきたドウブツ、トリ、ムシをペンと色エンピツで脳内写生したドオブツ画20年分の寄せ鍋画集です。カニンガムの描いたドオブツ画のまえで実際に踊っているダンサーたちの写真なども収録されているおかげで、カニンガムのドオブツ画がかもしだす妙ちきりんなカワイさとカニンガム流の振付とに共通しているよないないよな変身スゴロクの手がかり、ドオブツからニンゲンに、ニンゲンからトリやムシに、ムシやトリから花や草ムラなどの植物にと、枝から枝へと次々に我を忘れながらうつらうつらと飛びうつろいていくヒトたちの待ち時間、死の天国ヂャンプのたまごを暖めているような静止状態のなかの重心移動、あり得るはづがないはづだったカラダの部品や輪郭線や色彩がすでに実現された状態として目のまえに広がっている不思議なお絵描きがここにはあるようなのでした。あんど、24時間全身振付師のカニンガム氏の日記断片もあわせて収録。おどるポンコピーなひとたちが噛み締めているニンゲンをやめるよろこびを一緒にあぢわってみたい精神0才児から、カニンガムだか何だかはどどでもいいけどカワイヒあにまる画とたわぶれたいとゆう精神年齢100才爺婆まで、つなわたり愛好的意味で幅広くおすすめできそうなシヤワセどおぶつ画集です?? [記:2007.04.01PM23時30分ごろ]

創作動物もだんばれえ画集『別世界のドオブツたち
by マース‐カニンガム
発行=2002年、にうようく。英語版
大きさ: 本体=22.0x25.5センチ。 重さ=約820ぐらむ。
外見=はあどかば版。カラー画集、写真いり。98頁。
ど特価: ¥5400(*問屋在庫僅少のため、ご注文はお早めにどどーぞ)
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号::変身キリン070401


2007年4月01日のまるひーメモです。。

    ★今日の日記    

屋根裏さんホーモぺえぢの引越し先。。

.。。「あ。また一時蒸発中かー。」屋根裏さんの旧ホーモ頁http://yaneura.zone.ne.jp/にブクマクしていた方のなかには、といつものことのように油断して、旧ブクマクの復活をただボーと待っておられる方もあるのではあるでしょか?もしもし?旧‐屋根裏ぺえじから細い道でつながっていた「屋根裏‐2」ブログ、「A面・地方文化通信」ブログht○p://blog.livedoor.jp/yaneuraug/としてすでにとっくに復活ざかりですせー。だけでなく、屋根裏さんの新ブログ「不思議なカブトムシ」ht○p://yaplog.jp/strangebeetle/もとつくのしばらく以前から実験継続中だすだす。「そのウソ、ホント?うっかりしてたなーも」と後悔する前に、上の電気住所の○のなかに正解のtを入れて、ブクマクしてくらはーい。。
[記:2007.4.01PM20時00分ごろ]


翌月のペエヂはアチラ          前月のペエヂはアチラ

この頁の先頭に戻る

お問合せ‐ご注文は今スグ大至急なんとなくdobunko@excite.co.jp「どどいつ文庫」まで
inserted by FC2 system