♥ 世界のキテレツ洋書&デヘブヒデヘ専門店「どどいつ文庫」です。
ご連絡は
dobunko@mail.goo.ne.jp「コニチワど文庫」係まで大至急に。

メニウでゴザル

●最新頁はアチラ
最新頁
dobunko.jp/
◎ご来店あんない
コチラです
◎ご注文方法

ご注文は25ぢかんOK

※ホ〜モ頁にのつていない本やDVDのお問合せもどおぞ。。
◎おメエル連絡先
お問合せご連絡は、 dobunko@mail.goo.ne.jp
まで。いつでもどうぞ。
25ぢかん受付中
※ホ〜モ頁に出ていない本やDVDもお探ししします。。


〈ふりだしへ戻る〉

2014年3+4+5月のホカホカ入荷!
*お好きな順番で画像の上をゴキっゴキっと押っぺしてのぞいて見みみてください。

    ♥♥  2014年06月03日のおししらせ    ♥♥

どどいつ文庫マガヂンお試し無料

「世界でぢたる珍本秘宝ツアア」1ケ月有効お試し無料バスワアド進呈ちう
・・6月元旦三が日も過ぎかけの飽けまして閉じまして明けましてこんばばばん、2ケ月ちょいまえにスタアトしました当店どどいつ文庫webuまがぢん「世界でぢたる珍本秘宝ツアア」いちばん最近3回の後進では、16世紀メキシコ・アステカ残酷絵本の超古代文明ふうバーヂョンとマヂメな児童画ふうとの2種類の画力対決。あんど、世界最古の建築書『建築について(建築十書)』のオカルト人体図で有名な1500年代イタリヤ語翻訳版2種類のお絵描き対決。ああんど、ルイス・キャロルの手づくり手こきお絵描き絵本やアソスのお歌のカラー絵本。などとゆうた調子で古ければ古いほどアリガタひ著作権消滅元祖オリジナル本を直接にデヂタル化した珍本秘宝のやまを掘って掘ってまた掘って、もひとつ掘ってまた掘って、いつもどおりの積極的な消極性に後ろへ後ろへとひきづられているのにもかかわらず、現在も奇跡の後進をつづけながら皆々さまのご来訪おまちしておまちてまする。
(*下の窓の中は、webuまがぢん「世界でぢたる珍本秘宝ツアア」のログイン前ページで、そのあとに無料バスワアド進呈のお知らせが続いてい升)。

http://dobunkomembers.web.fc2.com/

webuまがぢん「世界でぢたる珍本秘宝ツアー」お試し無料パスワードは、当店あて電気メールご一報いただけますれば、ただちに無料進呈ちう。お試しバスワアド有効期間は1ケ月、それ以後も引き続き会員登録ご継続のばあい1ケ月分¥500(3ケ月分まとめては¥1000)になりますが、1度申し込んだお試しバスワアド登録は1ケ月後に確認メール差し上げてから手動的に消滅しますので、お試し後にヤッパリやめたいとゆう場合は、ただ放置しておいていただければ自然にフェイドアウトもできます。なにしろ、超零細どころかいよいよ消滅寸前の当店、こまごましたことは基本的にすべて今のところぼぼいつでも委細相談可能でありますので、100年も200年も400年も500年も古い古い古い本の挿し絵を眺めてボーとすることにお興味やご感心のあるかたないかたお誘いあわせはどどでもよいのですがなにしろこの機会に今ならば当店あて電気メエル1通で入手できる「お試し無料パスワアド」をGETOして、webuまがぢん「世界でぢたる珍本秘宝ツアー」に擬似参加してみてくださいませ。
[追記:2014.06.03:PM21時30分]


お試しパスワアドお申込先: dobunko@mail.goo.ne.jp
ツアーお問合せ       珍本秘宝ツアー入り口


    ♥♥  2014年05月28日のホカホカ新入荷本    ♥♥

癒し系死体写真コレクシヲン

 
露出叢書:写真と死
・・いままでソレコレずいいいぶんといろいろな事件や事故や戦争など不自然な事情で不自然な場所で不自然なときに絶命してしまつたひとをそのひとの名前も住所も知らないようなひとがまるきりの他人が他人の死体をながめる目線で撮影した死体写真の写真集ありましたが、見れば見るほどに従来のソレらまるっきり正反対の方向を向いているよな、そうでもないような、安かに永眠したぢぶんのごくごく親密な身内のひとを葬式の前後などした写真ばっかりを8万点以上集めたコレシオンに遭遇して大感激の著者オードリィ・リンクマンが厳選した癒し系死体シロクロ写真の図版を110点収録した安らぎの死体写真研究本でありまする。写真はほとんど大部分が100〜120年ぐらい昔の雰囲気のモノクロ写真が圧倒的に多くて、いっぱいに敷き詰められた花の上に眠る棺桶のなかの死者をうつした写真のひとかたまりだとか、友人知人のひとたちだか親類のひとだか大勢のまだその時には生きていたひとたちが死者を取り囲んで葬儀の進行まっさいちゅうの写真みたいなののひとかたまりとか、墓地での納骨や墓石など、家庭の写真アルバムから借りてきたような写真ばかりなのにもかかわらず、おムウド的には職業写真家になつてしまうと撮影するのが逆にどんどん大変なことになりそうな、ひたすらどこまでも飾り気がないのに濃ゆいドラマちいくなムウドをワザとらしさもなく自然ぽくモクモクとむせかえるほどにカモしている、世間に知られる機会も可能性もなく埋もれていくだけのプライベート写真の名作みたいなものが紙面のそちこちに展示されていて、むかしのマンガによくあったふとんに寝小便で描いただけなのに異常なほど正確で細密な路地裏世界地図みたいな、いちど目が吸い寄せられたらいつまでも目が離せなくなるのと同時に、ぢぶんも絵のなかの死者の身内のひとりとして葬儀に立ち会っているかのような時間の流れのなかに引き寄せられていき、死んでいないひとたちと生きていないひとたちが共有している記憶の川の流れを行ったり来たりするための笹のはっぱの船ほどペラペラな渡り舟としての写真のおしごとに便乗して、どこの誰だかわからないどころでなくそもそもコトバも通じないよおなひとたちとの、どこにあるわけもない思い出のど真ん中に勝手に割り込んでどっぷりハマリこんだりしたうえに、死者のかわりに勝手に21世紀の極東ヂャポン列島あたりに勝手に生まれ変ってあげたりみたりもできたり。見ているうちに白や水色の造花がちょろちょろ咲いている妙に狭苦しげな楽園のほうから手招きされている毛な気分にもなってくる、いやし系っぽさが貴重な、毎日お通夜の連続みたいな死者写真コレクシオンあんど研究本であります。一般的なプレゼントにはまるで不向きなものをお探しのみなみなさまにだけはペッタリなコノご本、お問合&ご注文は当店どどいつ文庫あて今すぐに電気メエルで大至急どぞどおぞです。。[記:2014.05.28:PM22時00分]


癒し系死体写真コレクシヲン
露出叢書:写真と死
by オードリィ・リンクマン
発行=2011年。 from えげれす。言語=英語版。
大きさ:本体=ヨコ190xタテ220みりめいとる。そふとかば。
  重さ= 本体=約770ぐらむ。
外見:シロクロ図版110点。頁数=214頁。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥4500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::船頭小唄140527
前の頁もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2014年05月24日のホカホカ新入荷本    ♥♥

一卵性双生児あ〜ちすと驚異の小部屋

 
クエイ兄弟の宇宙博覧会
・・ビックリ屋敷の魔法のカガミの前にいるわけではないのに、ぢぶんソックリなヒトが目の前にいて、しかもそのヒトがぢぶんでもなく他人でもないとゆう、指をおって合計の人数を数えると誰かが1人少ないようでもありながら誰かが1人多いような気にもなつてくる一卵性双生児に生まれついた運命の絵に描いたよおなフシギさのおすそわけを目標にしているかのよおに単純な算数ではじぇったいに割り切れないフシギさがはしっこのはしっこまで万遍なく充満した窒息するほどのフシギだらけな作品づくりでみなみなさまも大大大中小好きな一卵性双生児の映像作家クエイ兄弟が、止まっているものを動いているようにみせたり動いているものを止まっているようにみせたりして大量の居眠りや鼻ちょうちんをふくらませるためのドリィムんぐ時間を必要とする映像づくり作業にあたって行きつけのホルモン煮込み屋台の公園トイレ水でうすめた焼酎ビンのラベルの模様並みに偏愛してきた愛ぐるぢい珍奇ぶっけんの数々を一同にづらづららと陳列。2013年12月から今年2014年3月までオランダアムステルダムのEYE映画博物館で開催されたクエイ兄弟の宇宙博覧会の図録カタログをかねた大驚異の小さひ部屋あ〜とコレクシオン本でありまする。どこからどこまでが誰のものなのか、ぢぶん以外のひとと、ぢぶん以外のひと以外のぢぶんとの間でのツナ引き合戦みたいなことを、胎内でヘソの緒をつかってのツナ引きをしていたころからづーっと続けていた習慣のなごりとゆう設定なのか、クエイ兄弟の映像作品の製作のために描かれた下絵デッサンやコマ撮りのスチル写真や撮影現場のキロク写真や上映時のポスターなどなどから立ち上るアヤシい気配と、クエイ兄弟がフェチ的に暗く熱愛する人体解剖模型やホルマリン漬けものや解剖図解の数々や、プリンツホルン博士の精神病院在住あ〜ちすとたちのお絵描きや『ストリート・オブ・クロコダイル』原作者ブルーノ・シュルツのお絵描きなどなどが発散する異次元異空間の気配が、切れ目やつなぎ目があることをまったく意識させないほどペッタリと溶け合いながら、この図録カタログをかねた作品集まるごと全体を、他の誰のものでもないクエイ兄弟の「小さくて巨大な驚異の迷路宇宙」に仕立てあげていて、一度ページをひらくと、それまでの時間の流れがどこかに片付けられて終了して、流れ込んでくる夜の新鮮な空気に鼻毛もゆれるようなわくわく気分にとっぷりと肩までひたれそおかもかも。そおして見ているとまた一方で、クエイ兄弟の驚異の小部屋いりびたり趣味には多分どどどどんぺしゃりな当店の会員さまホ〜モペエヂ会員さまホ〜モペエヂにお試し入会おススメしたい気分になつたりもしつつ、表紙カバー紙のおタッチ感もそふとで、手元に置いて撫ぜなぜしているだけも落ち着いた気分になったりもしそおなクエイ兄弟の宇宙博覧会』、お問合&ご注文は当店どどいつ文庫あて今すぐ電気メエルでどぞどおぞです。。[記:2014.05.24:PM20時30分]


一卵性双生児あ〜ちすと驚異の小部屋
クエイ兄弟の宇宙博覧会
by 編=アムステルダム・EYE映画博物館
発行=2013年。 from オランダ。言語=英語版。
大きさ:本体=ヨコ170xタテ230みりめいとる。そふとかば。
  重さ= 本体=約870ぐらむ。
外見:カラー図版満載の美術展カタログ。頁数=148頁。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥4500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::肉桂色の部屋140523
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2014年05月20日のホカホカ新入荷本    ♥♥

南あふりか大平原アニマルすとりぃと写真集

 
どおぶつ牧場:ダニール・ナオデ写真集
・・メガネをかけているぢぶんの顔がどんなふーなのか確かめるのにもまづはコンタクトレンズかメガネをつけてからとゆーひとが全住民の半分でこぼこいそうなヌポン列島住民目線からすると信じられないような、アフリカ大陸育ちのひとには視力が7.0とか8.0とかあるのもフツーとゆうマユツバ話が、なるほど確かに目線の邪魔になるものがまるきり何もないままでこんなに遥かかなたの遠くのほうまで地面が空がどこまでも広がっている場所に立ったらそれぐらの視力がないと必ず道に迷って行き倒れになってしまうべなー。とゆうたよおな、見ているだけ嗅いだことのない空気のニヲイを肺の底の水たまり下の泥の中にまで届けてくれそおな南アフリカ郊外の屋外風景を背景に、精悍でセクツーな体型のアフリカ犬の野犬たちや放牧されている地元種の牛で生きている間には非対称なお腹の左右の皮の模様が死後になると左右対称になるとゆうもの珍しさで有名とゆうングニ(んぐに)ウシなど、住民の平均視力が7.0未満の土地に暮らしているわだぐぢたち(誰誰??)などは動物園でも見たことがないようなドヲブツたちを、神話や伝説に登場する架空のドオブツの実在を伝える証拠写真のよおなオゴソカむうどでパチパチと捕獲した南あふりか地元産ドヲブツお写真集でありまする。本書をこさえた1986年ケープタウン生まれの白人写真家ダニール・ナオデさん本人が、自動車にのっての長旅の途中に通った沙漠のなかで生まれて初めて見て大感激してしまい、それを境にアフリカ犬(アフリキャニス)の追っかけ写真家になつたほど激しくのめりこんで行きました。。と告白しているぐらいに地元のひとにとっても珍しくかんぢるひとにはとーても珍し毛なアフリカ犬や地元のひとたちが放し飼いにしているウシやヤギやヒツジやロバ、野生だか何だか不明のシマウマなど、アフリカ大陸でぢんるい史上はぢめてのぢんるいがオンギャーと泣き笑い声をあげるよりも何歩も前にアフリカ大陸で暮らしていたドヲブツさまたちが、空気とか地面とか雲とか空とか海とか空間とか時間とかとかをいちいち区別しようとしてもハシでつかむこともスプーンですくうこともできないほどトロトロコトコトまざりあってしまい入浴のためにいちいち服を脱いだり着たりする透明な巨大うず巻式の天然サウナ温泉アフリカ風呂的ななんだかの一部になりきっているご利益なのか。それとも、南アフリカ白人としての写真家ダニールさんの、驚異の小部屋妄想に引きもっこりしたがる現実逃避癖から生まれた写真のなかだけのまったくの絵空事なのか。ドヲブツだけでなく、ドヲブツの毛を切らせてもらったり、ドヲブツを鉄砲で撃たせてもらったり、ダニールさんの写真のなかに収納されている、ドヲブツからのお情けにもたれかかっている地元のひとたちが、天然アフリカ温泉のエキスの粒子のなかにとろけきって動くお地蔵産みたいになっているのにとどまらず、本のペーヂをめくっている視力不足ぎみなわだぐぢだち(誰誰?)までが、原始地球ぢだいからのぢんるい首都アフリカのサウナ風呂つきカプセルほてる宿泊着でくつろがせてもらつているような、油断のならない吸引力いっぱいのドヲブツすとりいと写真集ふろむアフリカン大平原でございまする。ワンコずき、アニマルずきのみなみなさまの枕元に1冊も10冊も積み上げておきたいのはもちろん、とにかくオイチい空気を吸いたいときの一時しのぎにもプレゼントにもぺっとりなお写真集『どおぶつ牧場』のお注文、お問合は当店どどいつ文庫あて今すぐ電気メエルで大至急にどぞどぞです。。[記:2014.05.20:PM22時00分]


南あふりか大平原アニマルすとりぃと写真集
どおぶつ牧場:ダニール・ナオデ写真集
by 写真=ダニール・ナオデ
発行=2012年。 言語=英語版。
大きさ:本体=ヨコ250xタテ295みりめいとる。はあどかば。
  重さ= 本体=約870ぐらむ。
外見:オールカラーお写真集。頁数=148頁。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥5800
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::アフリカニス140519
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2014年05月15日のホカホカ新入荷本    ♥♥

珍奇レトロ未確認生物これくしおん

 
中世からルネサンス期の古地図にみる海の怪物たち
・・土のかたまりのお星さま、地球、とゆうあってるよおな間違ってるよおなテキトーなアダナで長い間呼ばれていることと無関係があるのかないのか、わだぐぢだちのいまいるお星さまが、お茶碗のへりすれすれまで海の水があふれかえっている海の惑星であることのスゴさを、最近500〜600年ぐらいのあいだにすっかり忘れられてしまっていた海のカイブツたちの大復活とゆうかたちで見せつけてくれるオマヌケぱわ〜大爆発の珍奇レトロ未確認生物これくしおん図鑑でありまする。もしも住んでいるおウチが陸地の土のうえだったら必ずニンゲンさまを完全に喰い散らかしてしまったあと地上のヲヤビンの座をめぐってお互い同士で死闘を繰り広げていたはづなものの、陸地ではなく海のなかが住まいだったために普段は近寄る機会のぐっと少ないニンゲンさまが地上にのさばることを大目にみてくれている巨大生物たちにとって、ニンゲン世界のカレンダーで数える500年だとか1000年だとかは、海面上に持ち上げたツノの生えたオツムを海面の下にひっこめてツノの付け根のあたりにたまった垢をボリボリとひと掻きしてカユミをとめたあと再び海面上に顔をのぞかせて周辺の様子を眺め渡すまでのほんの一瞬に過ぎないことを一目でニンゲソさまに思い知らせるよおな、ニンゲンさまの世界のジョーシキを脅威的にしたまわるアホ顔の一流会社創業者の銅像よりももカヲもカラダももももぉっとアホみたいな海のバケモノたちが、一匹また一匹と、海の潮風からは厳重に隔てられた大図書室の奥の奥のカギつきの棚の奥に保管されているボロ屑みたいな古い古い地図のなかから呼び戻されて、紙面のなかを悠々と泳ぎ回りながら、大型の帆船をくりかえし襲撃するだけでなく、まるで陸地がペットフードにでも見えているかのように、島や陸地の海岸線そのものに喰らいついてガブリついてるのを目撃しているうちに、見ているこちらの視点もいつの間にか、陸上から海上のほうへ、ニンゲンから海のバケモノさまのほうへと、どんどん移動していくかのよお。昔のひとがテキトーにつけたよおな印象の「海のブタ」「海のイヌ」「海のドラゴン」などなどとゆーた海のバケモノ生物たちの名前がぢつは、陸地にある生活、イキモノ、植物などはぜんぶそのまま海のなかにもあるハズ、そして天空世界にもあるハズ、とゆーその頃のひとたちにとっては当たり前の科学的な考え方にもとづいているいちばんフツーの考え方のおかげだとゆー話を、著者のチェット・ヴァン・デュザーがしているのを読んでナルヘそと納得してみたりすると、天空のカイブツたちや海のなかのカイブツたちにビクビクしているもうひとりふたりのぢぶんたちの姿をぐぐっと身近に感じるついでには、ベントウ屋さんやスーパーの聞いたことのない白身魚のフライに袋のソースをかけるときに、なにかアッと思い当たったりもする古代の海のニヲいを脳みそのスキマいっぱいに満喫できたりもしそおです。金属活字や印刷機械が普及するよりも前のぢだい、西洋中世から14〜16世紀ルネサンス時代の手描きで書かれた写本や木版画で刷られた古い印刷物のコレクシオンをどれほどたくさん持っているかをインタアネットリ上で自慢しあうのが海外の大図書館や大個人所蔵家のあいだで最近のブウムになっている流れにびみよに便乗してみた当店のwebuまがぢんも、この本に収録されているよおな古過ぎて新鮮なマボロシのバケモノさまたちのビジュアルすがたの発掘にも励みに励むつもりがよそ見ばかりしているわけですが、天下の珍本収蔵自慢のエゲレス大英図書館出版部が刊行した本書のビヂュアル的充実度はさすがにさすがの見応えありで、紙に印刷されたヴィジュアル図版の物体として居直りぐあいがインタアネットリの電気画像に対しての紙の本の圧倒的な歯ごたえのすばらしさを誇示していて、イカダで漂流中にお腹いっぱい海水を飲む夢のようなフクザツな満足感もかんぢられそおです。この本をみてから当店webuまがぢんの会員お登録するもよし、当店webuまがぢんの会員お登録を済ませてからこの本を見るもよし的なかんぢで、お問合せ、お注文は大至急に当店どどいつ文庫あて今すぐ電気メエルでどおぞどおぞ。[記:2014.05.15:PM22時00分]


珍奇レトロ未確認生物これくしおん
中世からルネサンス期の古地図にみる海の怪物たち
by 編=チェット・ヴァン・デュザー
発行=2013年。 言語=英語版。
大きさ:本体=ヨコ225xタテ246みりめいとる。はあどかば。
  重さ= 本体=約870ぐらむ。
外見:オール原色カラー図版満載。頁数=144頁。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥3800
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::海獣さふぁり公園140515
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2014年05月11日のホカホカ新入荷本    ♥♥

あうとさいだぁ境界線上あ〜ちすとお絵描き響宴集

 
画集:絵を描く自閉症
・・季節の変化にあわせるとかゆーことでは無いらしいものの、色あいが薄いめだとか濃いめだとか同じようにみえていろいろありますよー。ぽい意味のつもりだか何だかで楽団のなまえみたいな「スペクトラム」とゆー単語がくっついて、間違った連想を刺激すると批判されてきた「自閉症」から「自閉症スペクトラム」へとますます正体不明の病院業界用語になった「自閉症」とゆー看板を背負いながらお絵描き活動やものづくり活動にいそしみ世界ぢゅうのひとから注目されるよおになっても絵の具のチューブのあなからいつも見ているひとに無視されてもヘッチャラな「自閉症」あ〜ちすと40人以上のお絵描き百数十点が大集合。「自閉症」のお絵描きア〜チストでこの作品集の作品のおまとめ係であるジル・マリンさんが執筆したまえがきによると、自閉症のひとが科学や数学に格別の能力を発揮することが世間に広く知られているわりになぜだか今ひとつ認知度が低い、ア〜チストとしての「自閉症」のひとたちのスバぬけた才能にもシビレふぐりてくださいませ的な願いがこの作品集になつているのだそお。「自閉症」のア〜チストには共通した傾向として集中力のあっとうてきな高さがあるうえに、1度みたものはすべて脳に焼き付けることが出来たり、脳に焼き付いたイメエヂに関してはそれを、脳が冷蔵庫で、イメエヂは冷蔵庫にいれた野菜とか冷凍食品とかみたいなかんぢで、その気になったときにはいつでも1度はいったイメエヂを取出して好きなだけ観察をしたり、いぢくって変形させてみたりとゆうたイメエヂの操作をすべて脳みそのなかで出来てしまう図形派タイプの「自閉症」ア〜チストのひとたちが大勢いるかと思えば、イメエヂとイメエヂをむすびつける規則のすべてを直感的に把握してしまうたいぷの数学派タイプの「自閉症」ア〜チストのひとたちも大勢いるのだそお。大胆にまちがった方向にこのおはなしを縮めていうと、「自閉症」ア〜チストのひとたちが描いた絵を「自閉症」でないひとたちが見るのは、脳みそにすごいターボエンヂンをのせているニンゲンさまが描いた絵を、ふつーのポンコツな乗合自動車の乗客が眺めている状態にとーても近いのかも知れないとゆーことかも知れず、「自閉症」ア〜チストの絵のどこがどうなのか分からない部分は、絵の側ではなく絵を見ているぢぶんの側にアレやコレやの能力が足りないからかも。。とか何とか妄想に背中を支えられながら、無理な態勢でつま先立ちになって背伸びをしながら見ようとしつつも、どっちのほうにどんな加減で背伸びをしたらよいのかわからないので背伸びしたままエビ反りになって目玉の上下左右を反転させてみたりするような心地よく居心地の悪い不思議な緊張感を体感させてくれる「自閉症」あ〜と100点以上が収録されていて、「自閉症」が何のことなのか、「絵」が「文字」が「あ〜ちすと」が何のとこなのか見るたびにどんどん分からなくなるなかに、なんだか分からないけれど脳みそ冷蔵庫のなかのふだんあまり使わないようなところをめがけて意味不明な刺激を送り込もうとしているように感じられる合図やヒントが、本をみるその時その時で、全然ないようにも見えれば、絵の中に描かれていない合図が本のなかでざわざわしてるような気がして急にどこか思い出せないペーヂを探してみたくなったりもして、つねに部屋のなかの手の届くところに置いておきたいような、そうでもないようなお絵描きが、「個人と社会のおしくらまんじゅう」「反復、反復、ひたすら反復」「ココからアソコへ」「トリ目線のながめ」「別世界」「すべてが歴史上の出来事」「あ〜とのためのあ〜と」などとゆうたチャプタごとに整理されていることにも意味があるような無いような、なんともスペクトラムぅな「自閉症」あ〜ちすと大響宴お作品集となつているよおです。お注文、お問合せは当店どどいつ文庫まで大至急いますぐに電気メエルでどどどおぞ。[記:2014.05.11:PM20時00分]


あうとさいだぁ境界線上あ〜ちすとお絵描き響宴集
画集:絵を描く自閉症
by 編=ジル・マリン
発行=2014年。 言語=英語版。
大きさ:本体=ヨコ205xタテ280みりめいとる。そふとかば。
  重さ= 本体=約750ぐらむ。
外見:オールカラーお作品集。頁数=160頁。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥3000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::自閉体操140511
前の頁もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2014年05月07日のホカホカ新入荷本    ♥♥

19世紀あうとさいだぁドヲブツ画家作品集

 
アロイス・ツェトル:動物誌
・・ドヲブツ園の柵のなかからニンゲソさまを観察していないときだとか、取材のテレビ局の撮影レンズがそばにないときだとか、ニンゲソさまの臭いがしない安心で安全な場所にいるときのドヲブツさまたちとゆーものがどんな表情で何を考え何をしているのか。出発点はそんな素朴なギモンからでもたちまち江戸川乱歩劇場恐怖なんとか人間だとかドクターモロだしの島とかが絵解き実演ショウをくりひろげた猟奇的ヘンタイ見世物世界へとウキウキと転がり落ちていくのふつーのスケベいごころのお決まりコースとはちょと違い、実在のドヲブツを描いたドヲブツの絵のなかのにぢぶんぢしんが変身してみたうえでドヲブツとしての自画像をドヲブツに成り代わってニンゲンとして描くみたいな方法で描いたのだべす、とゆうたように見ようと思えば見えなくもない19世紀オーストリアの素人画家アロイス・ツェトルさんの妄想ドヲブツお絵描き作品集(古本)でありまする。アロイス・ツェトル Aloys Zotl(Zoetl)さんの名前やお絵描きについては、アンドレ・ブルブルトンの『シュルレアリスムと絵画 』に書いてある人名はひとり残らず暗記しているとゆう記憶力ぢまんのかたや『シュルレアリスムと絵画 』をネタにした澁澤龍彦『夢の宇宙誌』のなかの作文をたちまち思い出せるとゆうマニヤのかた以外にはたぶん馴染みが薄いかとも思うのですが、絵をひとめみた瞬間に、馴染みの有無うむなどとは全く別次元の地球とは別の土地にすむドヲブツたちのいるところへイキナリ連れていってくれる強烈にぶっちゃけた連れ去り玉ころがしパワーがアロイス・ツェトルさんのドヲブツお絵描きをオーラのように包んでいまし。そのスバラしーさーを超現実派親玉のブルトン氏はアンリ・ルソー氏と並べて、ドヲブツを何か別の意味や無意識のシンボルとしてでもなく現実をうつした科学的観察知識の図解としてでもなく理解されることを圧倒的なちからで拒絶するワケのわからなさがとーてもスバラしーく超現実的な幻想動物誌とゆうたコトバでアロイス・ツェトルさんのお絵描きを19世紀のアール・ブリブリット、19世紀のアウトサイダーあ〜ちすととしてホメたたえたそーなのですが、名前はコドモの絵本でもお馴染みのドヲブツの名前だし目立って奇形的な特徴などはどこにもないようなのにも係らず、誰がどおみても何だかどうにも奇妙でヘンテコりんなドヲブツばかり出てくるのと同時に、もうひとつつのアンリ・ルソー氏のお絵描きとの共通点として、ドヲブツだけでなくドヲブツたちにホンワカほんわかした彩りで寄り添っている幻想的植物の群れのスバラしーへんてこ感もあつたりしています。あんどその一方でアンリ・ルソー氏のドヲブツと違うドクトクなところは、アロイス・ツェトルさんの幻想ドヲブツたちがみせる、ワタシらはニンゲンぢゃありませんよと言い張るニンゲンそのものみたいなひょうじょうのヲモしろさでありますて。ちよつと激しく強引にコヂツケで想像をしてみますると、1831年生まれで1887年に亡くなったアロイス・ツェトルさんが本業にしていた皮革を染めて色付けをする仕事を通じてのドヲブツの皮膚や体毛との日常的な触れ合い体験の積み重ねを通じて肥大化していつた、手触り感とゆう出入り口の扉から入ったり出たりしてみたドヲブツたちの世界。ドヲブツの滑らかな肌の感触のなかを回転ドアーのようにぐるりとくぐり抜けてはいりこんだ空想のなかの実在のドヲブツのからだの中から空想のドヲブツになったぢぶんを映すカガミとしてお絵描きをするワザを、お絵描き修行からではなく、普段の革染めの仕事を通じて、アロイス・ツェトルさんは習得していつたのでわ外科ないかみたいなことも空想できたり。何だかよくわからないとゆう以上に、何だかよくわからなさとウキウキたのすぃー気分にさせてくれる何かが混然一体となつているため何度みても飽きがこないアロイス・ツェトルさんの数少ない画集の1冊を是非この機会にどどどおぞ。なお、本書には、箱入りの部数限定版もあるらしーのですが、こちらは最初から函のない軽装普及版の古本です。在庫1冊限りですのでお注文、お問合せは当店どどいつ文庫まで大至急いますぐに電気メエルでどどどおぞ。[記:2014.05.07:PM20時00分]


19世紀あうとさいだぁドヲブツ画家作品集
アロイス・ツェトル:動物誌
by 序文=ジョバンニ・マリオッティ
発行=1979年。 言語=おフランス語版。
大きさ:本体=ヨコ228xタテ240みりめいとる。そふとかば。
  重さ= 本体=約450ぐらむ。
古本:見返し上の方に万年筆で前の持ち主のサイン入り。保存状態は並程度です
外見:オールカラーお作品集。頁数=94頁。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥5900(古本です)
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::幻想動物園140507
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2014年05月03日のおししらせ    ♥♥

りぬぅうある版「どどいつ文庫webuマガヂン」ヲしらせ再開のお知らせ

会員お登録者限定公開webuまがぢん、りぬうあるバーヂョン発汗ちうぅ・・
・・今年3月末からスタ〜トをし、今月5月31日まで完全無料お試しサアビス実施ちうの、当店どどいつ文庫謹製webuまがぢん「世界でぢたる珍本秘宝ツアー」。3月下旬に途中経過をこの頁でおしらせしてから4月中旬ごろまでは、台風接近のニュウスをきいてからサーフボードをつくるための木材になりそうな木をさがしに行くための電車とバスの時刻表を調べようとして電話番号案内所にあわてて問合せをしているような気分でいたのですが、2ケ月ちかく海外そちこちのデヂタル図書館でホコリをかぶって変色した珍本秘宝のニヲいばかりにおっているうちに何かをすっかり勘違い。4月下旬からwebuまがぢんモロモロの小規模に部分的に大規模な改装さぎょーをはじめまして、遂についに5月1日からは、先頭画面から中のペーヂへ進むのに「会員お登録&個人パスワードが必要」な、密閉度99%の宇宙ロケツト的超高額有料ほ〜も頁(¥500/月)に変身しまして。けれどもそのヲンボロろけっと搭載でぢたる本棚から、1684年出版の珍書『カタツムリ類の観察による目と心の気晴らし』の、おフラソス国立図書館版よりも高解像度のデヂタルすきゃん版を誤あんないした記事を、サンプル用に取出しまして「世界でぢたる珍本秘宝ツアー」会員登録おススめ頁に掲載ちうでありまする。

さんぷる記事『カタツムリ類の観察による目と心の気晴らし』

あんど、「世界でぢたる珍本秘宝ツアー」の目次は今のところこんなかんぢです→
「世界でぢたる珍本秘宝ツアー」もくじ

4月下旬にリニュウアル作業を始めた前後からきのうまでの約1週間のwebuまがぢん「世界でぢたる珍本秘宝ツアー」上で、ちょこっとも文字は読めないのもお構いなしで意味不明のままヘンテコ図版をながめてニヤニヤしながら誤あんないしたデヂタルすきゃん本は、さきほどのフィリッポ・ボナンニ『カタツムリ類の観察による目と心の気晴らし』(1684年)のほか、アンドレ・テヴェ『宇宙誌』(1575年)、パレ『怪物論』from『アンブロワーズ・パレ著作集』(全10巻本、1579年)、伊藤晴雨『美人乱舞』(1932年)、ヨハン・デ・ケタム『医学論集』(1495年)、フアン・ワルエルダ『人体構造誌』(1566年)、ハインリヒ・クンラース『永遠なる叡智の円形劇場』(1609年、再版)など。シブザワせんせいや怪人アラマータせんせい、テラヤマシふあんのみなみなさまにもオススメすしたいようでもありつつ、ムヅカしーのがお好きなかたにはややオススメすづらいかもの、デヘヘーとしたwebuまがぢんになりつつあるのかどうか足踏みちうの黄金週間この時期に、お試し購読お申し込みをば是非ぜひお検討くださひませ。

webuまがぢん「世界でぢたる珍本秘宝ツアー」お試し無料購読の詳細は、
「世界でぢたる珍本秘宝ツアー」会員登録のお誘いのペーヂ
でどどどおぞ。
http://dobunkomembers.web.fc2.com/
[追記:2014.05.03:PM21時30分]



    ♥♥  2014年04月28日のホカホカ新入荷本    ♥♥

絶滅収容所育ち女流でろでろ彫刻家ご遺作集

 
アリーナ・ザポチコワ作品集:未完の彫刻1955−1972
・・コノ世の生き地獄人類史上に悪名たかいナチすの絶滅強制収容所から奇跡的に生きて戻り、戦後の廃墟のなかでア〜チストとしてチョメチョメをすることで、ナチスの亡霊や絶滅強制収容所の記憶とたたかったヒトたちのうちのひとりでもある女流でろでろ彫刻家アリーナ・ザポチコワさんの、出身地ポーランド国外での初めての大回顧展「アリーナ・ザポチコワ:未完の彫刻1955−1972」。2011年秋ブリュッセルからの世界巡業すたあとしたこの展覧会の図録をかねつつ、1960年代なかごろから急速な病状悪化で46才で亡くなる前年の1972年にかけての、それまでの彫刻家はまだ誰も使ったことがなかったウレタンやビニールなどを素材にして彫刻の非常識に挑戦しまくり倒し倒された時期のセクツーにでろでろした破天荒でポツプで苦悩だらけな全身ヅタヅタばらばら彫刻を重点的に収録したアリーナ・ザポチコワさんお作品集でありまする。タイ焼き焼き器でタイ焼きをタイの形にこさえるための金型の代わりにとゆうのはちょとオカシひですが、どのようなかたちにでも出来る溶ろけてドロドロした状態のビニール原液を彫刻に変身させるためのカタ、として、ごぢぶん自身のカラダだとか、ぢぶんのコドモのおカラダだとかを使つているうえに、ぢぶんたちの肉体とそっくりな分身の全身ではなく、口紅をぬったセクツーな唇とその周囲だとか、口紅をぬったかのように発色の明るい桃色の乳りんのある乳房とその周囲だとかを作品化したものが目立つので、もしこれが石や金属など彫刻ぽい素材をつかった彫刻だったとしたらずいぶんとなんだか、隣の部屋ではミツマユキ男が切腹ショウをしていても違和感がなさ毛なほど凄惨な人体の模造品が散乱した修羅場のように見えていたかもなどとうっすら感じるものの、時にはチュウインガムの噛みかすに人工着色料を追加投入したのかとゆうようなビニイル素材のてかりや色合いのおかげで陰惨な空気は寄り付きもしない代わりには、ハレヒレホロヒレとサイキでりっくな1960年代むうどが前面にぼーんと押し出されていて、いわゆるちょうタイミングがぴったりとその時代の一瞬のツボにハマって輝いたとゆうのもじつにどうもナルへっそ。そおしてまた、サボチさん死後40年以上が過ぎた21世紀いまのいま目線で振り返ってみると、ゾンビィ誕生のまえぶれ的に全体がデロデロ溶けかけているみたいなサボチコワさんの作品が、現在の人類総ゾンビィ化じだいの到来を、ゾンビィの足音を聞きながら予知していたかのようにも感じられたりもしつつ、全体をとおした印象としては地獄の休日にお花畑を散歩しているような気分になれたりもするホノボノ成分カットのホノボノふりぃホノボノあ〜と集となつているよおです?おカアさんがお医者さんでその助手の仕事をさせてもらったおかげで奇跡的にナチすの絶滅強制収容所から生還して巴里やプラハでそしてまたワルシャワででろでろ彫刻家となることができたアリーナ・ザポチコワさんの、地上にしばりつける重力に対して脱力感や虚脱感をまむすことで重力を重力ではない変態力にこね直していく独特あ〜とぱわあを牛タン味のチューイングガムを食べるようにもぐもぐとご賞味されてみてはどでしおか。お注文、お問合せは当店どどいつ文庫まで大至急いますぐに電気メエルでどどどおぞ。[記:2014.04.28:PM20時00分]


絶滅収容所育ち女流でろでろ彫刻家ご遺作集
アリーナ・ザポチコワ作品集:未完の彫刻1955−1972
by アリーナ・ザポチコワ
発行=2013年。 言語=英語版。
大きさ:本体=ヨコ230xタテ274みりめいとる。
  重さ= 本体=約1.1きろぐらむ以上(当店計量用備品の測定限界値越えです。。)
外見:オールカラーお作品集。頁数=136頁。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥4900
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::黄色い皿140427
次の記事もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2014年04月23日のホカホカ新入荷本    ♥♥

あうとさいだぁ暴風雨ア〜トお写真集

 
写真集:荒乱死(あらし)
・・集中的大豪雨や暴風に竜巻や雷光などの反則攻撃も交えたやりたい放題状態で空中から地上に襲いかかる「あらし」を知らないひとはたぶん殆ど誰もいなそおなのにも係らず、わだぐぢたち(誰誰?)現代文明ぢんが知っているつもりの「あらし」が実際にはテレビスタヂオ放送むけに芸能プロダクションから派遣された養殖系の食べやすい「あらし」で、実際の天然の「あらし」はヒトにやさしくも何ともないマンモスの大群のようにこんなにもワイルドなのかとひたすら感心させてくれる暴虐の「あらし」ドッキュ〜ンめんとお写真集でありまする。2009年ごろに「あらし」からのお告げを受けた写真家ミッチ・ドブロウナアさんが、テレビ局の「竜巻」追跡チームが使っていた特製自動車の中古を借り受けて、走行距離は毎日400キロメイトル500キロとゆうトラック野郎一番星的スケヂュウルで「あらし」ハンチング&追い掛け直撃撮影を続けた3年間の成果からの選りすぐりであるこの写真集に収録された全部で51ケの「あらし」の素顔はどれもこれも、核爆弾投下実験の記録写真集をみせられているのかと錯覚しそうになるほど強烈なエネルギィで読者であるわだぐぢたちを吹き飛ばしそうな勢いありあり。ニンゲンさまが地面から生えてくるよりもずずっと昔の赤ちゃん時代の地球のお天気とゆうことでコドモ地球図鑑の最初のほうに描いてある呪いっぽくも破滅的な暴風雨の光景が21世紀のいまの世の中にもふつーにあるらしーとゆうことの不思議に圧倒されそうにもなれば、むかしの人が「あらし」を絵に描くのに掃除器や太鼓の稽古が大好きな風神さま雷神さまにたとえたり、ツノを生やかし火を吐き牙のはえた8つの頭を持つキングギドラや中日ドラゴンズにたとえたりしたのも今よりも空も土地もずずずっと広かって電気の照明器具もひとつもなかった昔むかしの風景のなかで「あらし」がこおゆうものだつたらそれはそおだろべいと今さら納得したくなつてみたり。そして何よりも天然自然のエネルギィの無意味な造形力が始まりから終わりまでの寿命の広がりをもつ「あらし」とゆうイノチのないイキモノのすがたをこねくる不器用なてつきの、アウトサイダァああちとの模範演技かと思わせるほどの圧倒的なわけのわからなさをハッキリとしたはっきいしないかたちで見せてみせてくれているのに加えて、ありとあらゆる「自然」の出来事から「あらし」を切り取ってくる見世物師根性にはどれほど「シロクロ」の写真がぴったりかとゆうありがたや感が上塗りされていて、本棚や押し入れの下の床を重量でへこませるための肥料の一冊としていつまでも手元に置いておきたひタイプのお写真集に出来上がっているよお。そしてまた同時に野宿まにあの方や宇宙旅行者の方へのプレゼントにもぺったりそおな「あらし」お写真集、ご注文・お問合せは当店どどいつ文庫あてに電気メエルでいますぐ大至急にどどどおぞ。。[記:2014.04.23:PM20時00分]


あうとさいだぁ暴風雨ア〜トお写真集
写真集:荒乱死(あらし)
by ミッチ・ドブロウナア
発行=2013年。 言語=英語版。
大きさ:本体=ヨコ360xタテ254みりめいとる。
  重さ= 本体=約1.1きろぐらむ以上(当店計量用備品の測定限界値越えです。。)
外見:しろくろお写真集。頁数=記載なし。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥5900
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::嵐荒らし140423
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2014年04月19日のホカホカ新入荷本    ♥♥

生きていた幽霊お絵描き画集

 
エヴァ・ヘス画集:ゆうれい1960年
・・ゲバゲバハレハレ1960年代ニュウヨウクでの白昼公然お邪魔虫ハプニングあ〜との衣装づくりをふりだしに、美術品の素材に使えるとその頃はまだ誰も考えたこともなかつたプラスチックやラテックスやファイバーグラスなどを材料にして、、作りかけなのか、途中で作るのをやめたのか、それとも、最初から途中までしか作るつもりがなかつたのか見分けがつかないよおな立体作品の数々が「エキセントりっくな彫刻」展などを通じて世間にも広く1960年代ふうヘンな彫刻家の先駆者のひとりとして知られたものの、1970年に34才で脳腫瘍のため亡くなられた女性あ〜ちすとエヴァ・ヘスさんが、大学の美術部を卒業してすぐの1960年ごろに描いていた自分の分身のようなヲンナのひとの幽霊を描いたお絵描きばかりを集めた幽霊自画像お作品集でありまする。ここに収録されている幽霊お絵描きシリーズを描き終わって時点では作者のエヴァ・ヘスさんは、やがてぢぶんが、廃墟化した繊維工場をアトリエに使い、そこでみつけたファイバーグラスやラテックスなどを素材にした立体作品を通じて尖端的あ〜ちすととして評価されるようになることを、たとえ夢で見たことがあったとしても目がさめれば正夢と思つたかどうかをチョメチョメする手がかりもなければ、幽霊シリーズを描いた10年後にはコノ世でのぢぶんの寿命が尽きてしまうことや、さらにその後にはラテックスやプラスチックでこさえた立体作品が素材の経年劣化につれて崩壊していつて人生が短いだけでなくゲーヂツの寿命も短かったりすることを、エヴァ・ヘスさん本人が予感していたか予知していたかをチョメチョメする手がかりも、あるのかどうかも知らないままでいればいるほど反対に、ソレやアレやどれもどれもの出来事が描かれたお絵描きのなかにはすべて入っているのでわないか的な、度の強い色メガネごしにみたくなる誘惑に押し流されるままに「幽霊」シリイズを眺めていると、時の流れとともにゆっくり時間をかけて腐り崩壊していく立体の影を金魚すくい式に紙のうえにすくいあげたもののように見えてくるのは、「幽霊」が描かれた1960年とゆう日付と、それを眺めたひとの脳みそのなかに「お作品」のふりをして幽霊が登場する2010年代のいまのいまの日付のあいだにはさまっている時空の厚みが透明なレンヅのように「お作品」をゆがめながらしか目から目へと手渡すことが出来ないせいでもありつつ、逆にまた、エヴァ・ヘスさんの幽霊シリイズの、そおおもって眺めると、まるでマヨネーズの容器のうえに描いてあるような上すべり感やベトつき汚れコネコネ感などを手がかりにして、話の順序を逆転させる幽霊レンヅぱわあに相乗りするレッツンをつむことで、脳内時計や体内時計をあやつって火星移住の準備体操にもなりそおかもな、解釈不要の寸止め感がずいしょにあふれかけるカラー&しろくろ図版合計36点収録のエヴァ・ヘスさん幽霊お絵描きお作品集。ご注文・お問合せは当店どどいつ文庫あてに電気メエルでいますぐ大至急にどどどおぞ。。[記:2014.04.19:PM21時00分]


生きていた幽霊お絵描き画集
エヴァ・ヘス画集:ゆうれい1960年
by エヴァ・ヘス
発行=2010年(第2刷)。 言語=英語版。
大きさ:本体=ヨコ195xタテ260みりめいとる。
  重さ= 本体=約700ぐらむ。
外見:カラー&しろくろ画集。図版数=36点。頁数=92頁。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥4400
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::予知余地歩行140419
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2014年04月15日のホカホカ新入荷本    ♥♥

東ドイツ忍者活動あほあほマニユアル写真集

 
最高秘密:東ドイツ秘密ケ一サツ保管庫収蔵写真より
・・陰湿陰険ゲスのきわみのよおな住民への監視や取締で世界ぢゅうを呆れ果てさせたベルリンの壁じだいの旧・東ドイツ秘密ケ一サツ・シュターヂ役人の極秘忍者活動の、いままで封印されていたあんまりにもミもフタもないオソロシー現実を伝える禁断写真の数々を、東ドイツ消滅後20年以上経過した2010年代以降にようやく一般公開された東ドイツ秘密ケ一サツ資料保管庫から調査発掘した驚異的アホアホお写真集でありまする。カツラをとりかえたり洋服を着替えたりする「へんそう」技術写真のかずかのどうにもならないアホまるだし感だとか。専門のヘアスタイリストさんに付けヒゲを整えてもらっている最中の記念(?)写真のかずかずがかもすヲトナの七五三ちっくなハシャいでる感だとか。「へんそう」完成後のファッションモデル調の記念写真のかずかずだとか。後ろ向きで後頭部に手をあてたりする簡単で不自然な動作のせいで、少年野球チームのちびつこでもその場で見破れそうな、秘密忍者同士の秘密の、つもりでバレバレむうどいっぱいのボデーランゲージによるサインだとか。容疑者の居場所に踏み込んでの身柄確保や接近した状態での格闘などの動きを室内で実演した緊張感ゼロの連続分解写真のかずかずだとか。街中で容疑者をびこーしながら長時間にわたって監視をする様子を再現するなかに街なかや都心から自動車ですこし離れた郊外など東ドイツのその当時の風景や色彩が自然なかんぢで紛れ込んでいるのも貴重ぽい写真だとか。これも当時の東ドイツの一般のひとの生活の空気が濃厚な、秘密におこなう家宅捜査の現場の写真のかずかずだとか。西ドイツ側の資本主義文化に毒されて雑誌プレイボォイのおヌウド・ピンナップ写真が貼ってあったりするような青少年たちのお部屋の記録写真のかずかずだとか。郵便ポストに投函された郵便をポストを開いてチエツクするような露骨な監視の現場だとか。カメラと一緒に上半身まるごと自動車の窓から外に突き出して撮影するほどマヌケな忍者写真撮影の実演光景だとか。写っている何人かのひとのうちの誰だかは分からない特定のひとりのあたまに、大きめの黒三角の矢印を書き込んである薄気味悪い写真のかずかずだとか。顔の前に写真機を構えている姿を東ドイツ忍者ぢしんが自分で撮影した写真のかずかずだとか。東ドイツ忍者がそのときだけ仕事を忘れてカメラのシャッターを押したのではと著者が想像しているドヲブツ写真だとか。西ドイツから東ドイツへの「密輸品」として押収された品物の写真だとか。一度破り捨てられても一度テープで貼り合わせた写真のかずかずだとか。東ドイツ秘密ケ一サツ幹部のお誕生日パーテーの余興として行われた職員一同のコスプレ大会のときの写真のかずかずだとか。途中までは全部ふつーの市民と同じような外見をつくろった秘密活動の写真ばっかりなのが、最後には男女いりまぢる関係者一同が東ドイツ忍者役場の制服着用で撮影した記念集合写真だとか、忍者活動に対してのメダル贈呈式の写真なども収録。実際には大勢のひとの命を強奪したり、もももっと大勢のひとの人生をねじ曲げたりする世にもオトロシい仕事を仕事にしていた公務員のひとたちの仕事っぷりの一部を記録した厳粛な写真ばかりなはづなのに、どの写真も基本的なトォーンはアホアホでおマヌケぽいとゆう、あまりにハナハダしー滝のような落差をおもうと、秘密がないところの一部分を切り取ってテキトーに「秘密」ぢるしのハンコをぽんと押すのを仕事にしていた東ドイツ忍者部隊係員の救われようもないアホアホっぷりを笑いものにしてもイノチを奪われる心配が、東ドイツ消滅と一緒に消えてなくなったことのありがたさをかみしめつつ、改めて笑えるヘンな写真満載の貴重お写真集でありまする。この写真集のご注文・お問合せなどは当店どどいつ文庫あてに電気メエルでいますぐ大至急にどどどおぞ。。[記:2014.04.15:PM12時00分]


東ドイツ忍者活動あほあほマニユアル写真集
最高秘密:東ドイツ秘密ケ一サツ保管庫収蔵写真より
by シモン・メンナー
発行=2013年。 言語=英語+ドイツ語の2言語併用版。
大きさ:本体=ヨコ201xタテ251みりめいとる。
  重さ= 本体=約740ぐらむ。
外見:カラー&しろくろ極秘まにゅある写真コレクシオン集。頁数=128頁。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥3500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::伯林バカの壁140415
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2014年04月15日のおししらせ    ♥♥

会員制ぶろぐ開設&お試し入会キャンペンのお痴らせ・2

世界でぢたる珍本秘宝ツアー会員受付ちう
・・3月下旬にちょろりとお知らせしました時点から早速新あどれすhttp://dobunkomembers.web.fc2.com/に移転しました当店謹製の会員ちゃま専用すぺしるオンラインwebuまがぢん「どどいつ文庫の世界でぢたる珍本秘宝ツアー」、スタアト直後からの「なにしろ見づらい。もお2度と見ない」とゆうご意見につきまして、「見づらさ」解消のほうほうとして、「見やすいメ〜ルまがぢん版」&「見づらいホ〜モペイヂ」の豪華しょぼくれ2本立て路線で「珍本秘宝ツアー」をこれから後進していくことにしてみました。入会費&月会費無料のお試し入会キャンペンはひきつづき実施ちうでありまぢで、見やすいメ〜モまがぢん版ももれなくお受取りになれる今の今は、お試し入荷に絶好のチヤンス。お早めにお申し込みになるほど、おトクなような、気がしないばあいは、気にしないでくださひ。「どどいつ文庫の世界でぢたる珍本秘宝ツアー」お会員のお申し込み&お問合せははいますぐ大至急に電気メールで当店あてご連絡をばどどどおぞ。
[記:2014.04.15:PM15時20分]


お連絡先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お試し問合せ       会員専用頁


    ♥♥  2014年04月07日のホカホカ新入荷本    ♥♥

人工言語もどき絵日記あ〜とマンガ

 
地上に始まる本;点から点まで
・・アレコレと話をきくよりも写真を1、2枚みるほうがずぅっと勘違いをしやすかつたりだとか、文字で説明が書いてあっても分からないことを絵や図解で説明してくれると、やっぱりどっちにしても理解できないだとか、話を地球上にだけ限ってみても何をどおして結局よくわからないことばかりたくさんあるように見えなくなくもないなかで、お絵描きには有って文章にはないアイマイさと、文章には有ってお絵描きにはないアイマイさとの、両方のアイマイな分かりづらさをかねそえた「絵文字」だけを使い、あとは絵もなし文章も一切なしのマンガを描いたら、読むのにどれほど疲れるタイヘンな漫画ができるかとゆう人体実験みたいな現代マンガあ〜と作品集でありまする。マンガの主人公は、ビルヂングの立ち並ぶ都会のちかくのどこかで寝起きしている「男性トイレの目印みたいなヒトの絵文字」。20世紀までのひとのかんかくでゆうたら、たとえば、ワンちやん、と5つの文字を並べる代わりに、ワンちやんの顔の絵を1つ描いてすませたり、指をひろげた手の絵の右上にチョンチョンを描いて「で」と読ませたり。文字で書いてある文章の堅苦ぢい雰囲気をゆるゆるとなごませるイタヅラぽいかんぢが「絵文字」の心地よさだつたかと思うのですが、この実験あ〜とマンガで使われている「絵文字」は、主人公の「男子トイレまーく」のヒトだけでなく、どれもこれもがコンピウタをえんぴつ代わりにして極力最小限のドツト数で描いた「あいこん」風のものばかりで、しかもそのなかには「あいこん風」どころか目下ただいまのところ実際にスマートホンや携帯を通り道にして世界ぢゅうのひとたちの脳内でものすごい勢いでピカピカしているちゅうの「あいこん」そのものがマンガのなかに無造作にぽいぽい取り入れられているため逆に、滅亡した古代文明が残したナゾ絵文字をみるときのような、見るひとを置去りにしたままのスキマが大きいかんぢだったりもしているよお。そして「あいこん」&「顔文字」&「→」とか「+」とか( )とかゆうた記号をくみあせながら、主人公の「男子トイレまーく」の絵文字のヒトが、最初のペーヂから次のペーヂまでの間にすることは、朝、目覚まし時計の音を鳥のさえずりのメロディと勘違いしたりしながらマブタを開き、窓の外の天気をみたり、2度寝をしかけてネコに起こされたり、洋式トイレにいったら意外にうんちが出そうなので座ってみたらうんちが出なくて内臓の調子を心配しながらスマートホンで加入している大手ソォシャルめであサァビス会社4つの最新画面をちえつくしているうちに心配していた腹の通りがよくなって無事に排便を済ませると、シャワー、ドライヤー、ひげそり、歯磨き、着替えにネクタイ選び。全部省略してくれてもよさ毛なこれだけのベタベタな話を説明するのに、大量の「あいこん」や記号類を投入して最初の2ペエヂまるまるが埋まっている、てゆうだけでも、話のスジをたどっていこうとするとどれほど無駄にくたびれれるマンガなのかはイヤんとゆうほど分つてしまえそうですが。ところが途中で投げだしたくなるこの本を1度閉じたら2回めは話のスジをたどるとゆうムダな努力をする代わりに、思考停止の呪いのお札と化した「あいこん」を連想ゲームすたあとの合図に見立て、作者の用意したストォリィを無視して出たり入ったりも自由自在のヘンてこ退屈ア〜トまんが本となつているよおです。とくにおトイレ読書には内容だけでなく大きさも厚さもぺったりそうなモンダイの1冊、就職や退院などのお祝いプレゼントにも誤検討おすすめできそおです?お注文は当店どどいつ文庫まで電気メエルでご連絡&お問合せをどどどおぞですす。。[記:2014.04.07:PM18時00分]


人工言語もどき絵日記あ〜とマンガ
地上に始まる本;点から点まで
by シュウ・ビン
発行=2014年。 言語=不明(お絵描きコトバ)版。
大きさ:本体=ヨコ155xタテ225みりめいとる。
  重さ= 本体=約740ぐらむ。
外見:オールカラー超現実あぁと図版満載。頁数=112頁。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥2500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::言語新作症140407
前の頁もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2014年04月03日のホカホカ新入荷本    ♥♥

チェコ超現実主義ぐるうぷ凶作お絵描き&ア〜ト作品集

 
ちがう空気:チェコ&スロベニア超現実主義ぐるうぷ作品集1990〜2011
・・チェコてゆう地名をきくとヨオロツパ方面のどこにあるのかいまいちぼんやりしているおかげで森のトンネルを通り抜ければ北極の日焼けサロンにも赤道直下の沙漠のプールにもすぐいけそうな錯覚をするひとは多くなくあるかとは思いますが、チェコつなありでぼあわんと思い浮かぶあぁちすとヤン・シュヴァンクマイエルの人形人間たちの幻想的なお墓参りピコニッコむうどに通じるファンタぢっくなナゾっぽいかんぢのお絵描き&お写真&お人形的要素が地元チェコやスロベニアのあぁちすとたちからアンド国際的にそちこちにちらばる在外チェコ好きアァチストたちから持ち寄られ異文明的洋風おでんナベのごとく詰め込まれた2012年チェコ・プラハでの展覧会ちがう空気:チェコ&スロベニア超現実主義ぐるうぷ作品集1990〜2011開催記念の図録をかねた凶作お作品集でござります。1991年にチェコ超現実主義ぐるうぷに連なるあぁちすとたちの作品を集めてプラハで開催された「第三の方舟・チェコスロバキアの超現実主義ぐるうぷ1970〜1991」からちょうどまるで20年ごとに1回だけの大お披露目あァ〜とご供養宴会的「ちがう空気」展は、シュヴァンクマイエル夫妻のほかは聞いたことのないア〜チすと名ばかりいっぱい出てきつつ、繊細すぎないほどよさでシットリしているだけでなく、いまではずいいぶん老人ぢみたイメエヂがつきまとつ超現実主義が21世紀になって生まれ変わり直したようなピチピチした若々しさも何だかよくわからないまま確実に「チェコぽいシュヴァンクマイエルぽい」空気が全編に充満しているよおで、夢のなかに忘れてきたオブヂェの巻だとか、目線や鼓膜や鼻の粘膜の関心の中心を現実よりももっと現実ぽい磁石のようなパワーでおびきよせるために人工的につくられた風景の巻だとか、体内ホルモン鍋のだし汁をドバっと大量噴射させる刺激的なムニャムニャあ〜とのためのアイマイな春の原理の巻だとか、エロ〜スやらキツネが眠るお庭やらジャンプんぐやらいろいろまとめてライトをあててピカピカしちゃうよの巻だとか、いくつかのチャプターで仕切るともなく仕切られてはいるものの、どこからどうゆう順番でながめてみてもよく、誰が話をしているのかめいめい熱心にぢぶんが話題に持ち出すのが好きなお気に入りの夢ばなしを活字にした文章がいっぱいあるために図版は頁全体サイズではなく頁のなかに埋込むかたちのサイズのが多かったりで、紙面の印象は展覧会の図録とゆうよりは雑誌ぽいかんぢ。囲み記事のようなかたちでシュヴァンクマイエルさんがぢぶんの驚異の小部屋コレクションのなかに、電車にひかれてペチャンコになった硬貨のコレクションを加えたいのでみなさんご協力よろしくネと呼びかけているウソか冗談か見分けの付かない寺山修司ぽいメッセイヂがメッセイヂしているよおに、思い出したときに時々ペーヂをめくるとそのたびに新鮮な、それまで気づかなかった妖精的イタヅラを2つ3つと発見けきそうなこの作品集、ぢつはこの誤あんない文をスコスコしている途中でショウルウムにご来訪のお客さまご購入で手持ち在庫については現在のところ売切れちう&次回入荷待ち状態になっています。確実な入手ご希望のかたは、次回入荷分(時期未定)のご予約を、当店どどいつ文庫まで電気メエルで大至急にご連絡&お問合せをくれぐれもよろしくどどどおぞですす。。[記:2014.04.03:PM18時30分]


チェコ超現実主義ぐるうぷ凶作お絵描き&ア〜ト作品集
ちがう空気:チェコ&スロベニア超現実主義ぐるうぷ作品集1990〜2011
by 作品=ヤン・シュヴァンクマイエル、エヴァ・シュヴァンクマイエローバ他多数
発行=2012年。 英語版。
大きさ:本体=ヨコ220xタテ220みりめいとる。
  重さ= 本体=約740ぐらむ。
外見:オールカラー超現実あぁと図版満載。頁数=196頁。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥4500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::ドクトルチエコ140403
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2014年03月30日のホカホカ新入荷本    ♥♥

総不自然色いらすと手こきカップめん絵新聞

 
セリポツプの新・突然変異なヒトたち
・・組立て工場のドアや床や天井などを出入りする関係者や無関係なイキモノが貨物列車にタダノリした20世紀の風来坊のひとたちみたいな気分の相乗りでお邪魔していたりすることがある以外には具もメンも容器も人工的な完全無菌じょうたいで出荷されてお店のレヂでデヂタルしましま模様をピピットされるまではどれもこれも同じようにみえるカップらーめんも、食べるために外側のビニルをむきむきされて外気にふれた瞬間から、その場そのまわりのイキモノや空気やお天気や地面や建物その他もろもろの偶然の影響に襲いかかられて、ひとつひとつのカップらーめんそれぞれがこの世にふたつとない突然変異をおこした特別なカップらーめんに変身しているのに違いなく、それをニンゲンさまの顔にたとえてお絵描きにしてみると・・・みたいな調子で描かれた、アツアツ出来立てカップめんを開けてびっくら、カップめんの容器のなかからこんなにハヂけたバケモノさんたちが出てきてくれましぃた風の突然変異系カップめん食べ過ぎ新人類想像図いらすと集でありまする。作者は、「エイヅうるふ」てゆうスカム系雑音ろっくばんどもしているクロエ・ラムさんとヤニック・ドランロオさん(*読み方がまちがっていたらスンマセン。。)が2人でお絵描きをするときのグルウプ名なのだそおで、北米大陸系では伸び伸びしたヒトが多いような勝手な印象のあるカナダのモントリオールが地元とゆうのもナルヘソと納得したくなるかんぢ。ワラ半紙にシルクスクリン印刷みたいなペラっとした大判冊子で、おサイケ調の悪趣味なドロドロむうどを重ね刷りの素朴な風味でまぜかえす加減がよいのか手際がよいのか、意外なほどこざっぱりとした触感のなかに気持ちワルい気持ちよさもモゴモゴと残されているあたりに、カップめんどろどろのカップめん風呂で入浴はしていても、シャワーの蛇口からはカップめんスープではなくペットボトルの天然水がでて歯みがきもしっかり出来ているみたいな身だしなみの上品さもただよう発狂いらすとが全部で表紙もいれて16頁、ちんまり小粒ながらもアンバランスのよさを感じさせてくれるまとまり具合のよい絵新聞ふう総不自然オールカラーぺらぺらお絵描き集となつているよおです。お申込み・お問合せは当店どどいつ文庫まで電気メエルで大至急お連絡どどどおぞ。。[記:2014.03.30:AM11時30分]


総不自然色いらすと手こきカップめん絵新聞
セリポツプの新・突然変異なヒトたち
by セリポップ(クロエ・ラム、ヤニック・ドランロー
発行=2013年。 英語版(といっても表紙以外の頁には1つも文字のないお絵描き本です)。
大きさ:本体=ヨコ254xタテ344みりめいとる。
  重さ= 本体=約500ぐらむ。
外見:オールカラーお絵描き集。シルクスクリン風。頁数=16頁。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥1000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::突然変異面140329
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2014年03月26日のおししらせ    ♥♥

会員制ぶろぐ開設&お試し入会キャンペン開始のお痴らせ

世界でぢたる珍本秘宝ツアー会員受付ちう
・・通常のブログ後進もお休みばっかりなのに一体全体どおゆうつもりなのかわだぐぢ(誰?)本人にも不可解なところもありつつなのですが、登録会員さま専用なぞなぞパスワードでしかログイソできないブログ「どどいつ文庫の世界でぢたる珍本秘宝ツアー」を、きよう2014年3月26日から試運転をスタートしましぃた。一瞬ごとに膨張しづけることの当たり前な反作用として膨大な労力や費用を投入してつくってあるのに誰もみないものだらけのインタアネットの片隅で電気のホコリにうずもれている秘宝ちっくなデヂタル珍本の数々のなかの、意味不明でヲモクロかったり、カワひひかんぢだったりするビミョーなところを、ビヂュアル鑑賞に思い切り置きながらの、お部屋で座ったままできるデヂタルあほあほツアーをごタンノーいただけるよう、途中でくぢけづひたすらスコスコ励んでいくつもりです。。会員お申込みの本登録は1ケ月の無料お試し期間のあとに決めていただければ大丈夫ぅ。当店あて電気メエルいただければ、お試し用なぞなぞの答え=パスワードをコオナアを折り返しお送りします。きょうスタートしたばかりで、現時点でみて頂ける「でぢたる珍本秘宝ツアー」記事はまだきょう1日の分しかないのですが、これから明日以降ぼぼ毎日のようにジャカスカ増えていく予定ですので、まずはお試し期間のお申し込みをゼヒぜひに。お申し込み、お問合せは電気メールで当店どどいつ文庫「でぢたる珍本秘宝ツアーお試した体験」係あて今すぐにお連絡どどどおぞ。
[記:2014.03.26:PM18時30分]
追記:その後はてなブログは使いづらいので4月1日からは、「どどいつ文庫の世界でぢたる珍本秘宝ツアー 」をhttp://dobunkomembers.web.fc2.com/に引越しました。4月ちゅうは会員登録不要のお試し月間にしています。詳しくは近日中に改めて当ホ〜モ頁上でお知らせします。
[追記:2014.04.03:PM19時00分]



    ♥♥  2014年03月24日のホカホカ新入荷本    ♥♥

黒々しい森のドンジャラふぁんたぢぃ画集

 
ルイ・ポンス画集:ペンは素描家の刺し針
・・湿った地面を覆う葉っぱの下の小さなムシのタマゴたちがコドモなみのプロポーションまで育つてしまつたニンゲンの胎児みたいなムウドの生き物に変身してムズムズとじゃあめいているような、夜の森のお月さまのかげのしたでドンジャラふぉい系のおフランスの幻想ふぁんたぢーペン画家ルイ・ポンスさんのお絵描きを、もしもしもしも、みなみなさまよくご存知の有名あぁ〜ちすとにたとえていうならば、金属質な宇宙ぢんのホルモンをフォークやナイフのように鋭い絵筆でギラギラさくさくする画集「ネクロノミコン」しりいずや映画「エイリアン」のおしごとで長年お活躍の変態画家H・R・ギーガー氏が大型のシカなどのお腹にすむ寄生虫に生まれ変り、シカの体内を通過してく草食性うんちのなかで発酵する妖精のふるさとのような夢みる物質の正体を見えない目で手さぐりしているよおなムウドを想像してもらえれば、当たらずと言うだけでなく近くもないのは、ポンスさんの黒々しいペン画のなかの森にすむニンゲンもどきや妖怪や化け物もどきのヒトたちは、季節でゆうと春だとか夏だとかのようなポカポカした空気でいつも温められているせいなのか、たとえ心配や不安な表情を浮かべているときでさえ、ギーガー的な邪悪むうどの影がちょっとも差し込まないとろろ。たぶん好きか好きでないかの別れめめのひとつもそこいらにありそおなルイ・ポンスさんの1950年代から2010年代までのペンとインクによるお絵描きばっかりを集めて2011年におフランス・ロデスのフナイユ美術館で開催された「ルイ・ポンス:ペンは素描家の刺し針」展の図録をかねたこのお作品集でありまする。わだぐぢ(誰?)も初耳のこの「フナイユ美術館」のおもな収集&展示物はドルメンとかメンヒル(メンフィル)とかゆうた古代ロマンな巨石文化関連なのだそで、ガチガチごつごつした古代巨石の重苦しひイメエヂに密着してそれを表面からガリガリひっかきボロボロに喰い散らかして幻想のいきものたちのためのホッコリした棲処をこさえていくルイ・ポンスさんのお絵描きの組み合わせには、巨人族と小人族がおスモウをとって遊んでいるよおな楽しさもありそおだったり。もしも毛虫に生まれ変われたならば綺麗な落ち葉を上にのせた落ち葉のおスシを食べてみたいと思つたことがあるぐらいの森森ふぁんたぢぃ好きなみなみなさまにはペッタリふぃっとしそうかもな、ルイ・ポンスさんペン画集、お申込み・お問合せは当店どどいつ文庫まで電気メエルで今すぐガサゴソとお連絡をばどどどおぞ。。[記:2014.03.24:PM18時30分]


黒々しい森のドンジャラふぁんたぢぃ画集
ルイ・ポンス画集:ペンは素描家の刺し針
by ルイ・ポンス
発行=2011年。 おフランス語版。
大きさ:本体=ヨコ235xタテ290みりめいとる。
  重さ= 本体=約500ぐらむ。
外見:そふとかば。シロクロペン画集。頁数=112頁。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥4500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::西洋座敷童子140323
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2014年03月20日のホカホカ新入荷本    ♥♥

80才代ヲばあさんヌウドあ〜と写真集

 
写真集:キレイなおリボン
・・おトウフのカドにおつむがゴッツンコして火花が飛び散るほどのショックで生死のさかいで迷子になりそうな一瞬のあいだに一生のすべての出来事がスゴい早さで再放送されるとゆうときに、コブクロのなかで温められている温泉タマゴのところにヲタマジャクシに変身したヒトが泳ぎつくところら辺をフリダシにタイムトンネルをくぐったりゆりかごや乳母車にのったりしながらホ乳類ドヲブツ様らしさやニンゲン様らしさをだんだんに身につけていくコースのほうからではなく、それとはまったく正反対に、墓場の下やカンヲケを通り抜けてコチラの世の中に迷い込んできたかのような、フツーなひととは逆向きのマイナスの生命力に満ち満ちてハツラツとしているヒトたちをモデルにし世界観ぢたいのピントがぽんぽん的にヲカシひ写真制作によって、それ系ご愛好のみなみなさまの好き者ごころにお灸を据えつづけてきたカナダの写真&映像あ〜ちすとドニガン・カニングさんの初期の代表作ですでに絶版となつている写真集:キレイなおリボンを、古本ですが今さらながら入荷してみました。レンズを使うことの意味を天地逆転させてこそようやく地球は太陽のおヘソのまわりを安心してグルグル走り回ることもできると信じているかのよおなドニガンさんの写真機レンズの前でふだんは老人介護で日夜足腰を酷使しているみなみなさまの目にだけ触れる機会がおおい後期高齢おヌウド姿を疲労しているヲバアさんネティ・ハリスさんは、撮影が終わった翌年に81才で亡くなられたとゆう話から逆算するとこの写真集でみることが出来るのは79才から80才ごろ。モデルで女優だつたと写真集の裏表紙あたりには紹介されているのですがよくみると女優になりたいと思って地元カナダ・ケベックの映画関係者と接触するようになったのはネティさんが60代後半になってから、モデル、とゆうのは他でもないドニガンさんの撮影のモデルをしたことを指してるだけだったりとゆうことに気がついてみると、ガッカリするどころか想像どおりのドニガンさんの、ソノ気にさせる48手の一部をかいまみたよおな気分で納得してしまうとゆうのは、よりにもよって、とゆうのか、何なのか、夢見る80才ヲトメもでる夢ヌウドの舞台として写真師ドニガンさんが選んだのは、煮ても焼いてもムシだらけムウドいっぱいの、まるでゴミ屋敷よりもコ汚な毛に日用品やら衣服やら何やらがゴチャゴチャ散らかった汚部屋。プロの調理人の大部分が仕上げにウマ味調味料をバンバンまむすのと同じよおに、イイ写真をとることはキャバクラ従業員をクドくことと一緒ぐらいに思っているプロ写真家も少なくなくないことを意識しないでぼんやり見ていると、この汚部屋がそのままネティさんとゆうモデルのヲバアさんが住んでいる部屋なのだろべぃ、と早合点しそうになつてしまうのですが現実のはなしはあさってのほうに引っ込めておくとして、もしも、とゆうよりも、きっときっとこの汚部屋がそのままモデル老女ネティさんの住まいであってほしーと覆いたいほど汚部屋とネティさんの相性はぺったりこ。ドニガンさんの口車にすっかりのせられて女優きどりで恍惚となっているヌウド老婆のキゼンとした鼻息の、鼻毛シラガもゆれるようなテンシヨンの高さと、ボイソだ巨ニウだとチヤホヤされた遠い遠いむかしから60年もの月をかけてしぼみ垂れ下がった豊満な乳房のなれの果ての左右2つのシワシワ袋がいやに浮いてみえる全身が棺桶から出てきたばっかりみたいな干涸び切った存在感との、あまりにもヒビわれが目立ちすぎる離ればなれ感の輪郭を、汚部屋の空気がまわりからがっちりと抱きかかえて浮かび上がらせて。見世物や黒喜劇すれすれの超マニヤツクなお色気あ〜と空間をぺったらぺたらこ。1度みたらマブタの裏がわにへばりついて目をつむってもどこまでも追い掛けてくるような怪しい妄像を送りつけてもらえる特殊おヌウド写真集となつているよおです。古本で在庫1冊限りであつたりもして、みなみなさまに幅広くのおススメすが出来ない欠点も魅力にかんぢれれるマニヤ体質の貴殿貴嬢にのみぺっとりな当写真集お申込み・お問合せは今すぐ大至急で当店どどいつ文庫まで電気メエルで今すぐお連絡どどどおぞ。。[記:2014.03.19:PM21時30分]


80才代ヲばあさんヌウドあ〜と写真集
写真集:キレイなおリボン
by 写真=ドニガン・カニング
発行=1997年。 英語版。
大きさ:本体=ヨコ235xタテ290みりめいとる。
  重さ= 本体=約1きろぐらむ。
外見:はあどかば。カラー&シロクロお写真集。頁数=132頁。
古本:状態=30〜40才代の元気そおなヒトほどのクタビれ程度??在庫1点のみ
推定対象読者年齢:70才〜120才
ど特価:=¥4000(*古本です)
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::超熟成酵母140319
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2014年03月16日のホカホカ新入荷本    ♥♥

選挙ポスター恐怖症お写真集

 
バラ色の未来ばんざい
・・コワい写真の代表といえばまっさきに思い浮かぶのは恐怖の心霊写真だったりすることが多そおな気がするのですが、ふだんは見ていても見ていないかのように、気がついていても気がついていないふうにして何とかくすませている靴下の穴ぼこのようなところから顔をのぞかせている、ひとのタマシヒを吸い取ってしまう写真とゆうものそれ自体のオトロしさと、そのオトロシさに目かくしをしたり見せびらかしたりするのに欠かせないオトロシさの相棒としてのおマヌケさを心霊写真以上にくっくりと誇示している選挙ポスター用肖像写真の魔力に負けてたまるかと挑戦。どうみてもコテンパンに負けているよおにしか見えないハシにもボオにもかからない感やどこに取り柄があるのか探しても探しても見つからない感がどとても棄て気な選挙ポスターぱちぱちお写真集でありまする。撮影のぶたいになっているのはこの写真集の題名にそのまま使われている「バラ色の未来にご同意を」てゆう選挙宣伝用キャッチフレーヅを掲げた現職候補のアサド(息子)さんとゆうひとが結果的には得票率90%以上だかで当選したとゆうことになつているらしい2007年シリヤの大統領なのでそおなのですが、そんな細かい予備知識は何ひとつ持たずにただぼーっとこのウスぺらい写真集のペーヂをめくつて眺めていると、たったひとりの同じ候補者の写真ポスターが、かくれんぼ遊びとゆうよりは、隠れたくないんだぼー遊びをしているかのように、カメラを向けている範囲のどこかに大きくだったり小さくだったり歪んでいたり千切れかけていたり他のものの影に邪魔されたりしながらもとにもかくにも何らかのかたちで必ず映り込んでくるバカバカしさに対して、撮影している写真家のイタリヤぢんニコラス・リゲティさんの側では、イヤがる視線やイヤミな視線を選挙ポスターの候補者写真に投げつけているのにもかかわらづ、にもかかわらづ、候補者ポスターの一方的な求愛を写真家リゲティさんが受け入れてしまつているように見えたりもするバカらしさとオソロシさ。見るひとにまとわりつくことのヒツコさに関しては心霊写真も歯出しで逃げ出すほどにモーレツな選挙ポスター候補者写真のマイナスぱわーにぺちゃんこにされて被害妄想ぽい雰囲気さえ漂う写真家ニコラス・リゲティさんの呼吸や脈拍の乱れまでがハヒハヒと伝わりすぎてくるためにせっかくの、残念感たっぷりのポスター写真候補者のマヌケさが、それをリゲティさんの写真経由で眺めるこちら側まで届いてこないのが残念な、残念と残念を掛け合わせた結果として残念なばつかりの残念3倍返し的お写真集となつているよおです。いちばんオイチい肝心かなめの「退屈」なところを抜き取ったマーチン・パーの『退屈写真集』しりいずからみたいに圧倒的なハシにもボーにもかからなさにかけてはソノ手の愛好家のみなみなさま(誰誰?)には、炭酸ぬきのソーダ水なみにありがた迷惑なプレゼントになるかもの『バラ色の未来』お写真集、お申込み・お問合せは当店どどいつ文庫まで電気メエルで迷わず今すぐお連絡どどどおぞ。。[記:2014.03.16:PM20時45分]


選挙ポスター恐怖症お写真集
バラ色の未来ばんざい
by 写真=ニコラス・リゲティ
発行=2013年。 英語版。
大きさ:本体=ヨコ157xタテ157みりめいとる。
  重さ= 本体=約170ぐらむ。
外見:はあどかば。オールカラー写真お集。頁数=114頁。。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥2200
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::薔薇色箪笥140315
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2014年03月12日のホカホカ新入荷本    ♥♥

21世紀えんがわサイケふぁんたぢいア〜ト雑誌

 
果糖ぶどう糖・第26号
・・ぽたぽたたれる鼻汁をぬぐった指をしゃぶりながら店内をウロウロしても叱られる心配をしなくてよい駄菓子さんの店内をニギヤカにいろどるお菓子の包装紙やオモチャみたいにサンダルばきのお遊戯気分でたのしめるポツプィなお絵描き&立体ア〜トとゆえばなにか、ひとめで気持ちを吸い寄せようとする遊園地ふうのペケペケ派手なものが思い浮かびますが、順番待ちのながい行列ができているどころか影がうすいせいで一瞬は見落として通りすぎそうになるものの、何気なく足を止めて見ているとジワジワジワジワとそれをこさえたヒトの手ぬきのない職人さんてきなこだわりが気持ちよぐ感じられてくるよおな、先々ますますたのしみ系の新人&ちうけんア〜チすとたちを産地直送かんかくで紹介し続けている雑誌果糖ぶどう糖の去年2013年はじめに刊行された第26号の1冊おんりぃ入荷分が2014年3月のいま時点もまだしぶとく死蔵在庫ちうでありまする。ケブリのように広がりながら流れていく立体感とイレズミのように透明な平面性とゆう大工のヲヂさんとモンジャ焼屋のヲバさんぐらいかけ離れた2系統のわざを同時にあやつるモダ〜ン彫刻家ベス・ケイヴナー・スティッチャー(Beth Cavener Stichter))さんの作品特集だけでなく表紙にも、1匹にも3匹にもみえイヌにもトリにもみえる動物の頭をもつ蒼白のもろ肌脱いだイレヅミ女体彫刻が腹這いに寝そべつている第26号。ヒトの顔を写した写真から目玉や皮膚などをマルの形や四角の形に切り抜いてつくった、写真で出来ているミニミニ写真を材料にし、台紙のようなものの上にそのミニミシ写真を虫ピンで指して大量に台紙のうえに位置をきめて並べることで、目くらまし効果を何倍も強化した点描のような効果をもつ写真性のお絵描きみたいな作品をこさえて続けているミカエル・エイプスさんの特集も収録。接客とらぶるで殉職した地方都市のクラブホステす嬢の営業用ドレスが生まれ変わったみたいな蝶々の群れやシルバー人材ぽいスズメなどを描くセイジュ・ヴォーガンさん特集も収録。 現代都市文明とゆう廃墟のなかで夢をみる金髪の裸族の想像図画家アダム・ミラーさん特集とか。オリ紙でつくった中国のお面みたいな画風で建物の野外落書きまでしてしまう低級コンビことLow Brosさん。100年も300年もむかしの奇抜なヘアすたいるをした我利我利やせ症の女子のポヲトレイトを描くサラ・ドルビイさん。人里遠く離れた森なかの庭園の木陰で植木細工とぴありぃが何体もの巨大な活人形に変身して小人の庭師たちと一緒にみんなで遊んでいるみたいなヴァシリス・エイブラミディス(Vasilis Abramidis)さんとか、パっと見ではなかなか気付けない小さな遊びももりもりのサアビス精神おさかんなあぁちすとたちの作品がオオルカラー紙面に勢揃い。当店ホ〜モぺーぢを過去へとさかのぼってみると初めて当店がこの雑誌を取り寄せたのは2007年の第6号らしく、それから年3、4回ぐらいのペースで6、7年後のいままで毎号かわらず新鮮度のたかい内容を保ちつづけているよおです。今回はこの『第26号』お注文のかた先着1名さまに限り、2011年刊行の『第21号』とあわせて合計2冊を1冊分の値段で特別にご提供しますです。お申込み・お問合せはこのチヤンスに当店どどいつ文庫まで電気メエルで今スグのお連絡をどどどおぞ。。[記:2014.03.12:PM21時15分]


21世紀えんがわサイケふぁんたぢいア〜ト雑誌
果糖ぶどう糖・第26号
by 編=アッタボーイ、アニー・オウエンス
発行=2013年。from りっちもんど。 英語版。
大きさ:本体=ヨコ180xタテ250みりめいとる。
  重さ= 本体=約820ぐらむ。
外見:はあどかば。オールしろくろ写真あんどお絵描き集。頁数=114頁。。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥1500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::えんがわサイケ140311
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2014年03月08日のホカホカ新入荷本    ♥♥

くるくるぱぁ老夫婦あ〜とぉ写真&ぉ絵描き集

 
アンナ&ベルンハルト・ブリュームさん出混酢虎苦恥部(でこんすとらくちふ)
・・1937年生まれの自作自演くるくるぱぁふぉーまんすアァチスト老夫婦アンナ&ベルンハルト・ブリュームさんの生誕70年を記念して2006〜2007年に出身地ドルトムントをはじめドイツ国内数カ所で開催された大回顧展を記念して刊行された図録をかねたクルクルパァあ〜とお作品集でありまする。ふだんふつーなかんぢで自己紹介的に使う「くるくるぱぁ」につきまといがちな、お口のなかでベロが勝手にくるくる丸まったりねじれたりして早口コトバをいつもより余計に失敗しやすくなったりだとか、天井やまわりの風景がグルグル回っているように見えるのは当人だけでまわりのヒトには何ひとつぐるぐるしていないように感じられてしまつたりするよおな一方通行の行き止まり感を、往年の世界的すぅぱぁゲーヂツあいどるヨーゼフ・ボイス大ぶうむのさなかにボイスの地元で美大生時代を過ごした世代にぞくする老あぁちすとカツプルならではの、もともとの強烈な脳みそのネジのゆるみ具合にくわえて、何十年もの間さぞかしバカバカしかつたはづ(?)のア〜チスト夫婦生活のなかでの脳みそネジのゆるめっっこからぢゅくぢゅくに熟した「くるくるぱぁのくるくるパワァ」がアカ・シロ・クロの3色を手旗信号のコントちっくに配置してあってギリシャ・ロックばんど「APHRODITE'S CHILD」のアルバム「666〜アフロディテス・チャイルドの不思議な世界」をうっすらと連想させるよおな表紙から、あぁちすとブリュームさん夫妻や作品図版についてのただ解説とゆうだけでなく、ドイツ語の作文と英語の作文の目ざわりでもっともらしく肩がコリコリしてくるような存在感と、クルクルパァなヒトとクルクルパァな場所とを含むクルクルパアな時空まるごとの実在を目でみて確かめることができる、あり得ないのにあり得ている作品図版の圧倒的な脱力おマッサァヂ感との対比までを、フィギアスケートのコーチから転職したタイ古式マッサージ師のごとくすべて計算しつくした上で組み立てられた超現実的ヲブヂエのような完成度とウソくささを兼ね備えた本写真集のクルクルぱわぁほど、ホメことばとしてのインチキがぴったりなインチキは無いよおな気にもさせるよおな、奇術師的な風格がお作品のシロクロ写真しりぃず中に濃厚にたちこめているのは、写真を撮影しているはずの、あぁちすとブリュームさん夫妻が、撮影されているモデル本人でもあり、1950年代ドイツの中の下くらいの生活の俗物市民家庭のお部屋を再現してあるとゆうのはつまり、ブリュームさんたちの親たちの世代が手に入れて青少年期のブリュームさんたちが見慣れた部屋を再現した突然すべてがグルグル回り出す怪しくもクルクルパァな部屋のなかで、今ではクルクルパぁなヲバあさんヲヂいさんであることが楽しみそのものになっているようにしか見えないブリュームさん夫妻がわざとらしくベロをだしたり目をむいたりした不自然なビックリ顔を浮かべながらハシャギにハシャイでいる光景が、舞台上で奇術師が繰り広げる大魔術ショウのムウドとグルグルまわる回転ドアーでつながっているよおでもあるせいかも。何なだかよくわからない分だけ余計に長持ちするヲモシロいのだか何だかよくわからないクルクルパァなかんぢが、ぢぶんを含めた誰へのプレゼントにも最適的なすてきなアァっと作品集となつているよおです。これまた刊行から数年をすでに経過していて問屋在庫も僅少のため、お申込み・お問合せは今すぐ当店どどいつ文庫まで電気メエルでお連絡どどどおぞ。。[記:2014.03.07:PM21時30分]


くるくるぱぁ老夫婦あ〜とぉ写真&ぉ絵描き集
出混酢虎苦恥部(でこんすとらくちふ)
by 編=クルト・ヴェッテンゲル、ドロテア・シュトラウス
発行=2007年。from らいぷちひ。ドイツ語&英語の2言語併用版。
大きさ:本体=ヨコ210xタテ260みりめいとる。
  重さ= 本体=約820ぐらむ。
外見:はあどかば。オールしろくろ写真あんどお絵描き集。頁数=136頁。。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥4900
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::脱肛門前払い140307
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2014年03月04日のホカホカ新入荷本    ♥♥

ピンク洋画全盛時代ポスタァあ〜と集

 
愚裸不異来(ぐらふぃかる)な絶頂感:亜米利加ペケペケペケ映画ぽすたぁ集1970-1985
・・ヲトナがヲトナの性的活動を描いた写真や映像や絵や文章で鑑賞するのはケシカランことでるとゆう根拠のない仮説を実証しようとしてクニが大規模な社会調査をしてみたら結果は根拠のない予想とはまるで正反対で、ヲトナによるヲトナのためのポルのには世の中の風通しをベリィよくするスバラしー効果があることがハッキリと確認されてしまい、最高裁判所もそれを事実として認めますのでどうぞご自由にとゆう画期的な判断が示された、いわゆるぽルノ解禁直後のドキドキうずく熱い好きものゴコロに後押しされた亜米利加ポるノ映画黄金じだい1970〜1985年の伝説的スターがずらら〜と総登場する名作あだると映画の数々。ふつーの声の大きさで貴重と呼ぶにはモヤモヤするあたりに何ともいいがたい貴重さがモワ〜とただよう劇場公開時ポスターをバンバン並べたペケペケびじゅあるコレクシオン集でありまする。21世紀10年代の昨日おとといのようにコンピウタン機械の驚異的な低価格化のおかげでセクツーな写真や動画のDIY手づくり工作が手を伸ばすだけのヤル気と完成度の上手ヘタを一切気にしないひとには簡単に出来るような時代からみると遠い遠いムカシ話になつてしまつているために、当時の記憶がかすかに残つているみなみな様でさえも思い出すのがタイヘンにむつかしくなつているかとも思いますが、つくる側もみる側も、ぽるノ映画解禁ビフォーの時代のジョーシキにどっぷり染まりながら、解禁アフターの時代に突入していたったため、何でも控えめに隠せば隠すほどコーフンが高められていくとゆうヘンタイ性の一種のようなものがスミズミまで浸透していたのが原因なのか何なのか、ここにあつめられた映画ポスターに共通する一大特色は、いまどきの強過ぎる刺激で刺激ヲンチになりかけている目でみると、ポスターのなかに書いてある映画のタイトルもお絵描きも写真もどの要素もがあんまりもあんまりなほどアッサリ薄口なのかと錯覚しそうになってしまうこと。そしてところが実際には、絵や写真のなかの出演者の目つきや口もとの表情や肌の陰影からトロリとした文字の書体や色づかいの組み合わせまですべてニンゲンの脳みそと目と手をのものを動かしてスコスコ描いていた最後の時代ならではの、描いている途中でムラムラっと気合いが入り過ぎたりして寝不足になったのを我慢したりサボったりする呼吸をそのままどこかにユラユラ漂わせているような味わい深さが、コンピウタによるお絵描きでは今のところは出すに出せなさそおな何ともいえない隠し味になつているよないないよな。映画の題名からポスターのなかの女優陣の衣装まで、いきなり露出度を最大限にはせずに、宣伝の段階では露出度を最小限にすることで、みる側の妄想力を最大限にかきたてるとゆうアナタまかせ作戦が、本書に収録されているポスターでざいんでは特に徹底されていて、映画の題名は『喉の奥深く』『あら、おもしろい!』『農民の娘たち』『フランスの子猫たち』『スーパーマン』『ピザ屋の若い女性店員』『恋の航空会社』・・とゆうた調子で、勘ぐれば何かの合図かとおもうほど簡単なフツーの「単語」を組み合わせたよおな題名がほとんど。ポスターの女優さんたちは露出度的には最大でも乳頭まで乳房全体を描いているのは例外ちうの例外で大部分は下着姿や水着姿。どこまでもさり毛ないかんぢで胸のふくらみの輪郭を知らせているものの下半身などはぼぼ完全ガードの「絵」や「写真」のなかに、スケベいゴコロもろだしで見るひとにだけクッキリとみえるスコスコ手描きのモヤモヤ〜とした気配がそこいらぢゅうにちりばめられている、ウレしハヅかしデザイソの醍醐味をたっぷり堪能させてもらえ升。だけでなく、本コレクシオン本の編者である同人誌『映画の下水道』編集長でアングラ漫画家のロビン・ブジーさんのマニアっくな徹底調査グセも紙面のはしばしそこいらじゅうにちりばめられていて、「このポスターの絵柄は作品のなかみとまったく一致していません」とゆうた親切こめんとを筆頭に、映画関連データのなかでも従来いちばん語られる機会が少なかったぽるの映画宣伝ぽすたーお絵描き職人さんたちの名前を可能な限り発掘してくれたり、監督スタップ女優男優さんなど収録ポスター作品関係者の近況やエピソォドなどなど、何ともシミジミと全力でムダな情報量もたっぷりちりばめられ、ハードコア映画版ハリウッド・バビロン内の廃墟のタイムズスクエア広場をタイムマツンでうろちょろ散歩してるような気分にもなれそおです。紙の印刷物が放射する性的魔力がサイコーに強烈だつた時代の化石のごとき1970〜80年代あめり力んハアドコアー映画ぽすたぁ集のお申込み・お問合せは忘れるまえに今すぐ当店どどいつ文庫まで電気メエルでお連絡どどどおぞ。。[記:2014.03.04:PM21時30分]


ピンク洋画全盛時代ポスタァあ〜と集
愚裸不異来(ぐらふぃかる)な絶頂感:亜米利加ペケペケペケ映画ぽすたぁ集1970-1985
by 編=ロビン・ブジー
発行=2014年。from えげれす。英語版。
大きさ:本体=ヨコ245xタテ275みりめいとる。
  重さ= 本体=約840ぐらむ。
外見:そふとかば。オールカラーぽすたあ集。頁数=144頁。。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥4500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::焼肉失楽園140303
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ




翌月のペエヂはアチラ          先月のペエヂはアチラ

この頁の先頭に戻る

お問合せ‐ご注文は今スグ大至急なんとなくdobunko@mail.goo.ne.jp「どどいつ文庫」まで
inserted by FC2 system