♥ 世界のキテレツ洋書&デヘブヒデヘ専門店「どどいつ文庫」です。ご連絡はdobunko@mail.goo.ne.jp「コニチワど文庫」係まで大至急に。

メニウでゴザル

●最新頁はアチラ
最新頁
dobunko.jp/
◎ご来店あんない
コチラです
◎ご注文方法

ご注文は25ぢかんOK

※ホ〜モ頁にのつていない本やDVDのお問合せもどおぞ。。
◎おメエル連絡先
お問合せご連絡は、 dobunko@mail.goo.ne.jp
まで。いつでもどうぞ。
25ぢかん受付中
※ホ〜モ頁に出ていない本やDVDもお探ししします。。


〈ふりだしへ戻る〉

2011年09+10+11月のホカホカ入荷!
*お好きな順番で画像の上をゴキっゴキっと押っぺしてのぞいて見みみてください。

2011年11月29日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

買い物サファリパーク生態観察お写真集

ウォールマートに混む人たち:お店という名の衝撃と畏怖
..サイテー以下の従業員待遇とサイテー以下の仕入れ価格破壊をぶきに世界サイテー級の小売りチェーン店ウォールマートの店内を徘徊する世界サイコ級のお客ちゃまたちがみせる人前でなんでここまでリラックスできるのか羨ましがらずには入れないような生態を、基本的にまったく同類なはづの別のお客ちゃまたちが手持ちのケータイてれほん付属の写真きのうを使ってばしばし生け捕り。生まれはニンゲンでもどこか途中で妖怪への変身に成功しつつあるヒトたちの楽園ムウド漂う店内の空気感に、ピンボケは当たり前な荒っぽい画像の画質が割れナベ閉じブタ効果を世界の絶頂限界オオバーらべるまで盛り上げ下げているサイコ度数極めて高いやすらぎのビューチフルぴいぷるお写真集です。最低未満で働かされすぎの上にいつクビにされるかも分からない店員さんたちの目が届かないためなのか、ぢぶんのおウチや宿泊場所の布団の中そのままの状態で店内時空間を直接に移動してきた店内の、目まいのするような野生にんげんサファリパークっぷりを体感するのは、ニポンこくないの系列店では規定体重に届かないのがぼぼ確実なため、食べ終わったシジミ貝のカラを海に浮かべて海の本場まで漕ぎ出していく手間ヒマを省略して本書の現物を当店ショウルムでのぱらぴら座り読みをゼヒにとおススメしつつ、どれほど過剰な誤案内をしても説明用のマゴの手では掻きつくせないほど深い深いゼイ肉の谷間が紙面のそっちこっちに散乱して怪しい匂いを発散しているのが本書のべたばたする餅味になつているのでありまする。無駄な競争ばかり多い世の中をずらずらりと大量に陳列した商品の棚と棚のあいだを、ぢぶんの短所を長所に変えて自慢しているようなつもりでいながら、実際には最大の短所を思い切り露出しているヒトたちを現場撮影したボケブレ写真の群れをジロジロ眺めていると、背中に「アナタがこの文章を読んでいるあいだに、ワタシは屁をこいてました」など意味不明ギャグを書いたTシャツや衣服を着用しているタイプのひとたち、ウエディングドレスのまま買い物カゴを押していたり、ヒゲもじゃのおジイさんなのにオッパイだけがシリコン注入で膨らませたようになっていたりするような意表を突いたチグハグ感の漂うタイプのひとたち、低予算でアイデア不足のSF映画の撮影衣装のようなものを普段着にしているタイプのひとたち、ヤギさん(本人)やおサルさん(本人)や首ひもでコドモをひっぱっているヲンナのひとや帽子代わりにスカンクを頭上にのせていたりなどアニマルそのものタイプのひとたち、足元や胴体などをボロボロのアミアミの衣装やら寸法が小さすぎる衣服のなかに無理矢理押し込んでコレでよしと安心しているらしいひとたち、ショッピングカートのカゴの中に乗ってすやすや眠っているオヂさんや、カートの下段についている荷物用の台に連れ足をうつ伏せにのせて店内を回っていたりなどショッピングカートを凶器にしているタイプのひとたち、店の外に立ち尽くして店内の気配をさぐることに集中しているひとや自動販売機に正面からよじのぼろうとしているひとなど動作が活発なタイプのひとたち、買い物を忘れて店内で楽器のグループ演奏をしたり見本用のゲーム機を独占して放心状態のようになっていたり自分がどこで何をしているのかを認知でけない状態になっているタイプノひとたち、人気ラッパー(スヌーピィ・ドッグ、アイコン)など買い物中を目撃された有名人のひとたち、むだに長い時間をかけて長く長く長く髪の毛を伸ばしたひとや指の爪を長く長く長く長く長く伸ばしたひとたち、親子兄弟それぞれに無茶な色彩に髪を染めたりしてたりしてなかったりとにかく後ろ姿の吸引力が素晴らしータイプのひとたち、半裸から全裸すれすれやハダシでうろついているタイプのひとたち、車体に無数のオモチャ人形をのせたばかカーで来店したり、東アジア並みの荷物積み過ぎ状態で帰っていったりと店外の路上でもひと暴れしているタイプのひとたち。。この本のあちこちで見かける背中に左右ふたつ垂れ下がった背面オッパイ状態でぶうらぶうらしている無駄肉のかたまりの日陰ぞおんや、シワシワな筋目がたくさん刻まれてもいる巨大なおシリの肉の奥深くなどにある湿り気と油分のある暗黒空間を経由して、楽園のようにも監獄のようにもみえる激安ショップング地獄の迷路へと読者のみなみなさまを拉致監禁する笑いどころ満載のオットロしく妖精度・天使度のたかいだけでなく、類書のとぼしいお買い物ファッション観察にもサイコーにぺっとりなこの悶絶写真集。夜寝、朝寝、昼寝、夕寝などの枕元におひとり宛1冊ずつ、是非ゼヒご安置くださいませませ???[記:2011.11.29:PM23時40分。]


買い物サファリパーク生態観察お写真集『ウォールマートに混む人たち:お店という名の衝撃と畏怖
by アダム・キップル、アンドリュー・キップル、ルーク・ウェリー
発行=2010年。from イリノイ。 英語版。
大きさ:本体=ヨコ152xタテ152みりめいとる。
  重さ= 約320ぐらむ
外見:そふとかば。オールカラー写真集。全216頁。
推定対象読者年齢:2才〜120才
ど特価:=¥1400
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::買い物ブギ111129


2011年11月25日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

泥沼ナルシスお鍋ぐらぐら画集

タチアナ・ゲーハルト画集
..古くからのコトワザ「2回、空目ぐすり」に成り代わって「飢えから目線」とゆうまるで、性風俗雑誌の怪しい広告を連想させるコトバが一時的に流行したきのうおとといですが、1974年生まれとゆう数字を足し算や引き算すると現在だいたいソレぐらいの年齢でいそうなドイツの女性画家タチアナ・ゲーハルトさんてば、上空から降ってくる誰のかは分からない視線の正体をまぢまぢと見つめるために、道ばたの水たまりのなかに飛び込んで、暗い水の中にそのまますみついてしまったようにしか見えない人物画ばかりを描いていた時期が、きのうきょうあしたお絵描き人生のどこかにぼっこりとあり、本書はちょうどその時期の全部なのか一部なのか2008-2010年ごろのお作品ばかりを集めて2010年の秋にチューリッヒで開催された個展「それはこうみえる」を記念した図録をかねた作品集でありまする。暗い水たまりの底においたキャンバスに四本足のおサカのようにしがみつき、目玉ポケットから触覚のように伸びた目玉を後頭部のあたりでクルクル泳がせて深海魚のうごめく大型の水槽ほどもぶ厚く濁った水の奥を見つめるタチアナさんのお絵描きのなかに浮かび上がってくるのは、泥をこねてつくったカラダと、ドヲブツ様にもニンゲソ様にもカミ様さまにも似たお面をかぶったような顔に尖ったおハナやポッキリ折れたおハナの不思議なコドモがんもどき。不安をあおりたてるほどのほてりがくすぶるお祭りが終わったあとの夜のなかで、バルチュスの絵のなかから浮かれて転がりでてきたかのように無邪気におどけるタチアナさんの年齢もなにも見分けがつかないコドモ人間もどきたちの姿は、空全体を暗くするほどの大きさで水たまりにうつぶせに浮かんだ水死体がさざ波に押されて動いているみたいでもありつつ、水底から見上げた水鏡の裏側にうつる自画像と重ねあわせるために探し求め尋ねている、どこか誰かの他人様のすがたでもあるかのようであったりなかったり。ちょうど、シッポがないシッポがないと言いながら自分のシッポをスパスパ輪切りにしてばかりいるアジマヒデオのオオトカゲをほーふつとさせる、仮面の下にも下にも仮面、仮面の上にも上にも仮面、探せば探すほどに素顔の記憶を失っていく顔面記憶喪失の泥のおサカナになったようなグルヂい気分をタチアナさんと一緒に満喫できてしまいそおな得も言われないムウドたっぷり。ぢぶんの前世は、窯入れまえの西洋生まれのハニワか土偶みたいなヒトかしらんと柔らかく信じていそうな方々への真冬から真夏から真冬にかけてのプレゼントにもどどどーぞ???[記:2011.11.25:PM21時30分。]


泥沼ナルシスお鍋ぐらぐら画集『タチアナ・ゲーハルト画集
by タチアナ・ゲーハルト
発行=2011年。from チューリヒ。 英語版。
大きさ:本体=ヨコ172xタテ256みりめいとる。
  重さ= 約430ぐらむ
外見:布装ハードカバ。オールカラー画集。全80頁。
推定対象読者年齢:2才〜120才
ど特価:=¥4000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::他人の空豆111125


2011年11月21日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

尼さんカレンダー2012

遊ぶ尼さんカレンダー2012年版
..1年が1日足らずで終わるのか、それとも何日 続くのかを気にする必要がまったくなく、永遠に墓場の中にいるのと同じ毎日毎日を静かに過ごしているように世間からは思われたいはずな修道院の尼さん軍団が、俗世間のど真ん中にレッツラゴーン!戒律もヘタクレもなくひたすら楽しげに遊びまくるありがたいお姿をこすりつけたシロクロ記念写真で例年みなみな様様に大好評頂戴たてまつりの「遊ぶ尼さんカレンダー」。マヤ暦終了のまやかしなんどはどこ吹く風と涼しげな2012年版もめでたく刊行され、当店にも賑々しく入荷ちうでござります。一体いつになったら修道院に帰るつもりなのか、見ていて門限が心配になるほどに、何年も何年もいつまでも遊び続けの尼さんたちが、結氷した水面に降り積んだ一面の雪原の氷を融かした1本道をスケートのように滑ってハシャいだり、スポーツグラウンドの半地下になっているダグアウトに陣取って尼さんコーラスをぶちかましてみたり、魚釣りの獲物を高々と見せびらかしながらニコニコ顔で水辺に立っている時に態勢が崩れそうになってみたり、サンダル履きの巨体で思い切り踏んづけて全身でスケートボードを粉砕しようとしていたり、牛追い帽子をかむった若いギヤルたちのおしゃれなブーツにあら、ちょっとイイじゃない的な反応をみせたり、遊び半分な調子で自動車のタイヤ交換をしていたり、推定ぱっと見40才代の尼さんたちが、幼稚園児や小学生のように無邪気なハシャギっぷりを天真爛漫ぽく振りまいています。神様へのラブとゆう倒錯した愛欲の罰として監獄のような修道院の軟禁状態のなかで禁欲的妄想生活に生涯を捧げているチョット変わった制服姿のヲンナのひとたちとゆう偏見の根強い修道女さまたちの、ピチピチ弾ける万年乙女ごころの写し絵に見守られて、長いような短いような1年を、「遊ぶ尼さんカレンダー2012」とともにどどどーぞ。年末年始のプレゼントにももちろんどどても好適です???[記:2011.11.21:PM20時30分。]


尼さんカレンダー2012『遊ぶ尼さんカレンダー2012年版
by 編集=モーリン・ケリー、ジェフリー・ストーン
発行=2011年。from あめりご。 英語版。
大きさ:本体=ヨコ305xタテ305みりめいとる。
  重さ= 約260ぐらむ
外見:表紙付き。オール尼さんシロクロかれんだあ。頁数=ひと月1枚が12ヶ月分で12枚+表紙。
推定対象読者年齢:2才〜120才
ど特価:=¥1800
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::尼ちゅあ拍子111121


2011年11月19日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

身体イメエヂ滅多切り貼りお写真凶作集

変質させた異滅異時(イメイヂ):21世紀写真界の幻視派の新鋭たち
..糊とハサミのお世話になって、首から下のからだ丸ごとを奴隷制度擁護派の政治家ジョン・カルフーンの写真に入れ替えた奴隷解放大統領リンカーンの肖像写真を写真史上の公式記録第一号に、おおよそ150年も続いてきた合成ごまかし写真。その少し恥ずかしめな歴史の新世代にぺったりなデヂタル写真と小型電気計算機用指示規則パツケーヂをつかった斬った貼ったコスったシゴいたの模写風映像いぢくり倒し系のヨヂくれエロ〜スが乱反射する全世界18ケ国総勢50人写真あ〜ちすとのお作品がぞろりぞろりと登場する、各種の歪んだ鏡だらけのびっくりハウスのようなアダルトふぁんたぢっくお写真集でありまする。スコスコ手作りで作ったのかのように見えるブリキ製の1950年代SF映画風のロケットやガラスの金魚鉢風の宇宙ヘルメットや手こぎギアつきプロペラ帽子をはじめとするさまざまな小道具も、世界が破滅したあとの金属臭い強風が吹き荒れる荒野の風景や豪勢にムウディなお屋敷風の大道具も、写真の下に重ね合わされた写真の中の写真なのか絵なのかとか、実際の工作物や実景なのかとかとかゆうた、写真をみるときの目垢に練り込まれている分別ゴミ収集の曜日確認ぐせと思いきりよくバイナラするのがこの写真集の世界に飛び込むための一番手近な回り道なのかもで。セクシーヌウドと不感症、ひとりぼっちの乱交パーチー、崩壊建造物に変身した人体、部分的な取り外しや交換が機械部品よりも手軽で便利な皮膚、ちょくちょく仕事をサボることを覚えた重力たちの気配に満ちた場所、タバコを買いにいったら戻ってくるつもりのないバラバラな手足、生まれた瞬間からヲトナのままの人形ぢみたコドモ、記憶の過去のなかにむぐりこむことに無我夢中な未来風景、人工的な荒野のコスプレに必ずどこかでわざとらしく失敗している都会の街あかり、不自然な肉体的苦痛に投げ込まれてやっと少しだけ目をさます手の届かない欲情、ニンゲンさまに生まれ変わらなかったシヤワセを噛み締めるドヲブツさま、脳みそのなかにだけある風景を探しに窓ガラスを破って真昼の月明かりでいっぱいの暗い真昼の道を歩き回る人影、舞台側と客席側がすっかりアベコベに逆転した別世界の客席側にいるサーカス道化師さまたちの日常風景、創作注文衣装としての裸体、裸体よりムキ出し感の漂う拘束道具、・・などなどなど、非常識と無常識を隔てる回転ドアを通り抜けた先にあるのかないのかもハッキリせず、結局のところダマされていないつもりになるほどにダマされているような気分がヒシヒシと目の前に迫ってくる、純粋視覚もどきなイメエヂのあの手この手の福笑いを迷路散歩きぶんで楽しめそおです。ストーリー性の強いヲトナ向けなお写真絵本としても、意味不明系フェチのマニア写真集としても楽しめそうな、充実感した手応えのお写真集です???[記:2011.11.19:PM23時10分。]


身体イメエヂ滅多切り貼りお写真凶作集『変質させた異滅異時(イメイヂ):21世紀写真界の幻視派の新鋭たち
by 編=ロメイニ・WG
発行=2011年。from えげれす。 英語版。
大きさ:本体=ヨコ267xタテ267みりめいとる。
  重さ= 約1,1きろぐらむ以上(当店計量器の限界超)
外見:ハードカバ。オールカラー写真集。全192頁。
推定対象読者年齢:2才〜120才
ど特価:=¥4500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::肉体写真改造111117


2011年11月12日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

超現実的オメでた絵ハガキこれくひょん

べびろん(赤ちゃん捕囚):超現実の赤ちゃんたち
..トリの玉子やチョウチョウ、キャベツから生まれた、外見はニンゲンさまの赤ちゃんとは言ってもニンゲンさまの赤ちゃんから生まれたのかどうかは明らかではない赤ちゃんの大群を大フィーチャりんぐした1900年代〜1920年代製のキテレツ赤ちゃん絵ハガキばかりを集めた超現実的にオメデタひヘンテコ赤ちゃん図版これくちょん本です。おフランスのポンピ〜ド〜センタで1980年代に開催された超現実派美術展の一角に、奇抜な赤ちゃん絵ハガキをずらりと並べたコオナアがあり、ブルトンもダリもエリュアールもマン・レイもハンナ・ヘッヒもキテレツ赤ちゃん絵ハガキをコレクヒョンしていたことを知ってから、大鍋で釜ゆで状態になりながら温泉気分で浮かれている赤ちゃん集団の絵ハガキをパリのフリーマーケットで学生時代に見た記憶が脳みその中で突然爆発して、ほんならわっしも、とアホな赤ちゃん絵ハガキを厚始めたてゆう著者ジェイムス・バーチさんコレクション。日夕食の席で、バーチさんがロシアでの個展を企画実現するなど親交のある残酷画家フランシス・ベーコンに披露したところ、子供ぎらいで有名なあのあのフランシス・ベーコンが「こんりゃぁ、オモロいやないけー」と唸ったとゆう珍品の数々は、第一次世界大戦前から戦後のあいだにドイツを中心にロシア、エゲレス、スペインその他の欧州各地で大流行になり、やがて飽きられて消えていったらしーのですが、本書に収録されたのは単語1つ〜3つぐらいの簡単なコトバがおフランス語で添えられているものが目につく印象。絵柄をみるとヲトコの赤ちゃんたちの顔つきは、金太郎アメを西洋のヒトに作ってもらってみました風で、ヲンナの赤ちゃんたちは何となく初期さいれんと映画じだいの映画女優みたいな風。写真絵はがきの大量どばどば生産が出来るようになった工場しごとの黄金時代の幕開けと、特大大自然のなかで伸びのび太ご過ごす時間が絶滅した時代が同時期に始まったせいか、超現実赤ちゃん絵ハガキの背景に選ばれている事が多い、農場や飼育場や緑の野原などを舞台背景として、大量発生したニンゲン様にそっくりムウドの大量の赤ちゃんたちが、玉子に逆戻りしたり生まれ直したりの混乱状態まるごとカゴやバッグや山高帽の中に収まっていたり。帽子とゆえば山高帽やカンカン帽をかぶり片メガネけたベリィベリィ若い赤ちゃん紳士がそこいらぢゅうに溢れかえっていたり。農民夫婦が畑で赤ちゃんのお頭つきキャベツを収穫している最中に紳士が赤ちゃんキャベツの現地買付けに訪れたり。高く背の伸びーた樹の枝のあちこちに架けられた藁編みの巣の中でニンゲンの赤ちゃんたちが玉子から生まれたがっていたり。階段式大教室の真ん中で赤ちゃんがおマルの練習をしていたり。コウノトリが先生をつとめる学校でニンゲンの赤ちゃんたちが授業を聞いていたり。川で赤ちゃんを獲る漁に出ているヲンナがいるかと思うと、赤ちゃんたちが川でお洗濯をしていたり。大勢の赤ちゃんたちが夜の浮き雲に浮かんで三日月や星々と遊んでいてり。リボンで結ばれて電線をリフトにして次々に滑っていたり。あるいはまた、赤ちゃん集団は、みんなでお掃除したりみんなで自転車や自動車や蒸気機関車やヒコーキ、飛行船などを操縦したり、遊園地やサーカスやサファリパークを埋め尽くしたり。それらすべて1つ1つの場面で、赤ちゃん1人をみたら最低10人は必ずいるような律儀さで、大量の赤ちゃんたちの行く先々に引き起こされていく大混乱を死角紙面なハガキさいずにギユウっと濃縮した絵はがきがあの手この手でどんどん出てくる珍品コレクションとなっています。ご懐妊祝い、お出産祝い、婚礼祝いから介護施設へのお見舞いまで、ニンゲンさま関連であればどんなプレゼントにでもこぢつけられそうな上に、本棚の目につきにくい片隅が何だかどとても似合いそうな雰囲気の、ヲメデたい絵はがきコレクション本を今スグお手元にどどどーぞ???[記:2011.11.12:PM23時10分。]


超現実的オメでた絵ハガキこれくひょん『べびろん(赤ちゃん捕囚):超現実の赤ちゃんたち
by ジェイムス・バーチ、序文=ジョージ・メリー
発行=2010年。from えんぐらんど。 英語版。
大きさ:本体=ヨコ176xタテ242みりめいとる。
  重さ= 約580ぐらむ。
外見:ハードカバ。オールカラー写真集。全128頁。
推定対象読者年齢:2才〜120才
ど特価:=¥3000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::赤ちゃん工場111113


2011年11月09日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

ネコ世がれんだぁニャンオーニャワニャン2012

ヨガにゃにゃんカレンダー2012年版
..アニマルあにまる将軍徳川綱吉ネコルの時代のずずっと昔から、ニンゲンさまのいろんなやことのお手本に、おネコさまの身振り手振りシッポの振り方などのいちいちをお手本とゆいますかお色気全般の家庭教師、お師匠さんのように敬い慕いまとわりついたり遊んだりしてコタツで丸く平べったくなって毎日を過ごしておられる方は少なくなくないことかと思いますが、おネコさまの側からニンゲソさまがどーゆー風にみられているのかとゆうことを1年366日掛ける24時間いつでも意識過剰に過ごしているわけでは決してない油断だらけのみなみなさまにお届けしたい、「ヨガるニャンニャンかれんだあ」、来年2012年用がのこぬこ当店にご到来なされてございます。アニマル目線で眺めたばやい、どれもこれもが不可解極まりないニンゲンさまのすることなすことひとつひとつのうちでも、とくにバカバカく見るもののランキング上位確実なものとゆえば体操や美容体操の方面でわあるでひょか?ニンゲンは一体なんのためにそんなことをしてるのかを確かめるべく、命しらずで遊び半分のお調子者のネコたち大小2人ずつ、カラダが大きいのと小さいのがペアになって、レオタードにねじりハチマキの美容体操おばさんと同じようなメニウをこなしているお姿をハイ、ぽーず。パチリパチリと12ケ月ぶん、12枚の写真におさめたマタタビ風味のニヤニヤニヤ〜ンかれんだーでござります。開脚前屈、斜め十字、弥勒菩薩の秘所ご開帳、シャチホコ立ち、エンヤートット、ナンマンダブーにアラエっサッサ(?)。ニンゲンさまとゆうアニマルは、どおすてこんなにも意味不明なのかとゆー仕草の12連発ぷらすおまけがニャン。ニンゲンを真似ているネコをも一度ニンゲンさまが真似をすることで、見ている鏡の向こう側に見える鏡の外側にくぐり抜け、ニンゲンさまの流儀を使いながらニンゲンさまの重心から近く遠くに離れたニンゲンの皮をかぶったバケ猫きぶんを365日ぷらす今年の残り日数分ほども、お楽しみ頂けそーかもです。ニンゲンさまに生まれてはみたもののまだ、ニンゲン気分らしいニンゲン気分を味わったことがなさ毛な方への応援をはじめ、各種プレゼントなどなどに贈ってニャン足り貰ってニャン足のふざけたヨガねこカレンダー2012、売り切れ前にお早めにどどどーぞ???[記:2011.11.09:PM21時30分。]


ネコ世がれんだぁニャンオーニャワニャン2012『ヨガにゃにゃんカレンダー2012年版
by 写真=ダン・ボリス
発行=2011年。from あめりご。 英語版。
大きさ:本体=ヨコ305xタテ305みりめいとる。
  重さ= 約260ぐらむ
外見:表紙付き。オールカラーカレンダー。頁数=ひと月1枚が12ヶ月分で12枚+表紙。
推定対象読者年齢:2才〜120才
ど特価:=¥1800
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::にゃにゃん111023


2011年11月05日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

腹ぺこ世界肖像お写真集

腹へった
..音楽中毒ファッション集団観察お写真集『信者たち:ジェイムス・モリソン写真集』『ゼイムスと猿人(さるびと)仲間たち』など地球在住のイキモノ全員のなかでのドウブツ様とニンゲン様のあいまいな境界線周辺に焦点を絞りこむのがむやみに上手な写真家ジェイムス・モリソンさんが、1年366日24時間切れ目なしの餓死と背中あわせの腹ぺこ状態に閉じ込められているアフガニスタソ、カソボジア、シェラレオネ、ギニアのヒトたちの元へごめんなんしょ。 お腹が空き過ぎて困っているヒトたちを大量にうみだす巨大な地獄の歯車のようなカラクリについての、撮影の相方のエミィ・フラナガンさんによる、腹ぺこ写真モデルのかたがたからの聞き書きをそえた超ヘビーなライト級お写真集です。飢餓線上の腹ぺこ写真集と聞けば、街頭でインチキ募金をしているヒトたちが宣伝用に乱用している、顔も手も足もガリガリ痩せでお腹だけがポッコリ飛び出した幼児の写真を連想される方も少なくなくないかと思いますが、そもそもが国際れんごーの飢餓救済活動に随行するかたちで撮影された本写真集に登場されているヒトたちは、国連機関から贈られた一時的な救援食料を食べている期間限定で、腹ぺこ状態から脱出することが出来ているとゆーだけのことで、国連の食料支援が終わってしまえば、再び元どおりに、飢餓死と背中あわせの腹ぺこ生活に逆戻りするしかないヒトたち。そのヒトたちを追い込んだ腹ぺこ生活の原因をたどってみると、ブルカをまとったアフガニスタンの女性たちのばあいは、タリバソの女性虐待政策の後遺症だったり。哀しくもセクツーなカンボジアの若い女性たちを腹ぺこな隠れ家暮らしに追い込んだのが、カンボジアからタイ、ラオスへと広がる貧困エリアでの人身売買や強制売春のネットワークがあったり。餓死しないラベルの食料費を稼ぐために地雷除去作業に出て手足を吹き飛ばされてしまったり。ゴミ捨て場で採集生活をするコドモたちがいたり。世界有数のダイヤモンドや貴金属などの原産地のすぐそばに世界一のビンボー地区があるシェラレオネやギニアのばあいには、ご近所同士が敵味方に分かれて内戦状態になり、軍隊に誘拐された少年少女たちが、殺されないでいるためには、少年少女兵士になる以外の選択肢がないとゆームチャクチャな状態のなかで、殺戮合戦の停止がそのまま餓死を意味するようなオトロシー日々を過ごしていたり、大鉈で手足を切断されていたり。餓死するか、虐待死するか、戦死するかなどはすべて偶然の状況次第ないくつかの横顔をみせながらグルグル回転する地獄の巨大な歯車に押しつぶされそうになっているヒトたちの姿が、たい焼きの型のようにクッキリと瞼の裏に刻み付けられていきます。国連食料計画とベネトン社共催で世界32ヶ国で同名展覧会が開催された2003年の時点で8億人、現在では9億人以上とゆわれる世界の腹ぺこなヒトたちの中からたまたま得ればれた、次の食べ物にありつけるかどうかしか考えられなくなっている、食べ物以外の希望を見失ったヒトたち。腹ぺこ人生の先輩たちが語る腹ぺこの腹ぺこだけではないオトロしー恐怖や苦痛のヅンドコ体験の連続と、そのお肖像写真のなかの不思議に澄み渡った表情とを隔てる仙台とハワイほどもありそうな距離感のスキマのなかに飛び込んでみるとゆー貴重な機会を提供してくれるモンダイ写真集です。お腹が空いたときと満腹の時と、見る時の腹の虫のご機嫌次第で当然のように印象の変化するご賞味無期限の味わいをいつまでもどどどーぞ、???[記:2011.11.05:PM23時59分。]


腹ぺこ世界肖像お写真集『腹へった
by 写真=ジェイムス・モリソン、文=エミィ・フラナガン
発行=2011年。from ニュウヨウク。 英語+イタリヤ語の2言語併用版。
大きさ:本体=ヨコ172xタテ248みりめいとる。
  重さ= 約580ぐらむ。
外見:箱入りハードカバ。オールカラー写真集。全120頁。
推定対象読者年齢:2才〜120才
ど特価:=¥2800
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::飢餓海峡111105


2011年11月01日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

キューバ産映画ポスター大発掘作品集

私キューバぢん:革命後キューバ映画ポスター集
..ゲリバラやヘデル・スカトロをアイドルに掲げ社会革命を実現した南米キューバで1959年以降1960年代70年代に制作され、そのごは陽の目を見る機械のないまま埋もれていた、オサレ一点ばりみたいなカワひひぃ映画ポスターばかりを大量に発掘したコレクション本です。キューバ映画ポスター前にみたことあるアルあるヨと思われる方も少なくなくないかと思いますが、著者キャロルさんのご説明をねじ曲げて誤用してみると、これまでキューバ国外に展覧会その他で大量にでまわっていたのはアジアアフリカラテンアメリカのひとたちの連帯オルガニゼーションとゆう特定の組織が取り仕切っていたゴリゴリの革命しゅぎ的な、マッチョいヲトコの血肉飛び散るような汗臭さに声援をおくるようなポスターばかりだったみたーなのですが、今回キャロルさんが数度のハバナ滞在中に地元映画人との交流のなかで発掘した本書収録の数々のポスターは、女性客むけのおかゆ専門店かと思うように上品な味付けの、すっきりスープのものばかり。社会主義こくキューバでは、映画がどれだけ多くの入場料売り上げを集めたかを競争する必要がないために、映画ポスターの製作も、観客の急所や性感帯をめがけてドギツイ刺激を降り注ぐのではなく、作者がア〜チストとしての核種満足感を追求すればよい的なキビシさと、印刷機械のような高級な道具がないので、ポスターの印刷はどれもこれもすべてシルクスクリーン。印刷用紙には、保存性耐久性の低い粗末な紙しか使うものがないとゆーすばらしくゼータクな環境のなかで伸び伸びと、映画ポスター制作が行われているのだとか。映画じたいの原産地はチェコ、ソビエト連、ポーランド、スゥエーデン、ドイツ、イタリア、スペイン、フランス、ブルガリア、ルーマニア、ハンガリー、ユーゴスラビア、ベルギー、セネガル、中国、ブラジル、アメり力、ナイジェリアなど、地元キューバ産の映画だけでなくキューバ映画以外の海外映画のほうが多いほど。ニポン映画だけでも『処刑の島』『切腹』『異母兄弟』『帝銀事件・死刑囚』『七人の侍』『女の中にいる他人』『緯度0大作戦』『牙狼之介』『愛と死の記録』『湖の琴』『少年』『座頭市』『兵隊やくざ』『けんか空手・極真拳』『大菩薩峠』など数々の名作珍作のキューバ版ポスターが収録されていて、無駄な要素をぎりぎりまで省略した洗練度のたかいデザインを追求するキューバのポスターアーチストの意気込みがひんぱんに、映画の内容を無視して平気であさってしあさっての方向へと突き進んでいる様子が実になるへそ。鉄のカーテンの向こう側と呼ばれた旧ンビエト共産圏デザイソに共通の超現実趣味とソール・バスやジョージ・ジュスティ、ロイ・クールマンらの奇妙にポエムなヲトナの絵本ちっくな書籍装丁のむうどが混き交ざりあったようなキューバ映画ポスター独特のハンモックでの昼寝みたいなカリブ海のはぐらかし感を脳しんとうがおきそうなほどたっぷり満喫できそうです。すべての映画を好き勝手放題に美的ビンボー風味満点のポスターあ〜とへと変身させるキューバでざいんのこれまで知られなかったチャラチャラした横顔を濃縮した本作品集をすべての映画ふぁん、映画ポスターふぁん、映画本ふぁんのみなみなさまの本棚の肥料にぜひどどどーぞ???[記:2011.11.02:PM17時00分。]


キューバ産映画ポスター大発掘作品集『私キューバぢん:革命後キューバ映画ポスター集
by キャロル・グッドマン、クラウディオ・ソトロンゴ
発行=2011年。from メキシコ。 スペイン語+英語の2言語併用版。
大きさ:本体=ヨコ210xタテ269みりめいとる。
  重さ= 約1.1きろぐらむ以上。(当店計量器具の限界越えまひた)
外見:ソフトカバ。オールカラー作品集。全320頁。
推定対象読者年齢:2才〜120才
ど特価:=¥4000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::ハバナナ111101


2011年10月28日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

病理医学人体博物館カレンダー

ミュター博物館カレンダー2012年版
..もしも廃都大江戸内にあったのなら、花の吉原おいらんソープらんどショウか浅草ロック座ストリップお弁当観劇の前後に、深夜はとバスツアー遊覧コースに採用されても不思議のないほどの秘宝館観光的大人気にあやかって例年吉例となった猟奇医学標本展示施設ヴァアチヤルおみあげ物産・フィラデルフィア医学大学付属ミュター博物館謹製の医学標本カレンダー最新2012年版が当店どどいつ文庫へと今年もぶぢに搬送到着されておまする。約150年も昔むかしにさかのぼる博物館創設以来これまでに収集された、ニンゲンの肉体の思いがけないあっちこっちを舞台に時々目をさます凶暴な舞踏家の突拍子もないジャンプやヅッコケうずくまりなどなどヒトを沈黙のヅンドコへと招待する摩訶不思議のお目ざめをなぞる膨大な病理医学標本資料の蓄積のうちから、美的触覚ねじくれ気味の写真家たちが嗅ぎ当てたお気に入りの標本かかげた変態カレンダーを1年ぢゅう眺めて過ごすオメデタさ。今回の撮影をうけもった面々は、写真集『劇場としての心臓手術』のマックス・アギレラ・ヘルウィッグ、腐った本棚腐ったサイコロなど腐った嗜癖の女性写真家ロサモンド・パーセル、おイヌさんがカミカミしたヌイグルミ写真集『くちゅくちゅ』や女学生手あみ写真集『くつしたざる』などボロボロかわいいドヲブツ人形好きのアーネ・スベンソンなどミュター博物館カレンダーおなぢみ常連の人気変態写真家たち。スミズミまで知り尽くしたぢぶんの部屋の床下か屋根裏にでもむぐりこんでいるような住み慣れた感のある暗黒っぷりが、恥毛を植毛するように丹念に、おゲーヂツと科学的悪趣味のキワドいさかいめ周辺に手堅く手厚く盛り漏り塗りたくりつけられているおかげで、不安感と安らぎ感のどっちもどっちな黒い湯けむりにくすぐられl。骨髄までもづづいと浸っているようなホルマリン壜が湯船の暗黒温泉気分を堪能することもできそーです?世間全般的各種プレゼントなどには不適切度ナンボワわんの変態趣味まるだしミュター博物館カレンダー最新版を、人体改造マニアやお化粧マニア、コスプレ好きなアノひとソノひと、今年もひとつも頑張らなかった御ぢぶん自身などなどへのプレゼント用坐禅いねむりグッヅみたいなかんぢで是非ぜひどどーぞ???[記:2011.10.29:AM10時30分。]


人体病理解剖医学博物館カレンダー『ミュター博物館カレンダー2012年版
by 写真=ロサモンド・パーセル、アーネ・スヴェンソン、マックス・アギレラ・ヘルウェッグ他
発行=2011年。from あめりご。 英語版。
大きさ:本体=ヨコ280xタテ297みりめいとる。
  重さ= 約200ぐらむ
外見:表紙付き。オールカラーカレンダー。頁数=ひと月1枚が12ヶ月分で12枚+表紙。
推定対象読者年齢:2才〜120才
ど特価:=¥2200
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::死後の恋111027


2011年10月24日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

犬かれんだぁワンワンウーワンワンワン

ヨガわんわんカレンダー2012年版
..歩くと棒にぶっつかるみたいに言われることはあっても、カラダがやらかいみたいな印象からはほど遠いワンワンおイヌさまたちが、女子体操選手や男子エアロビダンサーのような柔軟なポーズを次々に披露して、ああッ!!とコチコチどたまの世間を驚かせた「ヨガるワンワンかれんだー」。去年発売された2011年版をめぐっての「コリわぁ写真を加工してあるでっしゃろべー」とゆう圧倒的な大不審にお応えして、ますますパワーうっぷした来年2012年用の新バーヂョンが発売になりました。前回がソロの演技、毎月ごとにおイヌさまが1人ずつ登場してヨガポーズを演じていたのに対して、今回登場の2012年版は小さいイヌと大きいイヌのペア演技。ボクサー、ラブラドール、ジャックラッセル、バセットハウンド、プードル、ブルドック、ヨークシャーテリア、グレートデン、ダルメシアン、ビズラ(?)などなどさまざまな人種のワンワンが2人ずつコンビを組み、フィギュアスケート世界選手権の一流ベテランカップルや超一流ゲイバアのダンスチームもびっくらの、見事に息のあったコンビネーチャンで、ダブルしゃちほこ、ダブル三角バランス、ダブル逆立ち時なーどなど、おイヌさまワザとも思えないほど難易度の高いヨガポーズを12ヶ月連発。2011年版を当店で購入された約全1名のかたには、2012年版ご購入後に2つを左右に並べて見比べてみると、2011年版にソロヨガリストとして登場したおイヌさま数人が、ペアダンサー要員として、前年と見分けのつかないポーズを何の成長も衰えもなく完璧にこなしている姿を発見できるというウレしカナしい特典もありまする。ここ掘れキャンキャンワンワンワン、月末月初めがくるたびに次をめくるのが、あにまるハートづきづきボキュンの2012年をハフハフしてくれそです。おイヌだんさーずのポーズをお正月元旦から毎日1分マネしてみれば、来年の大味噌日にはヨダレたまってムナシさ365倍のピチピチ体型も犬小屋ぐらしの夢のなか?各種ぷれぜんとにもガブガブぴったりのヨガりイヌかれんだ2012年版、前年同様に七五三前後の売り切れが予想されなくなくなくもありませんので、ご注文尾問合わせは大至急にガルルルルぅ???[記:2011.10.24:PM21時30分。]


犬かれんだぁワンワンウーワンワンワン『ヨガわんわんカレンダー2012年版
by 写真=ダン・ボリス
発行=2011年。from あめりご。 英語版。
大きさ:本体=ヨコ305xタテ305みりめいとる。
  重さ= 約260ぐらむ
外見:表紙付き。オールカラーカレンダー。頁数=ひと月1枚が12ヶ月分で12枚+表紙。
推定対象読者年齢:2才〜120才
ど特価:=¥1800
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::わんわわん111023


2011年10月19日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

ゴミくずビデおパッケージ珍々怪々これくしょん

VHS:ビデオテープ全盛期の不条理で奇妙でバカバカしい遺産
..どっこもじぇんじぇんオモロシロくなさ毛!!唯一そのとろろばっかりが異常な好奇心をコチョコチョくすぐるゴミくず系映像や映画の最大唯一のチャームポイントであるツマラナそーな雰囲気を、予感から絶対的確信にまで高めてくれる強精剤、誰にもレンタルされないままレンタルビデオ屋の棚で背中が蛍光灯焼けしているようなZ級ビデオの脱力系パッケージデザインばかりで全頁を底知れないおマヌケむうど埋め尽くした熱ぅい退屈と凍えるような爆笑の綱渡り的超絶悪趣味びじゅあるコレクション本でござります。 Z級ゴミくず映像ときけば、人間の想像力の限界を下に向かって目指してこさえられたかのような最低映画が思い浮かぶかたも少なくなくないかと思いますが、本書コレクチョンではそりは全体の分量のうちの小さい一部分、代わりに大部分を占めているのは、怪しい美容体操のレッスンビデオとか劣等感克服のためのヘンな潜在的特技開発ハウツービデオなど、誰かが買ってくれることだけで全力を使い果たし、勘違いや間違いでホントに買ってしまったヒトの迷惑についてはチョットも考えてなさそうな悪夢の実用ビデオのパッケーヂでざいんの数々。チャプターごとに付けられた整理用項目と収録ビデオは、昔昔に盛りを過ぎた映画俳優やファッションや笑顔にうっすらクッキリと疑問を感じさせる「レオタードと汗」の巻、かわいさや無邪気さの盛り上げに平然と失敗している「子供と十代」の巻、ナンパ指南と失敗手芸と育児と神様体験がちゃんぽんの「レッツ学習」の巻、「さあこい鵞鳥」「ファンステックな橋づくし」「はい私ら歩いてます」「ダイナミック銭もうけ」など「キャッチィな題名」の巻、「スケベに踊れるダンス術」「老人のためのラインダンス」ほかダンス衣装もスキだらけな「立ち上がって踊ろう」の巻、賞金稼ぎもヘビメタギター教室も飲み屋の用心棒も女性モーターボートありの「格好よいよ」の巻、女性専用ボーLング、女性のための銃火機がいど、ヨーヨー女性勝利の100000ドル、浮気娘の朝の美容体操、カリフォルニアのムキムキ男たち、など「女性専用」の巻、誰かがおウチで録画したカセットテープに書き込まれた手書き文字やイラストを笑いモノにしている「あめリ力で最高にくだらないホームビデオカバー」の巻、ネコが喜んでみるビデオ やネコのためのマッサージ術、メンバー全員がネコの楽団ジングルキャッツのクリスマス曲実演など「ネコ!」の巻、機械で作ったビー玉の見分け方、あやとりの作り方、照明カメラしゃぼん玉、飲食店従業員のための風船アートなど「異常な範囲限定もの」の巻、友人レンタル、顔面エアロビクス、道化師大臣、レナード・ニモイのY2K家族サバイバルがいどなど「悪いアイデア」の巻、玉突きのプロやプロボーリング、ロトくじやポーカ、なわとび上手などのイイ顔おっさんが居並ぶ「みんな大好きなヲヤジたち」の巻、エロい毛剃り、裸で春スキー、尻だしヌウドでラインダンスなど「夜が来たら」の巻、いたづら電話魔とナマズ釣り、離婚マニアなど「意味不明」の巻、1980-90年代のネオン蛍光色とゆるぅい構成力のお手本のような「残酷無惨なグラフィックデザイン」の巻とゆうた調子。コレクションが3000本を超えた時点で「拾った映像祭」の主催団体になった本書の編者2人ジョー・ピケットさんとニック・プリュハーさんは、フリーマーケットや中古不要品リサイクル店などを中心にビデオテープの発掘や採集をしておられるとのお話にも納得の、これより下はもうにゃあとゆう堂々の無価値コレクションとなっています。カッコう悪すぎてカッコうよく見えるラベルをすたすたと通り越してカッコ悪すぎてホントにカッコ悪い滑走路のはしっこまでホフク前進していきたい悪趣味愛好家のみなみなさま(誰誰?)要注目のゴミくずデザインあいであコレクション、お仕事机のひきだしにこっそり1冊どどどーぞ???[記:2011.10.19:PM22時30分。]


ゴミくずビデおパッケージ珍々怪々これくしょん『VHS:ビデオテープ全盛期の不条理で奇妙でバカバカしい遺産
by 編=ジョー・ピケット、ニック・プリュハー
発行=2011年。from ふぃらでるふぃや。 英語版。
大きさ:本体=ヨコ150xタテ228みりめいとる。
  重さ= 約650ぐらむ
外見:そふとかば。頁数=272頁。
推定対象読者年齢:2才〜120才
ど特価:=¥2000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::悪趣味遺産111019


2011年10月15日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

禁断の崩壊ゲンバク建築お写真集

ヒロシマ地上爆心地1945
..原始人類ばかばか史で一番最初の核バクダン投下による大虐殺が実施されてから2ヶ月後の1945年10月から11月の間に、虐殺実行側の戦略爆撃調査班の物理的損傷担当部チイムが撮影。投下した原子爆弾の破壊力を実施検証するための基礎データとしてサイコー機密扱いされ60年以上非公開のままだった1000枚以上の現場写真がマサチューセッツのゴミの山から救出され、絡まり合った因縁の糸車にひかれるようにしてニュウヨウク国際写真センターで今年2011年5-8月に開催された「ヒロシマ地上爆心地1945」展の記念図録をかねた愛憎半減期10万年お写真集でござります。ヒロシマ原爆爆発の中心ゼロ地点から同心円を100フィート(約300メートル)ごとに広げつつ整理された、核爆発と超高温の熱戦で焼き払われた死のやけのはらの中にポツリポツリと焼け残った人影のない建造物の残骸ばかりを撮影。死亡した都市そのものを死体解剖しているような感覚麻痺の光景とひそひそ囁かれるブキミな写真の数々は、ヒバクシャの姿を誰ひとり写していないにも関わらず、ふつー当たり前のニンゲンさま感覚を圧倒的に逆なでしすぎるにもホドのある核兵器の超絶的破壊力のヲトロシさを直接的直感的に伝えすぎる効果絶大。そのため半世紀以上にもわたって存在しなくてよいことになっていたのにも関わらず、それが足の生えた幽霊のように舞い戻り、このよおな写真集にまで物質化してみなみなさまの目の前にまろびでるまでの不可思議な巡り合わせの一部始終をしるしるしてある、本書収録の「ヒロシマの落とし物・拾い物」byエゲレスの記録映像作家A・L・レヴィ氏のおはなしを、ここでは極力短めに、だらだらと写していきますと、BBCてれびのヒロシマどきゅめんたりドラマの制作参加がきっかけで本屋めぐりをしていたA・L・レヴィ氏は、ロス&ホロヴィッツ画廊で開催された原爆被災ヒロシマ写真展の限定版カタログを入手。そこに写真提供者としてクレジットされていたドン・レヴィさんの名前に目を止め、画廊と接触。画廊のロス氏の紹介で面会したドン・レヴィ氏は、ブリキのオモチャや包装紙などの貴重なお宝をゴミ捨て場から採集するスゴ腕コレクターで、ヒロシマ写真もゴミ漁りの戦利品の一部で写真の詳細については一切知らないことが判明。そこでドン氏から聞き出したヒロシマ写真ゴミ捨て場のある袋小路に向かい合ったおウチの、写真ゴミ出し当時2000年ごろの所有者だったマーク・レビットさんにモシモシ電話。連絡をうけたレビットさんは、30年以上前から引っ越しのたびに置き場を移し今も地下室に保管してあると思い込んでいた秘蔵写真が見ず知らずの他人の手元にあると知らされてビックリんぐ。それがじぶんのものである証拠として、同じヒロシマ写真の一部をA・L・レヴィ氏の元へ持参したのち、写真は学校時代の友人から譲り受けたものであることを告白し、連絡が途絶えてから30年以上になる学校ぢだいの友人、ハーラン・ミラーさんとゆうひとに連絡することをお約束。A・L・レヴィ氏は、居場所のわかったミラーさんとメールのやりとりで受け取った添付画像から、ヒロシマ写真保管に使われていた木製の大型トランクに刻まれていたR・L・コースビィてゆう名前を発見。ミりタリ方面の保管記録ほじくりかえした末、遂にこのR・L・コースビィ氏が、1945年10月から11月までヒロシマを訪れた戦略爆撃調査班・物理的損傷担当部チイムの一員であった事実を突き止め、このヒロシマ写真の素性が初めて解明されたのでした。そすてゴミくずの山からドン・レヴィさんに拾われた被爆2-3ヶ月後のヒロシマ調査写真6000点は、ロス&ホロヴィッツ画廊から写真コレククターのスコット氏を経由してニュウヨウク国際写真センターが収蔵することに。とゆうところまでが、ヒロシマ原爆最高ヒミツ写真発掘をめぐる因縁ばなしの、大きな円がぐるり1周するまでの前半半分。。2008年完成したBBCてれびヒロシマ原爆ドキュドラマ放映直前にA・L・レヴィ氏が文章にまとめたヒロシマ写真発掘のてんまつはそのまま記事として英ガーディアン紙で掲載される予定だつたところが、ロンドンで連続爆破事件が発生し新聞紙面は連日特報記事で埋め尽くされ、ヒロシマ写真発掘記事は短縮して掲載になったため、A・L・レヴィ氏は後日あらためて記事全文をデザインなんとかサイトにネット掲載。その記事が評判になり、2010年ニュウヨウク国際写真センターは収蔵したヒロシマ写真の特集展覧会を企画。相談をうけたA・L・レヴィ氏はデザインオブザーバァにネット掲載した自筆記事を2年ぶりでチェックしたところ、コメント欄にはにゃにゃにゃんと、秘蔵ヒロシマ写真のそもそもの持ち主だった戦略爆撃調査班・物理的損傷担当部員R・L・コースビィ氏の孫娘ナンシー・ナイトさんからの書き込みが!A・L・レヴィ氏はこの糸をたぐってナンシー・ナイトさんの母親でR・L・コースビィ氏の娘にあたるナンシー・メイソンさんと面談することが出来、秘蔵ヒロシマ写真流出の背後にあった、どんなミりタり記録を探しても書いていない事実関係をそこで初めて知ることになったので。。コースビィ氏夫妻の長女ナンシーさんは真珠湾攻撃前日の生まれ。第二次大戦後の1945年10-11月ヒロシマ現地で核兵器破壊力調査隊に参加し体内被ばく放射能をどっさり抱えて帰国したコースビィ氏は、第二子を授かったのですが、生まれた長男ロバートさんはダウン症。放射能の影響でこどもがダウン症になったと責める奥さんと、核爆発で焼き尽されたヒロシマでみた地獄風景のトラウマに鞭打たれるコースビィ氏は、ヒロシマ調査班の重要任務のひとつでもあった、全面核戦争の破壊力にもビクともしない建造物や都市計画の研究に邁進し、軍用核シェルター第1号の設計に参加したのをはじめ、現在では冷戦期の狂気の産物として名高い「サバイバルシティ」「ドゥームシティ」など原寸大都市建築を使った核爆発実演テストにも核爆弾エキスパートとして加わり、放射能を浴びまくるわテレビには出演するわのイケイケぶりで地元の有名人になる一方、長男ロバートさんは学齢期になっても学校へも行かせずおウチに軟禁。そして1972年。コースビィ氏の自宅は地元で初めてとゆほどの大火災で全焼してしまうのですが、消火活動が手遅れになった原因は、コースビィ氏が自宅を、放射能完全防護を想定したガチガチ頑丈で通気性のない特殊構造に設計していたからだったのでした。コスビー一家は、結婚して家から離れていた娘のナンシーさんをのぞいて全員焼死。ショックに打ちのめされたナンシーさんは、在籍していた大学院の英文学博士コースを退学し、精神病院の相談員の仕事に。全焼してもそこだけは無事だった地下室に残っていた父母の遺品の大部分を捨てていき、最後に残ったずっしり重い木の箱をついに処分しましょという時がきてナンシーさんが手伝いを頼んだのが、同じ精神病院で働く同僚のハーラン・ミラーさん。要約しても要約にならない発掘ばなしの最初のほうに名前の出てきたミラーさん。そしてミラーさんが手伝いを頼んだのは、その夏ミラーさんと同じ部屋に住んでいたののご学友マーク・レビットさん。これもミラーさんの前に名前の出てきたマーク・レビットさん。3人がかりでナンシーさんの父母の部屋の重たい木箱を片付けると、木箱はミラーさんの持ち物に、中身のヒロシマ写真はレビットさんの持ち物にと分配されたらしいのです。そしてレビットさんはマサチューセッツの、袋小路の突き当たりの家を購入し、写真はトランクにいれてその地下室に。レビットさんはマサチューセッツの家から2000年ごろ引っ越しているのですが、その直前数年間、ひとに家を貸していたことがあり、その時に住んでいたひとが写真の入っていたトランクをゴミ捨て場に捨てたのではいかとか、写真が捨てられたときの様子はいまひとつハッキリしてないみたいなのですが、とにかくゴミ漁りの達人ドン・レヴィさんがそれを拾いぢぶんのコレクションに加え、それがロス&ホロヴィッツ画廊で展示され、図録カタログが出来、それが古本屋の棚に並び、後日、A・L・レヴィ氏の目に止まったところから、こんがらかる一方だった毛玉がするするとホグされて・・このヒロシマ核爆弾破壊力分析研究用写真の数奇な運命に隠されていた、核爆弾とのいや〜な出会いから生まれたコースビィふぁみりいの悲劇。そしてその背後に、さらに途方もなく巨大な、放射能被害の恐怖に対してのアメり力のヒトたちの無知とゆう悲劇がべったりヘバリついていて、そしてその悲劇的な無知の出発点は、国内外からの非難を恐れて核爆弾がヒロシマに生み落とした放射能地獄の破滅的実態を封印するための努力にあったこと。それを本書に集められた原爆破壊力科学調査用写真資料はすらすらペラペラ語りまくり。原爆投下の目標に廣島が選ばれた理由として、それまで空襲による破壊がなく核爆弾の破壊効果を把握しやすいこと、平らな三角州が広がっているため爆心からの距離ごとの核爆弾の破壊効果を把握しやすいこと、都市化が進んでいて各種タイプの商業建造物への核爆弾の破壊効果を比較しやすいこと、木造建造物や水路の防火機能にも助けられて核爆弾の燃焼効果を把握しやすいこと、整備の進んだ上下水道やガス電気など公共施設への核爆弾の破壊効果を把握しやすいことなど、原爆投下の目的が都市部への核爆弾の投下効果の実験だったことが調査報告中にロコツに明記されていてビックラこ。そしてまた、核爆弾には巨大な破壊力があるだけで、放射能の健康への影響は直ちにはありましぇんとゆう毎度おなじみ放射能安全デマきゃんぺーんの原点がヒロシマ原爆直後から開始されていたとゆう歴史的事実ももものすごくイヤ〜んなかんじで汁粉とができたり。現在ただいま放射能汚染どっぷりのニュッポン列島でこの写真集を眺めるわだぐぢたち(誰誰??)の背筋に慢性的ぶらぶら気分をたっぷり盛りつけてくれまする。20世紀廃墟&建築写真の元祖爆心地ゼロ地点からの、どこにも見えない放射能だらけの眺めを最後の生き残り気分とともに歯のない歯ぐきで噛み締める禁断写真集を、背中にしょった非常持ち出し用棺桶の底に1冊どどどーぞ??[記:2011.10.15:PM23時00分。書き直し:2011.10.16:PM12時50分]


禁断の崩壊ゲンバク建築お写真集『ヒロシマ地上爆心地1945
by 編=エリン・バーネット、フィロモン・マリアニ
発行=2011年。from にゅうようく。 英語版。
大きさ:本体=ヨコ250xタテ301みりめいとる。
  重さ= 約1010ぐらむ以上(当店測定器の計測限界おぉばぁ)
外見:そふとかば。記録写真集。頁数=248頁。
推定対象読者年齢:2才〜120才
ど特価:=¥6000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::核戦争建築111015


2011年10月11日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

突然変異お絵描きア〜ト雑誌そとこもり拡大号

果糖ぶどう糖・第18号
..ニューハーフ豊乳の谷間から絞り出された天然ミルヒがイチゴケーキのクリームにもなればドロンコレスリングのローションにもなるように、妖精とドヲブツとニンゲンの境界線をじゆーじざいに飛び越えて変身する脳内ファンタヂー系の実リキ派あ〜ちすとホットスポットとして前前前から当店でも大こうひょーの季刊雑誌『果糖ぶどう糖』2011年あけまして号でござります。去年は入手困難な初期号をまとめた『傑作集』も刊行。編集発行人アタボーイさんの新時代突入宣言をかかげた創刊6年め最初の本号をざざざざっと1頁ずつ、マーク・ライデンふわふわの森の幻想四足獣や映画フリークスの半分紳士ジョニー・エック&ピンヘッドのシュリッツィなど出没する画廊広告に至るまでスミズミが黒目ぐるりのフチどりをコシコシこするうちに気づくのは、過去の脳内楽園への引きこもり歯垢がこの号では外もっこり嗜好へと720度ぐるり大回転。ニュッポンのゴスロリ愛好家からの応援も根強いレイ・シーザー(Ray Caesar)が2011年の新作展「やさしい残酷」をコドモ時代からのパニツクしよがい広場恐怖症ぢんかく分裂など私生活のはなしをまじえてお披露目する巻頭からほんのり漂うお出かけムウド。終末画家ジャン・ピエール・レイえがく架空の未来に明るい不思議な光につつまれながら崩壊している廃墟都市や工場廃墟の風景。細かく切断して色ぬりニスぬり用意した木片だけを組み立ててインドや東南アジアの仮面舞踊劇に登場する怪物頭の神様みたいな仮面(左の画像とか)をこさえるAJフォシック(A.J.Fosik)さんの脱魂3Dおぶぜ。スペインの2+3次元あぁちすとアントニオ・サンチン(Antonio Santin)さんのブッカケ女性お絵描き。コンビナートの屋上や橋のはしからはし、列車の車両全体を上から横から数珠つなぎに、よこはば3メートル、たてはば2メートルほどもある超巨大なヲンナやヲトコの目ん玉写真を貼付けて歩く街かど包囲あぁちすとシルク・チューダー(Silke Tudor)さん。ジャック・ネイプラーさん班長のサンフランススコ周辺都市探検愛好家グループ「自殺クラブ」が母胎になって結成された街頭宣伝広告改造あ〜と集団「宣伝看板解放ふろんと」。ゲームセンターや路上をアァト封鎖する異能派街角あぁちすと2人組フェイル(Faile)などがゾクゾク登場。引きこもった脳内の密室の窓外に幻想の楽園をみるのではなく、墓石に水をかけて洗うような調子でザブザブゴシゴシと、脳内から湧き出る妄想ホルモンをおそとに広がる集団的妄想の風景のうえから降り注ぎコスリつけ活動にいそしむアァチストさまたちお作品がこにゃにゃちわ。21世紀ゼロ年代と21世紀10年代の間に広がる地割れや谷間をジャンプしていく風切り羽の音が読者の耳あかをくすぐってくれるよおです。最終在庫1冊につきお問合せは大至急にどどどーぞ??[記:2011.10.11:PM23時00分。]


突然変異お絵描きア〜ト雑誌そとこもり拡大号『果糖ぶどう糖・第18号
by 編=アッタボーイ、アニー・オウエンス
発行=2011年。from りっちもんど。 英語版。
大きさ:本体=ヨコ180xタテ250みりめいとる。
  重さ= 約380ぐらむ
外見:そふとかば。オールカラー雑誌。頁数=114頁。
推定対象読者年齢:2才〜120才
ど特価:=¥1400
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::そともこり111011


2011年10月07日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

あにまるアウトサイダーア〜トぬいぐるみ写真集

くちゅくちゅ
..肉球ポンポン爪ガリガリ、お絵描き好きなネコしゃんたちが絵の具まみてでミャ〜ミャ〜描いたビュ〜チぷるぷるお絵描きばっかりを集めた当店どどいつ文庫でちょーロン毛セーラーのヌコヌコあ〜と作品集『ネコはなぜ絵を描くか/ネコ美学のりろん』の著者バートン・シルバーさんによれば、絵の具とネコ踊るお絵描きだけでなく、カーテンやソファーなどを引っ掻いてズタボロにするのもまた、ネコにとってはお絵描きとおなじくにお絵描きア〜トの3Dばーじょんなのだそう。すべてのネコはアウトサイダーあ〜ちすとだわ、と、この説を最近の流行語に置き換えてよいんかわるいんかはともかくも、ニャアとなけばワン、ワンと吠えればニャオン、すべてのイヌにもアウトサイダーアートの才能がいっぱいあるのでわわわわんわん??てゆうワンワンあうとさいだぁあ〜と、ヨダレまじりな天成のゲイヂツ的がドバドバしたたり落ちるおイヌさまたちのお遊び相手になってガブガブされたヌイグルミやフワフワのオモチャたちが見せる、ひたすらな無惨美のどろぬま的ワールドにずぶずぶと深入りした禁断のオールカラー写真集でござります。ご案内がかりは、小鳥(オウム)のコスプレ写真集『バラード夫人のオウムたち』や、ビンボーぬいぐるみ人形写真集『くつしたざる』など、ニンゲンの幻想風景にヌカ漬けされて半分人間になりかけのドヲブツさまとタクアンのしっぽのような動物性を最後まで手放さないニンゲンさまのややこしくこんぐらかった愛情関係をおマヌケ風味こってりにビヂュアル化してきたアーネ・スベンソン&ロン・ウォーレンさん。おイヌさまの同居人たちに声をかけ写真スタジオに持ち寄ってもらったヌイグルミやフワフワおもちゃたちのあまりにもあんまりなボロボロさぐあいがカワうソーにみえるのはまだニンゲンとしての見栄が邪魔しているはじめのうちだけで、ペーヂをめくることでゲーヂツ気分のスイッチがいちどポチっとなったら最後までガルルルル。。ヌイグルミ相手の造形ア〜ト活動に全身全霊没入したくてたまらないワンワン的本能への猛烈な刺激とともに、食欲も性欲もあっちもそっちも刺激するスンバラシーさくひんを眺めている気分をココほれワンワン。神のあそびとはこの事かとタヌキがポコポン腹つづみを打ちそうな、アウトサイダーほるもん全開アニマル不随意筋けいれんアートをご堪能いただけます。秋の夜長のムシさんたちもまじえた動物ふぁみりーダンランのひとときにぺったりなホノボノ残虐かわぴぴお写真集を、お犬さま1部屋あたり1冊ずつ、是非お手元にお備えくださいませ??[記:2011.10.07:PM21時30分。]


あにまるアウトサイダーア〜トぬいぐるみ写真集『くちゅくちゅ
by アーネ・スベンソン、ロン・ウォーレン
発行=2011年。from にうようく。 英語版。
大きさ:本体=ヨコ207xタテ260みりめいとる。
  重さ= 約730ぐらむ
外見:そふとかば。オールカラーお写真集。頁数=160頁。
推定対象読者年齢:2才〜120才
ど特価:=¥3000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::あ〜と獣111007


2011年10月05日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

人間蒸発フェチあ〜と大宝典

スチ〜ムパンク造形作品1000
..19世紀の次の20世紀が世界大殺人戦争と大量餓死の100年ではなく、工場とお芸術がひとつになった機械と昆虫や動物とニンゲンすべてが平等な夕暮れ色の空想文明の時代だつたらよかっただんべーちう趣味を生き甲斐にする妄想蒸気機関シュポポポ廃人こと、ひと呼んでスチ〜ムパンクなひとたちが手づくりでこさえた、古道具屋で売れ残ってホコリまみれの壊れたオモチャが脳みそのない電脳生命にとり憑かれたような21世紀よりももそっと世界の終末を通り越した先に近い雰囲気のただよう永遠に何の役にも立たない20世紀を鼻歌うたう独特てづくりDIY、スチ〜ムパンク美術工作大宝典でありまする。アメリゴ中心とはいえオランダ、フランス、ヌッポンなど世界各地のスチ〜ムパンク愛好あ〜ちすと&工芸職人さんたちがお気に入りのレースのパンツを編む毛深い毒グモのように器用な指先で偽造した大量のありえない過去未来ふぇちオブヂェで埋め尽くされた視野のなかには、あなろぐ電気機械のもつ唯一のチャアムポイントであるハッタリじみた魔術ムウドが、蒸発して消えてなくなる限界付近までめいっぱいに拡大・膨張せさせられて廃工場や月あかりの廃墟のような妖しい空間。素材ごとに分別してみると、金属系は、蒸気機関とはとっくの昔にサヨナラをしてきた最初から最後まで動いたり働いたりするつもりが全然ない宇宙のヒネクレ者代表のような顔をした大小さまざまな無数の歯車や、見ていない時にだけ無駄な超光速のグルグル回りをしている気配の時計の針、1度も使わないうちから錆びだらけムウドをかもす真鍮や銅の板や線をクネクネ、くるくる曲げたり巻いたり。植物素材は、枯れ葉や落ち葉、仏壇きんぺんなどがとてもよく似合いそうな高級感のある木の板の角を丸くしたようなもの。目玉や骨、毛皮などの動物デーエヌエイ素材を上のほうに並べたべた金属類や植物素材と交配して、機械からイキモノへの変身とドウブツから機械への変態化が同時に物質化するところにポタポタと生み落とされた変態版アイポツド、変態版USBハブ、変態版ボイスレコーダ、変態版MP3プレイヤー、変態版ケーター電話などなど21世紀商品のスチ〜ムぱんくヴァーヂョン、3Dアニメみたいなロボ人形、光がソケットから水飴のようにブラブラ垂れ下がる照明器具、間接的な関節照明にしか向かない水道蛇口風の電灯、手足がキビキビ動くようにみえる温度計、メガネと帽子と武器にこりまくり基本は地味なスチ〜ムパンクふぁっしょん、帽子、甲冑、イヤリング、カバン、毒ガスマスクなどスチ〜ムパンク美術工作1000点をオールカラー写真図版で収録。まだどこにもない過去の宇宙で未来の造物主をめざすモノづくり愛好家のみなみなさま(誰?)におかれましては、出来映えのエエものだけな出来映えがワルいかんぢにかんぢられるものでさえも、偽の蒸気燃料もれもれ19〜20世紀宇宙をこさえて遊ぶ際の参考に大活用でけそうです。コヲロギやスヅムシと一緒に草むらのネコうんちの横で合唱するのが好きなたそがれ愛好家のみなみなさまの晩酌のおつまみにもどどどーぞ??[記:2011.10.05:PM12時10分。]


人間蒸発フェチあ〜と大宝典『スチ〜ムパンク造形作品1000
by ドクターグリム
発行=2011年。from マサチューセッツ。 英語版。
大きさ:本体=ヨコ235xタテ235みりめいとる。
  重さ= 約1040ぐらむ
外見:そふとかば。オールカラーお写真集。頁数=318頁。
推定対象読者年齢:2才〜120才
ど特価:=¥2800
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::人間蒸発機関111003


2011年09月29日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

最暗黒あふりかん電脳ゴミ最終生活お写真集

永遠のあやまち
..スマータフォンやパソゴン、ゲーム機、AV再生機器の裏ぶたのネジが錆びついて回転を止めるとき、遠くて近いヂンルイの故郷アフリカの地獄風景に響き渡るヅンドコ太鼓の破滅の幻聴が聞こえてくうるくるくる。。どこへともなく消えてなくなるような錯覚にぶ厚く保護されながら大量消費先進地域でバンバン使い捨て投げ捨てられた電脳ゴミ(e-waste)がコンテナに積み込まれ、超集積的密度濃厚すぎる技術的因果のあまりにも不自然にこんがらかった糸車の結び目をほどかれてアノ世へと成仏するための代償としてダイオキシン、PCB、カドミウム、水銀、クロムなどなど各種猛毒性化学物質による破滅的環境汚染をゲロゲロゲボゲボと吐き出し垂れ流す生命みなごろし的惨劇の引き受け場所として、中国の貴嶼鎮(きしょちん,Guiyu)の田園地区やナイジェリア・ラゴスの電化製品マーケット裏とともに世界的大もんだい化しているガーナ首都アクラ郊外オダウ川沿岸スラム地区アグボグブロシー(Agbogbloshie)の猛毒化学汚染ドロドロ電脳墓場に、南アフリカ出身の写真家ピーター・ヒューゴさんが全頭防毒マスク投げ捨て&防護服脱ぎ捨て態勢で突入。死の猛毒黒煙にあぶられながらゴミ漁りサバイバルに明け暮れる青少年たちの五臓六腑に密着取材した驚き首くくりの木の21世紀最暗黒ドキュメントお写真集です。経費削減の極致を思わせるただただ荒涼として殺風景な電脳ゴミ墓場のなかで唯一うごめいている生き物は、おもにケーブル類を廃品回収して生活費を稼ごうとしているのは殆どが両親のない孤児ばっかりとゆう青少年たちで、手には焼コゲてくすぶる電脳廃品の熱い山をひっかきまわすための棒切れを持ち、ゴミ墓場のなかを大勢であっちでキョロキョロこっちでウロウロ。いやが上にも鋭い目つきで獲物をさがしてたたずむ姿は、情報機器まみれの現代生活妄想におぼれるわだぐぢ(誰?)の退化ぶりを哀れむ22世紀未来人からのマッサージそのもの。肩には火ダネに使うのか古タイヤをかつぎ、頭上にはこんぐらかったケーブルの束をのせ、どこにいくのかと思えば、どこまで広がっているのか見通しもつかない電脳ゴミ墓場のど真ん中だか片スミだかわからない焼けこげゴミのはらの上にこさえてある、屋根や覆いのない柱だけや壁代わりの板だけのすみかで休息していたり、超高濃度汚染排水路と化した川で汲んだ水が入っているらしいタライを頭上にのせた少女が当たり前のような顔で横切っていったり、誰かに飼われているのか野生化しているのか見分けのつかないゲッソリやせの牛たちがひとりでいたり群れを作ったりしながら何か御用でしょうかとゆう顔でヘナヘナ座りこんでいたり、焼け残ったパソコンの筐体がイスやテーブルのようにならべられたり。電脳やけのはらの地獄風景とひとつになって溶けこんでいる想像できない色つきソウメンのような楽園幻想の切れ端が、写真集のページをめくるとともに目にチクチクと刺激的に、曲がった鼻の穴が元どおりに曲がり直すほど強烈な幻臭とともに、わだぐぢたち(誰誰?)の目の前の風景と二重うつしに浮かびあがってくるようです。一杯のコップの水に浮かぶ地球まるごとを21世紀アフリカ最暗黒地点からにらみつける写真家ピーター・ヒューゴさんの最新お写真集『永遠のあやまち』。1冊ずつのお購入ももろちんどススメですが、同じヒューゴさんの前2作『ハイエナ人間たち』 『海苔鬱奴(のりうっど)』と3冊串刺し合体で300%倍増の衝撃力をご堪能もどどどぞどーぞです。??[記:2011.09.30:PM21時00分。]


最暗黒あふりかん電脳ゴミ最終生活お写真集『永遠のあやまち
by ピーター・ヒューゴ
発行=2011年。from にうようく。 英語版。
大きさ:本体=ヨコ247xタテ296みりめいとる。
  重さ= 約370ぐらむ
外見:はあどかば。オールカラーお写真集。頁数=112頁。
推定対象読者年齢:2才〜120才
ど特価:=¥6500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::電脳廃棄物110929


2011年09月25日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

悪趣味DNAぺとぺと珍奇オブヂェ写真集

ウチの両親んチのウンチン物件
..ヒトがヒトとして生まれたあとで一番最初に出会う確率がそこそこ高めな、身近にいがちな怪人物、キケン人物とゆえばカアちゃんトオしゃんと呼ばれる中古っぽいヒトたちで、そのヒトたちのどちから一方だけとでも両方とでも一緒のおウチにコドモ役を受け持って住んでいたりすると避けがたく必ずひっきりなしに突き当たることになる、いわゆるヲヤとゆう役をしているヒトたちの好み・趣味のあまりの悪さを一切なんのためらいもなく全開にしている全裸マントの露出狂的なお部屋の徹底的にカワイクない系カワイい物件ヒドいヒドい自慢くらべお写真集でありまする。本書では、世界中のインタネット漂流者から送られたヲヤのウチにあるクソミソ物件を置いてある部屋ごとに、居間の巻、食堂の巻、台所の巻、お仕事部屋の巻、寝室の巻、お風呂場の巻、屋根裏部屋の巻、地下室の巻、車庫の巻の順番に整理。クロスワードパズルが印刷してあるトイレットペーパーの使いかけとか、植木鉢の代用品にされてお花がいくつも咲いている庭の便座とか、出前のピザなどにセットでついてくる調味料の袋を使わないまま大量に保管してある箱とか、フォンデュ作り専用の液体燃料缶とかゆうた、実用性のしぼりカスのような臭いが付着しているものもチョロチョロまじってはいるのですが、少なめに見ても半分以上をしめているのは、ちんちんが渦を巻いている小便小僧人形型のワイン栓抜きや、柄が揃いのメガネとビキニ水着をつけて寝そべっているカエルの人形や、コドモと一緒にサッカーボールを蹴りまわしているキリストの人形や、ヒモで天井にぶる下がっているカエルの丸ごと照り焼きにチャックをつけただけのようなサイフぽい何かや、お腹が時計で坊主アタマで目が寄り目のパンダ人形などなどなど・・のカワイくない余ってカワいさ百倍系のお人形たち。フツーのひとのオウチの中で、よそからの来訪者がじぇったいに見て見ないフリをしたくなる陽の当たらない場所をこさえるときの強力あいてむを、この時とばかいにシゲシゲ、ヂロヂロと拝観することのできる貴重なウンチン物件これくしょん本でありまする。ヲヤだコドモだ言われると、何のことやらさっぱり理解できないおおぜいの皆々様とご一緒に、どこのウチにあっても笑われることぼぼ確実な、誰かが今すぐ捨てたとしても誰も文句がなさそうな、ヘンテコ人形と一緒に遊んでやってください。??[記:2011.09.25:PM23時50分。]


悪趣味DNAぺとぺと珍奇オブヂェ写真集『ウチの両親んチのウンチン物件
by 編=ジョエル・ドヴェヴ
発行=2011年。from にうようく。 英語版。
大きさ:本体=ヨコ176xタテ179みりめいとる。
  重さ= 約370ぐらむ
外見:そふとかば。オールカラーお写真集。頁数=208頁。
推定対象読者年齢:2才〜120才
ど特価:=¥1600
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::ゴミ遺産110925


2011年09月21日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

音楽中毒ファッション集団観察お写真集

信者たち:ジェイムス・モリソン写真集
..ミウヂイしゃんの熱狂的ふぁんのスットコドッコイっぷりは、制服デザインだけに興味のあるセイヂ団体に加盟したり、フェロモン的出会いの誘惑にふらふらして洗脳宗教に入信したりのスットコドッコとどれほどドッコイドッコイか。写真モデルのおサル様と写真お眺めるおニンゲン様のエンヤートット合戦お写真集『ゼイムスと猿人(さるびと)仲間たち』の写真家ジェイムス・モリソンが、憧れのスタアの音楽コンサート会場にお参りするファンの老若男女の群れのなかから、コンサートお出かけ用の特別なオベベをめぢるしにして磁石で吸着。まるで、モノマネ選手権の顔似てない雰囲気ソックリさん大集合の部みたいな、何ともいえず奇妙なムウドが充満しきった集合写真集でありまする。全員が両手か片手を腰にあてている男女こきまぢったレディガガふぁん7人のレディガガの物悲しさばかりを正確になぞった異装とりどりの見開き横並び写真を先頭に、これも男女雑交サタニツクボンディジふぁっしょんとゾンビパンダめいくのマリリン・マンソンふぁん8人衆。ググッと平均年齢急上昇60才代金髪とっちゃん坊や揃いのロッド・スチュワートふぁん7人衆。美容体操とSMふぁっしょんにLGBTもくわわったマドンナふぁん8人衆。一点して、予備校生むうどムンムンのオアシスふぁん8人衆。薄毛で悩むおバアさんがかぶるようなハデなカツラの女性ばかりなケイティ・ペリーふぁん8人衆。写真に映るとタマシイを抜かれると信じているような引きつり笑いを浮かべた幼いヲンナの子たちばかりのケイティ・ペリィふぁん10人衆。とりあえず紫色ぞろいのプリンスふぁん7人衆。高級感ただようコートや上着をきた初老男性ばっかりのボブ・ディランふぁん7人衆。タータンチェックズボンやスカートのお揃いっぷりと年齢層の異様な高さが圧倒的なセックスピストルズふぁん8人衆。収入をファッションにつぎこむ余裕のなさそうな中年女性ちうしんのスパイスガールふぁん8人衆。肩掛けバッグをかけて買い物帰りみたいなヒト揃いのトリ・エイモスふぁん8人衆。全員がモーターヘッドTシャツ着用のモーターヘッドふぁん7人衆。モーターヘッドふぁんよりカラフルなアイアン・メイデンTシャツ全員着用のアイアン・メイデンふぁん7人衆。キメキメむうどの(ボブ・マーリーあんどざ)ウェイラーズふぁん8人衆。おされメガネ自慢のエルトン・ジョンふぁん7人衆。Gパンの股間にびみょうな主張を臭わせているイギー・ポップふぁん7人衆。白黒黄色人種揃って帽子好きの多いジョージ・クリントンふぁん7人衆。パーマと黒服が揃い過ぎて全員兄弟むうど濃厚なザ・キュアふぁん8人衆。みごとに気持ちの悪さ自慢ぞろいのモリッシーふぁん8人衆。ディスチャージとかエクスプロイテッドとか関係ないバンドのロゴ取り入れすぎなのにファッションパンク度だけはマンガっぽくバリバリなハードコアパンクばんどカジュアリティズふぁん8人衆。坊主あたまと肥満体のマッドネスふぁん7人衆。イレズミと肉体労働体型のレッドホットチリペッパーズふぁん7人衆。見てはいけないものを見せたがるパートのおばちゃんぞろいなジェニファー・ロペスふぁん8人衆。アニマル柄好きなオバちゃんばっかりなトム・ジョーンズふぁん7人衆。長いアゴひげも白髪が優勢で黒シャツGパンの仙人集団ぽいZZトップふぁん7人衆。見るからに地獄に堕ちて呪われた風なダムドふぁん男女でこぼこ7人衆。。パンク、ヒップホップ、ロック、ポップス、レゲエなどヂャンル鳥鳥の人気ミウジしゃんの熱狂的ふぁんたちが横並びに7人または8人ずつ立っている集合写真ばかりがずらずららー。1人ずつでは何のオーラもないファンのひとが、7人8人と集まって1枚の写真のなかにスッポリ収納されたときに発するトロケたかんぢ。カガミの前に立っても自分が誰だかを思い出さないようにする代わりに、誰だかも知らないままに憧れている誰かと少しでもソックリなかんぢに成ってみたいものとゆう努力の成果が表面に見えるようになっている状態のバカバカしさをバカバカしいとも思わないどころか、他人に似るための同じ努力をしているヒトたちのなかでぢぶんを見失うことに他のなによりもつおい喜びを感じているヒトたちの小集団がかもしだすスキマ感。あなた(誰?)とあなた(誰?)のなかにある「わたしはわたしですよ」気分との間を当たり前のように通過していくスキマ感、あなたたち(誰誰?)気分とその外側にある「わたしたちはわたしたちですよ」気分との大きな小さなワレめ感、そこにすぽっとハマりこむのは簡単でも、確かめようとすると何だかよくわからないスキマ感やワレめ感を大量につめこんだ集団ふぁっしょん生観察の不思議ふしぎお写真集となっています。全然似ていないモノマネの面白さに加えて、人間ヒトリヒトリのファッションではなく、動物集団としてのニンゲンのファッションを生態観察した他にるいのないお写真集をドヲブツふぁっしょん音楽好きのみなみなさま是非ぜひどどどーぞ??[記:2011.09.21:PM23時50分。]


音楽中毒ファッション集団観察お写真集『信者たち:ジェイムス・モリソン写真集
by 写真=ジェイムス・モリソン、序文=デズモンド・モリス
発行=2011年(初版=2008年)。from にうようく。 英語版。
大きさ:本体=ヨコ198xタテ274みりめいとる。
  重さ= 約800ぐらむ
外見:はあどかば。オールカラーお写真集。頁数=144頁。
推定対象読者年齢:2才〜120才
ど特価:=¥3500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::人間動物園110921


2011年09月17日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

ゴミくず蘇生アァト大爆裂お作品集

苛酷な真実:ダイアル・ソーントンのアァ〜ト
..どてカボチャと瀕死のドブネズミさんたちを黄金の馬車に生まれ変わらせる魔法づかいのオヂいさんオヴァあさんよろしくゴミ捨て場で拾い集めて来たババッちょいガラクタ類を目くるくるめくアアァ〜トに蘇生させる宇宙電波系廃品再生あぁちすと数多いなかで、不法投棄廃棄物に覆い尽くされた荒れ放題の波間をかきわけて海中深くへと素もぐりプクプク、皮膚や脂肪や筋肉は途中でとろけてしまい、残っているのは骨だけの状態で深海の底までたどりついたようなズルむけ感の強烈さではピカイチな自己流あぁちすと無冠の帝王ダイアル・ソーントンさんの、5次元絵画と4次元彫刻がまぐわいの限りを尽くしたした5454次元あぁ〜と歓喜のバクバク大爆裂おさくひん集です。メガネのふちでガラガラ揺すって分解してみると、ソーントンさん流9次元宇宙をかたちづくる星くず成分は、金網や鎖や鉄条網、錆び釘、針金、それに、農具や工具、ガラスびん、こんがからったロープやヒモやひび割れたゴムホース・・など、アメり力南部の黒人奴隷たちの肉体をガンジがらめに押さえつけていた拷問道具各種にゲーヂュツ的興奮のエキすがまむされた風なものものと、腐った木の枝や枯れた木の葉、お墓に飾るプラスチックの造花やザル、ズタズタに裂けた衣服のボロや壊れたマネキン人形にコドモのおもちゃ、山羊やネズミやウシなどの死骸や骨格、モップやブラシのブタの毛、ジュウタンやアラバマ黒婦人特産のジーズベンド調キルト・・など、人間人形の原型とも旅路の果てともみえるほど喜怒哀楽見分けがつかない感情的むうどがグショグショにまとわりついた風なものものと。が、踊るキノコ音楽団ぽくゆるやかにキッチリ引き締まったリヅムでゆれる群れを形作っているそのうえに、2次元平面をなぞるだけの塗り絵とは別の、4次元立体のうえに1次元をプラスする5次元お絵描き方式でアクリル、エナメル、ニス、テンペラ、スプレーペンキ、接着剤などなどの目つぶし色色々で染め上げられつつそのうえに、あらたな4次元立体が5次元お絵描きが・・とゆうた調子で分裂と増殖をかさねながら、差別やリンチが日常茶飯事の地獄の鉄クズ動物園のような暗黒風景と、春のウララーのどんちゃか騒ぎ花盛りっぽい天国風景の間をいったりきたり悠々と泳ぎ回るかのようなスゴ味が煮こごりのように底光りして、他のどんな自己流ゴミゴミあ〜ちすとのおウチでも見かけな毛な被差別者大解放あーと全開狂い咲き。だけでなく、巻末近くには、ふつーのお絵描きの意味でお絵描きに属するタイプとは言ってもただひたすらに驚異的あんど脅威的な霊界女性ヌウドばかりを集めたスンバラしぃぃ1章も収録されていまして、ココを折り返し地点として9次元あぁとを折り重ねてみると、現代あ〜とギョー界からの注目度も自己流あ〜ちすと中でわ随一とゆー完璧にどどでもよい評価もいかにもで、同じアラバマ出身の宇宙さいけフリィヂャズあぁちすとサン・ラにも並び称される学歴無用自己流あぁと鬼神ダイアル・ソーントンさんワアルドのどとても広々とした広がりの広さのなかにヅブヅブと安らかに溺れさせてもらえそおです?今年2011年2月から5月までのインディアナポリス美術館を皮切りに各地を巡回するダイアル・ソーントン展開催記念に図録をかねて刊行されたずっしり愛蔵版オールカラー作品集を、本のかたちをした霊界ラヂオとして枕元に安置して真夜中あぁと電波捕獲お楽しみになられてみてはどどでしよか??[記:2011.09.17:PM22時50分。]


ゴミくず蘇生アァト大爆裂お作品集『苛酷な真実:ダイアル・ソーントンのアァ〜ト
by ダイアル・ソーントン
発行=2011年。from にうようく。 英語版。
大きさ:本体=ヨコ300xタテ319みりめいとる。
  重さ= 約1.1きろぐらむ以上(当店の計量器具限界おぉばぁ)
外見:はあどかば。オールカラー作品集。頁数=216頁。
推定対象読者年齢:2才〜120才
ど特価:=¥6500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::黒人再生工房110917


2011年09月14日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

発情ちゃんぽんゲイいらすと画集

いやはやビンビン
..生気のうすいハリウツド映画スター男優がニヤケたような人相と古代ギリシャ彫刻に巨大電動コケシを装着したような架空の理想的むきむき体型をもつゲイえろイラスト画の大巨人トム・オブ・フィンランドを仰ぎみつつも、妄想の中にしか実在しないモデルたちをモデルにした妄想画への欲求不満どうにも辛抱たまらずに、ぢぶんの身の回りにゴロゴロ転がっている現実生身のありとあらゆるタイプの発情するゲイぴいぷるをモデルに妄想よりも妄想ぢみたお絵描きに情熱を注ぐゲイえろイラスト画家マイケル・カーワンさんのホモホモ作品集でござります。1953年ニューヨーク生まれ。5才で幻想世界お絵描きによる現実逃避のよろこびを発見。7才ですでにヘンタイと無神論者の自覚をもっていたがカトリック教育をうけて育ち1971年には結婚して子供が出来たあとで離婚。ゲイ雑誌に作品が初掲載された1985年前後はホモサウナ勤務。以後は順調に各種ゲイ雑誌に作品を発表し押しも押されもするゲイいらすと画家として独自の未知を飛ばしてきたとゆうた風な略歴、ことに異性との離婚歴ありとゆう部分にほのかに透けてみえるカーワンさん式なんでもあり系ヘンタイお絵描きの極意は本人いわく、見るからにクリッキリはっきりタイプのちがうホルモンを一緒にかき混ぜひとつの画面に注ぎこむ的なことなのだそうで、ボサボサと白髪、スペイン語系と英語系、ガッちりとナヨナヨ、ビンボーと泥棒紳士、レザーと女装、密室と街角、真っ昼間と真夜中、純愛と無差別大乱交・・などなど列挙していけばウナギと梅干ばばあの花電車をも凌ぐほど食べあわせ悪げかと思うようなヘンタイにんげん唐草模様を、年季を積んだヌウド舞台照明の職人技師もびっくりな色つけ影ほりのワザや、イモリヤモリもびっくりの壁面歩行人的カメラあんぐるなども駆使して、色情カラフルに発情ポップにフェロモン生き生き描き上げるのがマイケル・カーワンさん流。画面中のヒトたちの、ぢぶんやひとやをいぢくることしかしないリラックスしきった緊張感のなかでは、両手ともヒヂまでのひとが性こーいのあとで両足を使って吸うタバコのけむりで空中に丸い輪っかを浮かべていたりする光景も、悪魔じみたホモ老人を背中におんぶしてあるく全裸の青年も、それがふつーで当たり前っぽい感にひたりきっているのを納得しそうになるほどに、本書を観ることになる皆みなみな様を、性的嗜好や趣味のあれこれ問答無用で、絵のなかからそとへとあふれだす妄想の渦巻きへとひきづりこんでいくようです。脳みそと両手の神経が互い違いにつながったシャム双生児に生まれ変わった地獄横丁DNA顕微鏡観察画家ジョー・コールマンとポップゲイ術巨匠画家ポール・カドムスが、ミック・ジャガー横田のコックサッカーブルースをBGMにお昼ねちう、虹色の寝汗で布団のシーツに描いたテクニカルカラー性夢にたとえてみれば当たらずどころかまったく近からずとわいえ、ゲイ趣味一切抜きでもヌキヌキにおもしろ毛なマイケル・カーウォンさん独特の発情ちゃんぽん麺的ゲイ多様性バンザイ発情いらすとワあるどの実物お体験を、当店ショウルウムにてどどどーぞ??[記:2011.09.14:PM21時45分。]


発情ちゃんぽんゲイいらすと画集『いやはやビンビン
by マイケル・カーワン
発行=2011年。from ベルリン。 英語版。
大きさ:本体=ヨコ218xタテ280みりめいとる。
  重さ= 約1.05きろぐらむ
外見:はあどかば。カラー作品集。頁数=128頁。
推定対象読者年齢:18才〜120才
ど特価:=¥4000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::ビビンパ110913


2011年09月09日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

レゲエ魔界お毛毛のびのび写真集

ほい、ラスタ
..エゲレスの白い王様の植民地だったジャマイカに、聖なる狂人レナード・ハウエル(Leonard Howell)がこさえた黒い神様の幻覚宗教王国・ピナクル。イヂメ、迫害、物理的破壊、投獄、精神病院送還・・ありとあらゆる物理的消しゴムパワーを浴びせ倒されて地上から追放されたところの大きさに比例して、白い物質文化の中にがばりと口をあけた無数の穴ボコをバンジーじゃんぷの飛び込み台がわりにして、無限にひろがっている別天地へと真っ逆さまの垂直上昇。殺虫剤を強精剤のようにガブ呑みするゴキブリの如くどこづんどこどこつんどこ絶滅のガケっぷちから何度でも蘇り生き延び続けているジャマイカ幻覚王国の住人ラスタびとのいる不可視の超時空へとおフランスぢん写真家パトリック・カリウさんがんお邪魔したレゲエ魔界おむすびころりん訪問お写真集です。樹木の果実と川の水、そして草の葉っぱをいのちのおクスリにして人里を離れた山すそ風の場所で仮小屋住まいをするラスタびと老若男女の生活ふうけいは、いかにも未来の第二地球からの親善大使ふう。指をひろげたミドリガエル色のかつらをかぶったカッパの集団のように訪問者を呼び止める満月の夜の海底めいた薬草が表紙見返しページ天然色見開き写真でミドリの惑星からこにゃにゃちわする残像なのか、以後はオールしろくろ写真であるのにも関わらず、見渡す限り一面のしたたるようなミドリ色の水中をミドリ色も何色も見えない深海魚に変身して泳いでまわる気分。目にみえるもの影をなぞるためのお道具である写真機を使って、目にみえない幻聴幻視幻覚に満たされたレゲエな村のにおいを捕獲しようとしてパトリックさんが投げた網にひっかかってきたのは、あっちこっちの大海原のあっちこっちの果てから果てを、地上から捨てられた無数のゴミくずと一緒になってぶらりぶらりと漂いながれる行き場もない海草や海藻のかたまりをホーフツとさせながらラスタまんたちドタマの上にずっしりと根を生やした髪の毛やヒゲのかたまり。ゼイ肉のひとつまみもないラスタまんのヒトたちの肉体の未来世紀の始源人的すっきりぶりをみていると幻覚宗教の健康パワーに背筋を蹴りつけられるような気分に傾いたりもするのですが、オツムのうえに巣穴にむらがる大蛇のように鎮座している髪の毛の大たば小たばに焦点を移動してヂイっとみていると、髪の毛やヒゲに見えるものの正体は薬草の化身で、ラスタまんたちに取り憑いてホルモンをちうちう吸い取っている異次元の寄生体のようにしか思えなくなつてきます。巨大化したマンドレイクやアルラウネの葉っぱや根っこみたいな髪の毛が寝ぐせで坂だっていたり、こんぶの帯状になって地面までひきづっていたり、帽子をかぶせられて頭が2つあるヒトみたいになっていたり。ゲゲゲの鬼太郎の目玉のおやじの白内障ちりょうも朝酒まえな薬草の霊気を各自お自慢のお毛毛にムンムンさせながら次から次に登場する魔界の住人ラスタまんたちのふしぎに澄んだ眼差しばかりのむこうに、なぜだかコチラ側の世界が白昼夢のような非げんじつ感につつまれながら走馬灯走りで駆け出していくよう。数年前、現代美術家リチャード・プリンスとゆうひとがこの写真集を元ネタにコラーヂュ作品をつくったのが著作権もんだいの裁判沙汰になる騒ぎがあったそうなのですが、この写真集の現物をみれば、リチャード・プリンスが想像力に恵まれない白い道化師でしかなかったことが一目瞭然になるほど圧倒的な幻覚むらびとたちの存在感。黒い神様のお告げにしたがって伸ばし放題の髪の毛の先に地球全体をぶらぶらさせるほどのパワーみなぎらせ、平面3D的にまろびだす、ニンゲンさま本来の毛の長さやこんがらかりぐあいの見本のようなお毛毛生命体の群れ、天命天地反転妄想のぐるぐる渦巻きに呑込まれる寸前の上空を地球のおまけ気分でぶらんぶらんと綱渡りさせてくれる地上の星くず宇宙人的肖像写真集。1000円床屋代7、8年分節約瞑想のおともにも是非ゼヒどどーぞですす。。??[記:2011.09.10:PM17時30分。]


レゲエ魔界お毛毛のびのび写真集『ほい、ラスタ
by パトリック・カリウ
発行=2000年。from にうようく。英語版。
大きさ:本体=ヨコ253xタテ315みりめいとる。
  重さ= 約1.1きろぐらむ以上(当店の計量器具限界おぉばぁ)
外見:はあどかば。シロクロお作品集。頁数=176頁。
推定対象読者年齢:2才〜120才
ど特価:=¥4000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::髪髪の世紀110909


2011年09月06日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

ご臨終ストリ〜ト大航海お絵描き集大航海お絵描き集

百合死異呪(ユリシイズ)の出発と旅路そして帰還:アンドリュー・シュルツお作品集
..セミプロ級の腕前とゆうスケートボード乗りの、猛スピイドで動く歩道に突っ立ったまま流れる風景が顔面を圧迫する風圧とチャンポンになって踊る感覚をお筆先にのせて強迫心配性ぎみな熱い息苦しさのなかに終わりのない開かれた物語の世界をつむぐ引越し癖の強いお絵描きアァチスト、アンドリュー・シュルツさんの初作品集が、刊行から5年遅れでようやく当店に入港してくりました。シュルツさんのお絵描きの描きはじめはいつでも、現代社会とゆう妄想をひとつのまとまりのなかに辛うじてつなぎ止めている数少ない止め釘のような役割を背負わされている悲惨や混乱の大渦巻きのど真ん中。一つ目のピラミッドや赤いヨダレをたらす火山のてっぺんがワラワラと伸びるブキミな炎やケブリの長い帯を吐き出し、異常なハイテンションで回転する竜巻の予感にも絶え間なく脅かされている絵の中のソコ、アフリカの大平原に突然できた小規模な現代都市のような、ドヲブツの背中のどこかにあるカユいときに一番掻きにくい場所のような、誰でもどこかでみおぼえのある未知の土地には、大河だか海だかみわけもつかない髪の毛のようなウネウネの流れドンブラコとすべる木造の無人奴隷船にはユリシイズの人影のかわりなのか、痙攣的に仁王立ちするハリボテの巨大馬が船窓から首や足を生やしたり引っ込めたりしてその背中を木材の山が押しつぶそうとしていたり、かたや平原にいる消しゴムのようなかたちに全身を縮こめたゾウさんたちの大群には、大八車にのって引っ張ってもらったり、拷問具のように取り憑いてゾウさんの背中をも虐めぬいたり、高層化された鳥小屋に長屋住まいのコトリさんたちがくわえたヒモで吊られて空中を横切っていったりする呪われた木材のそもそもは全身に毛の生えたような巨木、作者アンドリュー・シュルツさんの体内にどっしり根を生やしているのでわないかと思うほど画面のなかで印象的な巨木は、切り株から血しぶきのように爆発的に破片をまき散らしながら切り刻まれ身をよじって悶えていたり、巨大な掘っ立小屋や木橋になって崩壊したりとゆうような道具立てが、お料理にたとえて言えば絵師アンドリュー・シュルツさん好みの食材にあたり、でわさてシュルツさんのお料理はとゆえば、針穴に通すところからではなく、糸を巻き巻きするところから縫い物を始めるヒトのような手触りの感触を大事にするヌクヌクした温かさがあるために、世界の破滅ぢみた光景のなかでもイノチ綱で支えられているような安心感がかもしてい、お絵描きフライパンふりふり修行で鍛えられた手首のリズムから流れてくる回転軸しっかりした安心感が、いま目の前で破滅まっさいちゅうの世界とは別のどこかの世界への出発へ旅立ちへ向けて見るひとの背中をオイッチニオイッチニと押し出してくれるようです。破滅のづんどこの底で繰り広げられる障害物レースをどんじりからウキウキとジャンプする夢みるパワアをクッキリとみせてくれるシュルツさんお絵描き作品集を踏切り板にして、もうひとつふたつ無限のきのお・きょお、ああしたどうしたへと、づづつい進まれてみてはどどでしょか?[記:2011.09.06:PM23時10分。]


ご臨終ストリ〜ト大航海お絵描き集『百合死異呪(ユリシイズ)の出発と旅路そして帰還:アンドリュー・シュルツお作品集
by アンドリュー・シュルツ
発行=2006年。fromさんふらんすすこ。 英語版。
大きさ:本体=ヨコ182xタテ260みりめいとる。
  重さ= 約700ぐらむ
外見:はあどかば。カラー&シロクロお作品集。頁数=160頁。
推定対象読者年齢:2才〜120才
ど特価:=¥3200
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::大後悔時代110905


2011年09月02日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

電線ふぇちモヂャ2お写真集

アンドレアス・ゲフェラー写真集:ヂャパンしりいず
..遠い星からやっと地球までやってきたのにUFOの窓から乗り出しすぎて地上に墜落した宇宙人が空中で必至に目玉のレンズを調整してやっとピントがあった絶命寸前の最後の一瞬の光景?とおもうような、食べ物にたとえると、珍味と生ゴミのスレスレのさかいめみたいな地上見下ろし垂直トリ目写真が大好物のドイツぢん写真家アンドレアス・ゲフェラーさんが2010年鳥取でのEUヂャポン祭り鳥取ゲスト招待時に撮影して話題になったヂャポン名物異形の光景。ゴチャラゴチャラこんぐらかった電線の写真しりいずが、このたび目出たく待望の写真集となつて地上に激突。当店へも転がり落ちてきてくれまぢーだ。鳥取の電線に泊まっていたサンバ好きなコトリたちがチュチュンがチュンとは聞こえない鳴き声のひとつも残さず姿を消したあとの電線たちのこんがらかり具合に期待しながら写真集のペーヂをめくりはじめると、意外なことに黒い床板。立ち位置の目印と無数のキズキズだらけの汚れた黒い床の写真がおでむかえをしてくれて、一体なんのことなのかと説明の文章を探してよむと、こりは写真家ゲフェラーさんが鳥取に出かけたときに案内をしていた演劇関係のヒトにゆかりのある舞台のステーヂなのだそうですが、ペーヂめくると、放射線を目でみる装置・霧箱をのぞいている黒い印象から一変して漂白した紙のように白い白バックの上に電線と電話線と、接続用や補強用の器具やらカバーやら鋼鉄線や何ぢゃらかんぢゃらがこんぐらかった電線宇宙の無重力飛行すぺーすへ突入開始。釣り音痴の釣りびとばかりを定員オーバーするまでつめこんで転覆しそうな釣り船から海に突き出た無数の釣り竿が1匹もかかっていない獲物をつり上げようとして一斉に力まかせに釣り糸をぐいぐい引っ張りっこしているようなユルミ、タルミだらけの引っぱり感のなかに、ときどきフジ棚やらブドウの木やらモモの木やらが伴奏風にシャシャリでて、自然界のなかに自生する植物の規則正しく神経症的な折れ曲がりのリヅムを見せつけてくれたりもしつつ、いつしか背景は黒バックに変わり、深海深くの黒い水のなかに溺れているかのような感電死ばあじょん電線奇想曲をチュチュンがチュンとかなでてる収録オールカラー写真図版全58点です。現代社会の生命線を支える人工血管にも人工神経にもたとえられる巨大電線網の全体からみればエダ毛数本分ぐらいの小さい一部分をギコギコ解剖メスで切り取って顕微鏡で見ているうちに時計の針がいつの間にか停まり、電線ノイズの波の形が聞こえなくてもよかったフィギュアスケート選手の氷河を粉砕する鼻歌のように聞こえてくる気配たっぷり。ものすごくムツカしい知恵の輪のように見えても実際はヒト筆描きの寄せ集めのようなもので1本ずつの線をほぐすのは思いのほかカンタンなため、こんぐらかった脳みそや神経の肩こり解消用に各種ご贈答プレゼントにも好適かもかも。ちょつとイヤがらせ気味に少しリッパな愛蔵版仕立ての電線お写真集を、大工道具入れや物置き小屋のすみっこに1冊2冊、積み上げて置かれてはどどでしよか?[記:2011.09.02:PM21時00分。]


電線ふぇちモヂャ2お写真集『アンドレアス・ゲフェラー写真集:ヂャパンしりいず
by アンドレアス・ゲフェラー
発行=2011年。from どいつ。英語+ドイツ語の2言語併用版。
大きさ:本体=ヨコ300xタテ300みりめいとる。
  重さ= 約1.1きろぐらむ以上(当店の計量器具限界おぉばぁ)
外見:はあどかば。オールカラーお写真集。頁数=96頁。
推定対象読者年齢:2才〜120才
ど特価:=¥6500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::電線マン温度110901



翌月のペエヂはアチラ          先月のペエヂはアチラ

この頁の先頭に戻る

お問合せ‐ご注文は今スグ大至急なんとなくdobunko@mail.goo.ne.jp「どどいつ文庫」まで
inserted by FC2 system