♥ 世界のキテレツ洋書&デヘブヒデヘ専門店「どどいつ文庫」です。ご連絡はdobunko@mail.goo.ne.jp「コニチワど文庫」係まで大至急に。

メニウでゴザル

●最新頁はアチラ
最新頁
dobunko.jp/
◎ご来店あんない
コチラです
◎ご注文方法

ご注文は25ぢかんOK

※ホ〜モ頁にのつていない本やDVDのお問合せもどおぞ。。
◎おメエル連絡先
お問合せご連絡は、 dobunko@mail.goo.ne.jp
まで。いつでもどうぞ。
25ぢかん受付中
※ホ〜モ頁に出ていない本やDVDもお探ししします。。


〈ふりだしへ戻る〉

2013年2月+1月+12年12月のホカホカ入荷!
*お好きな順番で画像の上をゴキっゴキっと押っぺしてのぞいて見みみてください。

2013年02月26日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

人体改造写真魔J.P.ウィトキンお作品集

虚栄:ジョエル・ピーター・ウィトキン写真集
・・十字架の上で全身ぼろぼろになりながらもニコニコしている妄想のなかのキリストの目線からみた、ニンゲンさまの限界を超えるほど目一杯に神さまの姿にそっくりで神さまなのかニンゲンなのか見分けがつかなくなっているヒトたちの姿をフランケン博士のゾンビィ蘇生秘密工房的秘術を駆使して写真のなかに生み出し続ける世界現代写真異人界有数のヘンタイ魔人ジョエル・ピーター・ウィトキンさんの2010年チェコ・Brno美術館での展覧会開催を記念して刊行されたウィトキン作品集でありまする。この展覧会と本作品集の特色は、ウィトキンの写真のかたわらに、その写真との関連性がひとめ見てわかる場合も多いウィトキン本人が描いたお絵描きを並べ、読者のわだぐぢたち(誰誰?)が左右に首を動かすだけで、ウィトキン写真とウィトキンお絵描きを見比べることが出来るようになっているところが、全部では全然ないのですが、ちょこちょこちょことあることで。畸人モデルや死骸モデル探しから出発して暗室での落書きによる仕上げへと1枚ずつの写真を完成するまでにヘンテコな労力とエネルギーを膨大につぎ込んでいることで知られるウィトキンあ〜とをめぐる、お絵描きとお写真のどちらがタマゴでニワトリか、どちらが先に生まれるのか後から生まれるのかとゆうことをタネに妄想を膨らませるのにもちょっこしお役にたちそうな段取りになつています。そしてまた、チェコ語圏のウィトキンあ〜と初お目見え展覧会だつたとゆうことで、この作品集に収録されている作品も、発表された時代順に1970年代、80年代、90年代、2000年代と機械的に並べるのではまったくなく、1979年の「ウナギを母乳育児するヲンナ」、1981年の「にんじん天使」、1982年の「液体コレクター」、1986年の「アールデコのランプ」、2002年の「海の溺死者研究」、2007年の「死んだ道化師としての私自身」・・とゆうた具合に、毎晩どんな夢をみながら過去40年もの夜から夜へと泳いで渡ってきたのかちらりと想像するのもヲトロし毛なウィトキン写真のおもには代表的な作品を行き当たりばったりを装いつつしっかりと押さえてもいるよおで、これまでウィトキン作品を食わず嫌いで避けてきたウィトキン初心者のみなみなさまがキリスト教ア〜トの伝統のなかでのウィトキン作品のハミハミした感触を体験してみるのにもどとてもよいかんぢ。ヌポンでいえば神社の「絵馬」みたいな南米の教会奉納用手描き祭壇画「retablo」の形式を取り入れて2008年以降に制作されたウィトキンの最新シリーズもお待ちかね最後のお楽しみ的に満を持して登場しますので、ウィトキン上級者のみなみなさまはもちろん必携です。お問合せ、ご注文は当店どどいつ文庫あてに今すぐ大至急どどどおぞ!![記:2013.02.26:PM16時50分]


人体改造写真魔J.P.ウィトキンお作品集
虚栄:ジョエル・ピーター・ウィトキン写真集
by ジョエル・ピーター・ウィトキン
発行=2011年。from チェコ。 チェコ語と英語の2言語併用版。
大きさ:本体=ヨコ220xタテ260みりめいとる。
  重さ= 約750ぐらむ。
外見:そふとかば。オール原色さくひん集。頁数=162頁
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥4500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::憂異塔金魔術130225


2013年02月21日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

手さぐり滅多切り肉体植物画あ〜と作品集

フミエササブチお作品集
・・お色気ムウヴィやお色気写真のくのいち忍法に操られていない状態で、肉体美や人体美といわれるものより強烈より濃厚な領域を目指して奥地へ奥地へと進もうとカヌーを用意したとすると、まずそのカヌーをどの河のどこに浮かべるかとゆうよりもさきに、説明も何も必要なく誰でも分かっているような顔で一言で片付けてもよっぽどクドいひとからでなければ文句を云われることのない、肉体とか人体とかゆうものが、それは一体何なのか誰にも分かっていないぢゃん、とゆうグルグル巻きの強いバネつきのゲタをはいて肉体美や人体美の探求を始めた現在はドイツ在住の多摩美術大学しゅっしん女性あぁちすとフミエササブチ(笹渕文枝)さんの初期作品を収録した2006年ミュンヘン造形芸術アカデミー新人賞受賞記念展覧会の図録作品集でありまする。世界的ふぁっしょん雑誌に掲載されているお写真のなかに吸い込まれて紙上に吐き出された有名ぶらんど広告写真を、ササブチさんのエッキス線の手が透視することで、脳みそや頭がい骨や血管網や歯並びや筋肉がスケスケになって見えている状態へと、自信ばんばんに輝いてるおひゃれモデルさんたちのお姿が次から次へと変身していくかと思えば、サッカー風の競技用スポーツ着を身につけた元気のいいスポーツウーマン&マン風のひとたちの背骨や太もも、すくすく成長した筋肉やハラわたなどが、わざわざ他人の目につきやすいように履いている下着のように気さくなかんぢで着衣のうえ皮膚のうえにべろりんと露出していたり。解剖学的なベロンチョの部分は写真のうえからカラーのボールペンで描きこんでいるそうなのですが、解剖学的とゆうてもヒキ肉とヤマイモと生玉子をまぜたお好み焼きみたいなネットリした感触はまったくなく、お花バサミで切り花をチョキチョキしているお花やさんの匂いにつつまれているようなスッキリした空気が印象的なかんぢ。後半では、雑誌『ぼーぐ』日本版の年2回の別冊付録「えんぜるす」の写真ですヨと説明には書いてあるのですが、白色ぢんのコドモふぁっしょんモデルのヒトたちとかキュウビイ人形みたいな彫刻のとかのお肌のうえに、お江戸伝統の総身彫りのイレズミの柄を、これまたボールペンでびっちり描きこむとゆう、西洋あ〜とイレズミ彫師スパイダーウェブ氏もびっくりの和洋おしゃれ遺伝子圧着あ〜とが展開されていきます。ヨオロピヤン・ファッション写真のうえにぢぶんで描くイレズミ解剖お絵描きのお告げをお宝地図にして、滅亡したお江戸とゆう迷路、ヨヲロッパのどいなかドイツ美術界とゆう迷路、どちらを向いても迷路だらけの迷路のなかを、肉体美、人体美とゆう架空の出口をたずねまわるフミエササブチさんのヲンナ座頭ICHI的手さぐり滅多切り肉体植物画あ〜と期の作品を集めた唯一の作品集である本書は出版5年を経てすでに在庫僅少になつています。おもとめ・お問合せは今すぐ大至急に当店どどいつ文庫までお連絡どどどおぞ!![記:2013.02.22:PM20時55分]


手さぐり滅多切り肉体植物画あ〜と作品集
フミエササブチお作品集
by フミエササブチ
発行=2006年。from ニュールンベルク。 ドイツ語と英語の2言語併用版。
大きさ:本体=ヨコ174xタテ243みりめいとる。
  重さ= 約570ぐらむ。
外見:はあどかば。オール原色さくひん集。頁数=116頁
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥4500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::解剖オサレ美学130221


2013年02月17日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

新旧アウトサイダーあぁちすとボノボノ作品集

親切なムチャクチャ:エテルノさんとメルモさんのコレクシオン
・・野生のクマさんやおサルさんも出没する人獣混浴のジャングル露店風呂のようにあうとさいだぁア〜チストと呼ばれるヒトたちの作品と現代あ〜と作家と呼ばれるモノノケ風情の畸人たちがつくったものとをチャンポンに並べ、たのしみかたは観るひとそれぞれの自由とゆうおふらんすのワイルドな美術館LaM(とゆうのが何を略しているのか分からなくてずびばせむぅ。。。)で2011年4月から8月まで開催されたフィリップ・エテルノさんとジャン・メルモさん2人の所蔵するアウトサイダーあぁとコレクション展を記念してこさえられた図録作品集でありまする。1980年から30年間で4000点を手元に置く事なった2人のアウトサイダーあぁと作品コレクションから60人の作品を選んで展示。この図録作品集は、 ル・ コルビュジェのまたいとこで指先から出る黒いオーラが画面にのたうつルイ・ステー(Louis Soutter)さんや月の沙漠で幻獣たちがエロちぃくダンスパーチーを繰り広げるフリードリヒ・シュレーダー・ゾンネンシュターン(Friedrich Schroeder Sonnenstern)さん、木版画の刺繍で織った仄暗い万華鏡みたいな悪酔いファンタヂすとスコッティ・ウィルソン(Scottie Wilson)さんなど以前から熱狂的ファンの多いアイドル系アウトサイダーあぁちすとの作品を真ん中に少し多めに置いて、知名度や人気とは無関係にただヂイっとみていると引き込まれていくような小さな作品がその回りをとり囲み、さらにそのかたわらには、お風呂場カラオケのボリューム全開なみに強烈な幻聴ムウドで人気の高いマッジ・ギルさんのプチ特集コーナーもあれば、少女マンガとレディスコミックをアウトサイダーあ〜ちすとの高貴な魂で昇華したアロイーズ(・コルバス)さんコオナアは、6ツ折りで広げるとタテ1.5メートル以上の長さになる「七宝焼の劇場」がさらに別刷りフロクとして挟まっているサービスもついています。冒頭には、シャルル・ラダームとゆうお医者さんが1926〜1938年まで患者さんたちの作品を集めた美術館を開いていたことでも知られるジュネーブのベルエール精神病院から入手したのだとゆう、誰ともしれない患者さんがインク描きした横顔の肖像画500点が並んでいるのだとゆう「メニュー1945-45」の大理石模様いりの表紙から始まり、最後の最後の裏表紙は擬人化性器まんがの帝王・横山まさみち先生描くオットセイやドゼウに少しだけ威厳がくわわったような顔と顔がそれぞれお互いに隣りやまわりの顔を横目でみている顔・顔・顔に埋め尽くされた顔の絵で知られるポーランドのアウトサイダーあ〜ちすとエドムンド・モンシール(Edmund Monseil)さん(*おウチ&お墓訪問動画はコチラで→)で締められているこの作品集に収められている仲良し同性カッピュル2人組のコレクヒョンの特色のひとつは、まだ他の作品集などで紹介されたことがなさそうな1980-1990年代に描かれたピチピチとみずみずしいアウトサイダーのひとたちの、そもそも的には反対の方角にむかって走っていきそうな、魔法の馬車としての馬力感とデザイソ的なスッキリ感の綱引きで成り立っている流しソウメンのスピードがちょうど誰でもオハシでつまみやすい速度に調整されているかんぢ。そすてまた、全編を通しておフランス製のアウトサイダーあ〜と本ならではの、ゆったりした空気が流れてもいるので、1つのペーヂ全部を占めている大きい図版の作品だけでなく、文章の隅に置かれている小さい図版の作品ひとつひとつにも、ゆっくり目をとめていつまでも噛み締めていられる毛なたのしい作品集に仕上がっているよおです。いつも手元においておいてナデナデしていたい珍獣家族みたいなたいぷぅのこのアウトサイダーあ〜と展図録本、お問合せ、お注文は当店どどいつ文庫あてにいますぐ大至急どどどおぞ!![記:2013.02.17:PM20時55分]


新旧アウトサイダーあぁちすとボノボノ作品集
親切なムチャクチャ:エテルノさんとメルモさんのコレクシオン
by LaM
発行=2011年。ffrom おふらんす。 おフランス語版。
大きさ:本体=ヨコ190xタテ260みりめいとる。
  重さ= 約500ぐらむ(本体ぷらすオマケ付録込みの重量です)。
外見:そふとかば。オール原色さくひん集。頁数=128頁
オマケ付録=ヨコ113ミリかけるタテ258ミリの6ツ折りで広げるとタテ1.5メートル以上の長さになるアロイーズ(・コルバス)「七宝焼の劇場」(裏面には解説文もあり)の添付もあり。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥3900
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::ナゴ夢メ妄130217


2013年02月14日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

虚虚実実ミニチュア別世界あ〜ちすと狂作集

別世界のほうへ:視覚的幻想と小さな現実
・・まぶたのウラのオモテ側、目の前すぐそこに見えているのに気がつかない別世界の涯てからコニャニャちわ。立体的だまし絵風景製造テクニッコやミニミニどおるハウス建築あ〜とオモチャの大工さん的工作技術のアノ手コノ手を世界あちこちのア〜チスト37人がオラがオラがとしゃしゃりでてわだぐぢ(誰?)みなみな様を別世界へとご案内する『別世界のほうへ:視覚的幻想と小さな現実』展覧会@ニュウヨウク「ア〜トとデザイソ美術館」2011年の開催記念図録カタロゴを兼ねた豪華愛蔵版の空目空耳系ミニミニわあるどポロリンチョン作品集です。元おすもうさんのウクレレ歌手konishikiのブリ返し肥満の速度よりも早く膨張していく宇宙と同じぐらい広い遊び場が広ければ広いほど小さく狭ぐるぢく使いたおすとゆうラクちんな方向にゴロゴロ転がっていくチョコざいでヘソまがり気味のア〜チストのひとたちが、目玉の穴ぼこ中継班から贈られた素材の加工がメインの脳内テレビ局放送映像のなかの世界と、目を開けても目を閉じてもそこにいる巨大ガメの背中のうえでプルプルしている世界とのあいだにふだんは無駄っぽく拡がっているスキマの厚みをますます薄く厚くすることで現実らしさと現実らしくなさの境界線をあっちへそっちへと引きづりまわす手口が巧妙すぎて、どこからが別世界なのか考えないと分からないお作品がたくさんあるのがこの作品集のどっしりとしたモチ味になつていますて、白い波を浮かべた青いサンゴ礁の海の水平線が見えているのかと思ったらラーメン屋さんの見本をいれたドンブリのふちほどの広さもないこさえものの写真があるかと思えば、同じようにこさえたラーメンどんぶりサイズのアマゾンの大河に嵐の前触れが押し寄せてきたり、無期懲役囚の監獄のような空気を漂わせた動物園の猛獣のオリのミニチユアのなかにリボンをかけた赤い包装紙の贈り物の箱が置かれてあったり、黒人医師が勤務する黒人患者のための黒人病院をミニチユアでこさえてから、そのミニチユアそのものではなく、そのミニチユアをモデルにしてミニチュアがモデルであることは絵だけ見ている限りはわかりようのない黒人病院の診察風景を油絵に描いたり、店内装飾の小道具のようにケンカで砕けた酒ビンやジョッキなどが控えめに散乱している演劇の舞台のセット然とした上品なボッタクリ酒場のミニチユアだったり、木立ちの奥の小高い丘の上に紙でこさえたケーキのようなかわひひおウチが立ち並ぶオトギの村をひとつ隣りの山の中腹から見下ろしているのかと思ったら、それに続く屋内のミニチユアは階段の途中まで水没していたりホールの床は洪水がひいた後のようにガレキが積み重なっていたり、スノードームのなかの桃のタネの部分に空洞地球地下王国の住人のような小さな家族が芝生のある1軒屋を立てて住みついていたり、板に埋め込まれたノゾキ窓から向こう側にある室内や窓外の光景をのぞけるように作ったのかと思ったら見えているのはノゾキ窓そのものの中に埋め込まれている風景でその向こう側には何があるわけでもなかつたり、ミニチュアでこさえた本棚や部屋の写真を背景に実物のドヲブツやヒトの写真を重ね合わせることで大小の大きさの感覚がいちぢるしく歪んだ不思議のくにのアリス風の光景を合成写真化したり、クチを開いたアイポツドのケースの内側にネオンにきらめく納豆の糸のような盛り場の夜景ふうの光のあやとり模様を織り出してみたり。指紋の渦巻きと爪の垢だけでつくるミニチユアの要素と見分けがついたりつかなかつたりしながらお絵描きや写真や電気仕掛けのノリやハサミや電気色えんぴつなどなど雑多な要素がまぢりあい、しかもそれが足し算だけでなく引き算にも割り算にもかけ算にも使われていたりいなかったりしながら、地層や交差点のひとごみブロンクスの貧民街や99%まで擬人化された想像上のムシのナワバリや古い地球儀や円形競技場や老木などの外側や内側などなどとゆうた色々な時空をかまいたちのように縦横無尽に横切りまくりて、いつの間にか気づかないうちに読者を別々の別の別世界へと引越しさせてくれるきっかけのミニチユアにも見えづらいミニチユア版とも小さく言えなくもない小さいキケンがいっぱい隠れている大きな作品集です。当店ショウルウムでの座り読みご予約ないし直接早速のご注文あんどお問合せも当店あてにご連絡をば大至急にどどどぉぞ!![記:2013.02.14:PM22時55分]


虚虚実実ミニチュア別世界あ〜ちすと狂作集
別世界のほうへ:視覚的幻想と小さな現実
by ディビッド・リヴァー・マクファデン
発行=2011年。ffrom にゅうようく。 英語版。
大きさ:本体=ヨコ235xタテ283みりめいとる。
  重さ= 約1.1きろぐらむ以上(当店の計量器具の限界超えのため測定不可能)。
外見:はあどかば。オールからあ写真集。頁数=266頁
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥5000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::つい消滅130213


2013年02月09日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

お邪魔ムシ乱入写真コレクシオン

写真にガチョ〜ン!
・・ハトが飛び出すまでは写真機の死角にかくれんぼお。撮影するヒトの脳内からハイ、ちいず!の脳波が指先に向かってウネウネくねりりながら伝わりレンズのまぶたの開閉ボタンの重みがヒトをぺったんこに押しつぶして写真のなかに吸い込み終了の合図の切断サウンドがカッシャ〜ンと響きわたる一瞬に誰かがハエのようにぷ〜んと飛び込んできて記念撮影の主役を横取りされてしまつた。とか、たまたまの流れで他人様のお写真のなかにぢぶんがガチョ〜ンして、しまったぁ!とかゆうた風な、誰にでも身にミニ覚えがないようなあるような、ちょっこしも大事にされないプライベイト写真の定番的ヂャンルのひとつ、世界ぢゅうの未現像フィルムのなかに膨大に実在している「お呼びで無かったコリャまた失礼しました写真」ばかりを集めてみた企画じたいも存在じたいも限りなく反則技に近い不透明なゴッタ煮お写真集でありまする。余計なヒトや余計なドオブツなど余計な存在が紛れ込んでいることだけが共通点の1枚ずつそれぞれは何の関連もない写真なので、ペーヂを開いたところから好きな順番に楽しめばよいものの、「見ず知らずのヒト」「あにまる」「学校」「したしい友達」「宴会」「テレビ」「結婚式」「コドモ」「トヲちゃん」「海辺」「意味なさ過ぎ」「いないないばあ」「扮装」「ぐるうぷ」などに分類整理がされているおかげで、ひと目みた時にはますます似たり寄ったりに見えるお写真に混入したどこの何の骨とも知れないお邪魔ムシのひとたちひとりひとりの表情やポーズそれぞれの違いがまるで貴重であるかのような錯覚の直撃を上手に受けたりすれば、そのままのタイヘンに結構な勢いで顔面や手足の筋肉がムヅムヅ踊り始め、どこかの誰かの写真のなかに紛れこみたさの改札口を知らないうちに通り抜けて電車に乗り電車を降りた先の人出の多い観光すぽっとに出かけて記念写真撮影時に紛れ込めそうなムウドの団体客やカップルを探してキョロキョロしたいような気分のトリコになりそうな素質をこちょこちょこちょ。どんな運命のイタヅラなのか、家族写真あるばむの中で落ち着く場所がなかったのをスゴロクのふりだしに、目的不明のオーディションの予選のような数々の運命をくぐりぬけて最終的にこの写真集のなかに永眠することになった写真のなかの迷子たちの影像の糸の切れたタコ焼きっぷりが心霊写真以上に心霊写真むうどなだけでなく、あくまでもフマヂメなのと同時にお邪魔ムシを含めて写真のなかに写っている全員のお互いの間でのニンゲン関係をめぐる下世話なドラマを感じさせる成分もたっぷり入っているので、その時その時でコワい写真集としても笑える写真集としても考えさせる写真集としても見るたびにいろいろな角度で楽しめそお。それでいて、コンビニの店先のカラスの座り喰いコーナーのように気さくなぶっちゃけ感もあったりして、ヒトにイヌにネコにウマにサルにと誰にプレゼントしてもいつまでも楽しんでもらえそうなニコニコ写真集です。お問いあわせ・お注文は当店どどいつ文庫あてに電気メエルで大至急にお申し込みくらはいませ?!![記:2013.02.09:PM22時55分]


お邪魔ムシ乱入写真コレクシオン
写真にガチョ〜ン!
by ビバリー・ジェンキンス
発行=2012年。ffrom いりのい。 英語版。
大きさ:本体=ヨコ190xタテ203みりめいとる。
  重さ= 約490ぐらむ。
外見:そふとかば。オールからあ写真集。頁数=200頁
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥2000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::記念ぷらす130209


2013年02月05日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

空飛ぶドクロ版画あ〜ちすと作品集

ミヒャエル・ヴッツ作品集
・・お仕事の途中で道ばたのガードレールに座って休憩をしたり電線に腰掛けてウンチをしたりしているカラスがニンゲンのドクロに見えていたり、公園の花壇でゆらゆらしてる雑草や路地裏の植木鉢に逆さまに刺さっているタマゴのカラがニンゲンのドクロに見えていたり。ドヲブツや植物の体温のヌクヌクは、コメカミの骨のつぎめをカサカサとこすりあわせるドクロの表情のように感じ、都会風景は密林の廃墟のように感じているとしか見えないような、打ち首になっても笑ってみせてくれそなガチゴチのヒネくれぐにゃぐにゃ体質が評価されたのか、2011年31才のときにホルスト・ヤンセン賞を受賞したドイツ・ベルリンの版画作家ミヒャエル・ヴッツさんの受賞記念展覧会の際に刊行された記念図録本でありまする。ドイツ帝国の南西アフリカ植民地化のとばっちりで絶滅収容所に押し込まれ虐殺されたヘレロ族のひとたちの無数の頭蓋骨たちの集団が奇妙に大きい陽気な木の実の房のようにたわわにぶら下がった、ミヒャエル・ヴッツさんの代名詞のような縛り首ドクロの樹木しりーずをみても、冷え冷えとした死骸の冷たさではなく最後まで腐敗の過程がずるむけた後にまるで生まれ変わったかのようにつるりとした顔をだしたドクロ顔たちの永遠の赤ちゃん子泣きヂヂイよりも若々し毛な幼稚ぱわあが表面に浮かび上がっていて、深夜になればドクロたちの合唱が聞こえてもきそうなエネルゲンがお骨の中の空洞にがつちりと埋め込まれているので、さぶい真冬にペーヂを広げるとカラダがホカホカして携帯カイロ代わりにもなりそおな雰囲気もあり。縛り首の木からもげたドクロがでんぐり返って空中と地面がくるくる入れ替わり地面の底深くのアッチのほうと天空はるかかなたのアッチのほうがサンドイッチ用パンの右側用と左側用のようにどっちがどっちかわからないひとの手のひらの掌紋のねっちょりした谷間に手相占い師が鉄筆で勝手に書き込んでしまった荒れ地に漂い流れ着いたバラバラのガイコツが地面に敷き詰めるように大量に転がっている三途の川の賽の河原の鳥瞰図みたいなドロドロどろおいんぐや、世界戦争犯罪者ヒトラア氏の現役独裁者ぢだいの妄想を大工棟梁アルベルト・シュペエアが図面化した死の世界首都ゲルマニアの夜景想像図など、何度でも生き返るごとに歌い踊るドクロたちの世界の一員として描きとおした20才代から現在までの版画あ〜ちすとミヒャエル・ヴッツさんのぐらぐら煮え立つ妄想的世界観のなかに、文字通り頭ガイ骨のてっぺんまでひたらせてくれる黒々しくもポカポカ温かく腐った玉子のカルシウム的栄養豊富な作品集となつているようです。その道の専門家のかたがたがテクニツクの方面からミヒャエル・ヴッツさんの凹版銅版画のお作品をしげしげと鑑賞されたばやいには、茶色がかったセピア調のアクアチントのなかにドイツ・ロマン主義の画家カスパー・ダーヴィド・フリードリヒの時代に工夫されて流行したあと廃れていた技術が再現されているのだとかゆうた、解説文に書いてある専門家向けの宣伝文句に惑わされる必要もなく、ただ見ているとクセになる隠し味たっぷりなミヒャエル・ヴッツさん作品集のお問合せ・ご注文は当店どどいつ文庫あて今すぐ大至急にどどどーぞ?!![記:2013.02.05:PM21時00分]


空飛ぶドクロ版画あ〜ちすと作品集
ミヒャエル・ヴッツ作品集
by ミヒャエル・ヴッツ
発行=2011年。ffrom どいつ。 どいつ語と英語の2言語併用版。
大きさ:本体=ヨコ240xタテ294みりめいとる。
  重さ= 約600ぐらむ。
外見:そふとかば。オール原色作品集。頁数=106頁
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥4500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::空中髑髏島130205


2013年02月01日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

手づくり魔界ケーキ喰い倒れレシピ集

歪んだケーキづくり:いつでも使えるオイシく邪悪なレシピ集
・・ぶ厚いお化粧ベタベタで素顔が見えないどころか厚化粧そのものの他には素顔とゆうものがどこにもないデコデコケーキとゆう食べ物のふしぎなキヤラクタァの影に見え隠れする悪魔コスプレをした虫歯菌のシッポの先のようなものをぐいっと引っ張ってみたら、手品師のポケットから淋しい商店街お飾りの万国旗のふりをした寄生虫のようにずるずると明るみにひきづり出されてプチぴっくりの暗黒わあるどがドンジャラホエ。わいわいガヤガヤたのしひパアチィむうどに馴染むためには神経もお菓子喰なるほどの努力が必要なほど有りあまる痴性もてあましタイプのヒネこびたおコちゃまなどには特に喜ばれる食欲減退かくぢつケーキづくりのアイデアばかりを集めた悪趣味お料理ごっこブツクです。外科医の手術道具みたいなケーキ調理器具をふくめ、すべてのケーキに共通の基本作業からそれぞれのケーキの作り方までの手順も、スバラしくオトロしいく完成したケーキも、すべてをオールカラー写真満載で親切にわかりやすくご説明こねこねされています。灰色の墓石の模型にしか見えないアイスケーキ製の墓石だとか、メキヒコの死者の日のお祭りのメデタいドクロの着色模型にしか見えないドクロケーキだとか、タロットカードやロウソクの炎に囲まれてマヂナイの針まで刺さったブードゥ人形にしか見えないブードゥ人形ケーキだとか、あたまが2つあるブタの人形にしか見えないあたまが2つあるブタさんケーキだとか、切断された片耳が入ったハート型のプレゼントケースにしか見えない切断された片耳が入ったハート型プレゼントケース風ケーキだとか、手斧でヒジから切断された骨つきの片腕の人体模型にしか見えない手斧でヒジから切断された骨つきの片腕ケーキだとか、大きな黒バエをおどり喰いしている食虫植物の造花にしか見えない大きな黒バエをおどり喰いしている食中植物にしか見えないケーキだとか、焼き目のついたバーベキューステイキ肉に揚げジャガイモを添えた食品見本のようにしか見えない焼き目のついたバーベキューステイキ肉ふうケーキだとか・・とゆうた調子で、ケーキづくりの素材を粘土のかわりにして甘く柔らかくて食べることもできる模型工作で遊んでいるようにしか見えない悪趣味ケーキづくりは、袋小路の奥の行き止まりをめざしてまっしぐら。屋根裏部屋に監禁されたコグマさんんおケーキだとか、エサのチーズにおびきよせられてネズミ取りの罠にかかったネズミの死骸ケーキだとか、ケーキにみえないケーキばかりが並ぶなかで、かろうじてケーキらしいケーキにみえるのは、思い切り振り下ろされたマサカリで真っ赤な血しぶきが飛び散った純白のウエデングケーキだつたりとか・・まるでケーキ教室丸ごとがいつのまにか下水道のなかにこさえた図工室に移動したかのような怪しさと清潔感の両方をたたえた人工的フシギむうどは、血糖値上昇でオツムがくらくらするあまりツボをハヅしまくっている胃酸過多のお耽美系かと思うほど。お料理専門ちやんねるのテレビ局でレギュラー番組もあるとゆう女性著者が、1990年代伝説のあんぐらミニコミ「答えてみぃ」編集者カツプルの片割れデビィ・ゴード(故人)と一文字違いのデビィ・ゴォードとゆう名前なのも模型風創作ケーキの珍味になんとなく非情にぺっとり。コドモには虫歯のもと、ヲトナには生活習慣病のもとでしかないかのように正しく理解されているケーキ菓子の厚化粧をさらに何倍も厚く塗固めていくことでたどりついた古くて新しいお花畑に花ひらいた悪趣味創作ケーキの数々をお腹いっぱい以上に堪能させてもらえます。フロクとして、通常のケーキづくりにはまったく必要のない悪趣味ケーキでざいん用の型紙が50種類ちかくもついて実用度100%。ペーヂをめくって眺めているだけで作らなくても作った気分度200%の本書を非常食とともに緊急時持ち出し用避難ぶくろのなかに精神安定用に詰め込んでおいてみてはどどでしお。お問合せ、ごちうもんは当店あて大至急いますぐにどどどーぞ?!![記:2013.02.01:PM21時55分]


手づくり魔界ケーキ喰い倒れレシピ集
歪んだケーキづくり:いつでも使えるオイシく邪悪なレシピ集
by デビー・ゴォード
発行=2012年。ffrom にうようく。 英語版。
大きさ:本体=ヨコ180xタテ240みりめいとる。
  重さ= 約450ぐらむ。
外見:そふとかば。お写真集。頁数=128頁
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥2400
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::景気浮揚130201


2013年01月29日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

青屍憂膿(せいしゆん)ズキドキお写真集

私立ゾンビィ高等学校卒業あるばむ1964年度
・・全校生徒も給食のヲヂさんヲバさんも先生も父兄も全員みんながみんなニンゲンの脳ミソを食べるのが大好きな屍肉食狂の蘇生死者ゾンビーしゃん揃いとゆう超絶難関の特殊名門高校で、架空の作り話なのは分かっていてもどこかに実在するような妄想がポケットの穴から顔を出したり引っ込めたりしても誰も驚かなさそなほど無意識下になすりつけられている毛な怪しい致命度も無さそおで有りそおな、私立ゾンビィ高等学校1964年度「卒業あるばむ」お写真集でありまする。それでなくても生気のかけらもなく腐乱した肉体美がぢまんの元々のゾンビィ体質に第二次屍体成長ホルモン分泌ざかりお腹ペコペコざかりでイタヅラ滅茶苦茶やりたい欲で全身の隅々まんべんなくドロドロ溶解発酵している高校生ゾンビィたち。第二次世界大戦が生み出した世界ぢゅうの死者の海のなかから蘇りミルクがわりに朝鮮戦争の死肉汁をすすって育ち、ベトナム戦争の泥沼に飛び込む準備万端の1964年度の卒業生とゆう血の池地獄のような不自然に自然な設定のなかにそっと漬け込まれているゾンビィ少年少女ならではの、活き活きとゲッソりした若々しく痛々しい腐屍臭が卒業あるばむ紙上全編いたる所で大爆発。あちこちのページにぺたぺたと血まみれの指紋が付着していたり、青インクのボールペンや赤インクのボールペンや黒いサインペンで写真の上や写真のまわりに脳ミソ食べたがり腹ぺこ餓死寸前落書きがたくさん書き込まれていたり、絵の具チューブから絞りたてみたいな大量の血痕がぼたんぼたんと滴り落ちていたりとボッタクリ高級食堂の食卓のうえで花びんの生け花を思い切りよくチャブ台どんぐり返したような盛り上げサービスがうるさいぐらいな死霊もり盛りの森で棺桶のなかの昼寝のように行儀よく納まったゾンビィ高校卒業あるばむのペエヂ構成並び順は、幼稚園ご卒業以上の高学歴ぢまんのみなさまならばご自身出演ばあじょんを1回ぐらいはご覧になられれたお記憶ある毛かもかもな、校内ゾンビィ濃度まだまだ学校の卒業あるばむとそっくりそのままに、思い出があつたのか無かったのか思い出すのが何となくイヤ〜な邪悪なムウドのありすぎがちなゾンビィ高校の校庭や校舎のあちこちを写していたり、くたびれて腐敗したなかにも職業的なキビしさをたたえて年齢不詳なりに何となく中高年ぽいゾンビィ高校教員たちの顔写真が担当科目ごとに別れてずらずら並ぶ汚写真やら。用務員さんや食堂のヲバさんヲヂさんや保健室のセンセイなどなどゾンビィ高校職員の方々お仕事ちうに時間をいただいて撮影したゾンビイ元気な卒業生応援汚写真やら。ゾンビィ生徒たちとの常軌をはづれまくつた脳ミソ奪い合いに明け暮れたゾンビィ学級担任ゾンビィ教師たちの汚写真やら。ゾンビィ高校を職場にして生活収入を稼いでいる老化の進んだゾンビィたちの汚写真もぼかすかとこきまぜつつ、卒業する3年生のゾンビィ生徒たちだけでなく、1、2年の在校生もふくめたゾンビィ高校全生徒の汚写真をお名前いりで掲載。文化系、体育系それぞれの部活動、クラブ活動やゾンビィ学校行事風景など各種のゾンビィ集合汚写真ももちろん有り。誰もが死人の冷えきった冷たさのなかにも熱々のゾンビィ汁の温もりにまみれたゾンビィ高校の凶悪にふれんどりぃな校風が読者の心身の賞味期限をぶきみに脅かす意味不明いんちきユウウモア写真集となつているよおです。ゾンビィふれんず以外のかたへのプレゼント用にはものすごっく不向きぽいようにみえるものの同時に間違いだらけの癒し系でもあるこの写真集、ぢぶんぢしんへの秘かなプレゼント用にいますぐ大至急どどどおぞ?!![記:2013.01.29:PM21時55分]


青屍憂膿(せいしゆん)ズキドキお写真集
私立ゾンビィ高等学校卒業あるばむ1964年度
by 編=ジェフ・ブッシュ
発行=2011年。ffrom にうようく。 英語版。
大きさ:本体=ヨコ220xタテ287みりめいとる。
  重さ= 約850ぐらむ。
外見:はあどかば。お写真集。頁数=128頁
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥2400
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::進路研究130129


2013年01月25日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

イナイいないバアあぁ〜とお写真集

ハリム・アル・カリン作品集
・・19・20・21世紀と時代とともに世界ぢゅうにどこまでも拡がって行く人類いないいないばあ化現象のまっただなかに生まれ育った悪条件をどんぐり返していく独自の「いないいないばあ」写真で世界的ちうもくを集めている現代「いないないばあ」写真あ〜と家元のひとりイラン出身の写真家ハリム・アル・カリンさん御製「いないないばあ」写真集でありまする。1963年イラク国際都市ナジャフ生まれ、まだ赤ちゃんのときに当局の手で母親から引き離され拉致されたのがいきなり「いないないばあ」初体験がふりだしだつたとゆうハリム・アル・カリンさんの千夜一夜物語もびっくりのベリィ重たい「いないないばあ」半生記は、無口なハリムさんに成り代わってこの作品集に収録されているされている詳しい紹介をおいおいゆっくりのぞき見おすすめ宣伝しておきますて、駆け足でのろのろかいつまみますと。大学で心理学の授業をする先生で、せいふ方針に文句をゆうヒトとゆう容疑で指名手配されていたハリムさんのおトオちやんは、取引材料として当局に出生直後に誘拐されてしまつたぢぶんの赤ちゃんを取り戻す為に、自首してタイホされ刑務所にはいることで、おカアちやんの元に取り戻したそおなのですが、この最初の「いないいないばあ」事件の結果、政治犯として鎖につながれた刑務所のなかで支えになつてくれた刑務所仲間のお名前を、取り戻した赤ちゃんにありがたくそのまま頂いたのがハリム・アル・カリンさん命名の由来なのだそお。そんな「いないないばあ」の星の下に生まれつき、湾岸戦争やイランイラク戦争など現地から遠く離れた「いないないばあ」勢力の圧倒的なご都合主義で繰り返し巻き起こる戦火のなかで育ったハリムさんは、大学卒業後にちょーへーされて軍人さん集団に仲間入りするのがイヤ過ぎて沙漠に掘った穴のなかに身を隠して3年間も「いないないばあ」をしたり、オランダで難民認定を受けたあと、国連の難民認定で家族バラバラに引きちぎられて、ぢぶんとおカアちゃんは米デンバーへ、別の兄弟姉妹はオーストラリアへ、また別の兄弟はスエーデンへと「いないないばあ」されてしまつたり。そんなこんなとキビシく何重にも積み重ねられたかこくな「いないないばあ」体験と記憶のヅンドコからぶあつい泥沼をつきやぶって浮かび上がってくるハリム・アル・カリンさんお得意の特異なお写真の群れには、思い切り輪郭がもやもやなヒトたちや何だか分っからないようなモノだか何だかたちの「いない、いない」ばっかりが悪夢のように大量にジャンジャン迫ってくるなかで、「いない、いない」が「ばあ」になろうとして「ばあ」にたどりつくちょっこしまだ手前の「いないいない」と「ばあ」がこきまざったままの「ばあ」。はっきりくっきりと明らかな空耳のなかでしか聞こえないバブバブバブ・・・耳あかこちょこちょする耳毛のざわざわのようにかすかな幻聴とともに21世紀ぢんるいの顔形手形足形を金魚すくい名人の手つきでパっとすくい上げているのかも知れなくなくもない、ハリム・アル・カリンさんのいないないばあ写真の底力にどっぷりひたらせてくれる特殊浴場スペシルさあびすモオドの愛憎版お写真集でござりまする。ヲトナ赤ちゃんから純正赤ちゃんまでいつ誰がみても、夢のある朝焼けムウドと夕焼けムウドこきまざり解消されないモヤモヤをいつまでも見続けることのできる賞味無期限の「いないいないばあ」写真集、当店ショウルウムで実物を「ばあ」、あるいは当店通販お利用で「いないいないばあ」されてみてはどどでしお?!![記:2013.01.25:PM15時55分]


イナイいないバアあぁ〜とお写真集
ハリム・アル・カリン作品集
by 写真=ハリム・アル・カリン、文=ナディン・ドサンドル、
発行=2012年。ffrom みらの。 本文=英語+おフランセ語の2言語併用版。
大きさ:本体=ヨコ245xタテ305みりめいとる。
  重さ= 約1.1きろぐらむ以上(当店の計量器具測定限界超え)。
外見:はあどかば。お写真集。頁数=200頁
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥7000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::ピイカブウ130125


2013年01月19日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

妖精のおウチめぐり写真集

メイン州沿岸地方の妖精たちのおウチ
・・岩手遠野地方の和風スナックにお座敷わらすっこが出現するよりもずずっとひんぱんに、妖精さんたちが出没するのだとゆうあめりごが合衆国東北地方メイン州の浜辺や森の中でねんがらねんぢゅう実際にコドモにもヲトナにも目撃されている妖精さんたちのおウチを写真機でまるごとパチパチと捕獲。妖精といえば誰でもが思い浮かべる奇人変人の素晴らしいヒトたちや華麗な異装趣味でうっとりさせるヒトたちではなく、たとえば本格的に理性スレスレの吊り橋に月明かり停電中などにちょっこし腰掛けている西洋超古代の親指ぷりんせす子や1いんち法師の助など童話絵本シリイズのどこかに出てきても違和感なく納まりよさ毛な、おねしょ汚れシミつき敷布を破いてこさえたような羽を背中に糸で縫い付けた妖精さんが蚊取り線香のけぶりで頭をくらくらさせながらぶう〜んと飛んできてヨロヨロとしがみついて疲労回復につとめたりしそうなタイプの妖精さんたちの小さなお城のようなおウチのあれこれをオールカラーで参拝できる幼稚度100%絵本ふう写真集でありまする。収録されている妖精さんのおウチの目撃地点、発見場所は、妖精村まつりの開催が毎年8月の恒例になっているのだとゆうメイン沿岸植物園の妖精村だったり、妖精に取り憑かれた島民たちが妖精お望みどおりの妖精のおウチをこさえる風習が代々受け継がれているのだとゆう離れ小島モンヘガン島だったり、どこかの誰かが購入して「変人島」と名前をつけた無人島だったりと、その気になつてそのために世界に100人の知り合いをこさえて順番に頼んでみれば、ひょっとこしたら魔法のちからで実際に行くことも出来るかも知れない所にあるものばかりなのも、つねひごろから妖精世界への脱出や移住を考えているみなみなさまにはベリィかわい毛ふうふう。木の幹や枝や皮や実や葉っぱや草花やキノコや石ころやコケや土くれや貝がら・・などなどすべてそこいら辺で拾い集めた天然素材ばかりでこさえられた小さなおウチはまるで昭和ぢだいの洋風ラブホテルかと思うほどポエムでファンタヂィ行為的で、たとえ妖精は無理だとしても、せめてアリさんか毛虫に変身して4、5分ぐらい休憩させてもらいたいムウドがいっぱい。ご丁寧なことに妖精のおウチのつくりかたまでを参考にならないほどあっさりと説明してくれている巻末付近に登場するそこいら辺のコドモやカアちゃんの写真をみると妖精に笑われているような気分になることが逆に、1度閉じた本をも1度みたい気にさせてもくれたりと、何がよいのかよよよいのかもどどでもよさ毛な妖精のパンの耳みたいなお写真集となつています。鎮守の森のお稲荷さんにあげる油揚げぐらいな本の薄さも、妖精的コドモだましが大好きなみなみな様の架空の夜逃げ手荷物に詰め込むのにぺったりなサイの河原に出現したおサレまんしょん風妖精建築お写真集の、ご注文お問合せは当店ど文庫あてに妖精とすれ違った時にハズレの宝くしがカサコソ鳴るぐらいの超すぴいどでごゆるりとどどどおぞ?!![記:2013.01.19:PM20時00分]


妖精おウチめぐり写真集
メイン州沿岸地方の妖精たちのおウチ
by モーリン・ヘファーナン、写真=ロバート・ミッチェル他
発行=2010年。ffrom あめりご。 本文=英語版。
大きさ:本体=ヨコ186xタテ186みりめいとる。
  重さ= 約180ぐらむ。
外見:はあどかば。お写真集。頁数=72頁
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥1800
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::妖精土木130119


2013年01月16日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

人類危機一髪ツメあかア〜トまんが作品集

グロンクお絵描き漫画集;巨大怪鳥の爪
・・ゲテモノSFふぁんたぢぃ映画ふぁんのみなさまの間ではヲモツろいブサイク顔の怪獣として人気があるのだとゆう今から半世紀以上もまえのごみくず映画『人類危機一髪!怪鳥の爪』をそのまま書名に頂いているだけでなく、本書の作者グロンクさんみずからも、主人公の「巨大に怪しいぶちゃいく鳥」さまが映画のなかで地球人類の攻撃を防ぐために全身にぬりたくっている反物質バリヤーを映画のなかからちゃっかり拝借して全身にぬりたくり、全身のなかでもとくにペンを握る手のツメや脳みそ内部のもしもしアンテナなどに入念にぺたぺたぬりこみながら描いたみたいな、とんち効かせまくりの1枚絵まんがばかりを集めたヘンテコお絵描き作品集でありまする。どんなに落書きっぽく意味不明な絵を描いてもちやんとしつかいとしたお作品にしか見えない画力のある作者グロンクさんは「アスコ」とゆうマル痴めであ仲間にまぢって1970年代からお絵描きに版画にパフォオマンスと手広い制作をつづけ大けな美術館での展覧会もあちこちで開催しているほどな南米系ろさんぜるすぢん・あ〜ちすとであるそうなとゆうような、この本に書いてある作者ご紹介で初めて聞いたような話や名前はわきにどけて、見れば見るほど味がにぢみ出てくる毛な、空から地上に伸ばされた巨大鳥のツメの絵ではじまり、空から地上に伸ばされた巨大鳥のツメの絵で終わるこの本には、映画の巨大鳥の最大のチャアムぽいんとのブさいくで可愛ひひおカヲは、映画のと同じようには、とゆう意味では、どこにも描かれていなくて、どこにも出てこないように見えるのですが、それはもちろんこの作品集には作者のグロンクさん本人が巨大な鳥に変身しながらお絵描きをしている絵ばっかりが収録されているからで、巨大鳥の映画を巨大鳥ほんにん(ほん鳥?)がみたときにはこーゆーふーに感じるのだろうなーと怪鳥グロングさんが勝手に妄想した印象がお絵描きになっているようす。架空の巨大鳥の目からみた映画のなかのニンゲンたちの世界の意味不明なかんぢを巨大鳥が必至に理解してみようとしながら理解ができないままにツメにインクをつけて描いてみましたよー、とゆうた意味不明むうどの不透明なスープが、頼りないような用紙と製本でまとめてあるために聞いた事の無い地方の食品工場がつくった即席ラーメンみたいなものなのかしらんと試食のつもりで油断しながらずるずる食べ始めていだくと、あ〜と修行歴のながいグロングさんの職人のツメあかもまじった落書き線は、そばマニアがとなりの空き地でソバの実を育てるところから始めてから出来上がりまでの過程が不透明などこまでも手こき手づくり本格手打ちメンの癖のつよい歯ごたえがあるうえに、その茹でかげんをわざわざ失敗してなるべく全体的に不均一になるようにぽきぽき骨を折るようなサービスもあちこちにしてあるようで、ほソバつゆでぐっしょり濡れたポケットテッシュを律儀に折り畳んで虫歯の穴を花瓶がわりに造花の花束を投げ込む魔法の納豆いりうどんのたのように脳内のあちこちに不規則に飛び散って繰り返し何度も見ているうつに生活習慣のあちこちにむぐりこんで関節をこちょこちょする安っぽい魔法のように足あとも残さずにあとを引くよな引かないような味わいと言うクチバシをもつ小鳥の爪は何番目の指からちょきちょきするのか伸ばしっぱなしなのか。宇宙のどこからかとゆう怪しいそこいら辺を漂う反物質の鳥になって人類じょうしきの全てをトリ目でながめたヘンなひとグロンクさんのお絵描きを知らないヒトのかいた日記帳をのぞきみするようにいつまでも楽しめそおなコノ薄い本を、枕元のタタミや床板のすきま風ふさぎ用に1、2冊、当店あて誤ちうもんして、読書ぶとんの中で巨大鳥化されてみてはどどでしぉ?!![記:2013.01.16:PM21時10分]


人類危機一髪ツメあかア〜トまんが作品集
グロンクお絵描き漫画集;巨大怪鳥の爪
by グロンク
発行=2010年。ffrom ろさんぜるす。 本文=英語のみ、前書き=英語とスペイン語の2言語版。
大きさ:本体=ヨコ152xタテ230みりめいとる。
  重さ= 約180ぐらむ。
外見:そふとかば。お写真集。頁数=88頁
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥1400
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::万事怪鳥130117


2013年01月12日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

極楽昇天スーパー店内巡礼お写真集

ウォールマートのひとびと:皆さんの中にいる皆さんによる皆さんのためのお写真集
・・虫歯のスキマから無限にたらたら流れるヨダレの沼に毛穴からにじみだす体脂肪のあぶくがポコポコ浮かぶ谷底のヅンドコで遺伝子組替え成分をふくむ駄菓子ぱくぱく食べながら、物干しザオを伸ばしても届かない夜空のスクリーンに映る超有名セレブが演じるドタバタテレビ電波ショウのマボロシに笑ったり泣いたりカンドーしたりダイエット体操で冷や汗を流したりしている時の服装すがたカタチ脳波そっくりそのままの状態で途中誰か知っているヒト知らないヒトに遭遇する気づかいも何もなくぢぶんの自動車をブウブウと運転し、野グソをたれるつもりでプラリと車を降りてみたかのようにリラッキスしきっているひとたちがワンサカワンサカ押し寄せる全米最大の安売りスーパーマーケットちぇーん店内で日々繰り広げられている奇々怪々なお買い物風景をたまたま見かけた同類のひとたちが撮影。前作にあたるショッキンゴどきゅめんたり写真集『ウォールマートに混む人たち:お店という名の衝撃と畏怖』の紙面から転がり落ちたヲドロキの木の実から伸びたヨボヨボに枯れたような若い芽や根っこがヅンドコ沼地のドロドロの下にむぐりこんで濁った水草のかたまりに退化したような郊外大型スーパー来店客お写真集でありまする。「皆さんの中にいる皆さんによる皆さんのためのお写真集」と副題でわざわざ自慢しているとおりに、写真のなかに写っている皆さんが郊外大型スーパーの来店客であるのと同時に、写真を写している皆さんも、写真のなかに写っている皆さんと同じ時に同じ場所に来る同じ運命線を手のひらにくっきり刻まれている皆さんならば、そしてまた、この写真集を手にとってニコニコ眺めているわだぐぢ(誰?)たち皆さんも、郊外大型スーパーやその系列の激安パート賃金とワンセットになった低品質低価格製品専門ストアに買い物にいく習慣にべっとり染まった皆さんだったりの、こちら側からマジックミラーで覗いているあちら側のヲカしな姿が、あちら側からこちら側をマジックミラーで覗いているヒトたちの姿になっているとゆうバカバカしさが無限に繰り返されて無限に増殖していく鏡地獄じょうたいのバカバカしさに肩までひたって10でも100でも好きなだけ数えられる入浴とお風呂そうじが合体した洗濯機たいぷのお風呂のようなくつろぎむうどを醸しに醸しているこのお写真集の効能は、たとえば前置きをはぶいてなるべく短めなひとことに要約したとしたらばどんなコトバが浮かぶのかは、この写真集を見る皆様めいめい違うのが当たり前だべし的な当たり前のことを当たり前のなにが当たりでなにが外れとゆうことはあるのかないのかとか当たりの前と当たりの後ろの間になにがどうゆうふうにあるのかないのかとかゆうた考えなくてもよいことをベラボーにたくさん考えさせて悩ませてくれるきっかけになるような刺激をばらまくような、わだぐぢたち(誰誰?)がいつも安住している常識感覚のそれなりに広いつもりの屋根つき壁つき何とかLDK的な狭ぐるしさを銀河外宇宙兄弟姉妹がコニャニャチワっすラベルまで一挙に拡大してくれるパワーを全身から惜しみなくまきまきしている皆様のとうといお姿を、写真にヨイもヒドいもあるはずがないと信じている皆様がおもいきりテキトーにカチャっと見苦しく撮影したまるで焦点のあわない顕微鏡や双眼鏡をのぞくような画面のなかで、バアちゃんが運転する電動クルマ椅子のうしろにつかまった孫むすめが水上スキー状態で店内の床を顔面すべりで引きづられていたり、売り場の棚と棚のあいだで顔面フルメイクの二人連れがゾンビー共食いごっこをして遊んでいたり、広げた新聞紙をドレス風にからだに貼付けたオバちゃんが買い物をしていたり、ピンクのカウボウイ帽子をかぶったヲバさんが何のつもりか銀色の拳銃をぺろぺろなめずり回していたり、ズボンの後ろに開けた穴からドオブツのしっぽを垂らしているヲヂさんがいるかと思えば買い物かごにのせられてヲサルさんが買い物に来ていたり・・最終出口はどこにも用意しされていない巨大な店内を半歩あるくごと悪化した果ての買い物依存症がそのまま天国への13階段に直結しているとゆうこの世の不思議をうすぼんやりと見せつけてくれているよおです。お自分ぢしんへのプレゼントとして以外にはどとても不向きなほど、心臓周辺の毛並みのお手入れ具合によってスキキラひが別れそうな悪趣味お写真を寄せ集めた本書をお自分へのプレゼント用に1冊どどどおぞ?!![記:2013.01.13:PM18時50分]


極楽昇天スーパー店内巡礼お写真集
ウォールマートのひとびと:皆さんの中にいる皆さんによる皆さんのためのお写真集
by 編=アダム・キップル、アンドリュー・キップル、ルーク・ウエリィ
発行=2012年。ffrom いりのい。 英語版。
大きさ:本体=ヨコ152xタテ223みりめいとる。
  重さ= 約310ぐらむ。
外見:そふとかば。お写真集。頁数=216頁
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥1600
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::買い物ブギブギ130113


2013年01月08日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

1960年代あんぐら雑誌びぢゅある黄泉返り本

逆あんぐら:図版と証言でつづる60年代あめリ力あんぐら雑誌の歴史
・・2010年代のいま時と1960年代のいま時の間に50年の時間のカベがあるような気がしていたのはもお昔の話。古代マヤ暦の時代が去年12月に完了して新しい時代がきたとゆう妄想を満喫したいヒトだけでなく誰でも彼でも彼女でも今年のカレンダアをいまの2013年から1963年と書き直すためにわざわざ歯みがき粉の白い着色剤を歯ブラシのブラシの根っこからほぢくり出す必要はなく、2013年から1963年を引いたり足したりするような計算はガチガチに論理てきに考えればあんまり意味がなかろっぺい。とゆうタいプの意味不明な冗談からスラスラと芽が出て膨らんで花が咲いて枝が伸びて葉が茂り。1970年代に突入するのとほとんど同時にパタリと影を潜めてしまったああっという間にかわいいコッ休サンが下から見上げてもてっぺんが雲の上に隠れて見えないほど巨大なジャックの豆乳の樹が聳え立つような勢いで世界的大ブウムを巻き起こした1960年代あめリ力あんぐら雑誌たちのどこにあるのかわからない白日夢のような世界に手を伸ばして鼻毛をつまむかのようにブチっとちぎってきたかのようにいまでは貴重な当時の最先端あんぐら雑誌の表紙や紙面をぺたぺたと原色で並べ、60年代あんぐら雑誌編集発行執筆の当事者本人たちのおしゃべりも添えて、いまは昔の2010年代から昔は今の1960年代にイイとこ鳥ピイチクぱあちくと訪ねていくための近道や抜け道や塗りつぶされたカベのように見えてぽっかり開いて行き来のしやすい穴ぼこのようなたくさんの入り口出口や扉などがオイデオイデと手招きをしてくれて、この本そのものが2010年代に新刊で刊行された一番新しい1960年代あんぐら雑誌のようにしか見えない不思議な雑誌風のカラフる単行本でござりまする。生証人として登場する有名ばんどMC5(えむしいふぁいぶ)のマネーヂャで白豹党党首のジョン・シンクレアや1950年代からアングラのポール・クラッスナーや女性あんぐら漫画先頭走者世代のトリナ・ロビンスや「ロサンゼルスの悪あがき」のロン・ターナーやタブロイド判の週刊えろ情報誌「すくりゅう」のアル・ゴールドスタインや黒豹党新聞お絵描き版画担当のエモリィ・ダグラスなどなど総勢20数人のいわゆる完全に行ききっていた大勢のヒトたちと一緒にぎらぎら光っていたヒトたちの話題ごとに整理された現場のはなしのはしばしでホルモン臭をふくむ湯気を立てている大蛇のようなエネルギイがもつれあってトグロを巻きながら縺れ絡まりあっているような印象を文章を読まなくても感じさせてくれる図版資料の数々がコンピータンでこさえたデザイソと圧倒的に違うのは、しげしげと眺めれば眺めるほどに、図形のかきかたや配置の並べ方や色の混ぜ方や塗り方などにかんたんな計算も複雑な計算も計算とゆうほどの計算された成分がどこにあるのかわからないことと無関係があるのかないのか、なにしろ新しいことをはじめたぞえぇ!!とゆう、バッチングせんたーでスイカ割りの棒を振り回した勢いだけを支えにして鳥人間コンテストの崖から昼間の星空にむかって泳ぎ始めている真っ最中のようで、見ているだけでも永遠の若さの泉から弾け飛ぶ水しぶきばちゃばちゃエステを体験するような擬似再生体験効果を感じられるかもかもかも??何がどうとゆう前にすでにスバラし毛な本書を各種リハビリ活動のおともにどどでしお。お問合せご注文は当店あてにご連絡いますぐ落ち着いてから大至急にどどどおぞ?!![記:2013.01.08:PM22時00分]


1960年代あんぐら雑誌びぢゅある黄泉返り本
逆あんぐら:図版と証言でつづる60年代あめリ力地下出版物の歴史
by 編=ショーン・スチュアート
発行=2011年。ffrom かりふぉるにや。 英語版。
大きさ:本体=ヨコ152xタテ223みりめいとる。
  重さ= 約375ぐらむ。
外見:そふとかば。貴重カラー図版満載。頁数=206頁
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥2200
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::逆噴射反家族130109


2013年01月04日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

オーラおらおら肖像お写真ア〜ト作品集

アルブレヒト・テュプケ写真集:ヒトびと
・・ヒトのたましひを吸い込んではペラペラに薄切りのハム状にして吐き出す奇怪なオカルトましんである写真機にブヒブヒものをいわせるのを仕事にしている写真師やお写真あ〜ちすととゆう人種のヘンタイっぷりには想像しやすいところとそうでもないところがどのような配分でいりまぢっているのか見分けがつかない見本のようなドイツの中年お写真家アルブレヒト・テュプケさんが地元ドイツの小さな村やイタリヤ・トスカナ郊外の小さな村などの路上で撮影したそこいら辺のヒトたち1人ずつシリイズ、ああんど、ふたごのヒトたち2人1組ずつシリイズ、どれもどれもデコボコしたポケットの中の芽から骨が伸びたジャガイモのようなへんな手応えをむきだしにしたテュプケさん式お写真術ごりごり押しで、一卵性双生児シリーズ以外には見分けがつかない合計3つのシリイズ写真を集めたモワモワとヘンタイ的なあじわいの濃厚な独特肖像お写真あぁと作品集でありまする。街でみかけたヨイ味の発酵しているヒトたちを写真機で吸引してみた写真とゆうのはゴチャ億ゴチャ万とあるだけでなく、モデル狩りをする猟師さんの鉄砲術さえ確かならば、いわゆる写真としての出来映えに係らず、ゴハンが何杯もおかわりできてしまつたりもするわけなのですが、見れば見るほどあやしームウドを剥き出しにするための工夫としてもうひとつまみ塩味をきかせてあるのがテュプケさんの写真機に吸い込まれたひとたちのお姿で。第1のシリイズは、ヂュプケさんの出身地の村で見かけたよそ者のヒトたちが、第2のシリイズでは、お互いにお互い同士が自分でも他人であもある一卵性双生児のヒトたちが、第3のシリイズでは、自分たちの村にいるのにテュプケさんがいることでよそ者から見たよそ者になっているトスカナ郊外のヒトたちが、カメラを通り抜けて吐き出されたときには、年齢性別人種のみさかいなく、片手を腰に当てたり当てなかったりしながら重心をカメラのほうに微妙ならがもハッキリと押し出すかたちで立っていて、写真のなかから写真をみているヒトたちに向かって、どっちがペラペラにんげんなのか勝負を挑んできているようなスットコドッコイばかりが集っているような、おらおらオーラが強く迫ってくるのはテュプケさんの演出のせいなのかと錯覚しそうになるのですが、その次の瞬間には、見えない身体拘束衣装で縛られているかのように似たりよったりのポーズんぐをさせられているヒトたちの、同じヘンタイ写真師モデルの制服を着せられて煙が立ち上る出口が限定されているからこそ際立ってみえるヒトリひとりのオラオラおぉらの違いがどちらのアサッテしあさっての方角にいるのかは分からないままデコボコしているのが手でさわるとくっきりムキムキと見えやすい違いになってにょっきと立ち上がっているよおです。そすて一般的には芳醇にオウラが発酵しているヒトたちの路上撮影は、路上が生活のおもな舞台になっているヒトがモデルになりがちな傾向ありますが、テュプケさんの写真機に吸引されているヒトたちは生活ラベルの面でも色とりどり風でどのヒトがどんなヒトなのか一体どこの誰なのだか見当のつきにくさも素晴らしいく、いつでもどこでも何だか場ちがいでいたがりな撮影者テュプケさんのドSみたいでもありドMみたいでもあければあるほど明らかにどちらでもないドすけべいっぷりをもわっと感じながら何度みても見飽きなさ毛な肖像お写真集となつているよおです。2006年に1200部刊行され、問屋在庫も僅少な本書お写真集のご用命は当店あて大至急にご連絡ご注文をばどどどーぞ?!![記:2013.01.04:PM22時00分]


オーラおらおら肖像お写真ア〜ト作品集
アルブレヒト・テュプケ写真集:ヒトびと
by アルブレヒト・テュプケ
発行=2006年。ffrom ニュールンベルク。 英語版。
大きさ:本体=ヨコ238xタテ297みりめいとる。
  重さ= 約720ぐらむ。
外見:はあどかば。カラーお写真あ〜と集。頁数=96頁
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥4500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::決闘写真論130105


2013年01月01日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

インドまはらぢゃ町内会コスプレ塗り絵お写真集

写真集・ラジャスタンの男たち
・・去年2012年の暮に隠れ里のどこかに本格的にお住居をお移しになられれた小沢昭一師がニポン放浪芸の源流をたどる逆打ち巡礼の旅でたどり着いた西方の地としてみなみなさまの脳内に刻まれている西インド・ラジャスタンに落語があるのなら繰り返し登場するお馴染みの寄り合い長屋の住人のヒトたちはこんな顔ぶれなのだろなぁと思わせるような横町っぽいヒトたちの姿を純粋あ〜と的にとゆうよりは大衆娯楽の王様っぽくたのし毛ならばどんな手法もありのア〜ト芸人根性で完成させたホッコリむうど満点の現代お写真あ〜と集でありまする。食人鬼エド・ゲインのふるさとウィスコンシンの出身なのにどこから見ても無国籍風味なワズヲ・X・ワズヲとゆう個人みたいなお店みたいな名前で活動する写真あ〜ちすとワズヲ・X・ワズヲさんがラジャスタン・ウダイプールに初めて訪れたきっかけは、旅行ガイド本に掲載されていた写真の説明文の間違いに勘違いで誘導されたまったくの偶然だつたとゆう、切れない包丁で切ったお豆腐のような歯ごたえをかみしめがら、初訪問から3年目の2006年にワズヲさんがラジャスタン・ウダイプール現地にこさえた写真スタジオで撮影したお写真は、モデルのひとたちが全員ラジャスタン地元で知り合いになったヒトたちに現地の古着屋さんで調達したような衣装を着せて伝統的風俗をコスプレしてもらっているのも地元ラジャスタンならではならば、どことなく銭湯のペンキ絵をホーフツとさせるような調子で王様たちの古いお城や密林のなどを描いた布地が写真の背景にぶらさがっているのも、布地の染め付けや刺繍などをこさえたり、それを小道具にした芸能を商売にしたりしたラジャスタンの長い歴史があればこその、ホンモノに近づけば近づくほどにニセモノかホンモノか見分けがつかない異境のなかの異境とゆうよりは異境のそとの異境むうどをかもすのに貢献しているうえに、ワズヲさん写真のセピア色ぷりんとの上から手彩色で着色をして仕上げる係を担当した共同制作の相方の手彩色あ〜ちすとラジェシュ・ソニさんの履歴書にもそもそもはヒイオヂいさんの代にまでさかのぼる地元ラジャスタンでの手彩色あ〜ちすととしての家族代々のものがたりがあるのだそお。ヒイおぢいさんから金銀宝飾細工職人の仕事を受け継いだソニさんのおヂイちゃん。いざこざにまきこまれて金銀宝飾細工職人を辞めたあとは、お祭り用具の装飾ものをこさえたり似顔絵描きなどを経て、他のひとたちは水彩絵具を使う手彩色写真に油絵の具を使い、自作の大型カメラで撮影した写真に彩色を施すとゆうやり方を工夫したのが大評判となり、王様たち御用達の宮廷写真師にめでたく成り上がったのが19世紀後半のこと。ヂイちゃんの一番下のこどもだったソニさんのトオちゃんが、ヂイちゃんに教えられたわけでも手ほどきを受けたわけでもなく見よう見まねの工夫で手彩色の写真師になったように、子供のころからお絵描き大好きっ子だったソニさんも、トオちゃんに教えられたわけでも手ほどきを受けたわけでもなく見よう見まねの工夫を積み重ねて街角のこども絵師から出発して海外の観光客に混じっていた美術コレクターのひいきを受けてお絵描き職人としての地位をきづいてきたツゴい叩き上げの腕を買われいまではワズヲさんのお仕事の大事なおホモだちになつているとゆう次第なのだとかで、セピア色写真のセピア色むうどをセピア色の月明かりのように活かした状態でそれをオールカラー写真に移し替えるとゆう離れ業を自然ななめらかさでこなしておます。見えない縁の下のそれやこれやの運命の糸巻き車に操られて本のぺーぢにまろびでてきたお作品は、村の路上床屋さんのお仕事風景だつたり、沙漠のなかで例外的に湖が多い町として知られるウダイプールの乾季に雨乞いをするお百姓さんだつたり、仕事でスクーター移動の途中にカバンの書類をまき散ららして焦っている背広のひとだったり、手に持った孔雀の羽や虎斑いりの三又や鈴がぶらさがった腰ひまなどなどの衣装が坊主まる儲け風な乞食修行者だつたり、壷ドロボーだつたり、天を仰ぎ見る顔が半分崩れているひとだったり、細長めでくねくねした樹を肩にかついでいる木こりさんだつたり、ひとりが壷を手に持ちイスに座ってひそひそ話をする2人のオヂいさんだつたり、オッサン二人が盤上ゲーム「キャロム」で遊んでいたり、目の見えないひとが2人でいたり、世界でいちばんみにくいヲンナとゆうヒネりも何もない扇情的宣伝文句で人気のあつた見世物芸人ジュリア・パストラーナに似た毛深いヒトが鏡のまえで首飾りをいぢくっている途中に振り向いてギョギョっとしていたり・・とゆうように、手彩色あ〜ちすとラジェシュ・ソニさんがしつらえた水ぱいぷの中をワズヲ・X・ワズヲさんの写真がくぐることで何段階も濃厚に煮詰めたような形にコクをましましした、現在のいまの世の中のどこでもないようなムウドをにやにやたのしむことのできる21世紀の奇妙なお写真あーと作品集となつています。時代おくれな原子力汚染発電所があることをのぞいてそこいらの西洋よりも東洋よりもよつぽど地球のそとに浮かぶ地球らしさを感じさせてくれるワズヲ・X・ワズヲXラジェシュ・ソニさんの仲良しウホウホッこんびによる塗り絵写真町内会の軽やかさをお正月の断食修行つづきに当店ショウルウムでご覧いただくご来店予約も通信販売のお問合せも当店あて電気メエルは今すぐ至急にどどどおぞ!![記:2012.12.32:AM99時99分]


インドまはらぢゃ町内会コスプレ塗り絵お写真集
写真集・ラジャスタンの男たち
by 写真=ワズヲ・X・ワズヲ、手彩色=ラジェシュ・ソニ
発行=2011年。ffrom いりのい。 英語版。
大きさ:本体=ヨコ220xタテ280みりめいとる。
  重さ= 約620ぐらむ。
外見:そふとかば。カラー彩色おんざシロクロお写真あ〜と集。頁数=120頁
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥4000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::手塗り七面鳥130101


2012年12月27日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

極小ニンゲン人形都市漂流お写真集

翳りのある舗装・大都市の小さなお邪魔虫たち
・・黒鳥の湖などのバレエをお祭りの舞台で披露するときの華やか衣装から地味やかな普段着に着替えたために妖精とゆうよりは手のりウインコぐらい小さいオヂさんを町のなかやおウチのなかで見かけたどお〜とゆう話が当たり前に聞かれるようになったのとちょうど同じころにえげれすのロンドンはじめ西洋大都市のあちこちで体験されるようになった街角の小さなお人形置き逃げア〜トの小さな宇宙本は当店ホ〜モ頁でも、縮みゆく超ミニミニ人工霊園お写真集『小さな庭の小さな本』や『街角の小さなヒトたち:スリンカチュウの道ばたア〜ト』『タイヘンな町:スリンカチュウ写真集』などちらほら誤あんないしていたのを不自然に突然思い出したことにしてみたなかの1冊、現代万国ちっちゃい人形あ〜と凶作集 『スゴくちっちゃな世界』にも参加されていたエゲレスの小さなお人形あ〜ちすとアイザック・コーダルさんのヨオロツパ各地の大都市の街角に出没したお邪魔虫さくひんだけを単独でまとめて1冊にした初めてのお作品写真集でありまする。同じ街角置き逃げ系あ〜ちすとでありながら、映画の一場面を切り取ったようにドラマちっくな物語の展開をそうぞうさせてくれる色どりを感じさせるスリンカチューさんの置き逃げあ〜ととを日なたのポカポカ系としたら風がゴミくずを吹寄せる1年ぢゅう日蔭の片隅のひんやりブルブル感が、コーダルさんの首うなだれて視線はいつも下向きな置き逃げ人形さまたちの基礎体温。道ばたに立っている標識がつくる日陰に人形たちがタテ1列に並んで立っていたり、珍しく健康的に川辺で釣り糸を垂らしているのと思ったらゴミだらけの水面は酸素濃度ゼロで水底のヘドロをエサにする単細胞の原生生物や原生動物以外には釣れる見込みがないどころか死滅しているようにしか見えなかったり、ハゲあたまの背広の小さい人形たちがぞろぞろズブズブと水たまりのなかに入水自殺行進をしているのかと思ったら紅白だんだら模様の浮き袋を腰にあてて溺れない工夫もしていたり、野鳥が置き忘れたエサのように有刺鉄線にぶら下がっているのかと思ったら鉄棒遊びにようにクルリと一回転してみせてくれそうだつたり、街頭の監視カメラのうえに正座でおすわりをしていたり、毒ガスマスクを装着して岩場での潮干狩りで途方に暮れていたかと思えばガソリンスタンド前の路上で紅白パンツ1枚の下半身を土中にめりこませ毒ガスマスクで上半身裸で腕組みをしながら物思いにふけっていたり、エゲレス女王みたいな衣装を着てエゲレス女王みたいな冠を頭上にのせたエゲレス女王みたいな顔つきで鉄格子型の下水のふたに足を垂らして座っているかと思えば、崩れかけの古びたレンガ壁のふちにしょんぼり座っていたり・・とゆうた調子で、小さな人形たちをのせた小さな自動車についた想像力とゆうゴムタイヤに穴を開けて車体をぺちゃんこにした状態でゆっくりと動きがとまりそうになっていく最後の最後の瞬間の直前のスロオモオションのようにどんどんゆっくりになればなるほど加速状態に逆回転した裏返しの緊迫した速度感に突入しているのかいないのか。迷路のなかにはまり込み過ぎているためにどこがどう迷路なのかもわからない迷路のような都市風景のなかを風に吹かれる菓子パンの袋のようにウロチョロするわだぐぢたち(誰誰?)のからっぽなタマシヒがむぐこむにはひょっとこしたら巨大すぎるのかもしれないアイザック・コーダルさん製作の小さなヒトガタ人形たちの演歌のネオンにも照らしてもらえない乾いた背中とニゴりヨドんだ水たまりに映る空へのこだわりを透かして、いはゆる霊感とゆうものがまつたく無いみなみなさまが霊感があるみなみなさまが見る霊たちのいる風景をながめる気分や、幻覚をみるタイプの認知症にまだなっていないみなみなさまが幻覚をみるタイプの認知症のみなみなさまが見る小さなヒトたちのいる風景をながめる気分を擬似体験させてくれているような風そわそわ。半分人形みたいな気分でおそとで歩いたり立ち止まったり座ったりのおともにぺったり過ぎてぺったりなアイザック・コーダルさんの野外お邪魔虫お人形増殖あ〜とお写真集のお問合せ・ご注文は、当店どどいつ文庫あてご連絡を電気メエルで大至急にどどどおぞ!![記:2012.12.27:PM22時00分]


極小ニンゲン人形都市漂流お写真集
翳りのある舗装・大都市の小さなお邪魔虫たち
by アイザック・コーダル
発行=2011年。ffrom えげれす。 英語版。
大きさ:本体=ヨコ207xタテ148みりめいとる。
  重さ= 約660ぐらむ。
外見:はあどかば。カラーお写真集。頁数=256頁
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥2500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::小人国大人国121227


2012年12月24日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

キリスト仏壇むうど霊柩車お写真カタログ

ビヂュアル版・彫刻板飾りつき霊柩車の歴史:1933-1948
・・「走るラブホテル」とゆう素顔とともにもうひとつの自動車がひとを惹きつける魔法の正体である「走る殺人機械」としての素顔を露骨にチラつかせる特殊車両のなかでも禁断のお色気サービス発散度の高さで愛好者が多い西洋霊柩車。そのなかでも特に吸血鬼の休憩所ぽい無駄に装飾過剰な雰囲気で低血圧なファンの血圧をますます降下させてくれるお寺のお堂やお賽銭箱みたいな飾りがついたタイプの西洋霊柩車だけに車の種類を絞り込んだ、絶滅種系霊柩車ビヂュアル写真図鑑でありまする。道路を走る車の流れを同じ方向に向かって走っているときでも通常のいきもの時間の路線とはちがう路線を走っているような雰囲気を焼き鳥屋の換気扇から流れる甘いおしょう油たれの味がするケムリのようにもわもわとまき散らかす霊柩車ならではのどこにいてもトンチンカンな雰囲気にふさわしく、霊柩車の車内にボデっとしたカーテンをつけて湿っぽくしっとりと窓をふちどる代わりに、それを木の板に彫りつけた代用品を霊柩車の外側にコテコテと貼付けるとゆう見せびらかし、ちょうど身体装飾ふぁっしょん好きなひとがぢぶんのカラダにわざとキズあとを盛り上げて模様を刻むのと同じような外側と内側をくるりんと入れ替えるようなタイプのみせびらかし感覚で飾られた霊柩車は、ご先祖をさかのぼると自動車が発明され普及するよりもむかしの馬車が引いていた霊柩車のぢだいだった1898年に、凍り付いたようにピクりとも動かない沈黙のカーテン模様を板に刻み付けた大手の馬車タイプ霊柩車メーカーが登場し、その流行を引き継いで1909年に初めて製造されたのが彫刻板飾りつきの自動車タイプの霊柩車だつたのだそお。1920年代には木彫りよりもずっと緻密な細工をしやすいアルミ鋳造の装飾つき霊柩車が登場したり、セダン型霊柩車が登場。そして1933年のアメり力葬儀現場監督協会第52回年次大会の晴れの舞台でそれまでの装飾付き霊柩車の集大成のごとく発表されたアールデコ調流線型の、ゴーヂャスな棺桶霊安室に垂れ下がる重量感ずっしりの本繻子(サテン)に総飾りのついた緞帳(かあてん)を彫り込んだ霊柩車が巻き起こした新デザイン開発競争によって築かれた西洋式霊柩車の黄金時代。さらには1939年以降に登場し第二次大戦開戦まで続いたブウム第二期の、中世の大聖堂にみられる英国ゴシック調でざいんを彫り込んだ大聖堂すたいる霊柩車ないしはゴシックすたいる霊柩車といわれるものまでを、もう何十年も前に大部分が廃業してしまった霊柩車専門の自動車製造会社別に、車体の外観だけでなく要所要所には車内の様子も撮影されている貴重なシロクロ写真図版でこまごま誌上展示。昭和・大正どころか明治ぢだい生まれの葬儀業界人でも見慣れたことのない西洋霊柩車の幽姿がぐるぐると脳内を駆け巡ってくれる朝の深寝にぴつたりな特殊びぢゅある資料本です。もう最大でも366日寝るとモチ食べてノドが詰まって遠くから近くからオトロシ毛なサイレンの音もなく早くこいこいお正月から霊柩車のおベンキョー趣味に精を出したいみなみなさまは、当店あて今すぐ西新井大師級にご注文お問合せをばどどどーぞ!![記:2012.12.24:PM22時00分]


キリスト仏壇むうど霊柩車お写真カタログ
ビヂュアル版・彫刻板飾りつき霊柩車の歴史:1933-1948
by ウォルター・マッコール、トマス・マクファーソン
発行=2011年。ffrom ミズーリ。 英語版。
大きさ:本体=ヨコ215xタテ280みりめいとる。
  重さ= 約520ぐらむ。
外見:そふとかば。白黒&カラーお写真集。頁数=128頁
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥5400
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::霊柩欠番121223


2012年12月20日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

自滅型あうとさいだぁああと風ケーキお写真集

宴会場ぶち壊し:プロ職人のケーキが大失敗してるヨ
・・みつばちマーヤ暦のご賞味期限終了カントだっふんのために世間よりひと舐めふた舐め早いクリスマス新年ケーキたべかす全身塗りたくり態勢に突入した飛び魚ツッピン体質のみなみなさまにも、それほどあわてず10年、20年に1回ぐらい紅白トナカイ色の三択ロースが置き逃げしてくれたケーキのかけらを試食できれば十分な甘味大食い選手権体質のみなみなさまにも大中小好評いただきのパーティぶち壊し系ダメだめケーキお写真集 『宴会場ぶち壊し:悲惨なケーキで祝典は花ざかり』の姉妹兄弟編とゆいましても、実際にはその前の年に出版されていたもうひとつの別の、ケーキ屋さんケーキ売り場でみかけた「宴会場ぶち壊し」ケーキお写真集本が、刊行から3年も経ったいまになつて当店ショオルウムへも出前されてきてくれまぢだ。 以前に誤あんない済みの食欲減退写真集『宴会場ぶち壊し:悲惨なケーキで祝典は花ざかり』のほうは、いぢわるな虫歯キンや駄菓子の食べ過ぎでおもしろかたちに変形した胃袋やアニメ主題歌を24時間無停止配信する頑丈なノドチンコなど日頃から鍛錬を積み重ねてちょっとやそっとの刺激にはマヒしてしまっている栄養失調ぎみのカラダを生き返らせる怪し毛な食品添加物を高濃度に注入したネイルサロン系死体蘇生的ハデハデさをそなえたヒドぉいケーキを大量掲載していましたが。2番煎じの出枯らし企画というよりは、実際にはこちらのほうが先に発売されていた第1弾にあたるコチラの『宴会場ぶち壊し:プロ職人のケーキが大失敗してるヨ』おもむきは、比較をすれば少し素材が吟味され、産地直送ミルヒやワラまみれのウンチがカラについたニワトリの生みたて玉子を使ってこさえた農家のケーキっぽい雰囲気を感じさせるものが多いような雰囲気ではあるまして、どこからどうみてもぶちゃいくなケーキのはずなのに、平然と堂々した風格が漂ようているように見えたりもするために、一本線を描けばかすれたり太くなったりでひとつながりの線にならなかったり、三角をかけば楕円駅、マルをかけばレレレのレーになってしまうほど絵のヘタな中学生がおともらちの誕生日祝いのために一生懸命に描いたケーキの絵をお手本にしてプロのケーキ職人がていねいにつくったケーキがいくつもいつくも並んでいて、ヒドすぎてうっとりするほどの音痴のひとが熱唱しているウタの魔法にかかって身動きが取れなくなってしまったかのような危険な甘たるい匂いが全体に漂うなかにには、お約束のチョコがウンチにしかみえないウンチチョコケーキの数々や、結婚披露宴ぶち壊しケーキの数々、ちんぽこケーキの数々、バスケットボールケーキやラグビーボールケーキの数々、寝そべっている赤ちゃんのオムツをした下半身や毛布をかぶってねている赤ちゃんの全身だったり体の一部分だったりを大きな具のかたまりのようにケーキに投入してみたケーキの数々などなど、壊れたおもちゃを食べ物にしてはあきません!と注意をされそうでおハシのつけどころが意味不明、現代あ〜ととゆうよりは、あうとさいだ〜あ〜とそのもので、マヤ暦年末年始腹ぺこシーズンのエア宴会のおともにも、食欲減退セルフぷれぜんとにもぺったりこん。ケーキの廃墟的ケーキばいきんぐお写真集のご注文・お問合せは当店あて今すぐ大至急に電気メールでお連絡をばどどどーぞ!![記:2012.12.21:AM08時00分]


自滅型あうとさいだぁああと風ケーキお写真集
宴会場ぶち壊し:プロ職人のケーキが大失敗してるヨ
by 編=ジェン・イエーツ
発行=2009年。ffrom ミズーリ。 英語版。
大きさ:本体=ヨコ237xタテ160みりめいとる。
  重さ= 約580ぐらむ。
外見:はあどかば。カラーお写真集。頁数=192頁
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥1600
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::ケーキ刺激策121219


2012年12月15日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

切り貼りセクツー地図帳ア〜チストお作品集

マンフレッド・ペックル作品集:別のギャルには別の世界
・・地図帳のなかに色とりどりに描かれている地球の数十億年間のアクビやクサメやワルフザケなどの思ひ出を刻印した世界ぢゅうのデコボコや水たまりやハゲちょろけやアレやコレやの表情や顔色、ソコにでけた山や海や川や沙漠や町にくっくけられた呼び名を印刷した文字など、何冊もの地図帳まるまるを素材にして、カッターナイフでトンカツキャベツよりもマーボー春雨よりも細いセン切りにしたり、ゴマつぶのように切り刻んだり、シュレッダーにかけてたりと、おゲジヂュツ的マナ板の上でトントントトトン。細胞の大きさにまでメッタ切りにした地図帳から取り出された地球の裸体のカケラを貼り貼り貼り貼りモザイクのようにびっちりと画面にならべ、世界あ〜と史上まだあんまり見たひともいなそおな、世界地図で描いた便所の落書きみたい絵をつむぎあげていくドイツ・フランクフルト在住の切り貼り地図帳お絵描き職人マンフレッド・ペックルさんの初作品集でありまする。地図マニア的偏執狂体質あ〜ちすとマンフレッドさんが切り貼りで描くのは変態体質にやさしく水着や裸体で海や空とたわぶれる女性たちのいる浜辺の光景。色や文字のついた紙きれを切り貼りしてつくるモザイク画と聞くと、花びらや落ち葉の切れ端をふきよせた川に洗濯をしにいくヲバアさんのチャンチャンコのようなモゴモゴしたものを想像しがちかもしれなひのですが、ちやうどその正反対に高速道路のトンネルを電動モートルつきロケット自転車にのった競輪選集のような勢いで爆走しながらカラカラに乾いたコンクリの壁にヨイ意味での便所の落書きみたいなセクツーな絵模様を描き出すのがマンフレッドさんの地図帳切り貼りの腕のみせどころになつていますて、ビキニ水着だったりビキニのブラヂエエルを外しくつろぐセクツー女性たちのボデーにぴっちりと貼付いた版画のような深い陰影をしげしげ眺めてみれば、それがまさに地図帳のなかの地図帳らしさの主要成分になっている地名が佃煮のようにびっしり埋め込まれていたり、地図上の山脈に塗られた茶色だったり、白い肌に透ける静脈の青い血管の枝模様が世界あちこちの河川を集めたものだったりして一体全体ナニよ伝えたいのかハテナと首をひねってみるときに思い浮かぶのは、ナマミの作者マンフレッドさんの皮膚にイレヅミいんきで描かれた大きなハートの文字と墓地のお供えものみたいな植物図柄の大ざっぱさとの極端な落差とゆいますか、虫メガネでのぞきたくなるような作品とそれをこさえる作者とのおハシとお茶碗の大きさがあんまりにもチグハグな食べ合わせになっている感なのですが、その一方では、作品の中のセクツー美女たちの顔立ちをよくみれば、見た目の性別は限りなくヲトコに見えるハゲあたまのマンフレッドさんの顔立ちに酷似していたりもして、地図帳マニア流ア〜ト的おタカラ探しの新たな術をココ彫れわわんとばかりに掘り下げてみたらヨイ意味での懐かしい便所の落書きパワーを再発見してしまった毛なマンフレッドさんの地図帳細密切り貼りア〜トのわけのわからなさをもう一段階こぢらせることに成功しているのかどうか。当店ショウルウムに在庫まだ今のところ有りますので、地図マニア、切り貼りマニアの方々をはじめ実地検分ご所望のみなみなさまは当店あてご注文・お問合せを電気メイルにて大至急どどどーぞ!![記:2012.12.15:PM22時00分]


切り貼りセクツー地図帳ア〜チストお作品集
マンフレッド・ペックル作品集:別のギャルには別の世界
by マンフレッド・ペックル
発行=2006年。from ふらんくふると、ドイツ語+英語の2言語併用版。
大きさ:本体=ヨコ270xタテ250みりめいとる。
  重さ= 約600ぐらむ。
外見:そふとかば。カラーお写真集。頁数=40頁
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥3500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::地図解剖学121215


2012年12月11日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

火の用心おタカラお披露目お写真集

写真集:燃えてるおウチ:何を持って逃げますか
・・「もしも、火事でぢぶんの部屋、ぢぶんのおウチが燃えそうになったら、何を持って逃げたいか」とゆう、プライ恥チィのなかのヒミツを突いているとも突いていないともいえない何ともビミョ〜なたったひとつの質問だけで出来ている大人気ぶろぐ「燃えてるおウチ」めがけてガアガアワンワンミャオミャオと押し寄せるどこも誰とも知れないヒトたちの「ワダヂはコレとコレとコレとコレ・・」「アタイわコレとコレとコレ・・」など説明つきで送りつけてくる大量の写真投稿をがっさりと単行本化。品物を並べている誰だかわからないヒトたちが絶対に手放したくないものだけが並んでいる意味不明のフリーマーケット会場をぶうらりぶらりとうろついているみたいなヘンな温もりの気色のわるさが心地よい火の用心カチカチないしょのおタカラお披露目お写真集でありまする。音頭鳥をつとめている発案者のフォスターさんのおはなしでは、出会い系さいとのプロフイル欄に記入する「交際希望者に聞いてみたい」質問はナニかとゆう話をパーテーの席でがやがやしていたときに思いつき、意外なほど森あがったのがこの話題だつた、とゆうのがそもそもなのだそお。パッと見では、どこにでもありそうな無さそうな、もし無くなっても次の代わりをいずれまたどこかで見つけられそうにみえるご使用済み物件やご愛用の品々なのに、それが火事場出会い系の馬鹿ぢからを秘めたお写真らしいとゆうことを色めがねレンズの厚み歪みに付け加えつつ、火事のときにはコレとコレだけは持って出たいとゆうヒトたちのお名前、年齢、住所、おしごと、そしてソレゾレについて品名をボソボソと並べるだけのヒトもあれば思い出ばなしや思い入れをていねいに書き添えるヒトもあつたりとりどりな説明を横目でちらほら眺めつつ、ぺらぱらぱらぺらとペーヂをめくっていくうちには、はじめは透き通ってみえなかったひとつひとつのモノにぺっとり付着した手の指や足の指の指紋のうねうね模様の谷間にはまりこんだ毛糸で編んだDNAのほつれ気配のようなものがふんわりさわさわ揺れる遠くの窓のカーテンのような感触で鼻毛の先をムヅムズ刺激してくるような錯覚にも似た眠気でウトウトしそうになった時には一酸化炭素中毒の危険もあるので火の用心、あんなにも最初は干涸びたように乾いているように見えた品々が実際には、X線の目でコンニャクの中身を覗くよりもとりとめもなく不透明なひとりひとりのまたの日の出来事の思い出にぐっしょり濡れていることが時間とともにヂワヂワワ〜と伝わってくる結果として、手元に置いておいて時々気になったときに繰り返し頁をめくっては、忘れたころに急に思い出してまた頁を閉じることを長年に渡って繰り返すクセがつきそうな、何だかわからないけれど気にせずにはいられないお写真集のように感じるヒトも少なくなくなさそうな、ビミョ〜な上にも下にもビミョ〜なお写真集です。年末年始の慌ただしいさなか、誰がどう確かめても穴がないように見える落とし穴みたいな雰囲気の本に蹴つまづいた勢いあまって座ったまま脳みそを三回転半おひねりたいみなみな様へのお慰みやプレゼントなど各種用途にぜひぜひご注文は当店まで大至急にご連絡をばどどどーぞ!![記:2012.12.11:PM22時00分]


火の用心おタカラお披露目お写真集
写真集:燃えてるおウチ:何を持って逃げますか
by フォスター・ハンティングトン
発行=2012年。from にうようく、英語版。
大きさ:本体=ヨコ205xタテ277みりめいとる。
  重さ= 約900ぐらむ。
外見:そふとかば。カラーお写真集。頁数=272頁
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥2400
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::火災保険切れ121211


2012年12月07日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

超ヨヲロツパ全身着ぐるみ仮面お写真集

もっと野生なヒト:野蛮ぢんイメエヂ集成
・・宇宙のはてに落ちてきた地球人類のふるさとアフリカ人類の宇宙ばんざい全身着ぐるみ仮面ふぁっしょん写真集仮面:フィリス・カレンボ写真集』の衝撃的バイブレイヒョンを誤あんないしてからあのこの言いようのない東日本原発爆発大震災をあいだにはさんでまだ約2年弱、またしても登場した全身着ぐるみ仮面ふぁっしょんお写真集。今回はぬわわんと、熱帯アフリカ沙漠のバイブレイチョンに全身をゆさぶられているうえにどとてもサブい気候のアジアン大森林狐憑き犬神憑きのアニマル神懸かり脱魂のエクスタチーが大盛りアンかけスパゲテーのアンどころではなくたっぷり注ぎこまれているのにもかからわらず、衣装をこさえたヒトたちも着ているヒトたちもそのヒトたちがいる場所もなにもかもが黒や茶色のアフリカでも黄色や茶色のアジアでもなく、真っ白い白いヨオロッパ原産とゆうヲドロキが次々に押し寄せてくる純よおろぴやんストッコドッコイ全身着ぐるみ仮面ふぁっしょんいお写真集なのでござりまする。アニマルのアニマル臭がぷんぷんする乳製品や血がしたたる生肉と相性のよい消化液を体内にためこんでいる肉食部族のひとたちがクンクン嗅ぐとヨダレがたらたら垂れてくるアニマルのふさふさ毛皮やアニマルのツノやシッポと、夜のアニマルが居眠りをしたり昼のアニマルが獲物をおびきよせるためにイナイイナイバアの隠れみのにしそうな植物やお花や植物性繊維を加工したようなもの,霊力を振り回すための杖のようなもの、変身アニマルの霊的な呼び声の代用品にもみえる楽器風の音が鳴るものなどを素材にして猛獣や野獣やクマやウマなど迷信や集団妄想のなかをうろつき徘徊する化けものじみた霊的アニマルたちが悪夢のなかで暴れ回るすがたを衣装に作り替えたり、それを着てみんなでドギツクあそび、叫んだり踊ったり歌ったり走ったり転んだりするお祭りや儀式やお祝いための、特異とゆうのもアホらしーほど特異なヨオロピやん妖精アニマル怪人ふぁっしょん大図鑑となつています。撮影したおフランスの写真家シャルル・フレジェールさんは、こどもスケート選手やニポンのおスモウ選手や宮殿勤務のおもちゃの兵隊さんや工場勤務の整備士さんなど制服集団に所属しているヒトたちひとりびとり個別にたたずむ姿を写した肖像写真のようなシリーヅを世界アチコトでいろいろいろいろ撮影してきたヒトで、この写真集もスペイン、バスク、イタリア、ギリシャ、ブルガリア、スロベニア、ルーマニア、チェコ、フランス、ドイツ、スイス、イギリスなどヨオロツパ全土各地ぜんぶで18のくにぐにをぐるぐる歩いて撮影したのだそおなのですが、一面に白く積もった雪を背景に撮影した写真も木立ちの見える草原ふうの場所で撮影した写真も同じように、ヨヲロツパとゆうことばから連想される童話や絵本のなかの白いキリスト教っぱいイメエヂとは大違いなのはもろちん、知らず知らずのあいだにキリシト教目線になぢんでしまっているために想像もも妄想もしずらくなってしまっている、キリスト教勢力がすみずみに行き渡るよりもづづっと昔むかしの古代異教の神々のぢだいと呼ばれるむかし昔のモノノケやばけものや妖精さんたちの、ホントのリアルなすがは、ひょっとこしたらこんなものだつたのかも。。とひたすら驚愕するのと同時にぱたぱたぱたと妄想の羽を内ならして時間をぜいたくに浪費させてくれる出来映えの中身の濃いいい異色の変身アニマル着ぐるみお写真集となっています。初回入荷分完売後はお注文から到着まで通常ぷらす1〜2週間余計に時間かかるようになりますので大至急にごちうもんお問合せをばどどどーぞですす。!![記:2012.12.07:PM22時00分]


超ヨヲロツパ全身着ぐるみ仮面お写真集
もっと野生なヒト:野蛮ぢんイメエヂ集成
by シャルル・フレジェール
発行=2012年。from えげれす、英語版。
大きさ:本体=ヨコ175xタテ228みりめいとる。
  重さ= 約970ぐらむ。
外見:はあどかば。カラーお写真集。頁数=272頁
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥4800
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::全身あにまる仮面121207


2012年12月03日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

精霊信仰的変てこ女性下着あ〜と写真集

ふくらみ、結構です:ブラヂャア名品集
・・呼びかけに賛同した数百人のひとたちが提供した使い古しのブラヂャアとブラヂャアを結んだブラヂャアの縄バシゴ状のものを建物の屋上から周囲の外壁に何十本も何百本もぶら下げて華やかに無意味に壮観なブラヂャアのむだづかいのツンボルのようになった何とかホテルの建物を会場にノオスダコダ州ファーゴのブロードウエイで開催された「ブロードウエイでブラヂャア」とゆう乳がん闘病女性応援イベントがきっかけで、ヲトコ好きされるオツパイだけがよいオツパイとゆう迷信ぢみた宗教心へのこだわりを持たない自由なオツパイのための自由なブラヂャア創作ですっかりウキウキしてしまつた女性あぁちすとメグ・スピールマン・ペルドがこさえた、いまだかつて誰もあんまり見たことも考えたこともないようなあり得ないお作品ばっかりがずららら〜と並ぶ世界女性下着史上たぶん前代未聞のブラヂャアとは名前ばっかりの超をりぢなるたいぷブラヂャアおぶぢぇア〜トお写真集でありまする。鳥の巣、乾燥したおサルのシッポ、バコパモンニエラ、砂利、土、海藻、リボン、パラキート、ぼたん、狼の歌(メロン)、甘露(メロン)、ツルコケモモ、みずみずしい青葉やとりどりのお花・・などなど、使われている品目だけを並べてみると、まるで趣味のわるい魔法使いのおババひゃんおヂヂひゃんたちが孫やひ孫のおたんぢゃうお祝いケーキを作る材料に使いそうなものばかりを材料が選ばれていて、素材からブラヂャアおぶぢぇ完成までの手間ひまは、乳あてに該当する部分と、肩ひもに該当する部分のそれぞれに、素材をただ並べてあるだけ、とゆう驚異的なお手軽さ。出来上がったブラヂャアおぶじぇは、ヒトや人形がそれを着たり脱いだりして遊ぶ肌着としての実用性を100%無視しているどころではないので、もしこれがスーパーの下着売り場に置かれていて、これを手にもって店内を歩いていると、未会計の品物をほかの階の売り場から持ち出してウロウロしている不審なお客さん扱いで防犯係がかけつけてきてしまうかもと思うような、一体全体どこがブラやねんと草葉の蔭で横山すすしが怒鳴り出しそうな、夜空に浮かぶ星くずの数々をみたときにすかさず脳内で星くずの点と星くずの点と好き勝手な色つきの線で次々に結んでぢぶんの妄想を宇宙大の大きさに拡大して楽しめるようなウレシがり体質のみなみなさま限定でだけおもいきり楽しめそおな、言い方をかえると第二次性徴のあとに第一次性徴がきたり、更年期のあとに思春期がきたりするような、非日常的なア〜トの日常をア〜トなのか日常なのかよくわからない珍妙な日常生活への引越しのさいの取り込み中にあわててつっかけるとりあえずブラヂャーみたいなムウド。写真集の後半にはいると、ワンちゃんを乳カップ代わりにしたブラヂャアやカメラのフラッシュ反射板を乳カップにしたブラヂャア、お皿、野球のグローブ、ボクシングのグラブ、拳銃、ホットケーキ、サッカーボールやバレーボールなど、ますます訳のわからない記憶術のタネみたいものをならべたブラヂャアおぶぢぇが並んでいるのをみると、作者は物置小屋に閉じ込められたワンワンひゃんではないのかとゆうギモンの中に監禁された気分にワンワンワワンと全身ひたってみると、さっきまでは着用不能と思っていたブラヂャアおぶぢぇの数々が、いつの間にかぢぶんの胸板にへばりついて取れなくなるようなブラヂャア鉄仮面の気分を驚きとともに堪能することもできそおです。何をどお錯覚しても下着ドロボーをおびき寄せたりする結果になる心配がまったくないのは、身の回りのありとあらゆるものすべてにブラヂャアのお椀かヒモのどちらかに所属するカミさまないしは妖怪や妖精の一種のよお見えてくるおかげだから。とゆうたような、ちょっこしともお色気的いろあいがひとつもないア〜トブラヂャアお写真集を、まだ女性下着愛好癖はこれからの宿題とゆう方なのかすでに定年退職された方なのかの見境いもなくありとあらゆる老若男女のみなみなさまへのプレゼント用にセルフプレゼント用に1冊でも100冊でもお配りになられてみてはどどでしおか。お問合せ・ごちうもんは当店あて大至急に今すぐどどどーぞ!![記:2012.12.03:PM23時00分]


へこてこ女性下着あ〜と写真集
ふくらみ、結構です:ブラヂャア名品集
by メグ・スピールマン・ペルド
発行=2012年。from ぺんしるばにあ、英語版。
大きさ:本体=ヨコ236xタテ263みりめいとる。
  重さ= 約670ぐらむ。
外見:はあどかば。カラーお写真集。頁数=72頁
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥2500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::ブラーブラー121203



翌月のペエヂはアチラ          先月のペエヂはアチラ

この頁の先頭に戻る

お問合せ‐ご注文は今スグ大至急なんとなくdobunko@mail.goo.ne.jp「どどいつ文庫」まで
inserted by FC2 system