♥ 世界のキテレツ洋書&デヘブヒデヘ専門店「どどいつ文庫」です。ご連絡はdobunko@mail.goo.ne.jp「コニチワど文庫」係まで大至急に。

メニウでゴザル

●最新頁はアチラ
最新頁
dobunko.jp/
◎ご来店あんない
コチラです
◎ご注文方法

ご注文は25ぢかんOK

※ホ〜モ頁にのつていない本やDVDのお問合せもどおぞ。。
◎おメエル連絡先
お問合せご連絡は、 dobunko@mail.goo.ne.jp
まで。いつでもどうぞ。
25ぢかん受付中
※ホ〜モ頁に出ていない本やDVDもお探ししします。。


〈ふりだしへ戻る〉

2011年03+04+05月のホカホカ入荷!
*お好きな順番で画像の上をゴキっゴキっと押っぺしてのぞいて見みみてください。

2011年05月27日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

妄想体液めるへん水族館お絵描き作品集

ブレンダン・モンロー作品集
..あるハズがないハズの手や足が動き出したり目玉のない目鼻口が無言のコトバをつぶやき始めたりするほどに赤い血のひとしずくの中でガヤガヤ右往左往ひしめきあう大勢の赤血球のヒトたちをぢいぃと穴ぼこのあくまで見つめ続けるだけでは物足りず体内妄想の坂を転がり落ちるままゴマみそずずずい、血管内屋根裏のお散歩お絵描き職人ブレンダン・モンローさんの童貞破りお作品集でござります。部材用の細胞を超高層ビルヂングどころではなく大量に持ち込んで組み立てられた巨大ドヲブツであるわだぐぢたちニンゲンさまの超特大おおざっぱなお天気感覚では感じとることのできないチョコまかしたラベルでの人体内での地形のでこぼこ山海河川ごとの植生のちがいなどの雰囲気をあちこちになすりつけながらどちらかと言えば栄養豊富な下水路方面っぽく逆巻きうねくる体液プールのなかで、生理学や生物学などのてきとーに科学的な釣り針や網では永遠に捕獲できないナゾの豆つぶ生命体やウンコぞんびぃたちが、思春期卒業まぢかぽっく、沈んだり浮かんだりの慢性的夏休み気分に溺れまくり。秋の黄金色の雑木林に置かれた枯葉の寝台にごろごろして野ぐそをしたあとの人工肛門のまわりを遺伝子組み換えカミキリムシの巨大化触覚で後始末してもらう夢のような、まるで少女まんがのような清潔感でがっちり守られた汚物メルヘンの不思議なお絵描き世界がぷうううぅんと爽やかに広がっています。そしてまた1つずつのお絵描きの背後にすけすけてみえる大けな広い人体宇宙を、ひと続きに眺めて全部をひとつにくっつけてみようとすると、巨大どころか気配だけを漂わせながら目には見えないほど小さい世界に全部が消えていってしまいそうな、もっと気取っていえば無風無音無臭に高らに響くチェシャ猫の屁の香りにふんわりとしたA感覚マッサーヂお絵描き集となつていますうえに、作者ブレンダン・モンローさんのお絵描きだけでなく、お絵描きをそのまま立体化してみたような変てこ木彫りの人形たちも捕獲され、カラー写真図版で同時収録されてあります。美大卒業後まだ4年めでこの作品集を刊行したデビュー早々の今の時点で早くも、あとはオカルト的神秘世界に引きこもるしか行き場がないかと思うほど煮込まれたパサデナ出身の新鋭お絵描き職人ブレンダン・モンローさんの妄想体液めるへん水族館的お作品集へとどどーぞ??[記:2011.05.27:PM23時00分。]


妄想体液めるへん水族館お絵描き作品集『ブレンダン・モンロー作品集
by ブレンダン・モンロー、序文=マイク・ケリー
発行=2008年。from さんふらんしすこ。英語版。
大きさ:本体=ヨコ185xタテ240みりめいとる。
  重さ= 約250ぐらむ。
外見:そふとかば。166頁。
推定対象読者年齢:2才〜120才
ど特価:=¥3500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::体液水族館110527


2011年05月22日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

黒太陽王サン・ラ初期シカゴ時代研究本

宇宙街道の旅:サン・ラの黒色宇宙太陽神話
..地球時間換算で1914年の今日5月22日にハーマン・プール・ブラント(Herman Poole Blount)てゆう世をしのぶ仮の名前でアラバマ洲バーミンガムにやってきた黒エヂプト宇宙の自由ヂャズ音楽天使サン・ラの未来アフリカ時代劇コスプレ波動を浴びて地球監獄滞在がウレしたのしくなってしまったサン・ラれこおど収集狂やサン・ラ伝記本の著者などをはぢめとする慢性全身中毒系サン・ラまにあの中のまにあ先生がたを集めて2006年ハイドパークアートセンターで2日間にわたって開催された展覧会「宇宙街道の旅:サン・ラの黒色宇宙太陽神話」の余熱のなかで繰り広げられたシンポヂウム講演会の数々を文字でいつまでも鮮度をたもつ真空詰め。シカゴ大学図書館の特別これくしょん研究所所蔵のヂャズ系資料倉庫に珍蔵されている貴重なサン・ラこれくしょんの図版紹介もあるサン・ラふぁん必携の研究ご本でありまする。全部で15ケの講演内容の大まかな流れとして、話題は展覧会の開催地シカゴ(<=ハイドパーク)にちなんで、シカゴで過ごした無名時代のサン・ラの足あとの掘り起こしに重点が置かれていて、1955年にサン・ラがアルトン・アブラハムらと始めた黒人による黒人音楽家と黒人音楽ふぁんのためのレコード会社エル・サターン周辺に関わることが多めなかんぢで。レコード会社設立前のシカゴでのサン・ラばんどのメンバーの出入りや、出演した演奏場所や演奏告知広告の発掘、エル・サターンから最初に発売されて現存枚数がとーても少ないサン・ラの幻のシングル盤のことや、エル・サターンは、サン・ラがまだシカゴで演奏していたときには2枚(2種類)しかサン・ラのLPレコードを発売しなかったのに、サン・ラが活動場所をシカゴからニューヨークに移したあとになってから、サン・ラのシカゴ時代のむかしの録音を何枚もLPにしたために話が無闇にややっこしくなっている事情や、サン・ラのレコードのジャケットでざいんと黒人グラフィックデザイナーの歴史などなど、ふぁんならば知っておきたい豆ちしきがフリーなかんぢでそっちこっちに散・乱しています。図版には、ぢぶんと頭文字が同じだからとゆう理由でサン・ラがだいすきだつたらしい露国の天災的女性心霊家ブラバツキー夫人(サンラもブラバツキーもどちらも名前全部を略すとHPBになるの)の「シークレット・ドクリトン」の表紙裏にサン・ラが意味不明の魔法文字による計算式などを書き込んだオカルト落書き入り版の画像や展覧会のためにティム・カー(Tim/Kerrれこーどの)が描いたサン・ラの絵とか、この本でしか見ることのできないのも当然な貴重図版もちょろちょろ差し挟まれていて、黒色宇宙太陽神話王サン・ラーたんの地球上でのおつとめが狂い咲くよりも以前の影に隠れて見えづらかったサン・ラ神話受胎妊娠を多面的に空想しやす毛な研究本となつています。サン・ラ楽団に引率されての宇宙観光旅行の地球おみやげにあるいは地球圏外へのご帰郷時のおみやげにぜひぜひ1冊どどどーぞ??[記:2011.05.22:PM22時50分。]


黒太陽王サン・ラ初期シカゴ時代研究本『宇宙街道の旅:サン・ラの黒色宇宙太陽神話
by 編=ジョン・コーベット他
発行=2006年。from しかご。英語版。
大きさ:本体=ヨコ179xタテ242みりめいとる。
  重さ= 約250ぐらむ。
外見:そふとかば。92頁。
推定対象読者年齢:10才〜120才
ど特価:=¥2500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::黒太陽伝110521


2011年05月19日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

置去りミニミニ人形お写真集最新版

タイヘンな町:スリンカチュウ写真集
..地べたに寝そべっているムシの死骸を探してキョロキョロしているお腹をすかしたアリさんやトリさんのような目つきで路上から路上へとほっつき歩いているヒトたちにしか気がつかれないほどの小ささの手づくり人形たちを暗黒系ショートコント風に配置し、記念写真をぱちりぱちり近くからと遠くからと2枚撮影したら、その場を立ち去ってどこかに消えてしまうのだとゆう路上ミニミニ人形置き去りア〜チスト・スリンカチュウさんといえば、意味不明あ〜と本中毒こぢらせがちな当店お客ちゃまみなみな様にも大好うひょひょ〜んの記録的ミニミニべすとせーらーの前作お写真集『街角の小さなヒトたち:スリンカチュウの道ばたア〜ト』(2008) を思い出される方も少なくなくないかと思いますが、それから2年と数ヶ月、スリンカチュウさんの最新お作品集がまさかまさかのご登場になられれました。前作がハードカバー装丁の横長絵ハガキ集っぽいつくりだったのに対して、今作は面積比で前作から2倍前後ぐらい大きそうなかんぢ。収録写真のうち3分の2ぐらいが前作と同じで、前作以後に作られた初公開写真は3分の1ぐらい。そのため前作ご購入済みのみなみなさまの中には、コレわ見てないコレも見てないわ派のみなさまと、コレわ見たコレも見た派のみなさまに印象が別れることかと思いますが、前作で見たことのある写真につきまぢでも、見開き右ペーヂの近くに接近してみたミニミニ人形たちの珍風景の拡大図は前作と同じ距離感なのですが、左ペーヂについては遠くからみる目線を前作より以上に遠くまで後退しながら少しでもより広い範囲まで写し込むことで、どこにいるのかわかりずらい人形さんたちを取り巻く無関心のかたまりのような途方も無く巨大な日常妄想風景の果てしない広がりがより一層へんてこな空気になって押し寄せてくる仕掛けになつていますので、すでに前作お写真集『街角の小さなヒトたち:スリンカチュウの道ばたア〜ト』お持ちのみなみな様にも、改めて新鮮な気分で最初から最後までお楽ぢみいただけるお作品集かとおもわれまする。置き忘れられた人形さんたちが、小さい世界でしている行いを眺めていると、もし特にそれほど大きいわえでも親指の大きさぐらいまで極端に小さいわけでもなく逆に夜空の星に頭がつかえるほど極端に大きいわけでもない大きさのニンゲンさまたちが同じことをしていたとしても関係者以外の誰からもどーでもよさ毛的なことばっかりしかしていないダメな人形人間のお手本みたいなろくでもなさ毛なことしかしていないのもスゴくヒドいのですがさらには、そんな色々なラベルですっかり見捨てられたようないとし毛な人形たちを呑込みながら全くの無関心に安住しきっている周囲の風景や行き交うヒトたちもまた、そんな写真風景の一部分に取り込まれたことで見捨てられどーでも無関係としか思われない存在に成り上がっていることで、人形さいずの世界とナマのニンゲンさまさいずの世界が、おたがいのシッポを噛みあう蛇の状態で、どっちが大きいのか小さいのか、どっちがどこまで小さいのか大きいのか、小宇宙と微少宇宙がおたがいそれぞれを合わせ鏡にしながらぐるぐる回る超巨大世界と超微細世界の天地反転二転三転うちうのなかで読者が何度もぢぶんを見失うのを期待してるよな相変わらず楽ぢいご本です。おぢぶんへの誤ホービにおももだちへのプレヂェントに2冊3冊とご遠慮なくどどどーぞ??[記:2011.05.19:PM23時55分。]


置去りミニミニ人形お写真集最新版『タイヘンな町:スリンカチュウ写真集
by スリンカチュウ
発行=2010年。from あむすてるだむ。英語版。
大きさ:本体=ヨコ242xタテ220みりめいとる。
  重さ= 約595ぐらむ。
外見:そふとかば。オールカラー写真集。156頁。
推定対象読者年齢:2才〜120才
ど特価:=¥3000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::人形の惑星110519


2011年05月13日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

突然変異人獣ああと雑誌もあべた号

果糖ぶどう糖・第17号
..犬小屋ひきこもりニンゲン用の夢あんど悪夢沸騰水刺激増量たいぷドッグふうど駄菓子系お絵描きの今夕、今夜の最末端的最先端にほんのり漂う空気のおいちい才能をここ掘れにゃんわん。現在では入手困難な初期号を集めた傑作集『果糖ぶどう糖・傑作選』 も大好評で当店死蔵在庫中のポポポポポツプな異形お絵描きいらすと雑誌『果糖ぶどう糖』2010年秋号でありまする。が自家発電竜巻発生ぱわーでホテル宴会場むけ日本料理屋台のお花畑を吹き飛ばしているような流体生け花お絵描きのオリバー・ヴァーノン(Oliver Vernon)さんを起用した表紙からのビックリ箱ア〜ト的飛び石気分で読者もぴよんぐぴよんぐ。あ〜ちすと狩りの視野が今号ではますます広範囲に拡げられ、南太平洋チキア〜トの太古原始的呪術性をレムリア大陸海洋風の黒い風で舞い狂わせるオーストラリア・メルボルンの道ばたスピリチュルチュル系お絵描き職人ジェイムス・レカ(James Reka。左の画像の作者)や、オランダ・アムステルダムの鬱うつベビドールああちすとクリス・ベレン(Chris Beren)さん、ドイツの2人組ヘラクト(Herakut)のどうぶつ精霊崇拝系黒人シャーマニズム幼稚園絵など、ヨヲロッパから南半球まであっちこっちにツバつけぴちょぴちょ。ニポン・ギンザ・スパンアートでの個展も大盛況だったニコニコどろどろ怪奇絵師ステファン・ブランケ(Stephane Branquet)さんは綴じ込みオマケいらすと増量つき合計18ペーヂ大特集。とろけりピンク色ソフトクリームまにあのLA道ばたあーとぱんくバフ・モンスター(Buff Monster)やボンデーヂがいこつ蛇体獅子舞のデビッド・クック(David Cook)さんや、パノラマ島に誘拐されて背中あわせにシャム双生児改造された谷内六郎とバルテュスみたいなヲトナ童謡うたいの少女絵師セオナ・ホン(Seonna Hong)さんなどなどが登場。目だまの奥から伸びるほわほわした神経の若芽ももそもそ踊りだすような楽し毛な誌面になつています。品切れ前のおはや眼お申し込み大至急にどどどーぞです??[記:2011.05.13:PM19時30分。]


突然変異人獣ああと雑誌もあべた号『果糖ぶどう糖・第17号
by 編=アタボーイ、アニー・オーウェンス
発行=2010年。from りっちもんど。英語版。
大きさ:本体=ヨコ214xタテ275みりめいとる。
  重さ= 約475ぐらむ。
外見:そふとかば。オールカラー雑誌。122頁。
推定対象読者年齢:2才〜120才
ど特価:=¥1800
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::天上裏裏110513


2011年05月09日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

ヨヲロピヤン・セックスい墓石彫刻お写真集

そして全ての欲情は永遠をのぞむ:ヨオロツパ墓地のエロちっく彫刻
..夜空にカランコロンカランカランコロンと女装ハイヒールかがとの音を響かせて夜の墓場さんぽを楽しまれている皆々さまのあいだでも、墓場の中でなにが特にお好きかてゆう話になると趣味の違いは降る星くずよりもバラバラバラバラに別れるわけですが、ニンゲンさまの生と死のみなもとであることもあればないこともあるヲンナとヲトコの性愛の絶頂のシンボルといったら過言であるようでもないよでもある若くてピチピチなヲンナたち(あんど少しだけヲトコもあり)の肉体にだけは、死んだあとだからこそ永遠に執着しつづけたいッ!としみじみ祈願する墓地内おデート発情趣味の強いみなみなさまにぺったりな、ヨヲロピアンどスケベい霊園彫刻お写真集でございまする。短い賞味期限で区切られたニンゲンさまの肉体の発育成長から崩壊消滅までの時間をスローモオションでみるかのように完成と同時に着実にボロロンボロンと崩れていく墓地内の石像彫刻の裸身を眺めてまわるのが好きで辛抱たまらないマニヤを公言する写真家イザベル・オールバウムさんてば、生きている生身のおヌウドもでるを撮影するのとまったく同じに抑えてもおさえきれないドスケベ下心まるみえな視線や身のこなしで、石づくりの裸像彫刻に接しているのが写真を通じてぞわぞわと伝わってくるところが何とも奇妙ながらすんなりと読者の胸に沁みてもくるよなこないよな。墓石の下でごろごろ無言で寝転がっていながらも思わず赤面している亡骸たちの骨布団のうえで、ヌウド劇場の踊り子さんたちをほーふつとさせるような演技過剰ぎみのメランコリっくなポーズんぐで身をよじくり悶える裸婦の彫像や、ひとめを忍ぶふりをして他人の視線をまちわびる露出症ぎみの裸身の男女の彫像などなどのあられもなくロオマンちっくなお写真が現れては消え、消えては現れ。そのかたわらには、ボードレール、スウィンバーン、ポー、トラークルなどなど不感症ばんざい派の詩人・文人たちによる、アノ世とコノ世のあいだでおたがいを見失った肉体と愛欲が夜の墓場で果たす奇怪なあいびきを吸血鬼もどきの恋愛てくにっくこきまぜポエムが坊さんの読経の代わりにそえられて、禁断のベッドるうむ気分を陰鬱に盛り上げてくれています。真冬も真夏も無関係に慢性ホットに冷や奴っこいエロ墓石彫刻の世界に軽く押し倒されてみてはどどでしよお??[記:2011.05.09:PM21時30分。]


ヨヲロピヤン・セックスい墓石彫刻お写真集『そして全ての欲情は永遠をのぞむ:ヨオロツパ墓地のエロちっく彫刻
by イザベル・オールバウム
発行=2000年。from みゅんひぇん。どいつ語版。
大きさ:本体=ヨコ174xタテ208みりめいとる。
  重さ= 約475ぐらむ。
外見:はあどかば。オールカラー写真集。160頁。
推定対象読者年齢:5才〜120才
ど特価:=¥3000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::墓場キダタロー110509


2011年05月04日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

くるくる魔法の花園お絵描き集

すべて花花
..くるくるくるくる千回どころか三四回ぐらいでも目の回るくるくる回りを回り回るスーフィーの旋回舞踊がどれほど目の回るものかを今ではパソンコがあればユウチウ部などネットリ動画ですぐに擬似的体感できる目まぐるしい時代になってしまっていますが、人魚の焼き肉を食べて不老不死になった黒髪の長い古代女性が地べたに素足で突っ立っちながら足の裏で感じていた地球のくるくる回り感覚を切り絵ふうに濃縮したスッキり切り口で画面に踊らせるカリフォルニヤのクルクルあ〜ちすとクレア・ロハスさんのお花畑お絵描き集です。こどものときにハハヲヤのおうちの天井の穴からくるくる雪の結晶が舞い落ちてきてお部屋のなかが雪の神殿に変身するのを見たときのトキメキがそれからのお絵描きすべてのエネル源になっているとゆうクレアさんの雪のイメエヂが、純白のまっしろ白ではないどころかの反対の賛成で、ハハヲヤのおうちの天井の天上から光のふりそそぐ穴とゆうプリズムをくぐり抜けた七色を冬のおうちのランプの炎がしっとり暖めた色とりどりのふしぎに植物的な宝石のイメエヂになっているところが何とも独特にスウパアなちゅらるな持ち味になっていまし。クレアさんがぽたぽた赤い雪のしずくを気ままに垂らしながら野原を散歩してまわるとそのあとについて小さなつむぢ風が巻き起こり、血のような雪の結晶はくるくる踊りながら植物の花びらになり、花びらはくるくる踊りながら色とり鳥の鳥になり、斜めに切れあがった天上のワレメのような目を持つアニマルたちになりながら、切り絵のように野原に飛び散っていくかと思うとそのままくるくる虚空に舞い上がって月になったり太陽になったり。直線も曲線になり曲線は曲線でも直線でもあるようにすべての植物と動物と鉱物がくるくる回る踊りを踊りながらくるくる生まれ変わっていくクレア・ロハスさんの目くるくるめくお花畑お絵描きで植物的ニンゲンきぶんを妄想しながらの花粉浴むうどが満喫できるストーリー説明のないヲトナむけ童話絵本のようなお作品集です。和菓子や渋茶の好きな西洋魔女ふぁん的なかたむけのプレゼントなどにもどどどーぞ。??[記:2011.05.04:PM22時45分。]


くるくる魔法の花園お絵描き集『すべて花花
by クレア・ロハス
発行=2011年。from かりふぉるにゃ。英語版。
大きさ:本体=ヨコ160xタテ210みりめいとる。
  重さ= 約335ぐらむ。
外見:はあどかば。カラー作品集。192頁。
推定対象読者年齢:2才〜120才
ど特価:=¥2400
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::花物語110503


2011年05月01日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

記憶を無くしたお写真怪作集

いまは、むかし:マレスカ氏収集お手軽写真コレクション
..アウトサイダーア〜トや自己流ア〜ト、お土産用手づくりア〜トなどア〜ト業界から無視されている純粋すっとこどつこいア〜トの発掘を30年以上もむかしから続けているその道の達人として世界的に知られていなくなくないニウヨウク・リッコ=マレスカ画廊の代表2人のうちの1人、マレスカ氏ことフランク・マレスカ氏が、シコシコ買い漁り集めた撮りびと知れずのお手軽写真350点をニューアーク美術館あてに寄贈したのを受けて開催された「マレスカ氏収集物件によるお手軽写真コレクション」展の、記念図録をかねた変てこムウドしっとりほっこりお写真集でありまする。展覧会場になったニューアーク美術館もまた、あめリ力の美術館のなかではいちばん最初に「写真」の鑑賞価値を評価して「写真展」とゆうものを開催した美術館でもあれば、手づくりおみやげ工芸品を「美術」として展示してきたのもあめリ力の美術館のなかではココがいちばん最初だったとゆうほどで、マレスカ氏が採集した撮りビト知らずお写真の寄贈先に選ばれたのも納豆喰う出来すぎな、アウトサイダー的に由緒ひねくれた歴史をもつ美術館。行き先をウナギイヌに聞いてもわからないアウトサイダーあ〜ととゆうイタヅラな生き物をかどわかす手くだにかけてはどちらも負けず劣らずなマレスカ氏とニューアーク美術館とゆう寝乱れタッグチームの顔合わせが、イヤんバカんとあおりたてるボンヤリあいまい漠然とした期待にお見事に応えてくれた、何がイイのかわからないままに見ている目の裏側から脳内に向けてどこからともなくイイ味が止めどもなく沸き上がってくる不思議なお写真の連打また連打。本書収録のインタビウに答えての、プロのファッション写真師でもあるマレスカ氏の見立てでは、ファッション写真では見ることのないニコニコむうどが、一見何の共通性もないかのように見えるマレスカ氏のお手軽写真コレクションの唯一の共通点になっているようで、ニコニコむうどに包まれて写真の中に写っている何処の誰とも知れないヒトビトの表情や動作の中には、実際のぢぶん以上の途方もないぢぶんを演じることに夢中になるあまり破綻寸前の多重人格者めいたキケンな要素さえ浮き沈みしているかもなのだとか。ロールシャッハてすとの写真版心理試験のように、見るヒト見るときそのときどきで、釣り針になってノドちんこへと突き刺さるいろいろな写真のなかのいろいろな部分があちこち移動していきます。取り返しのつかない場所や時間の皮膚を時間の帯のなかから無理ヤリ剥ぎ取られる痛みや歓びを、聞こえない声で何度も何度も止まずに歌っているかのよう。写真お好きなかただけでなく、写真論こねくり回すのがお好きなかたへのプレゼントにも好適。1家に1冊どどどーぞ??[記:2011.05.01:PM24時30分。]


記憶を無くしたお写真怪作集『いまは、むかし:マレスカ氏収集お手軽写真コレクション
by 編=マービン・ヒーファーマン
発行=2008年。from にうようく。英語版。
大きさ:本体=ヨコ206xタテ242みりめいとる。
  重さ= 約870ぐらむ。
外見:はあどかば。シロクロ&カラー作品集。192頁。
推定対象読者年齢:2才〜120才
ど特価:=¥3500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::指紋鑑賞110501


2011年04月22日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

1950-60年代原子怪獣カリスマでざいん極悪シールこれくしょん

放射能世代怪獣シールの帝王:モンテ
..目の前に迫った核ミサイルどっかんどっかんによる地球人類破滅の危機で世界ぢゅうのヲトナのたちがぶるぶる震えながらコワさを我慢くらべしていた1950年代におそとで元気に遊ぶちょっこしアホーなおコちゃまたちの間で大人気を集めた駄菓子屋さん系の怪獣シールこれくしおん本です。1950年代あめリ力んZ級宇宙原子怪獣シロクロ映画のスクリーンからモギり取って来た元々幼稚な妄想生命体を餓鬼んコらべるの脳ミソでも消化しやすいよう単純化単細胞化に向けてより一層救いようもないほどに拍車をかけて完成された強力に幼稚な化け物シールの帝王モンテさんは、デズニースタジオを半日退社。一時は郵便配達の仕事をしていたこともあり、ラット・フィンクの誕生秘話にも深い関わりを持つとゆうスピード狂でバイク狂のカリスマ怪獣でざいなー。エンジンの回転がニンゲンを廃人世界へと叩き出す瞬間の血の毛をぶち切る蒼白感で吹き飛んでゆく流れ星のような目の玉や、蕩けた脳みそのフタ溶岩流のように発熱しながら千切れて浮き上がっているアホまるだしな狂暴ヲヤジ、毒インキの壺からネバっこく飛び出した白マントの幽霊、自爆に必要な長さの短い導火線しかついていない爆弾じかけのビリヤード玉を持ったガイコツの手、歯なしミイラになるまで生埋めのままの恋する童貞小僧。真っ先に己れの首を首ちょんぱしてしまったせいで頭がないのを黒布を被って隠している首切り人、最低の幸福とひきかえに最大の不運を約束する幸運お届け悪魔などなど、おコちゃまむけ悪趣味シールの帝王モンテきゃらくたあ総進撃。突き抜けて超古代マヤ大陸に激突してしまったステンドグラスでざいんや、極めつけ、精神病キャラ宴会シールせっともこっそり収録。ダメ押しオマケとしてオリジナルシールぱっくも同封されていて不良性ダメダメでざいんクラッシコ咲き乱れるいびつな毒花の園にできあがっています。放射能雲との息苦しいニラメッコつれづれの窓辺にどどどーぞ??[記:2011.04.22:PM19時40分。]


1950-60年代原子怪獣カリスマでざいん極悪シールこれくしょん『放射能世代怪獣シールの帝王:モンテ
by 編=ウラジミル・ビルグス
発行=2010年。from さんふらしすこ。英語版。
大きさ:本体=ヨコ130xタテ185みりめいとる。
  重さ= 約320ぐらむ。
外見:そふとかば。カラー作品集。162頁。
推定対象読者年齢:2才〜120才
ど特価:=¥1600
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::原子怪獣110421


2011年04月19日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

引きこもり系チェコあばんぎゃるど写真家お作品集

ヤロスラフ・レスレル:チェコの前衛写真家
..目の前にあったものを撮影して現像して陰画を印刷して出来上がる、レンズや写真機や現像機まかせ写真術ではなく、写真の中に映って欲しいものを撮影前にぢぶんで作り、撮影した陰画の上に手描きで筆を滑らせて陰影や物陰を好きなだけ付け加えたり、陰画を切り刻んだり重ね合わせたりしてつなぎ合わせたりと、モダーンな写真術のなかに野人の野獣狩り的職人仕事をもちこんだ独特の作風で、チェコ前衛写真史の幕を開いた写真家ヤロスラフ・レスレルさん(1902-1990)作品集です。お写真制作活動の絶頂期がちょうど第1次世界大戦と第2次世界大戦の谷間で、未来派や表現主義や構成主義などその頃に流行していた前衛げいぢゅつと共通する雰囲気があるだけでなく、1920年代チェコでいちばん有力な前衛芸術家集団だったデヴィエトスィルに名ばかり参加していた事情もあって前衛派とゆう売り言葉につきまとわれがちなヤロスラフ・レスレルさんは、ぢつは前衛もへたくれも無関係に、最初から最後までぢぶんがやりたいこをやるのみのガヂガヂの変態派。戦後にはヨオロッパ手こき写真家最後の生き残りとまで評されるほどしっくこく、師匠フランチシェク・ドルチコルが早々と見切りをつけた陰画へのシコシコ手塗り技に執着し続けたのも納得な、見た目以上に手ざわり感へのこだわり強く、しかもラヂオ好きの雑音電波系。年代順に作品を収録した本書は、生誕100周年目前の2000年にプラハ、マドリッド、ブレストなどで開催された回顧展によって死後初めて世界的注目を浴びた瞑想気質のチェコ写真家レスレルさん式お写真術の全体像をぐるりと見通せる貴重な作品集でありまして。若き日のレスレスさん当人や当時の彼女を裸体モデルにした魔法人形屋敷ふうの写真や、ピラネエジの牢獄を現代的にしたふうな写真など、ヒトまぢわりを遠ざけるのが好きなレスレルさんの脳内風景まるみえ作品から出発して、シロクロの濃淡とりどりな長方形や半円形の影が折り重なる雲の上のような人影のない光景のあいだを彗星のしっぽの切れっぱしにでも変身したようなきぶんでウロチョロして遊んでいるなあと思ったら、鋼鉄や針金や下から見上げたエッフェル塔の尾てい骨などをするすると滑り降り、今度は女性の魔法にすいよせられるかのように地上に舞い戻って悪魔契約書臭さをうっすら漂わせた怪しめな物品宣伝用写真にも手を染めたり。ナチス側間諜の濡れ衣容疑で逮捕され第二次大戦のパリで自殺未遂を試みて失敗し、一時は写真を放棄して10年以上の空白期をはさんで復活したあとは、遠い過去の記憶のなかにある1920年代から見た未来世界の夢の続きを合成カラー写真をまじえて探求。見える世界に寄り添って目の前にある見えない世界のゆらゆらに耳を澄ますための集音器のようなレスレルげいじゅつ、東ヨオロッパ製の香水をニポンの昭和新興写真にしゅっしゅと噴霧したようなしみじみと地味な味わいをぢっくりご賞味くださいまひ??[記:2011.04.19:PM19時40分。]


引きこもり系チェコあばんぎゃるど写真家お作品集『ヤロスラフ・レスレル:チェコの前衛写真家
by 編=ウラジミル・ビルグス
発行=2004年。from まさちゅうせっつ。英語版。
大きさ:本体=ヨコ217xタテ268みりめいとる。
  重さ= 約780ぐらむ。
外見:そふとかば。白黒+カラー作品集。164頁。
推定対象読者年齢:2才〜120才
ど特価:=¥2000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::盲獣写真家110419


2011年04月14日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

世界モノノケお絵描き90人90色お作品集

幻獣:お絵描きで見るまぼろしの伝説的怪物たち
..むかしむかしある所にフザケた姿かたちで突如出現してニンゲンさまたちを驚かせたり笑わせたり気持ちわるいことや気持ちイイことなど好き放題に暴れまくったあとは、伝説や神話や民話やおとぎ話のウソ800のなかに雲隠れして長いあいだ姿をみせることのなくなっていた怪物やオバケ、モノノケ、怪しい神さま、動物霊などいにしえの世界的アイドル・スター級バケモノの面々が、全盛期から数えて100年後1000年後10000年後以上も後の世のいまのいまごろごろ年がら年中アノ世からコノ世に再放送で戻ってくるフーテンの寅さんよりも平然と完全復活の大暴れ。お絵描き職人さん各方面(マンガ家+ロックポスターあ〜ちすと+スケボーでざいなあ+幻想いらすと作家+お色気ヌウド作家+こども絵本画家+アニメ動画家+宣伝図案家+画廊系画家・・などなど)90人と作文家4人と1人の編集者がたばたばになってこさえた妄想お絵描きによる架空伝承実在系スーパーあにまる大復活ぱれえど画集でありまする。背中にはラクダのコブ、しっぽはサソリ、サルの毛に脚を覆われて、ヒゲもぢゃの顔はスペイン人にソックリ。てゆう、新大陸妄想大旅行記でヨオロッパぢんが証言した虚説のアメリカ水牛。ギリシャの無頭人アセファライト。東ヨヲロッパの福の神アイトバラス。割礼を受ける前の皮つきのままコノ世を離れて昇天できない父なし子の亡霊アルバスター。地中海の超巨大亀アスピドケロン。インドネシア映画『首だけ女の恐怖』でおなじみの飛頭魔女アスワン(ボンティアナ)。イヌイット族の人喰い鬼アウヴェコイヤク。北欧スラブの森の魔女バーバ・ヤーガ。野菜とヒツジが合体した中央アジアの幻獣バロメッツ。ニホンからは餓鬼。カッパ。古事記版ヤマタノオロチ・・大腸菌のごとくニンゲンさまのいるところなら世界中どこにでもいる無数のモノノケさまたちの、あらかぢめ編者がみつろったリストのうちから各界お絵描き職人さんたちが好みに応じて選んだヒトツずつを分担して描く方式で、図鑑のように全体がひとつにまとまるのとは正反対に、ひとつずつの絵のなかの土地も風景も季節も時間もなにもかもバラバラで、なかには雑誌『クレイマーの麦角』や『BLAB!』で活躍するティム・ビスカップやディブ・クーパー、ジェイムス・ジーン、ロン・レジェ Jrなど皆々様おなじみの人気イラストお絵描きあーちすとも多数ご登場。オカズ多過ぎの幕の内弁当のような紙面を、オカズとオカズの間の仕切りを乗り越えるようにして、ぺーぢからぺーぢへと移動するだけで沈没しかけた泥船の展望席で揺れる水平線のかたな蜃気楼にうかぶような1話1枚かぎりの紙芝居を全90話連続で水あめなめなめ眺めてるよなムウド。ひとつずつの絵からそのビフォーあんどアフトにまで妄想を膨張させることで、ホラ吹き話で埋め尽された超古代の時計の針がいま現在のいまの時空とどんぴしゃ重なりあいながら開けてビックリすずめのお宿おみやげツヅラ気分を気まぐれ不注意な目まいやアクビともどもご堪能になれれそう。怪物のママの日や妖怪のパパの日などのご進物にもぜひどどーぞ??[記:2011.04.14:PM23時20分。]


世界モノノケお絵描き90人90色お作品集『幻獣:お絵描きで見るまぼろしの伝説的怪物たち
by 編=ジェイコブ・コヴィイ
発行=2006年。from しあとる。英語版。
大きさ:本体=ヨコ221xタテ215みりめいとる。
  重さ= 約690ぐらむ。
外見:そふとかば。オールカラー作品集。200頁。
推定対象読者年齢:2才〜120才
ど特価:=¥2800
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::神秘的半獣110413


2011年04月09日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

ヲナニィ禁止妄想ネタお笑い写真集

ヲナニィしてはイケナい妄想たち
..表紙に大きく『ヲナニィしてはイケナい妄想たち』と書いた大きな赤い文字の一方通行なかんぢ。雪に覆われた池の水にヒザまで埋もれながらマサカリを降り下ろし、氷結した水面を叩割って前進している全裸の筋肉質な白髪あたまヂイさんの萎え萎え表紙写真の行き止まりのカベにぶっつかってシマッタなかんぢ。本を手にした時の小ささと軽さ。表紙からイキナリの3重玉つき衝突でおどかされ、裏表紙にひっくり返してみれば、今度は逆光に照らされた牛さんの大きな鼻の穴と白ヒゲ。広くもない地球上の表面にへばりついたわづか60億、70億人のニンゲンさまのなかにさえ、こーんなに変わった妄想をオカズにヲナニィしているヒトもいるのですけれど、ありふれたフツーのヘンタイのみなさまはそこまでは止めておいたほうがヒト付き合いの中のオカシな場面での無用な摩擦熱や崩壊熱の発生を避けることができますよプププ。。とゆうたまるでヒトをバカにしているバカなひとがこさえたのかと思いたくなるよな挑戦的挑発的なヲナニィ禁止妄想ネタお笑い写真集でありまする。この本に限っては、文字どおりのネタ破礼を避けるためとゆう口実で、詳しい内容の誤あんないを決してほんの少しの手ヌキというわけでなくもなく、省略をしておきますが、こここーんなオカズでヲナニィするヒトがホントにいるかと首をかしげたり、ニヤニヤしながら頁をめくっている間に、ウ、とか、オ、とか、読者じしん(誰?)の性感のツボ周辺をびみょうに刺激しなくもなさそうな、これなら少しはコーフンするヒトの気持ちもわかりそうに思える妄想写真が時たま顔をのぞかてイヤハヤどうもどうも。人類みんなヘンタイあにまる家族な気分をしみぢみと体感させてくれそうです。プレゼント用としては、おヘそ曲がりやツムヂ曲がりな方のためのヲナニィ本に何が何でも好適。バツバツしないほうがよいですヨと他人さまから言われたら、意地でも正反対のことをしないではすまないプレゼント相手の方が、気持ちよさとは正反対の辛いヲナニィ苦行に打ち込むすがたを微笑ましく思い浮かべ、本を贈るよろこび贈られるよろこびを深くご堪能いただけるかもな、呆れたり笑ったり困ったりの珍妙お写真集をぜひご愛用くださいまひ?[記:2011.04.09:PM22時00分。]


ヲナニィ禁止妄想ネタお笑い写真集『ヲナニィしてはイケナい妄想たち
by 写真=ロブ・ヒバート、グラハム・ジョンソン
発行=2011年。from ろんどん。英語版。
大きさ:本体=ヨコ140xタテ177みりめいとる。
  重さ= 約125ぐらむ。
外見:そふとかば。オールカラー作品集。224頁。
推定対象読者年齢:18才〜120才
ど特価:=¥1200
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::真空増大器110409


2011年04月05日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

宇宙放浪おイヌちゃんインド巡礼写真集

写真集・インド貧民街の犬イヌいぬ
..生まれ変わり死に変わりのわんわん道中の途上でオシッコをひっかけに、何千年も続いた人類最先端文明そのものの重量で自壊して老衰化してしまった現代インド各地の貧民街に立ち寄ったヤセた野良犬すがたのイヌいぬ犬ちやんたちの群れを、ロンドンからでばってきたワンコ好き好き美大新卒女性お写真家エロイーズ・レイドンさんがおイヌ目線で追いかけたスピチュアルびんぼーアニマルパワー全開お写真集でありますわんわん。最新型パソコンやiPad(アイパッド)と超古代宗教的迷信が何ひとつの不都合もなく多夫多妻的に同居しているインドめがけて宇宙の果ての果てにある地球の地面のうえにハミだしてきた野外生活のおイヌさまがたの平均寿命は長めにみても5才を超えるのが精一杯とゆうおどキビちいのだそうですが、不良少年少女団のようなグルウプを組んでニンゲンの町のど真ん中をノソノソかっぽしているときも、車のワダチのデコボコや砂山の上やぢぶんで掘った穴の中でスヤスヤ眠ってときも、カラスたちと一緒にゴミの山をほぢくって食べものを漁っているときでも、ウシにからだをペロペロしてもらったり頭上にネコをのせて遊んでいたり他のドウブツたちと一緒に過ごしてているときでも、毛がボサボサだったり皮膚がカイセンでやられていたりするときでも、ミヂメさやアワレっぽさはカケラもミジンもなくて、いつも悠々とひょうひょうとして道ばたの乞食聖人のような静かな風格を失うことが全然なさそ。そのイヌたちのすぐ横を、イヌ平均と比べると半分から1/4ぐらいの本数にあたる大体1〜2本ぐらいの足を動かして通り過ぎていったり立ち止まってなにかしたりしているインド貧民街のニンゲンさまたちもまた、ニンゲンさま文明が築き上げた町並みのそこいらぢゅうの壊れめからニンゲンさま文明めがけて押し寄せてくる自然の世界の生命力の脅威にさらされてオモチャにされることにも先祖代々慣れきってしまっているが如くで、ニンゲンさま集団から遠ざかって野良犬集団に寄り添うときにだけやすらぎを実感するらしいヒトとか、決まった肉屋や喫チャイ店の店先をねぐらにしているイヌの臭い臭いをかぐために集まってくる常連客のヒトたちとか、そばにイヌがいるのに恥かしげもなくケンカをおっぱぢめるヒトたちとか、まるでイヌの生まれ変わりではなく前世にヒトだったひとが今回はヒトに生まれ変わったのかと思うほどに、ヒト=つまりはイヌ。と不自然すぎる錯覚をしたくなるほどイヌとそっくりの雰囲気をかもすヒトたちが、そばにいるイヌの通りすがりさんとともに、そしてまた、イヌがイヌとともに、どしゃぶりモンスーンの町ぢゅう洪水びたしの興奮が節目節目にはいるインド星宇宙村の風のうたをワンワワンと歌い吠えまくっているわわん。あんどそして、カルカッタ最古のキリスト教墓地や4世紀に造営されたヒンズー寺院の廃墟などに1人で住み着いて生涯独身の修行僧ないし狂気の廃帝の霊気に包まれているかのような神秘的むうどをかもすワンちやんも登場。地震津波や原発事故など世界終末ノイローゼ気味な心身を汚染するクタビレた感覚を、狂犬病ミックスの舌ベロで舐め回すようにリフレッシュしてくれる犬毛風呂的お写真集です。いまイヌに生まれ変わっているとゆう実感を再確認したいワンワン好きの方、来世でイヌに生まれ変わる準備をしたいワンワンワン、ぜひぜひお1冊わんわわん。。?[記:2011.04.05:PM23時00分。]


宇宙放浪おイヌちゃんインド巡礼写真集『写真集・インド貧民街の犬イヌいぬ
by 写真=エロイーズ・レイドン
発行=2009年。from ろんどん。英語版。
大きさ:本体=ヨコ160xタテ175みりめいとる。
  重さ= 約480ぐらむ。
外見:はあどかば。オールカラー作品集。224頁。
推定対象読者年齢:2才〜120才
ど特価:=¥2200
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::犬の生活110405


2011年04月02日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

おメデタ悪魔クリスマス絵はがきコレクション増補決定版

クランプス:悪魔の苦離吸魔素(くりすます)
..夜に獣臭い息を吐くおバカな悪魔たちをアニマル家族の一員のように手なづけて、薔薇色の肌にスケスケっぽいドレスをまとった上から目線の天使たちの暴力とてきとーなバランスを取ることを、大腸のうんこ製造能力を善玉菌と悪玉菌のびみよなバランスで保つことと同じように考えてみるもみないもなく、ワルい子相手専門にメリークリスマスおめでとおのコワがらせに出没するサンタクロース手下の西洋ナマハゲ鬼・クランプスを描いたお祝いカードをどっさり集めた悪魔系クリスマスかあどコレクション本の増補決定版でありまする。19世紀の最後の2、3年から第一次世界幻魔大戦破滅開始ゴングの鳴った1914年までにおもに帝政ドイツ国内の郵便屋さんの手で配達された、クランプスとひとまとめに呼ばれる西洋ナマハゲ鬼たちの顔姿かたちの遺伝子配分が実ににゃんともてんでんバラバラで、長い赤い舌をペロペロ伸ばしているのが唯一の共通点かとおもえば、舌がミドリ色のや舌が長くもなく赤くもないのもいたり。下あごから上むきのキバが2本尖っているのが共通点かとおもうと、キバがないのもいたり。獣そのものの体毛で全身が覆い尽くされているのかとおもうと、顔や手だけは毛がなかったり、毛むくじゃらどころか背広上下にネクタイまでつけているのがいたり。片足の先が2つに割れたヒヅメでもう片足がニンゲンのアシなのが特徴かとおもうと、赤い長靴やスケート靴をふつーに履いていたり。ケダモノかと思うと半分以上ニンゲンのカラダだったり。白人ふうだったり黒人ふうだったり赤人ふうだったり。コドモをおどかすのが仕事かと思うと、背中のカゴのなかに入れられたコドモたちがニコニコ嬉しそうだったり、コドモたちから逆にイヂメられていたり。ヲトナの紳士に化けて若いヲンナをスケコマそうとしていたり。体格も巨大ふうやヲトナさいずだけでなく、コドモより小さかったり、お人形みたいだったり。性別があるとしたらヲトコなのかと思うと女王さまキャラのヲンナ・クランプスが紳士たちを破滅の淵に追い立てていたり。お絵描きばかりかと思うと、コスプレ写真のクランプスもいたり。。とゆうた調子で、どれもこれも似たり寄ったりなだけでなく1匹1匹ずつ違いのクランプスたちが演じるほとんどいつもカラ回りみたいな愚行の数々を、どこにも本物のいないウォーリーを探せふうの間違いしかない間違い探し図鑑をめくる気分でペロリペロリとたのしめる四季のうつろい完全無視のどとてもオメデたい慢性ヂングルベル中毒びぢゅあるコレクション本です。これからのババの日、パパの日のご進物はぢめ、ご祝儀によし不祝儀にもよしの万能ぷれぜんと向けにも好適、ちょっとグレた道化師クランプス絵はがきコレクションを悪魔恐怖症克服のおともにどどどーぞ?[記:2011.04.02:PM23時00分。]


おメデタ悪魔クリスマス絵はがきコレクション増補決定版『クランプス:悪魔の苦離吸魔素(くりすます)
by 編=モンテ・ボーシャン
発行=2010年。from サンフランシシコ。英語版。
大きさ:本体=ヨコ145xタテ223みりめいとる。
  重さ= 約600ぐらむ。
外見:はあどかば。オールカラー作品集。200頁。
推定対象読者年齢:2才〜120才
ど特価:=¥2200
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::さかさんた110401


2011年03月26日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

自画像お写真狙い撃ちア〜ト展図録本

写撃!:実存しゅぎ的お写真あそび
..鏡の中からコニャニャチワする御ぢぶん似の映像に頬ずりするのが何より大好きなナルナルシストのみなみなさまなら大歓喜まちがいちょとありかもの、自画像お写真狙い撃ちは、いわゆる「射的場(しゃてきじょう)」の腹違いの他人の空似みたいな遊園地のおそび。棚に並んだ景品ではなく、標的の中心に仕込まれた写真のシャッターを、オモチャのライフルで狙い撃ち。見事にオモチャの弾丸が標的の中心に命中するとシャッターがおりて、標的の斜めうしろに置かれているカメラのレンズがその場の写真を自動撮影。ライフル越しに標的を狙っているぢぶんとそれを取り囲む周囲の人だかりを装置によって、正面やや上斜め方向、あるいは横に少し斜めの方向から撮影したお写真をオミヤゲとして貰って帰れます、とゆう殊更に大げさに回りくどいカラクリ仕掛け。オモチャのライフルを持ったヒトの似姿の影が弾丸のなかに乗り移り、標的になっているカメラのレンズの向こう側にある写真フィルムの中まで大けな曲線を描きながら飛んでいくかのような、冗談みたいに軽やかな素早さの楽し毛なこの記念写真撮影げーむアトラクチョンを主人公にした珍奇な写真展が2010年ドイツ・ブラウンシュヴァイク写真美術館と今から画廊が共催され、本書はその記念図録写真集なのでござりまする。現在ではドイツ、オランダ、スイスにあるごく少数をのぞけば全く廃れてしまったこのゲームアトラクチョン、1970年代ごろまでは余命を保っていたのだとかで、第一次大戦後ヨオロッパにまで登場はさかのぼり、いちばん流行したのは1920年代-30年代ごろ。1920年代末巴里の遊園地で目を閉じたまま写真ライフルぶっ放つボーボワール女史とその肩に手をそえるパイプくわえたサルトル氏のカップルを先頭に、本書に収録されている当時の遊園地で撮影されておミヤゲで持ち帰られた実際の射的ライフル自動記念写真の貴重コレクションには、写真家マン・レイとリー・ミラー、ジャン・コクトー、コドモ時代のフランソワ・トリュウフォー、詩人ポール・エリュアール、映画監督フェデリコ・フェリーニ、写真家アンリ・カルチエ・ブレッソン、ブラッサイ、ロバート・フランク、哲学者ジル・ドゥルーズなど超有名どころのヨオロピヤン文化人たちが夢中になって射的写真のライフルと戯れているお写真もぞろぞろ登場するほかに、19才だった1936年から延々と90才を過ぎても射的ライフル自動記念写真の魔力にとりつかれたまま生涯を過ごしたとゆう射的写真マニアおばさんの女の半生ふうお写真も収録。さらにマニアおばさんは、すべての奇数頁の欄外のすみっこにパラパラまんが風お写真としてもご降臨とゆう念の入ったサービスもあり。実際に遊園地で撮影された貴重なコレクションのほかに、射的ライフル自動記念写真のをテエマにした現代写真あ〜ちすとたちのお作品も。写真装置の囚われ人としての撮影者のきゅうくつさと写真の中に閉じ込められる影たちの分身としての被写体の窒息感をライフル銃の引き金で加速的に姦通する射的ライフル自動記念写真の無限にこだまが反響するような爆発的なイメエヂを、あの手この手で写真のうえに直接的に重ねあわせた毛な、部分崩壊していく自画像的なお写真あ〜とがクリスチャン・マークレイ「十字砲火」ほかそれこれと収録されています。ニンゲンの魂を抜き取る怪装置=写真機が2、3度死んで生まれ変わったような自画像お写真狙い撃ちゲエムとゆう分裂していくぢぶん視線の煉獄を本書片手にウロチョロ徘徊されてみてはどどでしょか?[記:2011.03.26:PM24時15分。]


自画像お写真狙い撃ちア〜ト展『写撃!:実存しゅぎ的お写真あそび
by 編=クレマン・シェルー
発行=2010年。from ベルリン。英語+仏語+どいつ語の3言語併用版。
大きさ:本体=ヨコ162xタテ230みりめいとる。
  重さ= 約330ぐらむ。
外見:そふととかば。オールカラー作品集。142頁。
推定対象読者年齢:2才〜120才
ど特価:=¥5000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::撃つ写真110325


2011年03月22日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

ホルマリン胎児型ふぁんたすてっく美人画家お絵描き作品集

ジョー・ソレン作品集:絵画と彫刻2004-2010
..まるでぢぶんがホルマリン漬け標本用の花瓶の形をしたUFOに積み込まれて、もうひとつの地球の表側の女性専用アパートの1室に移動して飾りダンスの上から望遠鏡越しに眺めているのではなくなくもないのかと思いたくなるほど左の目と右の目のあいだがおサカナよりも遠く離れたホルマリン胎児型少女たちが住む夕焼けと朝焼けしかないような世界で時々繰り広げられるふぁんたぢっくな絵本みたいなお話のヒトこまずつを夢をみるのだけが大好き毛な1970年シカゴ生まれのお絵描き作家ジョー・ソレンさん。以前に誤案内したイタリヤ・モンドビザロ画廊で開催されたグループ展『突然変異のコドモたち』が品切になって以来待望ひさしかった、ジョー・ソレン初単独お作品集がようやっと刊行されました。貴婦人肖像画家ジョン・シンガー・サージェントと戦慄の風景画家ウィリアム・ターナーと筆先の舞踏派ウィリアム・デクーニングが恐山のイタコばばあのお導きにたぶらかされて水子供養追善のお絵描きを始めたかのようなジョー・ソレンさんのお絵描きはアタマが赤ちやんよりも大きかったり手の指や足の先が異様に大きかったり、あるいは逆に両腕がなかったりするために触覚花瓶ホルマリン胎児型のふぁんたすてっくなヲンナのコや同じく胎児のヲバケのような妖精さんたちが主人公なのですが、薔薇色のキれいなウンチを全身に便秘したごとくヅっしりとアンコのつまったケブリかもくもく雲のような肉体のフワフワ感が、背景にまで広がっているとろろん。この作品集には、ジョー・ソレンさんの作品が書き始めから完成にむかっていく途中、途中の段階の絵を順番にならべたセクシヨンもありまして、人里離れた小高い丘から見渡す幻覚的な雲にどんぶらこと流れる色彩の大波小波の波間にオボロに浮かぶヒトかげが、あとをふり返りながらモノノケのさとに帰っていく溺死ホルマリン美女の姿へと変化して作品が仕上げられていくまでの過程がわかるようになっていたり、脳内ですとぴあ排泄たいぷの絵師の通例として元々くっきりはっきりと脳内に住み着いているヴィジョンをより鮮明に造形するためにこさえたブロンヅ彫刻(の写真)も収録されていたりしています。カワひひヲンナのコの絵が好きなみなさまと、モノノケの奇怪美がお好きなみなみなさま、どちらにも安心しておススメスできそなジョー・ソレンさんの独特お絵描き集を1冊で200%ぶんどどどーぞ?[記:2011.03.22:PM23時40分。]


ホルマリン胎児型ふぁんたすてっく美人画家お絵描き作品集『ジョー・ソレン作品集:絵画と彫刻2004-2010
by ジョー・ソレン
発行=2010年。from かりふぉるにや。英語版。
大きさ:本体=ヨコ260xタテ300みりめいとる。
  重さ= 約1050ぐらむ。
外見:愛蔵版はあどとかば。オールカラー作品集。142頁。
推定対象読者年齢:2才〜120才
ど特価:=¥3500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::ホルマリン美110321


2011年03月17日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

西海岸いやんバカんカルチャア雑誌憑き音楽CD本

胃液底(いえてぃ)まがぢん:第10号
..知名度がいちばん高そうなところだけを書き写しても、80年代デトロイト・ゴミくずガレーヂパンクバンドThe Goriesで絶叫黒人おっさんミック・コリンズとの股間ゴリゴリ活動を経て晴れてカミングとした真性へんたい女装れれきすとダニエル・クロハ(Daniel Kroha)の演奏3曲(ソロ音源や新バンド「クルマに乗らないで(Don't Get in the Car)」、ゴリーズ88ライブ)や、ニュージーランド70sパンクの生き残りロバート・スコット3曲(ソロやThe Clean,The Bats)など、スナックカラオケりもこん電源係がつとまるほどの音楽通でも知らなくて当たり前っぽい鮮度ぷりぷりな合計23ばんどの23曲を収録したCDが、おまけブックレットというよりは雑誌にしかみえない本の背表紙内側(表3頁)ビニルぽっけにスポっと収まっている西海岸いやんバカんカルチャア雑誌憑き音楽CD本『胃液底(いえてぃ)まがぢん』の最新号でありまする。今号は、ばんどヴィヴィアン・ガールズのギタリスト、キャシー・ラモーン(Cassie Ramone)のお絵描き頁や、ロシア出身アメり力ぢんの天才ゲイ画家パヴェル・チェリチェフ(Pavel Tchelitchew、1898-1957)さん最晩年のアレックス・グレイもビックリのウルトラ・サイケデリックな超次元人体透視解剖図の紹介、メンフィスの街にウヂャウヂャいる毛なエルビス・プレスリーそっくりショウ芸人たちを撮影したテッド・バロンさんのお写真、でたらめコラーヂュ系挿絵あーとわーくテンコ盛りの、ノアの箱船よりも古い時代の妄想科学工学を駆使したヲカルト冒険小説。。とゆうたあんばいに、『胃液底(いえてぃ)まがぢん』まいどおなじみの、ヲンガクとゆうサンドイッチをつくるために使われたパン粉の袋の縫い目をぢいっと見始めたら目をそらすことができなくてそのままの姿勢でコップの水を飲んでいるみたいな大揺れ小揺れの波の間に間に、クロコダイルとアリゲーターが一緒に住んでいた世界でただひとつの海だったことやThe Shaggsと同じ高校から他に2つも有名地元バンドが出た話をはじめ1960年代以来のマイアミおるたな音楽ひすとり自慢でペーヂ使い過ぎっぽいプッシーガロアのヒスパック系隠し子ジャグッヂ・ボーイズ(Jacuzzi Boys、CDに演奏収録も)のインタビウや、ぢぶんのバンドの演奏しか入っていないコンピレイションあるばむとゆう変なCDをだした「ディスコ地獄(Disco Inferno)の紹介など、音楽ミニコミ風味の頁がかろうじて存命している分だけ余計に電気うなぎイヌ度が増幅されているようです。次号からは音楽カルチャー雑誌憑き7インチレコード憑きに戻るそうで、フルばーじょんCD憑きは今号が最後とのこと。再入荷びみょうですのでお早めにどどどーぞ?[記:2011.03.18:PM22時25分。]


西海岸いやんバカん音楽カルチャア雑誌憑きCD『胃液底(いえてぃ)まがぢん:第10号
by 編=マイク・マクゴニガル
発行=2010年。from ポートランド。英語版。
大きさ:本体=ヨコ152xタテ229みりめいとる。
  重さ= 約320ぐらむ(CDの重さ込み)。
外見:CD=23曲入り。本=そふとかば。シロクロ図版多数。178頁。
推定対象読者年齢:2才〜120才
ど特価:=¥1700
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::宇宙エンヂン110317


2011年03月14日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

暴走悪趣味ポンチ絵画家はれほろひれ作品集

ピーター・ソウル作品集
..近視のヒトが遠くから見ると、小学校の理科のぢかんに発狂ロボットの想像図ばっかり描いて遊んでいたお寿司職人が、すこやかなDNAの巻き巻きをアマ〜い誘惑でお邪魔する毒毒せいぶんテカ光りするお菓子を粘土がわりにしてコサえた細胞立体でたらめ拡大図のようなものに見えなくなくもなく。遠視のヒトが裸眼でみると手さきのブキヨうな人造人間製造学者がヒトの顔の部品でこさえた結婚披露宴用カリフォルニア寿司のようにみえるブサイクぐみょぐみょ悪趣味ポンチ絵の無冠の帝王ピーター・ソウルさん。トロケながら日常生活用具の仲間からハヅレていく不思議な冷凍庫シリーヅなどで注目をあびポップア〜ト第一世代のお団子の1つとしてスタートしたのち、ふうせんガム助もびっくりの宙がえり感覚で現実の地面から何センチミリメートルも空高くふゆう浮遊。ヨオロオツパーではおサイケ・ハレハレあ〜と愛好家に迎えられ、生活丸抱えしてくれるステキなヲランダぢんパパのおかげで、カンドー狙いもウケ狙いもタブーもなしに、唯一無比の独特わあるどを展開してきたにもかかわらづ、知性たっぷり系ア〜ト製造免許取得済みア〜チストたちが身につけているア〜ト業界的ジョーシキを拒否するマヂメさや、反ア〜ト系ア〜チストたちのアウトロー的ポーズに染まらずマヂメな顔をして大学の美術のセンセー20年もやっていたりしたヘソ曲がりぶりが徹底しているおかげでテッテー的に無視され続けた地元アメり力で初めて開催された2008年の仇打ち的大回顧展を記念して刊行されたピーター・ソウルさんお作品集でござります。兇悪殺人魔の電気椅子処刑シリイズやベトナム戦争シリイズや世界的有名画家おひゃらかしシリーズなどなど、ちらかった脳みその混沌風景が反映している毛な初期作品が古株のおスモウさん的ぶちカマシぱわあを最近作に至までぢわぢわと増量してく過程までがまんべんなく陳列されています。2006年に刊行され現在は絶版になってしまったおフランス〜ベルギーでのピーター・ソウル巡回展記念図録本にも匹敵する、頭ガイ骨のなかにイロ水を注入しながら餅ツキぺったんされているようなグミョグミョの破壊的悪酔い心地を脳みそ髄のあっちらこちらでお満喫きそうなハレンチあ〜と作品集です?[記:2011.03.14:PM22時15分。]


暴走悪趣味ポンチ絵画家はれほろひれ作品集『ピーター・ソウル作品集
by 編=ダン・キャメロン
発行=2008年。from かりふぉるにや。英語版。
大きさ:本体=ヨコ283xタテ250みりめいとる。
  重さ= 約1.1きろぐらむ以上(お菓子用計量器測定限界越え)。
外見:はあどかば。オールカラーお写真集。ぺえぢ数=160頁。
推定対象読者年齢:2才〜120才
ど特価:=¥6000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::ゴム人間110313


2011年03月10日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

愛用されすぎヘナヘナぬいぐるみ集会お写真集

汚れでワクワク:コドモ期のすり切れたオトモダチに捧げる本
..ヨダレ鼻ぢるワカメお菓子おしっこジュース汗ナミダかぶと虫のエサなどなどコドモ時分からの普段の生活身の回りのありとあらゆる物質的なヨゴレ成分を吸収しているだけでなく、きどあいらく寝言から魔法の呪文まで無数の心理的なシミヨゴレ成分をも吸収。ヨゴレ成分が膨張・肥大するほどに、原型を失ってひたすらボロボロになり、ボロボロになればなるほど持ち主に大切にされるスリ切れボロボロぬいぐるみばかり50体が親睦気分で寄り集った不思議とヨゴレのかたまりのようなヌイグルミお写真集でありまする。ゴッキィ。ゴン。ワラ。ポーキィ。イヌ。ウサ。クマ。ぐりん耳。毛なし。イーイー。ダプダプ。ドオブツやニンゲンに似た形のヌイグルミだけでなく、ベビー服のズボンやマクラ、破裂して飛び出した内臓のようで思わず視線をそらしたくなる正体不明でボロボロのヌイグルミとは言えない繊維のたばみたいなものまで、外見はてんでんばらばらなのにどれもこれものヌイグルミが同じように、写真をみているわだぐぢたち(誰?)読者に何かをハナシかけようと身をよぢって必死でしがみつこうとしているかのようん。住宅街などを歩いて通り過ぎる時に、たくさんのヌイグルミで窓辺が埋まっているようなウチをみかけると、事情もろもろで閉じこもりきりの生活をしているヒトが窓の向こう側の部屋のなかにいる気配がヒシヒシ伝わってくるような気分になりがちですが、ちょうどそんな気配にも似かよりつつ、汚れフェチ、汚物フェチ、人形愛などとゆうた軽やかな響きの変態用語の背中にへばりつけ、人形とヌイグルミの境界線のビミヨさ、そしてさらに、ニンゲンとヌイグルミと人形と生命と汚物との境界線とゆう、考えようかどうしようかと考える前からクラクラするほどややこしだけでなく、考える必要ははじめから全然ないニセの難問を満開に花ひからせる立入り禁止ムウドも濃厚なボロボロぬいぐるみたちの狂気のドヲブツ人間人形たちの失失楽楽園を、遊園地の愚弄(グロォ)かあいーヲバケ屋敷カーに座っているようなユトリをもってノゾキ見見物になれれます。持っているのがカナしいようなホッとするようなビミヨなお写真集を本棚の肥料用にぜひどどーぞ?[記:2011.03.10:PM24時15分。]


愛用されすぎヘナヘナぬいぐるみ集会お写真集『汚れでワクワク:コドモ期のすり切れたオトモダチに捧げる本
by シェリル&ジェフリー・カッツ、写真=ホーニック・リブリン
発行=2007年。from かりふぉるにや。英語版。
大きさ:本体=ヨコ160xタテ200みりめいとる。
  重さ= 約360ぐらむ。
外見:はあどかば。オールカラーお写真集。ぺえぢ数=112頁。
推定対象読者年齢:2才〜120才
ど特価:=¥1500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::愛着毛布110310


2011年03月07日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

1960年代極悪ど田舎パンクスふぁっしょん写真集

反逆する若者たち・カールハインツ・ヴァインベルガー写真集
..カッコ悪いってことは何てカッコいいんだろろん。1950年末から1960代初頭にかけてアメり力青少年の間で大流行したビート族やロカビリー族のウワサにひたすら憧れたスイスのチューリヒ片田舎の非行少年少女たちの勘違い度&泥臭さ度ともに純度1000%の激烈パンクふぁっしょんを、真っ正面から股間をえぐるようにワシづかみ。本業は季節採用のジーメンスの在庫倉庫番で無職の時期も長かったとゆうウホっ系天災アマチュア写真家カールハインツ・ヴァインベルガーさん(1921-2006)の按摩りにもアンマリなショッキングふぁっしょんパンクお写真集が、みなみな様あんどワダグヂ(誰?)の前に新たにご光臨されまぢだ。映画監督ジョン・ウォータスが作者の自宅に写真の買い付けに走ったり、ヴェルサーチ社のデザイナーチームがヲイシい部分をパクパクしたりと悪趣味嗜好が過敏にビビビンなウホっ系の各種ギョーカイぢんのネットりした好奇の注目を浴たりと、2000年チューリッヒ造形美術館での個展開催と同時期に図録をかねて刊行された初作品集の衝撃はスサマヂっく、アアっという間に売切れ絶版となりるや古書相場6〜10万円まで暴騰の悲しい奇書となり、これもジョン・ウォータース監修の現代美術エレクト作品集『SEX?』収録の作品などを見るにつけ、高まるばかりだったカールハインツ・ヴァインベルガー写真集ポチいポチい集団発熱にツケこむようにまろびでた今年2011年発売ホカホカの本書は、前の写真集がヴァインベルガーさんの1954年から1995年まで40年ぶんの写真から選ばれていたのに対して、1960年代の非行少年少女不良チーム団員たちの写真だけに絞りこんでの収録。引田天巧の大脱出マヂックに使ったり捕獲したキングコングを縛りつけるために使うような極太の鎖を首飾りにして首からぶら下げていたり、エルビスプレスリーやジェームス・ディーンなど反逆の青春アイドルスターの似顔絵をでっかく描いた車の車輪のホイールほど大きな金属製の円盤をプロレスラーのチャンピヨンベルト風にベルトのバックルとして使い倒したり、背中やジーンズに所属する不良チーム名と自分の名前と地元の地名をどでかく書いたりなどなどとゆうた、ヲトナたちへの全面的な反抗をアピイルするための工夫だけでこりかためた手づくりファッションの数々の、驚異的なファッションセンスのなさから生まれるゼツボー的に天使的と呼んでもバチが当たらないほど幼稚な悪魔的おマヌケ美の凄まじさ。またまたご登場の悪趣味映画の桃色帝王ジョン・ウォータースも本書の序文で、この写真集に映っている1960年代ど田舎非行少年少女たちの、自覚のちょっともない美しさをホメたたえている正にそのとおりで、身につけるほうが脱いでハダカになるよりもずずうっと何倍も恥かしいファッションとゆうものが実在し得るとゆう事実に対してのヲドロキと、さらにその恥かしいファッションだけがホンモノだとゆう勘違いから自分たちで発明工夫した最低の極悪やんぐふぁっしょんを非行製少年少女だけに可能な最大限以上の自尊心で堂々と着こなしてみせているカッコ悪さの極致のカッコよさを前に、ロウソクやお線香を立てて手をあわせたくなるほどのスバラしー変態ちっくお写真集となつています。ホンモノのニセモノの中にあるホンモノとニセモノの見極めにコダワる1960年代マニヤのみなみな様にゼシご高覧玉わりたいショッキングお写真集です?[記:2011.03.07:PM23時25分。]


1960年代極悪ど田舎パンクスふぁっしょん写真集『反逆する若者たち・カールハインツ・ヴァインベルガー写真集
by 序文=ジョン・ウォータース、写真=カールハインツ・ヴァインベルガー
発行=2011年。from にうようく。英語版。
大きさ:本体=ヨコ213xタテ260みりめいとる。
  重さ= 約1050ぐらむ。
外見:はあどかば。オールカラーお絵描き集。ぺえぢ数=176頁。
推定対象読者年齢:2才〜120才
ど特価:=¥5400
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::暴走バギー団110307


2011年03月04日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

妖りドリ美ドリ超セクツーお絵描き凶作集

邪苦捨退呆図・工ロチ力
..胎内ひきこもり型妄想爆発イラストあ〜ちすとが群れ集う一大交配場&産卵場として世界ぢゅうの熱い視線を浴びたロウブロウアート雑誌『邪苦捨退呆図(ぢゃくすたぽうず)』の誌面がしばらく前から若者のおサイフを狙うサギまがい大企業広告の投下によって荒れ果ててしまったのは何とも残念ですが、往年の誌面のピチピチ感を辛うじて残している単行本版『邪苦捨退呆図(ぢゃくすたぽうず)』のテーマ別しりーずのうち、この作品集はその「工ロチ力」編でありまする。ヲンナのひとが発散するセクツーなお色気とお絵描きそのもののが放射するセクツーなお色気を折り重ねコキまぜて偏奇性癖嗜好発情遍歴逸脱触感体温上下色温度変身粘度体毛光度異装硬度眼力湿度愛玩脳波動物体液植物体臭などなど絵のなかどの1平方ミリメートルを切り取っても鳥鳥ばらばらな色々吐息のソノ手アノ手でみなみなさま全身のあっちこっちを誘惑するヤングいあ〜ちすとが22人。赤い靴をはいて異人さんと一緒に港から消えた日系のヲソナのコの異国からの絵だよりのような昭和レトロ少女まんが調のオードリー・カワサキのしっとりムウドもあれば、第二次性徴期を迎えたソフトビニル製デザイナーヅトイたちの乱行ぶりを描くゲイリー・べースマンの愛らしいドスケベ妖怪むうどもあれば、歴代アメり力大棟梁をつとめた歴史的おぢさんたちが貧しそうな愛人女性をオモチャにしているシリーズで話題を集めたジャスティン・レイのけなげな写生むうどもあれば、緻密な点描で陰鬱に淫靡な思春期を描くバーニャ・ズーラヴィロフの、「草迷宮」や「田園に死す」など寺山映画ムウドもあったり。ほかに有名どころでは、大げーじゅつと商業美術の両方のばかばかしさを絶妙に異種交配するディビッド・チョー、ちうごくヲンナ戦土の女斗美をグラマラスに追求するフー・ミン、ニポンからも、輸入盤いけいけロックンロール風味のロッキン.ジェリー・ビーンや鳥籠&補虫籠ひきこもり画の中井結が参加。足ふきマットをお色気絵に変身させてしまうホイットニー・リーや、植民地美人画と博物図譜を幻想のカマドでロクロ回しに焼いたコレット・カラシオーネなどなどとゆうた按配で、頁をめくっている間ぢゅう読者のおでこに生えた工口触覚の先っぽの羅針盤はあっちを向いたりそっちを向いたりグルグルまわりっぱなしの花びら大回転式色くらべ絵巻です。文章で説明するのはむつかし過ぎるので、当店ショウルウムで実物をぜひご覧ください?[記:2011.03.04:PM23時25分。]


妖りドリ美ドリ超セクツーお絵描き凶作集『邪苦捨退呆図・工ロチ力
by 編=M・レベリ
発行=2010年。from バークレイ。英語版。
大きさ:本体=ヨコ210xタテ260みりめいとる。
  重さ= 約820ぐらむ。
外見:はあどかば。オールカラーお絵描き集。ぺえぢ数=188頁。
推定対象読者年齢:15才〜120才
ど特価:=¥2900
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::動悸動悸110304


2011年03月01日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

ソドムの鬼才映画監督お絵描き作品集

ピエル・パオロ・パゾリーニの素描と絵画作品集
..映画『ソドムの市』撮影終了の直後、自動車でひき殺されて謎の死を遂げた1960-70年代いたりあのセツクスと暴力と政治の時代の代表を断固拒否したゲーぢつ派あぶちすとピエル・パオロ・パゾリーニさんの熱ぅいお絵描きを集成。パゾリーニ生前30年来のおホモだちジュゼッペ・ツィガイナさんコレクションを中心に、パゾリーニ殺害事件2年後の1977年ローマを皮切りにパリ、ウィーン、ベルリン、ニウヨウク、ロッテルダムなど欧米の主要な芸術都市をぐるぐる巡回したあとカリフォルニア大学バークレー校の大学美術館で開催された『ピエル・パオロ・パゾリーニの素描と絵画』展の開催記念図録本でござります。ムソリーニ独裁時代の1940年代前半。映画監督になるずーっと前の20才代前半のパゾリーニさんが、穴ぼこをたくさんあけた粗布やセロハン紙やらの上にチューブからじかに絵の具を塗り付けたり指で描いた写生っぽい人物画が、収録作品の大半を占めています。その後は、お絵描きについては映画のためのスケッチ類(=これは「Pasolini: Scenario Drawings 」とゆうペラペラな別の本に収録)などを例外に、30年に及ぶ沈黙期に突入。映画の分野で世界的巨匠になってからまたお絵描きもしてみるべいと今度は絵筆を握った1970年にパゾリーニさんが書いた短い作文も序文がわりに収録されていて、たぶん若い時に描いた絵を思い浮かべての照れ隠しもあるようなないようなで、「先生や学校から美術教育を受けることなどは1度も考えたことがなかったヨ。だって文化的伝統とかってゲボっちゃうんだもーン」などと死後の世界からのヘタくそ自慢マッサージでくすぐってくれたりもしているのですが、左の画像のパゾリーニ母スザンナさん他身近なヒトたちがモデルとゆう人物どろーいんぐの数々のどれもこれも、若かった日の夢中でお絵描きに没頭しているパゾリーニさんに向って興味ぶか毛に見守るような体温を投げかけているようで、それがまるで絵のなかのひとたちの映るマジックミラー越しに見えないパゾリーニさんとニラメッコをしている気分を絵をみている側に、意外なほどの直球勝負でお届けしてくれます。20代のお絵描きには、少年たちをモデルにしたパゾリーニさんの別の暑さをうっすら感じさせる系列の作品もちらほら。さらに、映画『王女メディア』の主演女優に起用して一緒に仕事をした世紀の歌姫マリア・カラスの横顔をお絵描き汚しの儀式たっぷり入りで描いた連作や、イタリヤの貧乏農民のおうちを暗く描いた風景画数点、花をくちにくわえたポーズなどでのパゾリーニ自画像シリーズなど、どれもこれもわがままいっぱいなパゾリーニさんの鼻息をまじかに感じさせる作品の数々を収録。小説家、詩人、舞台演劇人、政治活動家、映画監督など各方面に大忙しだったパゾリーニさんのおウチに招かれてゆっくりとスケッチ帳をのぞかせてもらっている気分にひたれ、いつでも身近に置いておきたくなる手応えづっしり図録本です。在庫1冊限りの古本のため、ご注文お早めにどどどーぞ?[記:2011.03.01:PM22時40分。]


ソドムの鬼才映画監督お絵描き作品集『ピエル・パオロ・パゾリーニの素描と絵画作品集
by ピエル・パオロ・パゾリーニ
発行=1984年。from バーゼル、スイス。英語版(作品題名は伊+仏+独+英の4言語併記。)
大きさ:本体=ヨコ242xタテ310みりめいとる。
  重さ= 1.1きろぐらむ以上(当店計量器限界越えのため測定不能)。
外見:そふとかば。オール原色カラー作品集。ぺえぢ数=142頁。
推定対象読者年齢:3才〜120才
状態:古本で保存状態は並。表紙カバー裏からテープ補修あり。本文周囲の余白のフチに経年変化の黄ばみあります。在庫1冊限りです。
ど特価:=古本=売切れ中
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::豚小屋110301



翌月のペエヂはアチラ          先月のペエヂはアチラ

この頁の先頭に戻る

お問合せ‐ご注文は今スグ大至急なんとなくdobunko@mail.goo.ne.jp「どどいつ文庫」まで
inserted by FC2 system