♥ 世界のキテレツ洋書&デヘブヒデヘ専門店「どどいつ文庫」です。
ご連絡は
dobunko@mail.goo.ne.jp「コニチワど文庫」係まで大至急に。

メニウでゴザル

●最新頁はアチラ
最新頁
dobunko.jp/
◎ご来店あんない
コチラです
◎ご注文方法

ご注文は25ぢかんOK

※ホ〜モ頁にのつていない本やDVDのお問合せもどおぞ。。
◎おメエル連絡先
お問合せご連絡は、 dobunko@mail.goo.ne.jp
まで。いつでもどうぞ。
25ぢかん受付中
※ホ〜モ頁に出ていない本やDVDもお探ししします。。


〈ふりだしへ戻る〉

2015年5+6月のホカホカ入荷!
*お好きな順番で画像の上をゴキっゴキっと押っぺしてのぞいて見みみてください。


    ♥♥  2015年06月29日のホカホカ再入荷本    ♥♥

悪趣味えろぉす廃墟幻想お絵描き凶作集

 
見せどころ:画家ユージン・バーマンと憂鬱症的崇高の遺産
・・悪趣味どまんなかなドクドクしひ幻想の華々をいちめんにまき散らしたメトロポリタンオペラでの舞台デザイソや、RCA/ビクターれこーど赤盤のLPレコオドのジャケットでざいんなどニュウヨウク移住後の1950〜60年代のデザイン仕事でかろうじて知られているものの、1920年代パリで「新ロマンちっく」派の新進画家として注目された当時のことはほどんど忘れられているロシア出身のお絵描きア〜チスト、ユージン・バーマンさん(1899年サンクトペテルブルク生まれ〜1972年ロオマで死去)の、廃墟趣味と幻想的スケベい趣味をタカラヅカ調にこきまぜた見世物小屋のショツキングな看板絵みたいなハデ派手めにダ〜クなお絵描き作品を中心にしてそのまわりに、ユージン・バーマンさんとの共通点がごくぶぶん的にぜんぜん無いとは言えなくなくもないよおな有名あ〜ちすとたちのお絵描き作品を、バーマンさんの作品以上にたくさんずらららら〜と収録。夢遊病者の夜のお花畑さんぽちっくお絵描きコレクシヲン集であり升る。ロシア革命で家族といっしょに故郷を離れる前にはニジンスキーと同じアパートに住んでいたこともあるとか6才でバレーの舞台にデビウしたとかゆう馬れつきのダンス好きから踊りを踊らなくても寝転がってヂイっとしているだけで崩壊する風景が踊つているとき以上に激しく神経をバクハチ状態へ突っころばしてくれる毛な廃墟舞台幻想をぬりこめて超現実派ぽさもあるお絵描きあ〜ちすとに変身したパーマンさんの飛び飛びペエヂに5点ほど掲載されてるお昼下がりドロドロテレビどらまみたいな大きめ作品図版は、そのままで戦後焼け跡じだいのエロ本カストリ雑誌の表紙にも流用できそうないつぱひ。さらに舞台上でのロコツに不自然な演技みたいなかんぢで「ウツつぽい(憂鬱)」とゆう切り口や、セカイノオワリの舞台のうえと観客席最前列の両方に同時にヂブンひとりがいるかのよおな誇大妄想狂的に「すうこう(崇高)」なほどのナルナルしいウットリ感どっぷりな切り口から、バーマンさんの「憂鬱症的に崇高」ぎみなお絵描き宇宙をざっくりと切り拡げてみると、こんなに大勢の有名無名あ〜ちすとたちのお絵描きを、関連づけて眺めることもできますヨ〜とゆうことで、キリコ風のナゾめいた街角の幻想風景を描いたイブ・タンギーやマックス・エルンストのお作品、魔術的えろちつくリアリズムとゆーこぢつけでタンギィ夫人のケイ・セージやレオノラ・カリントン、レオノール・フィニィ、ドロテア・タニングなど超現実派女性あ〜ちすとたちのお作品。偏執的色情狂系のアメリかソ超現実主義派とゆーことでジョセフ・コーネルやニューヨーク万博に出品されたダリの美神の館。さらに意味不明なコジツケと分類では「ぽすとふぇみにすと」やら「新新ロマンちしずむ」やらの系統だとゆうてゲイ写真あ〜ちすとジョージ・プラット・ラインのお作品やら、名前がダブるとややこしいので名字のバーマンを省略しレオニッドてゆう名前だけの筆名で活躍したユージン・バーマンさんのお兄さんレオニッド・バーマンさんのお作品やら。主役はオレオレうちうちうち〜てかんぢで1あ〜ちすとごとに1点ずつ、大けな図版で収録されいて、誇大妄想と自己卑下がもみくちゃに入り交じっているケッタいな満員電車みたいななかにヲヲッ!と吸い寄せられる作品を探すたのしみもある潮干狩り的作品集となっています。2005年テキサスのマックネイ美術館をふりだしに巡回した同名展の図録をかねた愛蔵版お作品集で、当店在庫は古本1冊かぎりです。お問合せ・お注文は当店どどいつ文庫下記アドレスあて大至急に電気メールでどどどおぞ。[記:2015.06.29:PM21時35分]


悪趣味えろぉす廃墟幻想お絵描き凶作集
見せどころ:画家ユージン・バーマンと憂鬱症的崇高の遺産
by ミカエル・ダンカン
発行=2004年。from=ばーもんと。英語版。
大きさ:本体=ヨコ260せんちxタテ285せんちめいとる。
  重さ:約1.1きろぐらむ以上(*当店の計量器具測定限界値を越えてい升。。)
外見:はあどかば。ページ数=156頁。カラーお写真集。
古本:状態=まづまづ。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥3400(*古本です)
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::魔術画花舞台150629
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年06月27日のホカホカ再入荷本    ♥♥

巨怪もののけ廃物彫刻建築ア〜チストお写真集

 
ノア・ピュリフォイ:廃物だだいずむ
・・幽霊だけが遊びにくる廃墟遊園地のようなぜんぶで120点もの奇怪な建築物に近い巨大野外彫刻群「ジョシュア・ツリー野外美術館」を、72才から87才で死去するまでの最晩年の15年間をついやして、南カフリフォルニア・モハベ沙漠のすみっこに、大きめの弁当箱のようなトレーラーハウスに寝起きしながら、ほどんど産業廃棄物だけを素材に大型重機なども投入しながらこさえあげた廃物ダダイズムあ〜と怪人ノア・ピュリフォイさん。ネバネバダ沙漠の核実験施設や岩のぼりの世界的名所「ジェイツリー」に向かう途中でたまたま運よく道を間違えたりするよおな何百万人に1人、2人のような確率でしかそうぐうする機会がなさそおな代表作「ジョシュア・ツリー野外美術館」の貴重な現地写真を中心に、現在2015年6月上旬から9月下旬までの予定でロサンゼルスかうんてい美術館で開催中の、ノア・ピュリフォイ廃物宇宙回顧展ノア・ピュリフォイ:廃物だだいずむの図録をかねた愛蔵版お写真集でありまする。1917年に人種差別の激しい南部アラバマで黒人農夫の子として生まれ13人兄弟の10番目として育ったピュリフォイさん。工業高校を卒業後は教育大学で歴史を勉強し、第二次大戦に出征。戦後はソオシャルワーカーの仕事を経験したあと、現在のカリフォルニア芸大の前身にあたるシュイナード芸術学校にアフリカ系あめリ力人としては第1期生として入学。そして卒業後には、当時流行まっただなかのミツドセンチュリーすたいるの高級家具デザインの仕事もされていたりだったのが、サイモン・ロディアの廃物あ〜と建築ワッツ・タワーと、1966年のワッツ暴動をきっかけに50歳代目前にしていよいよクッキリと、黒人差別撤廃をメイんにした社会参加活動へのメラメラと、廃物あ〜とへのメラメラをモーレツに自覚。1966年に開催されたグループ展『66のネオン・サイン』でロサンゼルス廃物あ〜との第一人者として注目を浴び、途中には長期のア〜ト活動お休み期間をはさみつつ、恵まれないコドモたちへのア〜ト創作お手伝い活動と廃物合体彫刻あ〜との両方に精をだしたりとゆ〜た一見どどでもよけ毛なことをうっすらと履歴書から写してみると、そのなかのキイワアドらしきものが、屋根もカベもない野外廃物大彫刻建築群「ジョシュア・ツリー野外美術館」のフトしたところに狂信的白人優越主義団体が振り回す十字架だったり学校の校舎だったり高級家具デザインだったりとゆうかたちで顔をだしたり引っ込めたりしているのに気づいたりもしたりしなかったり。そしてこの、本書最大の見所にもなっている「ジョシュア・ツリー野外美術館」のそもそもは、くっついたり別れたりを何度も繰り返したのだとゆーノア・ピュリフォイの彼氏が、ジョシュア・ツリー国立公園の入り口から車で15分ほどのモハベ沙漠に自分の名義で持っていた広大な土地のうちの、ほんの10エーカーほど、とゆーても平方メートルに換算すると約40万平方メートルを、好きにつかってケロとゆうたのか。それとも、使わせてちゃびだいな、とノア・ピュリフォイさんのほおからおねだりしたのか。夜の沙漠だかどこだかで何だかそんなヤリトリよろしくあって15年がかりで沙漠の一角にまろびでた「野外美術館」には、馬車ほども大きい鉄輪のついた四輪台車にのせられて、怪しいケムリをまき散らしそおなボイラー室風の銀色機械やら異常音量でスピーカーを粉砕しそおな音響装置風の配線ごちゃごちゃ機械やら生ビールがぶ呑み大会用特製機械などが、何台も何台も、出発を待つよおに鉄道のレールのうえにたたずんでいたり。何本もの高い柱に連結式の西洋風鳥居みたいな印象をかもしながら水平方向に伸びる横棒を短い円柱が何本も巨大なタバコの吸いガラ風に串刺しにしている変態的ア〜チにゆるくかまれて立ち小便用の目印ぽく巨大オベリスクぽいなにかがそびえていたり。カベも屋根もないのに骨組みの白い柱だけに囲まれてピンクしろ水色などの水洗便器と貯水タンクがならんでいる使えないおトイレがあったり。風雲たけし城の撮影途中で大けがをしてしまい放送時には出演場面を削除されたひとたちのたくさん地縛霊がこさえた誰にも利用不可能な、体重をあずけたら即座に崩壊するニセの足場だらけアスレチック用遊具みたいなものがぞろぞろあったり。沙漠のなかの廃墟になった秘密工場をテエマにした無人の廃物遊園地が見渡す限り延々とつづき、アホみたいと思う余裕もないほどのノア・ピュリフォイさん一世一代の「野外美術館」を、ぢぶんのお部屋にいながらにして満喫できる毛な、珍あ〜と珍すぽつとファン必携お写真集となつているよおです。現代美術かんアウトサイダァあ〜とファンから廃墟ふぁんゴミ屋敷ファンのみなみなさま幅広くおススすメしたひこの1冊、お問合せ・お注文は大至急に当店どどいつ文庫下記アドレスあて電気メールでどどどおぞ。[記:2015.06.27:PM21時50分]


巨怪もののけ廃物彫刻建築ア〜チストお写真集
ノア・ピュリフォイ:廃物だだいずむ
by 写真=フレドリック・ネルソン
発行=2015年。from=にゅうようく。英語版。
大きさ:本体=ヨコ246せんちxタテ275せんちめいとる。
  重さ:約1.1きろぐらむ以上(*当店の計量器具測定限界値を越えてい升。。)
外見:はあどかば。ページ数=144頁。カラーお写真集。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥5800
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::廃材おぢさん150627
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年06月25日のホカホカ再入荷本    ♥♥

怪奇世界ホネホネ&ミイラ秘境巡礼お写真集

 
死を忘れねい・生者のなかの死者たち
・・ホンモノのニンゲン様のガイコツで飾られて沈黙のホネホネ大音響が響き渡る世界あちこちの、ふつーはほぼ所在地ムニャムニャ、地元のひとに聞いてもなかなかわからないホネホネ教会を、あっちこっちと飛行機にのり船にのり自動車にのりウシやロバにのりトボトボ歩いてひとつひとつ探しあてていった2006年頃から最近10年間のホネホネ仕事を、秘蔵ぎんぎらガイコツご開帳お写真集天国の肉体・地下納骨堂の秘教的金銀財宝と華麗な聖者たちなどの写真集にまとめたことで、まるで悪魔けいやく書にハンコを押しちゃったヒトみたいに世界的ウレッコ写真家となった超常現象まにあポール・クドナリスさん。ホネホネがいこつ秘境巡礼コースに加えてミイラ秘境巡礼コースも用意されているホネホネ2段重フルコースとなっていて。たとえば世界遺産にもなり世界ぢゅうから観光客がやってくるエチオピア・ラリベラの岩窟教会群に含まれているものの古代旅行家の多くが憧れながらもたどりつけなかったマボロシの「月の山脈」がココだつたのではとも言われる難所アブナ・ユースフ山頂にあるために現在も観光客がのこのこ出かけたりは出来な毛な、12世紀建立のイムレハネ・クリストス王の教会にある、崩れた棺桶の残骸のなかに、ボロボロになった死衣にくるまれた巡礼者たちの無数のガイコツが散乱している光景だとか。身内や縁者の冥福を祈るために、見ず知らずの死者のガイコツを病院や墓場からもらってきて、毛糸の帽子とサングラスをつけて、ぢぶんのウチの部屋のなかの祭壇におまつりする、21世紀の現在も続く南米ボリビアの奇習だとか。いまだに旧ニポン軍兵士の遺骨も大勢眠っているインドネシア・スラウェシ島のミステリあすな岩窟墓地の人骨ドクロ祭壇だとか。お供えやお賽銭がいっぱいでお地蔵さんみたいに親しまれ歯と歯のあいだに火のついたタバコをくわえさせられたりしているイタリア・ナポリ・フォンタネレ墓地のドクロちゃんたちだとか。カンボジア・プノンペンでの150万人大虐殺の犠牲者たちを追悼するためにそのうち5000人ぶんのドクロをガラス壁で囲った高さ62メートルの塔のなかに積み上げたドクロ・タワーだとか。金箔を塗られた台湾の黄金ミイラだとか、鬼の形相のお面みたいなチベットのカパラだとか。地球上あっちこっちの色々な文化でそれぞれに色々な役割を演じさせられているドクロさんガイコツさんミイラさんたちの死んだあともどとてもご苦労様なかんぢがいっぱいのお姿が、写真家クドナリスさんの前2著で見たのと同じ場所で撮影されたチェコのホネホネ教会やパリの地下納骨堂やイタリア・パレルモのミイラ教会などの写真をさらに大きく印刷したような写真とともに、お耽美ゴス系から下世話にぶっちゃけたものまで食べ放題バイキング風に満載されていて、ひととおり眺めるだけでも、見ずしらずのはずのドクロさんやガイコツさんたちが一気にぐぐっと身近に迫って来たよおな骨のずいからありがたさ。ホネホネ写真集しりぃず第3弾となるコノ写真集は、第1作大型サイズ版、第2作中型サイズ版それぞれの、オイシいところを濃縮濃厚大型化しつつ初披露メニウを思い切り増量した変形特大サイズ版、装丁はただのハードカバーではなく、シルク風な光沢のある青色がパッと見では布をかぶせた棺桶を連想させずにはおかない布貼りハードカバ仕立て。左右から折り込まれた頁を観音開きで広げると幅80センチを越えるキンキラ衣装のガイコツが目の前にまろびでてくる原始的サービスもあったりで、シリイズ最終作(?たぶん?)にふさわしく墓場でシャバダバダ的華やかさもいっぱいですす。今年2015年できたてホヤホヤ最新作のホネホネ写真集、お問合せ・お注文は下記アドレス当店どどいつ文庫あてに大至急、電気メールでどどどおぞ。[記:2015.06.25:PM22時50分]


怪奇世界ホネホネ&ミイラ秘境巡礼お写真集
死を忘れねい・生者のなかの死者たち
by ポール・クドナリス
発行=2015年。from=にゅうようく。英語版。
大きさ:本体=ヨコ228せんちxタテ335せんちめいとる。
  重さ:約1.1きろぐらむ以上(*当店の計量器具測定限界値を越えてい升。。)
外見:はあどかば。ページ数=216頁。カラーお写真集。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥7900
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::ホネ元気150625
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年06月23日のホカホカ再入荷本    ♥♥

ヒロシマ原爆きちド忘れ廃墟お写真集

 
歴史の半減期・原子バクダソとウェンドォバァ空軍基地
・・1945年8月ジパング広島県広島市細工町19番地( *29番地と書かれてあることも)の上空で爆発した、世界じんるい愚行史上で最初の1発めの原子爆弾「ちびっこ(リトルボォイ)」。その初体験に成功するための事前の極秘特訓のぶたいとしてかつて70年前に選ばれたネヴァダ・ユタ州境のウェンドォバァ基地のいま現在の廃墟っぷりを素材に、カッコいい写真を取れるのが写真家だとゆーウサン臭げな信念を地味めに貫きとおした写真家マーク・クレットさんのお写真集でありまする。じんるいアホアホ史上はじめての核爆弾の開発計画から投下実施へ、そして1発めの核爆弾が広島市上空で爆発してから2015年の現在までの出来事にかかわる写真を集めて1冊の写真集をこさえるとゆーことを、もしもマヂメに考えはじめたら泥団子をたべながらの泥風呂エステのドえらい泥沼にはまつたりしそおなわけですが、ふだんはアリゾナ州立大学でゲージツの指導教授をしているのだとゆう本写真集の写真家マーク・クレットさんの眼差しはどこまでもフワフワ軽やかで、原爆投下訓練飛行が現実に行われていたウェンドォバァ基地が使用されなくなり地元払い下げになって放置されている廃墟状態の現在のすがたそのままが、映画ロケ撮影のために荒野のまんなかに大道具の職人さんたちがトンカントンカンとこしらえた野外セットででもあるかのように、構図も色合いもキッチリ整った写真らしい写真のお手本のようなものを撮影するための道具として活用しまくっているおかげで、核戦争秘史の断片のようなものを本書に期待してペエヂを開いてしまうと、がっくりと気落ちするあまりにヒザや腰骨が思いがけないダメエヂを喰らいそうなほどなのを、ぐっとこらえて無理やりポヂチブしんきんぐをしてみると、歴史をキロクしている写真が避けることができない、写真のなかで見えている以外のすべのものを視野から消し去ってしまう目かくし効果の大きさに、改めて気づかせてくれる効能に関しては、写真のレンズが放射能汚染の元凶である核開発現場にむいているだけに、絶大とゆーのもむなしひほどに絶大になっていまして、8時だヨ全員集合ドリフターズ公開生放送の客席のコドモたちからの「しむら〜ウシロうしろ!!」の大声援を、写真家のマークさんに思い切り浴びせてあげたくても声が届かないむなしさに冷や汗たらたらたらしつつ、原子力発電所の大爆発事故がおこつても殆ど思い出されることがなかった1発めの原子爆弾「ちびっこ(リトルボォイ)」をめぐる現在進行形のド忘れれれ状態が二重うつしになって、写真集の背後から迫つてくるよおな、おマヌケかげんがチャームぽいんとなのかもで、裏表紙の内側だけを写真集本文に接着してある特殊使用の製本にもビミョ〜な風情が漂つている何ともビミョ〜なお写真集となつているよおです。あんまりにもビミョ〜ななのので、先着1名さま限定で、当店ど特価通常¥7000のところ50%半減割引の大赤字ビミョ〜特価¥3500でお渡ししますです。お問合せ・お注文は当店どどいつ文庫あて電気メールを大至急に下記アドレスあてにどどどおぞ。[記:2015.06.23:PM16時10分]


ヒロシマ原爆きちド忘れ廃墟お写真集
歴史の半減期・原子バクダソとウェンドォバァ空軍基地
by 写真=マーク・クレット、文=ウィリアム・L・フォックス
発行=2011年。from=さんたふぇ。英語版。
大きさ:本体=ヨコ247せんちxタテ305せんちめいとる。
  重さ:約1.1きろぐらむ以上(*当店の計量器具測定限界値を越えてい升。。)
外見:はあどかば。ページ数=160頁。カラー&シロクロお写真集。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥7000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::半々元気150623
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年06月21日のホカホカ再入荷本    ♥♥

にうようくアングラ奇人DVD憑き展覧会カタロゴ図録(☆再入荷)

 
トニー・コンラッド:街ごっこ&都会の絆のこんぐらかり展
・・去年末から売切れ状態が続きご迷惑おか毛けしていました、ラモンテ・ヤングやベルベットアンダーグラウンド、映画作家ジャック・スミスふぁんのみなみなさまに大人気の1960年代アングラ伝説の大御所トニー・コンラッドさんの未公開ビデオを中心に過去50年のおしごとも回顧した2012年9〜11月ニュウヨウク・わすんとん広場公園東側ギャラリィヅ(80WSEのギャラリィ1〜3とギャラリィ5〜7の合計6会場を使用?)でのトニー・コンラッド「街ごっこ&都会の絆のこんぐらかり」展のDVDつき図録本トニー・コンラッド:街ごっこ&都会の絆のこんぐらかり展』が約半年ぶりに再入荷しましぃた!!オマケとゆうよりは書籍本体ともども主役っぽいDVDには、前回の誤あんないに書いたよおに『トニー・コンラッドさんの映像作品1961年の「お経(ちゃんと)」や1965年の「初期みにまりずむ1965年5月」など』が収録されているのですが、もおちょつこしてひねひに誤あんないを付け加えると、2012年わすんとん広場公園東側ギャラリィでのトニー・コンラッドさんの8ミリ映像作品1961年の「お経(ちゃんと)」や1965年の「初期みにまりずむ1965年5月」を上映しながらのライブ演奏の模様を収録。書籍本体のほうもも誤あんないをさらに少しだけ付け足すと、1973年制作2012年ビデオ化のトニーさんの実験的キロク映画「ゆるゆるなつながり」の、トニーさんと「アングラの女王」の異名でしられたビバリー・グラントさんと2人の息子テッドさんの家族生活を、その頃住んでいた当時人気のエロ娯楽の盛り場42番街の成人向け専門映画館周辺のにぎわいを天ぷら鍋替わりにして素揚げしたときの天ぷら油がわりにコケ蒸した水槽の水をくぐったぽくモワ〜ンとしたムウドの静止映像集。「チクタク、チクタク、チクタク・・トニーの時間」と題されたA・ラムパート&J・サンダースさん執筆のトニー・コンラッドちっくたっく論。トニーさんが1973年に書いた作文「どきゅめんたりぃ映画からの厳密な意味での拡張版としての『ゆるゆるなつながり」からの引用集。ジョナス・メカスやケン・ジェイコブスらも参加した1972年6月21日「ジョージと夏至に捧げる12のイベント」のときにタイムズ広場周辺の路上で行われたトニー・コンラッド&ビバリー・グラント夫妻の集団ハプニング「夏至の日のための人力水道管ゲーム」の現場カラー写真図版をふくむ詳細記録。この展覧会の企画者ミカエル・コーエンさんに問われるままにトニー・コンラッドさんがおゲーヂツ活動最初期のヘンリー・フリントとの共同作業や1965年の目をつぶったまま見る問題作映画『フリッカー』のこと、ラモンテ・ヤングやヴェルヴェットアンダーグラウンドめんばぁたちとの「夢の協同組合(どりいむ・しんぢけいと)」セッションのヒミツなどなどこれまでの活動歴をざざざざっと語ったインタビウ。1969年の野外録音「ブライアント公園追悼行進」からの文字起こし(一部分)と行進ちうの写真。先ほどもちょめちょめしましたオマケDVDに収録の、この展覧会の期間中に会場で開催されたライブ演奏の写真などなどにまざって、ドヲブツのホルマリン漬け標本と同じよおに映画フィルムがホルマリン漬けのビンに入れられているトニーさん作の「映画のビン詰め」の写真はじめ、意味無意味は問わず貴重には間違いなひお写真図版が紙面のあちこちでかくれんぼをしていてトニー・コンラッドふぁんには貴重な1冊となつているよおです。ぼーと眺めているだけでいつの間にか、1960年代と2010年代のあいだの約半世紀ほどの時間のスキマぐらいはいつでも簡単に行き来が出来そうな気分になつてくる、さいげなく涼しげでとーても大胆な、貴重な1冊となつているよおです。アングラ映画&ヲンガクふぁんの本棚の肥料には欠かせないこのDVDつきご本、再入荷ぶん売切れ以降は入荷予定がタイヘンむつかしくなりますゆへ、お問合せ・お注文は当店どどいつ文庫あて電気メールを大至急に下記アドレッスへどどどおぞ。[記:2015.06.21:PM21時30分]


にうようくアングラ奇人DVD憑き展覧会カタロゴ図録
トニー・コンラッド:街ごっこ&都会の絆のこんぐらかり展
by 編=ミカエル・コーエン
発行=2013年。from=にうようく。英語版。
大きさ:本体=ヨコ255せんちxタテ215せんちめいとる。
  重さ:約380ぐらむ(*オマケDVDをふくめた重量です)
外見:そふとかば。ページ数=80頁。貴重カラー図版豊富。*おまけライブDVDつき。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥3000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::夢先案内界150621
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年06月19日のホカホカ新入荷本    ♥♥

天災あぁちすと大狂演コレクシヲン凶作集

 
ありえない天災たち:アンソニィ・ペチュロ氏コレクシヲン作品集
・・演歌業界やおスモウ業界などと並んでコノ世の中の下世話な欲情がひゅうどろどろと渦巻くビヂュチュ業界のなかに妖怪宇宙ぢみた心地よくブキミにアイぐるぢぃ空気をおとろ毛してくれる通称「アウトサイドゥワワァ〜ト」収集家として20年以上、そのまえの民芸収集家としてのキャリアから通算すると30年以上のお宝ギャラクタこれくたぁ歴だけをみても相当にずいぶんなどえりゃあお方にちぎゃあにゃあアンソニィ・ペチュロさんがご自慢の「ビックリぢから(サプライザビリテー)」を見せびらびらかしてくれるコレクシヲン作品集は、すでに当店でも2005年のワタクシ流、除け者アート/アンソニー‐ペチュロこれくしょんより』(*品切れです)その他ちょこちょこ誤あんないしてきましたが、今回のコチラは、これまた当店ホ〜モペエヂでずずっと昔に作品集を誤あんないをしました1993年の天地創造への強迫:自己流あぁとアンドあうとさいだぁア〜トこれくしょんおぶアンソニィ・ペチュロさん』(*これも品切れです)展覧会の開催場所でもあつたりするなど昔からペチュロさんとのご縁も深いだけなく、自己流あ〜とやアウトサイダァァア〜トの収蔵や展示にかけてはアメり力国内有数の美術館でもあるのだとゆーミルウォーキィ美術館あてにペチュロさんが気前よくどど〜んとコレクシヲンを大量寄贈したのを記念して2012年に開催された「ありえない天災たち:アンソニィ・ペチュロ氏コレクシヲン」展覧会の図録作品集なのであり升る。オモテ表紙にはみなみなさまのアイドル・ゾンネンシュターン作の、ハート型の3つ目の目玉がついた長いハナと矢印型の長いベロをペロリンと伸ばしおでこに船の帆をたてたレッサーパンダのお尻に化けたヘビの群れみたいな妖獣が色白な女体をもてあそんでハシャイでいるふうな幻覚写生画「慌てる悪魔たち」の左半分。これに対するウラ表紙は、間際までスキマなくびっしり黄金色の草が密生しているなかに草と同じ黄金色のツブツブの葉っぱが茂った大きな木が生えている道をツエをついて散歩している帽子のおヂイさんと連れのイヌの後ろ姿が描いてあるだけなのに、ブキミさではゾンネンシュターン以上にブキミ度ぞわぞわな、名前をきいてもワダグヂ(誰?)などにはさっぱりチンプンカンプンな作者ジェイムス・ロイドさんの「人物と犬のいる風景」(1968)てゆー作品が飾られていまし。本編ちうでは、有名代表のゾンネンシュターンさんはオモテ表紙の作品(左半分だけでなく作品全体)をふくめ4点、無名代表のジェイムス・ロイドさんは、ウラ表紙の作品ふくめブキミ作品6点が収録されているほかにも、ヘンリー・ダーガー、アドルフ・ヴェルフリ、マッジ・ギル、アンナ・ゼマンコーヴァ、経帷子の織人ローズマリー・コーツィー、ニキフォル、スコッティ・ウィルソンなどなどアウトサイドぅア〜ふあんのみなみなさまお馴染みの作者のひとたちのお作品と、名前をみた記憶のない作者たちの有名作者とが、本人たちがまったく気づかないところでペチュロさんのお導きのまま、名なしの森につどってドンヂャラホヘホヘ。ヒトの絵のよおにみえる絵をみているとヒトのよおにみえるとゆう意味がとろけてヒトとゆうのが何だかトロケてきたり絵とゆうものの意味が何だったかかトロけてきたり、ドヲブツの絵のよおにみえる絵をみているとドヲブツのよおにみえるとゆう意味がとろけてドヲブツだとか絵だとかゆうものが何だったかかトロけてきたり・・ヒトがドヲブツが植物が風景が宇宙がと次々次々にとろけながら生まれてくる宇宙タマゴかけご飯をそれぞれの作者がそれぞれの別世界お茶碗によそってサぁ召し上がれ的お作品300点以上を収録。アリさんとアリさんがあっちこっちでごっつんこみたいな意外性と当たり前さがこんぐらかった、ゆっくり眺めればゆっくり眺めたぶんだけ味わいぶかく、間隔を開けてみるたびに違った発見や出会いもたのしみな、賞味期間のながい凶作コレクシヲンとなつているよおです。古本のため在庫は1点限り。お問合せ・お質問・お注文は、これまた大至急で当店どどいつ文庫あて電気メールを下記アドレッスへどどどおぞ。[記:2015.06.19:PM21時30分]


天災あぁちすと大狂演コレクシヲン凶作集
ありえない天災たち:アンソニィ・ペチュロ氏コレクシヲン作品集
by 編=マーガレット・アンドレア、リサ・ストーン
発行=2012年。from=みるうおーきぃ。英語版。
大きさ:本体=ヨコ213せんちxタテ209せんちめいとる。
  重さ:約1.1きろぐらむ以上(*当店の計量器具測定限界値を越えてい升。。)
外見:はあどかば。ページ数=216頁。カラーお作品集。
古本:状態=まづまづ(*変色もヤブレもありません)。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥3500(*古本です)
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::天災かきあげ丼150619
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年06月17日のホカホカ新入荷本    ♥♥

超絶セクシィきのこ写真秘宝館

 
足もとの驚異の帽子:キノコたちのトッピな世界
・・お花は植物の生殖器。とゆー、ヲトナなら誰でもどこかで聞いたことがなくなくもないジョーシキにくらべると、とっくの昔にそんなの知つてたとゆーひとがぐぐぐぅっと少なくなつてしまう、キノコは菌類の巨大な生殖器、とゆー事実を、キノコまにあ入門書的なコムツカしー科学知識の方面からでは全然なく、見たまんまの刺激が生ツバごくんとホルモンやタン、ハツ、軟骨など全身直撃で納得させてくれるおフランス発オールカラー写真250点収録のセクシぃキノコお写真集でありまする。キノコが生殖器だとゆうと、ウタマーロの浮世絵春画でみるよおな、ヲトコのまたぐらから顔をだす陽物がキノコに激似していると話かと早ガッテンされてしまいそおなのですが、たとえばいきなり本書の表紙をかざっている白いキノコの写真。キノコのカサの裏側のヒダヒダの艶かしさといい、濡れて光り輝きながらしっとりとヒダヒダをくるんでいるキノコのカサといい、神秘的でビューチふるなオソソ美が、オチンポ美とぺったり密着してひとつになつているのが一目瞭然。そすて、ダブルすーぷのラーメンのように、オソソ味とオチン味がほんのりハンナリとひとつにあわさったがのような、いはゆる「ふたなり」の超ノォマルなヘンタイ美がキノコのうえに大胆露出されたかとおもうとパッと消える酔い心地に著者である写真家ブノイさんがウットリと甘え切つている雰囲気がひしひし伝わってくる表紙写真の印象が、ペエヂをめくっている間ぢゅう最初から最後までつづくなかで濃縮され濃厚になつていく酔い心地。各章につけられている表題をそのまま意訳で直訳してみると一見まるきりフツーぽいかんぢで「季節のキノコ」「キノコが顔を出す思いがけない場所」「小さいキノコ大きいキノコ」「キノコ色とりどり」「キノコのおともだち」「遊ぶキノコ」「ニンゲンのげんかく」となつているのですが、それが「ふたなり」幻想をキノコに投影している毛な写真家ブノイさんの発情モォド全開の色めがねを通過すると「季節のふたなり」「ふたなりが顔を出す思いがけない場所」「小さいふたなり大きいふたなり」「ふたなり色とりどり」「ふたなりのおともだち」「遊ぶふたなり」「ふたなりびとのげんかく」とゆーふーに、真っ昼間から雨戸を締め切った「夜」のムウドに大変身して見えるうえに、変身した「ふたなり」幻想の主人公に選ばれているのが、同じ金型でこさえた人形のようにおおよそ似たり寄ったりなニソゲソさまではなく、ナニからヌネノまで奇妙キテレツのかたまりで「フシギ」が枕営業コトバになっているキノコとゆう超生命幻想であるために、アダルトぐ昭和ぢだいの派手派手なラブホテル仕様のアダルトグッズ百貨店にありそうな催淫効果のキツいおフランス香水にいぶされながらキノコ迷路お散歩きぶんを満喫できるアヤシくたのしい全カラー版キノコ写真集となつているよおです。とか何とかムリムリ誤あんないをしてはみましたが、とにもかくにも当店ショウルウムで写真集現物お手にとつてお確かめご希望のみなみなさまは大至急にご来店お予約をば、そしてイキナリご購入ご希望のみなみなさまは在庫お問合せ・お注文をば、当店どどいつ文庫あて電気メールで大至急にどどどおぞ。[記:2015.06.17:PM21時30分]


超絶セクシィきのこ写真秘宝館
足もとの驚異の帽子:キノコたちのトッピな世界
by 写真=ブノイ・ペイル
発行=2007年。from=巴里。おふらんす語版。
大きさ:本体=ヨコ213せんちxタテ209せんちめいとる。
  重さ:約1.1きろぐらむ以上(*当店の計量器具測定限界値を越えてい升。。)
外見:はあどかば。ページ数=256頁。カラーお写真集。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥6800
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::きのこのこ150617
前のペエヂもどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年06月15日のホカホカ新入荷本    ♥♥

珍奇コレクタァお部屋拝見お写真集

 
新たなる驚異の小部屋
・・ねむの木学園ちやう宮城まり子が昭和のそろばんラッパー・トニー谷と合唱した「さいざんすマンボ」よりももっとずーと昔の「るねさんす」時代にいわゆる三大発明とかの恩恵で全地球規模にまで怒張したヨオロツパ痔んのスケベイごころをクルミのミのなかの大宇宙的な箱庭療法感覚で密室天国化して16〜18世紀ごろブウムになった「驚異の小部屋」趣味から、いまどきの「博物館」が誕生したとゆーことになつているとゆう話を聞いたことがあるかたは少なくなくないかと思いますが、「るねさんす」時代の王様や貴族が領地のなかの全部のウマやウシやロバや飛脚や忍者をぜんぶ投入しても絶対に実現不可能な、世界ぢゅうのヒトとヒトとの間のモノやウワサの行ったり来たりを可能にうする網の目のなかにいてお財布の大きさの範囲でいつでもそれを利用できるフツーのひとたちがそれぞれの趣味にかぶれることで無軌道に出来上がった、コレクシヲンの規模がどれほど巨大化したとしても、なるとしたら「博物館」ぢやなくて「ゴミ屋敷」になる危険性ぎりぎりな、現代の「驚異の小部屋」あちこち探訪お写真集でござりまする。アフリカやアジアの呪術人形や仮面や彩色した木彫りの女陰柄のお面のようなもののコレクシオンの山のところどろにお告げに操られながら描いた意味不明な模様ふうの現代ゲーヂツさくひんを混ぜ込んで飾っているお部屋のひとのように、部屋に配置するときの組み合わせや置く位置にこだわりまくることで、集めたモノそのもののお値打ちをとはまったくの異次元で、全体としてのコレクシオンの存在価値を宇宙的に拡大できるべっちゃみたいな、魔術的かんかくにこだわっているお部屋もあれば、あくまでもコレクシオンにこだわって、ブロンズめっきをほどこしたコドモ用のクツばかりをあちこちの部屋から洗面台の上にまで並べているひとやら、英雄崇拝を誤解して世界の独裁者たちの肖像画・肖像写真や伝記本からグッヅまで集めまくつているヒトのお部屋やら、これも犯罪関連コレクシオンまにあで、みなみなさまのおウチのどこかにも置いてありそうなギロチン台の模型とかニポンやくざが式典の記念でくばったお名入り扇子やビデオだとか、古典エロ本これくたぁの部屋やヲトナのエロみやげコレクシオンのお部屋だとか。アフリカ系統のものを中心に、ひとつひとつそれぞれに最初の持ち主がそれを手放すまでの異様な出来事の後ろ影が黒々とのびていそうなコレクシヲンの数々も、その背後にちらちら見えるコダワリの蔵書の数々も、水木しげるマンガをホーフツとさせずにはいないものばっかりで、本書には1人も顔も名前も出していない驚異のコレクシヲン部屋の持ち主たちの、妖怪ぢみた風貌をおもわず想像してにやにやしてしまうアヤしさ満点の玩物喪志系お写真集となつているよおです。ツブザワ・荒又コリャマタふぁんのみなみなさまへのプレゼントにはペッタリな驚異の小部屋お写真集のお問合せ・お注文は当店どどいつ文庫あてに電気メールでいつでも大至急にどどどおぞ。[記:2015.06.15:PM22時25分]


珍奇コレクタァお部屋拝見お写真集
新たなる驚異の小部屋
by 写真=ミヘル・ロイス、文=エマニュエル・ピエラ
発行=2014年。from=巴里。おふらんす語版。
大きさ:本体=ヨコ213せんちxタテ209せんちめいとる。
  重さ:約850ぐらむ
外見:はあどかば。ページ数=138頁。カラーお写真集。。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥6800
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::呪物溺愛室150615
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年06月13日のホカホカ新入荷本    ♥♥

マボロシの水中人魚ショウお写真集

 
ウィキウェチ温泉郷の人魚たち:水中ショウお写真30年
・・いまどきの全身をスッポリと潜水用装具のなかに隠したヒトがオサカナ用の巨大水槽のなかにおジャマしてオサカナさんにぢぶんたちの芸当をみてもらうオサカナさんみみてみてショウみたいな水中ショウと見比べると、名前は同じ水中ショウでも実際のなかみは大違いで、ショウの主役は人魚の尾びれを着けていたりいなかったり、酸素ボンベを背負ってもいなければ、水中メガネもぼぼ着用せず、空気ポンプのホースからでる酸素のアブクだけを命綱にして水中で「人魚」を演じるニソゲソの若いヲンナのひとたち。たまにホンモノのオサカナさんたちが泳いでいることがあってもそれ以上に頻繁に登場するのは怪しいインチキ海洋生物で、そのなかには深海魚よりもももつと気色のわるいワイリィ・ウイリィとゆー水中サーカス界のアイドルスターもいたり。銭湯やラーメン屋さんのテレビにうつるヲモシロくもなんともないバラエテー番組とくらべても何倍も幼稚でヒネリもクスグリもなくタワイもない水中人形ショウの本家本元として1940〜1960年代ごろにおみやげ用絵ハガキだけでも年間3000万枚とゆう驚異的な人気をぽこった伝説の水中「人魚」ショウ実演施設、フロリダ・ウィキウェチ温泉郷の陶酔と恍惚を、保管されている当時の写真で再現した溺死すれすれ水中遊園地体験お写真集でありまする。ニュート・ペリィ氏の発案でフロリダ・ウィキウェチ温泉郷の「生きている人魚たちの水中ショウ」は、ホントに水中ショウなんてできるのけ?とか、客をダマシてるだけぢゃねいのか?とかゆーた疑惑のまなざしに囲まれながら1947年にオーピンすると早速の大人気になつたのだそおで、水着着用のヌーディスト村で水中バレエを踊っているみたいな、その当時まだ全盛のシロクロ写真の陰影が水中の深さをより深く遠くに感じさせてくれるお写真の数々がおもに本写真集の前半あたり。1959年に大手テレビ局ABC放送がウィキウェチ温泉郷を買収して、「100万ドルの水中ショウ劇場」に生まれ変わってから、1970年代後半に同じフロリダ州に建設されたデヅニィの「わあるどりぞぉお」にお客さんを横取りされて「水中ショウ」がどこで誰がみたのかも思い出されることのないマボロシになつて消えてゆくまでの、水中「不思議のくにのアリス」ショウや水中「白雪姫」ショウ、エルビス・プレスリぃやケネデー大統領などテレビのなかの俗悪な好奇心に初期のトンチンカンむうどから素朴さどんどん色あせてダメな方向にトンチンカンになっていく水中ショウのスットコドッコイむうどのキロクにもなつていて、ところどころには手彩色っぽいフォトクローム(*単色ネガ写真を土台にした多色印刷)による貴重なカラー写真もちょろちょろ収録されているのが本写真集の後半あたり。地下下水道をうろちょろしてナチスをチョメチョメした元祖アンダーグラウンド運動が1960年代のベトナム戦争停止活動を踏み板にしたアングラ映画アングラ漫画アングラ演劇ぶうむに生まれ変わっていく途中の、空中地上海上海中での核ばくだん爆発実験がひんぴんと繰り返されていた時代に繰り広げられていた、アンダーウヲータァ大きな水たまりのなかでユラユラしていた水中人魚バレエショウの、絵にも描こうとおもえば描けそうなほど気さくな竜宮城へのタイムぼかん最短距離便みたいな貴重なお写真集となつているよおです。ちょうど梅雨時から川遊び台風そして屋内水泳場と季節感のあるプレゼントにも好適な本書のお問合せ・お注文は当店どどいつ文庫あてに電気メールでいつでも大至急にどどどおぞ。[記:2015.06.13:PM21時40分]


マボロシの水中人魚ショウお写真集
ウィキウェチ温泉郷の人魚たち:水中お写真30年
by ルー・ヴァイカーズ、ボニー・ジョージアディス
発行=2012年。from=ふろりだ。英語版。
大きさ:本体=ヨコ185せんちxタテ265せんちめいとる。
  重さ:約630ぐらむ
外見:はあどかば。ページ数=138頁。手彩色カラー&シロクロお写真集。。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥4000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::水中狂時代150613
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年06月11日のホカホカ新入荷本    ♥♥

便所紙ホカホカあ〜と展覧会

 
脱糞あんど死
・・おスシを握るよりもキャベツのせん切りでお酒を飲んでもらいたがる故・バカ塚フニャオ氏せんせい御一行愛用の新宿のおスシ屋さんが現代ア〜ト職人に生まれ変わつたのかと思うよおな、手抜きまかないメニューぽいウラ技いっぽんやりで現代あ〜と業界の陽のあたる大階段をのぼりつめたイタリあん邪道系アイドルのマウリツィオ・カテランさんが企画運営係おつとめめた2014年11月〜2015年1月イタリア・トリノ国際あ〜と展「脱脱糞あんど死」の文字通りにマカナイめし的場外乱闘バーヂョンというたら当たらずといえども唐辛子でもない本書は、「脱糞」も「死」もモリモリ飲み込みブリブリ消化する造形パワァのお見事ぶりを、カテランさんにみこまれて「脱糞して死む」展に参加した総勢60人をこす脱糞死あ〜ちすとたちのひと並みはずれたサカサマ絶倫体質をおかりてこさえあげた、「脱糞して死む」展の図録ではない図録とゆいますか、脱糞死あ〜ちすと60数人の、「脱糞して死む」展の会場入り口から出口までの間には並べられていなかつた作品のかずかずが、展覧会本体とおなぢように「夢の組立工場」「二重の厄介ごと」「月面災害まつり」「赤っ恥」「フェチ」「働く死人」など7つのパートで構成された誌面ぢゅうにボタボタと豪勢にちりばめられていて、カテランさん編集おバカあ〜ト雑誌人気シリイズ『便所紙(トイレットペーパー)』のスペシル別冊増刊号ふうな1冊でありまする。連想もへたくれもなく脱糞や死とゆー単語から思い浮かぶ特定不特定な一人か二人か七、八人ぐらいな少人数のひとたちの脱糞や死に限定されていないどころか、ひとの世の中や外で繰り広げられれている活動まるごとをひっくるめて巨大ウンコや死骸のように眺めているのでなければ作れないに違えねいよおな、巨大な脱糞のなかにまざっている具をキレイにほぐしてキレイにならべたような、世間まるごとの便秘解消ぽいビューチふるなお作品やら「死」への手招きをちょっとも寄せ付けない迷路ぐるぐるゴオジャス感いつぱいのフェミフェミにんにんマシマシなエロォス讃歌みたいな作品もあれこれあったりで、収録あ〜ちすとちう名前に聞き覚えが有るのは(誰に?)のはむかしむかしに『Sale2(せえる・せかんど)』とゆー雑誌で赤坂真理せんせいが紹介していたカルノ・モリノさんや『世界のサブカルチヤ』とゆー本でチョメチョメしたり以前に当ホ〜モ頁で作品集の誤あんないもしたキャロル・ラーマさん、ドロシー・イアンノーネさんとかぐらいなのですが、なにしろ「脱糞あんど死」とゆー看板をみただけでトリ肌をゾゾけながら全速力で遠くへ逃げ出したくなつたみなみなさまの靴のうらを磁石で引き寄せて、ありやまたこりゃまた思つたよりもイケてるだっぺと座り込んでゆっくり魅入られてしまう悪趣味オサレぽい仕上がりとなつているよおです。ツメをのばした小指を立ててスタミナどんぶりバクバクみたいなスピィド感で軽やかに満腹させてくれるア〜ト「脱糞あんど死」本のお問合せ・お注文は当店どどいつ文庫あてに電気メールでいまスグ大至急にどどどおぞ。[記:2015.06.11:PM22時20分]


便所紙ホカホカあ〜と展覧会
脱糞あんど死
by 編=マウリツィオ・カテラン、ミリアム・ベン・サラ、マルタ・パピーニ
発行=2014年。from=トリノ(いたりあ)。英語とイタリヤ語の2言語併用版。
大きさ:本体=ヨコ230せんちxタテ290せんちめいとる。
  重さ:約600ぐらむ(*本体のみの重量。別冊冊子は約30ぐらむ)
外見:そふとかば。ページ数=152頁。カラー図版満載。*別冊冊子(白黒16頁)つき。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥4000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::黄金狂時代150611
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年06月09日のホカホカ新入荷本    ♥♥

見世物業界おもいで写真アルバム帳

 
ホルマリン漬け胎児と女体ショウ:あめリ力見世物業界での半生記
・・見世物小屋お写真には何をみてもビツクリしたがるダマされたがりの見物客のおサイフに焦点があわさつているものが圧倒的に多いなかで、見物客をビツクラさせる見世物業界のプロへっそなる側で親類のひとたちと50年以上もお仕事をしていたリック・ウェストさんてゆーオヂさんが、ぢぶんの幼少期から晩年までのプライベイト写真をはりこんである個人写真アルバムから、見世物かんれんのところだけを持ち出して、色とりどりの思い出ばなしと一緒にご披露してくれた門外不出系お写真満載の貴重な見世物興行お写真アルバミでありまする。生まれつき妖精的に小柄なひとばかりの一族に生まれたリックさんの幼少期のカウボウイ姿のお写真や、「オツムが2つある赤ちやん」の見世物をみたがる5才のリックさんを叱って見せさなかったオバアちやんオーベルさんがまだ幼児だつたころにイヌと遊んでいる写真や老後も元気で釣ったサカナを自慢している写真など、それに何の意味があるのか最初はわからな毛な写真からはじまって、農林省で働いていた親戚のひとがはじめた「世界一巨大なウシ」の見世物興行を12才のときにお手伝いしたときの楽屋裏写真や、そのときにみた「女体ショウ」の実演光景のナマどり写真やオミヤゲ写真。流氷のなかから発見された冷凍ミイラ男「アイスまん」を大学生のときに友人と自作した際に、あいまあいまに撮影した作りかけホヤホヤの「アイスまん」メイキング写真や、それから30年後に倉庫で眠る「アイスまん」の棺桶と再会したときのご対面写真。お客さんが中にはいってみる「巨大タコ」「巨大クジラ」、「これは何でショウ」などの見世物用トレーラーを運搬用巨大トラックに積み降ろしている最中の写真や興行中の写真。ヒツトラー専用の特製防弾カーの見世物写真。リックさんが5才のときから憧れていた「オツムが2つ」の牛を初めて手に入れたときの写真。「体重1トン越えの巨大馬」ジムくんの見世物興行中の写真や楽屋裏写真。「1万人分のハンバーガーに匹敵する巨大ウシ」のビルくんの見世物興行中の写真や楽屋裏写真。「ベーコン550キロぶんの巨大ブタ」の見世物興行中の写真や楽屋裏写真。ソレやコレやと場数をかさねてて見世物興行のプロ中のプロになつたリックさんがヒトからを預けられた「ニューヨークの下水道で生まれた巨大ワニ」や「6本足の巨大トカゲ」の小さい頃からの楽屋写真や見世物興行中の写真。洋風サルまわしにつかうサルの自動車の裏面写真。リックさんが見世物に使っていた等身大人形のミイラの部分拡大写真。1930年代に狂医学者が発見したホンモノの一角獣の作り方を再現して1980年代に作られたホンモノの一角獣のアタマのホネの写真。州境を越えた死体の運搬移動を禁止する法律が1980年代にできたことで不可能になったはずのホルマリン漬け胎児ショウを合法的に可能にした1980年代以降の新型ホルマリン漬け胎児ショウの楽屋裏写真。ほかにも見世物業界関係者が多いリックさんの親類のひとたちのお写真などもあったりして、ガソリンが切れてうしろからヒトが押している自動車よりもゆっくりと黄金期から終末期へと崩れ落ちていつた1960年代以後のアメり力見世物業界のドヲブツのウンチ臭いようなまだまだノンビリしたムウドが、舞台上のドギツイもどこ吹く風みたいな楽屋裏写真のあいまからピぃプぅと吹きよせてくるくる毛だったりして、見世物愛好家のみなみなさま必携の、他の類書で見る機会がぼぼあり得ない貴重写真満載の1冊となつているよおです。お問合せ・お注文は当店どどいつ文庫あてに電気メールでいまスグ大至急にどどどおぞ。[記:2015.06.09:PM21時20分]


見世物業界おもいで写真アルバム帳
ホルマリン漬け胎児と女体ショウ:あめリ力見世物業界での半生記
byリック・ウェスト、序文=ジェイムス・テイラー(元・見世物専門誌『ビックリしてドッキリ』編集長)
発行=2011年。from=ぺんしるべにや。英語版。
大きさ:本体=ヨコ215せんちxタテ278せんちめいとる。
  重さ:約700ぐらむ。
外見:そふとかば。ページ数=160頁。カラー&シロクロお写真集。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥4500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::見世物秘聞150609
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年06月07日のホカホカ新入荷本    ♥♥

ボヘミア世紀末怪奇幻想画集

 
アルフレート・クービン画集
・・アルフレート・クービンとゆえば、30年ぐらい昔に廃刊になつた月刊文芸雑誌『海』の1971年3月号の特集「終末の画家・クービン」での埴谷雄高や種村季弘の紹介や同じ時期にでた翻訳小説『対極・デーモンの幻想』『裏面・ある幻想的な物語』の作者解説や、ジークフリート・クラカウアーの『カリガリからヒトラーへ』で映画『カリガリ博士』の異様な装置デザインあ〜ちすと幻の第一候補だつたとゆーエピソオド、そしてなによりクーチャンとかクーボンとか気やすいアダ名みたいなかんぢのクービンてゆー名前がおぼえやすいわりに、ニポンでは画集らしい画集はいまから40年も前(新装版は20年前)にでた『クービンの素描』(初版1975年)ぐらいしか見当たらないこともあって、前世紀末ゴーレム横丁ぽい悪夢と幻覚のツゴいヒトみたいなボンヤリしたイメエヂの霧のむこう側にある実際のクービンの作品をまとめて見たいよぉ見たいよぉてゆー声を、当店のお客ちゃまからうかがつたことが今まで何度もあつたりもした密かな人気画家なわけですが。そんなこんなのなかようやくどうにか1冊限定入荷しました待望の本書は、アウトサイダーあ〜と関連の展示でも知られているおフランス・オート=マルヌ県のオーブリーヴ修道院現代あ〜とセンター2010年6〜9月に開催された『アルフレート・クービン展』の図録をかねたお作品集の、古本ばあぢょんでありまするン。収録作品は、小説『裏面(対極)』の執筆にとりかかった1908年よりももっと以前の、アルフレート・クービン第一画集『ヴェーバー画帳』(1903)を中心にしつつ、『画帳』には収録されなかつた作品も含めて、クービンが1900年ごろに制作したペン画や銅版画を約50点以上。10才のとき結核でハハが亡くなってからチチから虐待をうけツラぁい気持ちで育ったのだとゆークービンさんが、1899年お絵描きアカデミー入校のための引っ越し先ミュンヘンで発見した、マックス・クリンガーやルドン、アンソール、ロップスなどの世紀末絵画の魅力にメロメロになることで、いきなり「産道を逆通過」してたどりついてしまつた異世界幻想が、緻密に克明に、とわゆーても地平線や空の高さが限りもなく広がっているように感じられるからなのか、キュウクツにならず息苦しくもならずなんだか永遠ぽいかんぢの視野のなかで繰り広げられていき升。気まぐれに幻想どうぶつたちを身ごもり生みまくる女性たちは着衣でも裸体でも優雅にふきげんにのびのびと魔法をふりまわし、裸のランチみたいなバケモノたちがくつろぎまくっているアノ世でもコノ世でもない魔界であるはずなのに楽園むうどもいっぱい。何点か収録されているクービンさんの写真のなかには、結婚25周年の銀婚式記念でおうちの外で奥さんと一緒にニコニコしている写真もあったりして、繰り返しながめているととーてもたのしひよおな気分にもなってくるのが何ともフシギな怪奇幻想お絵描き集となつているよおです。 在庫1点限りのため、お問合せ・お注文は大至急に当店どどいつ文庫あてに電気メールでいまスグどおぞどおぞ。[記:2015.06.07:PM19時10分]


ボヘミア世紀末怪奇幻想画集
アルフレート・クービン画集
by アルフレート・クービン
発行=2010年。from=ふらんす。おフランス語版。
大きさ:本体=ヨコ240せんちxタテ310せんちめいとる。
  重さ:約650ぐらむ。
外見:そふとかば。ページ数=112頁。オール原色お作品集。
古本:保存状態=まづまづ上々かと。。
  推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥6800(*古本です)
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::失楽園測量150607
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年06月05日のホカホカ新入荷本    ♥♥

手づくり日用品ガラクタあんちデザイソお写真集

 
自家製のヨヲロツパ:現代のフツーのひとたちの手づくり品
・・広いような狭いような世の中のどこかには占い師の学校よりももっと奇妙なデザイン学校とゆーところに月謝を払ってベンキョーにいくひとたちも実在するのだとゆーことを信じられないどころか想像をしたこともないよおな現代ロツアのフツーのひとたちが、知らないひとに見られる可能性など一切考えることもなく、身の回りに転がっているありあわせのものを素材にしてただただソレが必要なのでこしらえただけの、グロテスクでカワい毛な手作り日用品の数々をキレテツ物品限定でおっぴろぴろげたファンタスちっく珍発明マーケツト風お写真集『自家製のロシア』(2006、絶版)で世界ぢゆうの読者をびっくらさせてくれたウラジミール・アルヒポフさんのブサイク手づくりファンタスちこ日用品発掘しりーず第2弾『ヨヲロツパ』の巻なのですが、収録された採取ばしょとその件数をみてみると、アルバニア(14こ)、オーストリア(24こ)、チェコ(3こ)、イングランド(3こ)、フランス(20こ)、ドイツ(28こ)、アイルランド(33こ)、イタリヤ(13こ)、ロツア(47こ)、スペイン(11こ)、スイス(22こ)、ウクライナ(4こ)、ウェールズ(22こ)、となつていて、今回もまた、ロシア在住のフツーのひとたちの手づくり物品のところが量も質も上野公園のサイゴーどんほどにも高く低く全編からちょっこし頭をだしてソビエたつている感ありまして。たとえば、孫がおバアちゃんにプレゼントしたのだとゆー、金色と紺色の配色もすーてきな毛糸の手ぶくろをこさえるための指型だとか、側面に目のタマふうの半球面状のボコボコがたくさん並んでいる銀色のピンボン玉ケースだとか、自動車の車体の代わりがサーモン色の座布団1枚でそのスミっこにヒョロリとした枯れ枝が挿さっているだけの節約っぷりが清々しいオモチャの自動車運転席だとか、木製の4本脚で天板にあいた丸い穴にかぶせた青白いテーブルクロスも押さえの鋲もかまぼこ大の置きものもいちいちカワひ毛なワンコ用テーブルだとか、ボリチョイバレエの舞台にすみっこに小道具と一緒に並んでいても違和感がなさそーな、ファンタヂー絵本あ〜ちすとの指先から鼻歌と鼻毛といっしょにころがり落ちてきたみたいなものもソレコレとあれば、泥がついたままのジャガイモみたいな5股の電気プラグだとか、黒々と錆びた針金と汚れた包帯で折れた柄をつなぎあわせた歯ブラシだとか、極寒の強制収容所から届いた招待状みたいなものもソレコレとあったり。フツーのひとたちの青息吐息を通して万華鏡のように恐怖のファンタヅー帝国ロツアが浮かんだり沈んだりするヲモシロさ。そしてイタリヤいたりやヤリタイやりたいと暗示をかけながらみてみるとイタリヤのひとたちのぺーじは、ブロックと木の板だけつくったハードルみたいな終着点?だとか、道具はカッター1本だけで作ったとゆー白い洗濯用バケツだとか、実にどうもイタリヤんデザイソ以外の何ものでもないケッコーなばかばかしさ。さらには、アイルランドのひとたちのな手づくり品の素朴さにしみじみした哀愁を堪能してみたり、自己暗示や歴史的文化的な色めがね次第でガツガツとたのしさの浅彫りも深堀りもおもいのまま、なんだか地味な魔法のポケットみたいでどうにも気になるお写真集となつているよおです。ちちの日プレゼントやははの日プレゼント、成人式やけつこん式お祝いはじめ、毛色のかわつた各種プレゼントにも地味めでぴったりな手づくり感満開なこのお写真集、お問合せ・お注文は当店どどいつ文庫あてに電気メールで迷いつつも大至急いまスグにどおぞどおぞ。[記:2015.06.05:PM16時10分]


手づくり日用品ガラクタあんちデザイソお写真集
自家製のヨヲロツパ:現代のフツーのひとたちの手づくり品
by 編=ウラジミール・アルヒポフ
発行=2012年。from=ろんどん。英語版。
大きさ:本体=ヨコ130せんちxタテ210せんちめいとる。
  重さ:約430ぐらむ。
外見:はあどかば。ページ数=256頁。オールカラーお写真集。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥4800
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::デザヘソごま150605
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年06月03日のホカホカ新入荷本    ♥♥

あうとさいだぁあ〜ちすと新大陸オールスター作品集

 
余計者ア〜トとヒトビトのア〜トと:シカゴこれくしおん
・・ドヲブツ園のキップ売り場から先に進んだオリやヘイの中ではなくドオブツ園からズズーっと離れたところにドオブツさんたちのもともとのおウチあるのと煮たり酔ったりなかんぢで、美術館のカベに仏壇みたいに飾られているガクブチのなかに姿をみせることがないどころではなく、精神病院のゴミ捨て場に他のゴミと一緒くたに捨てられたりしていた時期も何十年かあったりして人里に現れることを歓迎されねい野生ドヲブツみたいな状態でいたところを、目ききゲージツ家ヂャン・デュビュッフェ師の「それをアール・ブリュットてゆう風呂敷にくるみなされ」とゆーツルつるの一声のおかげで、ときどきは美術館の仏壇にも陳列されるよおになったヨオロッパ系の、誰も見たことがないよおなお絵描き衝動をそのままスラスラと誰も見たことがないよおなお絵描きに完成する才能にめぐまれた精神病院利用者ひとたちの作品しか見たことがなかったおフランス・パリ界隈のひとたちの目の前に、ヨオロツパ大陸から脱出した余計者ハミ出し者のひとたちが地元住民を追い払ってつくった余計者による余計者の天国地獄アメり力のなかのそのまた余計者のひとたちのこさえる「アウトサイダーあ〜と」ちうたら、こんなんでっすネん。余計者のくにの大多数を占めるフツーに余計なかんぢのヒトビトがこさえるフォーキィなあ〜とフォークア〜トちうたら、まぁこんなでっすワ。とゆーあたり、ヨォロッパ初上陸でアメリカソあうとさいだ〜あ〜との土ぼこりや牧草の臭いを強烈にばらまいた1998〜1999年パリ市立美術館アル・サン・ピエールでの「余計者ア〜トとヒトビトのア〜トと:シカゴこれくしおん」展の開催記念図録が、約15年がかりでドンドンぶらこドンぶらこ。途中ですっかり古本になりながらも当店ショウルウムへいまごろ到着してくれましぃた。いまは何とわなしにおもにお絵描きのよおな印象も濃厚ぽいアウトサイダア〜トですが、総勢50人以上の350点以上の作品を展示したこの展覧会は、「余計者(あうとさいだぁ)ア〜ト」と「ヒトビト(ふぉーく)ア〜ト」の2本だてとゆーこともあつて、ゴミみたいなものや木彫りでこさえた人形とか彫刻とかオモチャとかの、いまにも地元なまりの強烈な聞き取り不可能なコトバで超個人的な打ち明け話や神がかり的なお説教などを焦点のあわないままの目で話しかけてきそおな立体モノが多めに収録されているのもウレしひかんぢ。ヘンリー・ダーガーやハワード・フィンスターなど近年になって急激にファンがふえて何とわなしに大御所ぽくなくなくもないヒトたちの作品もありつつ、アメり力こくないでは他のどの地域よりも早くからアウトサイダア〜チストを大事にしてきたシカゴで年季のはいったアウトサイダ〜あ〜と収集家としてしられるヒトたちのコレクシオンならではの、リー・ゴディさんはじめ他ではみかける機会がとーても少ない作者たちの貴重な作品も収録されていたり。ヨオロッパ大陸系のアールブリュットさくひんにかがようオスマシ感のないアメリケン・アウトサイダーアートのぶっちゃけ感を深呼吸的にもいちどシミジミ噛み締めることができそおな、けつまづきの小石ぽいんとや落とし穴ぽいんとがアッチャコッチャに隠れていそうな、何げに何だかいろいろ気になる作品集となつているよおです。古本につき当店ショウルウム在庫ぶん1冊が売切れる前にお問合せ・お注文くださいませ。お連絡先は当店どどいつ文庫あてに電気メールで大至急にどどどおぞ。[記:2015.06.03:PM22時10分]


あうとさいだぁあ〜ちすと新大陸オールスター作品集
余計者ア〜トとヒトビトのア〜トと:シカゴこれくしおん
by 編=ローラン・ダンシン、マルチーヌ・ルサルディ
発行=1998年。from=巴里。おフランス語+英語の2言語併用版。
大きさ:本体=ヨコ200せんちxタテ233せんちめいとる。
  古本:保存状態=表紙&裏表紙ともやや汚れありです。
  重さ= 約650ぐらむ。
外見:そふとかば。ページ数=256頁。オールカラー作品集。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥4500(*古本です)
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::はみはみ劇場150603
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年06月01日のホカホカ新入荷本    ♥♥

病理学着色りとぐらふ怪作集

 
病める薔薇:医学図解いらすとの病理とア〜ト
・・解剖台のうえでミシンとコウモリ傘がムッツリと無言でコニャニャチワしているときに解剖予定だつたはずの人体はどこに消えたのか心配になつたことのあるみなみなさまに、出来れば実現してくれなくてよかった鉱物や昆虫や植物などなどの美麗標本とニンゲンさまの肉体との解剖台のうえでの交通事故的に急激で激しい出会いを描いた18〜19世紀頃の彩色りとぐらふによる病理医学図解いらすとコレクシヲン本でござります。総点数150万点を越えた現在も膨張をとめない世界最大級の人類医学遺産保管庫といわれる故ヘンリィ・ウェルカム氏の膨大な医学骨董コレクシオンをかんりうんえいしているウェルカムとらすとの共同企画で実現した病理学れとろビジュアル本ならではの、物珍しい医療器具の写真やら流行病撲滅キャンペン絵ハガキやら保養所のポスターやら風刺画やらとサイドメニューのオカズ的な貴重資料もさりげなく随所にちりばめるサァビスもありつつ、お肌の病気、らい、天然痘、結核、コレラ、ガン、心臓の病気、性の病気、寄生虫、通風、とゆう病気たいぷの分類あんど順番で、ぱっと見は写生なのかと錯覚させんがら実際には写生でも観察でも全然なく実際の病状からキモチわるさだけを抜き出して結晶化させたような病理医学図解彩色りとぐらふイラストが読者の目の前にツゴい勢いでじゃんじゃんじゃんじゃん飛び出してき升。たとえば人体改造まにあア〜トが素材として、レトロな鉱物標本や熱帯植物、熱帯の昆虫などの彩色銅版画挿し絵のイメエヂを素材に欲張りに取り込んだとしたらたぶん生肉臭さくなりそうなところが、おなじよおに、ニンゲンさまの肉体にあらわれた病的な変化が、レトロな鉱物標本や熱帯植物、昆虫図鑑などの風味をまぜながら彩色銅版画挿し絵に変身させらているときには、清潔感とキモチわるさが抱き合わせのワンセットで同時に押し寄せてくるかのよお。病いと切り離せないはずの苦しさツラさによる間接的で直接的な全身の変化を意図的にロボトミー的むりやりで取り除かれた医学図解のなかに、肉体性を奪われた肉体の苦痛が、図解を見物しているわだぐちたち読者(誰誰??)の脳内を借りて爆発してみたがるのに対して、無責任な読者としての責任でそれに抵抗したくなることが、キモちのわるさの正体と無関係なのかそうでもないのかはどどでもよいわけですが、いくら趣味が変っているとわゆーても、気弱なかたは手に取らず目をつむって通り過ぎるのが無難なのだけは間違いのないマニア度の高さが、人間的なあまりに人間的な1冊となつているよおです。お注文はくれぐれも慎重に、当店どどいつ文庫あて、電気メールでお問合せ・お注文ご連絡をどどどおぞ。[記:2015.06.01:PM21時30分]


病理学着色りとぐらふ怪作集
病める薔薇:医学図解いらすとの病理とア〜ト
by リチャード・バーネット
発行=2014年。from=ニュウヨウク。英語版。
大きさ:本体=ヨコ177せんちxタテ245せんちめいとる。
  重さ= 約970ぐらむ。
外見:はあどかば。ページ数=256頁。収録図版354点ちゅうカラー図版345点。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥4900
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::無垢の歌150601
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年05月30日のホカホカ新入荷本    ♥♥

地下室どん底マニアっく写真集

 
ウルリヒ・ザイドル写真集:地下室のなかで
・・「ぢぶんでぢぶんにケンカをうるケンカ野郎」「地獄のひと」など最大級にウサン臭げなホメことばでクリストフ・シュリーゲンジーフやヴェルナー・ヘルツォーク、ミヒャエル・ハネケやジョン・ウォーターズとゆーた化けもの映画監督から絶賛されてきたオーストリアの変態映画監督ウルリヒ・ザイドルの『パラダイス』3部作につづく最新映画『地下室のなかで』(2014)は、21世紀地球人のたましいのなかからチンアナゴのように顔を出したりひっこんだりする洞穴暮らしの原始人のときそのままみたいなタマシヒのきれはしを臭ったり舐めてみたりするために、現代オーストリア住民の多くのひとたちがお茶の間で過ごすよりもずずっと長い時間そこでプライベイトに濃密な時間を満喫されているのだとゆー驚異の「地下室」わぁるどをウットリと神経を逆なでしいくザイドル目線でオジャマ虫むししたお耽美とんちきな暗黒どきゅめんたりぃ。それに対して本書は、1分24コマずつ連続再生することで、どこからか目の前に現れてはどこかへと消えていくようににみえていた12000枚以上の静止写真の集合体である映画『地下室のなかで』のフィルムのなかから切り取つた「静止写真」58点を監禁状態で陳列。トンネルほど広い地下室に老人を集めてレンタル射撃場をオープンしてたのしんでいるオッちゃんや、地下の物置部屋で赤ちゃん人形と遊ぶのを趣味にしているヲバちやん、狩猟でしとめた獲物のドヲブツたちの剥製や鉄砲などを博物館のように並べてソファでくつろいでいる中年カツプル、ロッカーのある地下会議室の机にふせて仮眠している戦闘服姿の青年たち、チームの旗を壁に飾った地下室でタバコとビールでくつろぐ不良青少年団メムバー男女、暗黒中世めいた監禁室風の小部屋がならぶ異様な地下室でいびつに歪んだ顔のなかでどんより目を光らせている胸毛ヲトコと突き当たりの階段にしゃがみこんでいる半裸のジィンヅ青年、禁断のナチすコレクションに囲まれて地下室でチューバを吹きまくり意味不明の乾杯をする白髪めがねヲトコとお仲間たち、地下洗濯場に集合した3人のオバちやんたち、壮大な山岳風景を背景にした鉄道模型ヂオラマのすきまからモグラのように顔をだしたハゲ頭のオヂさん、ぢぶん専用地下室内プールで溺れかけのミズスマシのように泳いでいるヒト、オーディオ機材いっぱいの二人専用酒飲みコォナァでお揃いのジャージ姿で座っている老夫婦、真正Mヲトコとでぶヲンナのカツプルなどなど、映画フィルムそのもののなかから「写真」のかたちで誘拐され、映画の中から外に放り出され身振り手振りを止められて聞くことも喋ることもできないロウ人形に変身した住人のひとたちが怪しい室内調度やコレクションで異臭につつまれながら永遠の生き埋め状態になっている「地下室」を、油絵で描いた幻想的室内肖像画集のようにも見えてしまう力技は、ヘンタイてきに端正な画面づくりを特異にしているザイデルかんとくならではで、ルドルフ2世の驚異の小部屋の地縛霊が、現代オーストリア中流階級のアチコチのおうちの地下室をウロツきまわつてイタヅラをしているかのよお。何度繰り返し見ても見るほどに深いヅンどこへと引きづりこまれていく、見応え満点のスリスリりんぐなお写真集となついてて「ザイドルかんとく?聞いたこともないわ?」とゆ〜ごくまっとうに猟奇的なみなみなさまにこそキツくおススメスしたい愛蔵版怪作お写真集でありまする。次回入荷はまだ多分だいぢょうぶそうなのですが、確実な入手をご希望のかたは大至急に当店どどいつ文庫あて、電気メールでお問合せ・お注文ご連絡を今すぐどどどおぞ。[記:2015.05.30:PM21時55分]


地下室どん底マニアっく写真集
ウルリヒ・ザイドル写真集:地下室のなかで
by ウルリヒ・ザイドル
発行=2014年。from=オランダ。英語版。
大きさ:本体=ヨコ303せんちxタテ205せんちめいとる。
  重さ= 約1.1きろぐらむ越え。(*当店の計量器具の測定限界オォバァー)
外見:はあどかば。ページ数=168頁。オールカラー写真集。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥6800
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::地底の歌150529
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年05月28日のホカホカ新入荷本    ♥♥

だつぷん体位四十八手はうつぅガイド本

 
脱糞経典:ココロの窓を吹き飛ばす恍惚の排便テクニック集
・・おトイレでしゃがんで息ばっている積極的に消極的で退屈な貴重な時間に思い切りバカなことをして苦しくたのしむための秘技指南。トイレからでるときに頭のてっぺんから靴の裏まで全身にとびちったウンコ汚れを心配しないではいられないよおなヲドロキの排便ポーズをオール図解いりで紹介する、オール暗褐色イラスト図解いりの、驚異的エクストリィムすぽーつマニア向け密室脱糞トレーニングはうつぅ本でありまする。出だしは少しはノオマル気味な「ひとり排便」篇で、「黄金の標準的」排便ぽおずから、「考えるひと」ぽおず、「90度横向き」ぽおず、「蓮座」ぽおず、「反対向き」ぽおず・・とジワジワ変異度あっぷ。「胸筋もりもり」ぽおず、「飛行機墜落時」ぽおず、「180度」開脚ぽおず、便器のたまり水に尻をひたして排便する「魚雷」ぽおず、便器のふちに後ろ向きののって後ろでをついた「カニさん」ぽおず、伸ばした片足を給水タンクにかけて立位でストレッチをしながらの「長距離走者の野糞」ぽおず、両手足を伸ばしてベンキのうえに仰向けにねそべっての「スカイダイビング」ぽおず・・などなど、ふだんは出来て当然のように誤解されがちな、食べ物をオクチからいれて手も使わずにウンチをこさえそれをお尻の穴からポンと外にだすとゆーニソゲソ様の行為が、実際にはどれほどデリケイトでアクロバット並みの曲芸なのかとゆーことを改めて思い知らせてくれる毛な、難易度の高い排便ぽーずがドシドシ登場。あっけにとられていると「ひとり排便」篇の次は短めな「カップル排便」篇に突入。お姫さまだっこの「新婚の夜」ぽおずや「手押し車」ぽおず、排便しないひとを肩車しながらの「チアリーダー」ぽおずなど。次は「オモチャをもっての排便」篇、さいごはちょっと取って付けたよおな「特殊な状況下での排便」篇。基本的には続いている2000%ウンコぽおず本イラスト図解本となつています。何でもかんでも限界超えにチヤレンヂしてみたひ欲ばりばりで無駄な努力の浪費空費がウンチをひりだすことと同じぐらいかそれ異常に大好きなことを鏡のむこうの誰かにむかって全身全霊でアピールしてみたがりな悦楽各駅停車系のみなみなさまでは全然なくてもどおでも、トイレでのヒマつぶしにもベットリ、ウンチうんこ話すきな老若男女むけプレゼントにもペッタリな茶褐色のシブぅいこの一冊、入手のお問合せ・お注文は当店どどいつ文庫あて電気メールでご連絡どどどおぞ。[記:2015.05.28:PM21時55分]


だつぷん体位四十八手はうつぅガイド本
脱糞経典:ココロの窓を吹き飛ばす恍惚の排便テクニック集
by ダニエル・コール・ヤング
発行=2010年。from=いりのい。英語版。
大きさ:本体=ヨコ134せんちxタテ185せんちめいとる。
  重さ= 約250ぐらむ。
外見:はあどかば。ページ数=116頁。暗褐色いらすと図解52点いり。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥1800
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::密室宴会芸150527
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年05月26日のホカホカ新入荷本    ♥♥

オナラ発生ハイテク装置つき絵本

 
世界各地のオナラ:ある監視員による案内書
・・餃子2人前定食を食べたあとのゲップの音やニヲイには不感症だけれど、オナラのおとや臭いの刺激には宇宙ロケツトにのってプラネタリウムで居眠りしている毛なコーフンのスイッチをこちょこちょすされているよおに感じやすい繊細でり毛糸なオナラまにあのみなみなさまに大朗報。「世界ぢゅうのヒトたちが体内から放出するオナラの回数は1分間に70億発。オナラは世界の共通言語でありまぷー」と冒頭から大きくぶっぱなしてくれる自称「熱狂的なオナラ研究者」の著者オーガストさんが、世界ぢゅうの優秀なオナラ研究者の協力をえてこさえてくれた10種類のオナラさうんど発生ハイテク装置つきオナラ絵本が、当店どどいつ文庫ショウルウムにもっか滞在ちうでありまぶー。世界一周旅行気分にのって知られざる名物っ屁をたずねていくオナラ漫遊記むうどのこの絵本、まず第1章「愛のさけび声・おフランス篇」では、サンジェルマン通りで立ち止まった自転車のシャレ男がうしろかごにのせたフランスパン越しに流し目をおくりながらブルーなオナラ。オーピン・カフェのサングラス女性がコォヒィかっぷ片手にピンクなオナラで応え、2人のオナラが触れ合い混じり合うところにオナラから生まれたいくつもの赤いハートマークが蝶々のように飛び回る光景が。そーして、付属のオナラ発生ハイテク装置の「1」のボタンを押すと「ぶぅーうーうう」と電子オナラ音が流れてきて、本場のフランス屁の臨場感を妄想する強力な手助けをしてくれる仕掛けになつています。つづく第2章「爆発するレンガ・おジャポン篇」のオナラの舞台はニポンのカラテ道場。気合いのオナラ一発で2つのレンガを粉みじんに粉砕する黒帯黒髪三白眼の空手家を見守る稽古仲間の背後の壁ぎわには放屁人間の飾りがのった優勝カップや表彰盾が。こんどは付属のオナラ発生ハイテク装置の「1」のボタンを押すと「ぶーウンぶーう」っと意外に苦し毛でオナラの通路をふさいだ宿便の横をすりぬけて出て行くよおな電子オナラ音がカラテ家の不規則生活を想像させたり。第3章「雲を引き裂くオナラ娘・スイス篇」では足取り軽やかなアルプスのオナラ少女の豪快なオナラで目をまわしたトリが地上に墜落したり、カモシカの上半身がホネだけをのこして丸裸に吹き飛ばされたりで、それにあわせたオナラ装置の「3」番のボタンを押すと、ペットボトルの「北アルプスの水」並みにかすかな「アルプス」気分がなくなくもないと言うのがずいぶん恥かしーほどにアルプスな、ひきづるような電子オナラが聞こえてきたり。第4章・南の涯オーストラリアの雷鳴オナラ、第5章・群衆大熱狂のメキシコすぽーつ酒場オナラ、第6章・極北の光ロシアシベリアのオナラ、第7章・いやみコチョコチョえげれす上級階級応接間のオナラ、第8章・タイ仏教寺院で悟達の引導オナラ、第9章・テキサスロデオ大会のバーベーキュー宴会オナラ、そして最後の第10章・ジャマイカれげえダンスホールの音圧重低音オナラまで、「ほんにオマヘは屁のよおな」とゆーたとえがペッタリとゆーのもバカバカしー電子オナラ音つき世界オナラめぐり全10景。えほんのえを担当している女性あんぐら漫画家リサ・ハナウォルトさんが、世界ぢゅうのオナラくさいひとたちやドオブツたち全員をオナラのことにしか興味がないヘンなひとたちみたいな雰囲気で描ききつてくれているので最初から最後までオナラだけに集中してたのしめる万国オナラ絵本となつているよおです。オナラ好きな家族親戚やお尻あいへのプレゼントにも最適な、電子オナラ音響マシン(*電池いり。電池交換も可能)装着ありの特殊オナラ絵本の、お問合せお注文は当店どどいつ文庫あて電気メールでご連絡どどどおぞ。[記:2015.05.26:PM20時55分]


オナラ発生ハイテク装置つき絵本
世界各地のオナラ:ある監視員による案内書
by オーガスト・オフィン、絵=リサ・ハナウォルト
発行=2011年。from=かりふぉるにゃ。英語版。
大きさ:本体=ヨコ170せんちxタテ210せんちめいとる。
  重さ= 約500ぐらむ。
外見:はあどかば。中とじ。オールカラー絵本。ページ数=24頁。オナラ発生ハイテク装置つき
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥2000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::ボンボン事件150525
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年05月22日のホカホカ新入荷本    ♥♥

Z級凶悪犯罪者報道タブロイドまんが図鑑

 
チンピラ兄弟たちの肛門刑務所
・・黒コゲを食べられるようにそぎ落とした食パンをみてもビチ糞をしたあとのトイレツト紙をみてもイキモノの「顔」のかたちを無意識にさがしてしまうニソゲソさまの霊的能力の焦点がこんぐらかってムヅムヅするよおな、間違いなくヒトの顔がある場所に何をどうみてもヒトの顔ではありえない視覚的刺激物をトツピングする術を駆使したコラァヂュまんがで1990年代にイヤんな人気を集めたカナダ・ケベックのカルトもんすたーアングラ漫画家アンリエッタ・ヴァリウムさんの1995年さくひん。さすがに最近はめっきり見なくなつたのかも知れなひのですが昔はよく雑木林のなかに落ちていたグログロどっきり俗悪タブロイド新聞週刊誌のドギツい見出しとエグい写真が死の舞踏を踊り狂う記事みたいなものと八百長プロ野球トレーデングカードふうに展開した指名手配書のオモチャばーぢょんみたいなものとをお手本に、都市伝説などと気取つてゆーのもバカバカちく、信じられないほどアリフれたかんぢがする悲惨な下ネタ系事件簿のパロディ版を、先生に怒られたり叩かれたりする他は学校にいっても特にすることがなく本人もまだ気付いていない将来的には放送作家かコねたリサーチ会社勤務になる運命線が手相にうすく記入済みになっているおコちゃまが終わりの来ない夏休みの自由工作でつくつたものがヲトナのひとに見つかって燃やされた灰が地獄コンビニ店前きつえん用灰皿のなかで呪術師体質ムンムンのアンリエッタ・ヴァリウムさんの青息吐息な脳波をふきかけられて黄泉がえり折れ曲がった吸いガラをラインダンサーがわりにしたがえてガイコツだんすをもいちど踊りはじめてみたみたいな、オサレなポケツト吸いガラいれ風のヘビぃで軽ぅい悪趣味お絵えがきコラーヂュ本となつておます。刊行後20年めにはいり問屋在庫も切れてて、いまさら本書を入手する最後のチヤンスぽいかんぢの当店ショウルウム在庫分の1冊をしいて買わなくてはいけない理由がないと思うのは実にまつたくそのとおり。オゲレツおフランス語会話には欠かせない最小限の最重要単語のラレツみたいな調子で便所の落書きぽく殴り書きされた文章はおゲレツおフランス語学力向上のための副読本としても唐変木的にメルシーボクまどもわぜるブルースで、いくら何でも誰も海藻な気がしない本なのだつたらば拙者が購入してしんぜよー的な、まったくの気まぐれ的お買い物や無意味無価値なプレゼントをお探しのかたにのみ好適な寂し毛なこの御本、お問合せお注文は当店どどいつ文庫あてでこれまた大いそぎで電気メールご連絡をどどどおぞ。[記:2015.05.22:PM20時55分]


Z級凶悪犯罪者報道タブロイドまんが図鑑
チンピラ兄弟たちの肛門刑務所
by アンリエッタ・ヴァリウム
発行=1995年。from=ケベツク。おフランス語版。
大きさ:本体=ヨコ110せんちxタテ140せんちめいとる。
  重さ= 約50ぐらむ。
外見:そふかば。中とじ。表紙=カラーシルクスクリン印刷。中味=シロクロ。ページ数=64頁。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥1000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::図鑑足熱150521
前のペエヂもどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年05月20日のホカホカ新入荷本    ♥♥

アホアホおうむセレブコスプレお写真集(☆再入荷)

 
バラード夫人のオウムたち
・・かわいヒヒ子にはチョメチョメをさせろとゆーコトワザのごとく、おウチに家族として同居していたカワいひひオウムさんたちをコスプレのモデルにして、家族みんなで作つた衣装を着させたり小道具をもたせたり背景のセツトをこしらえたりギャーギャー大騒ぎをしながら撮影した珍妙な映画ネタ&テレビねた&音楽ネタの芸能モノマネ系コスプレ写真で一瞬だけテレビを通じて話題になり忘れられたバラード夫人んちのかわいひひオウムさんたちのあほあほコスプレ写真集『バラード夫人のオウムたち』が、当店ホ〜モ頁での前回ごあんないから約8年ぶり、刊行時点から数えると10年ぶり、テレビワイドショウで大人気の真っ盛りだった1970年代から数えると40年ぶり、そおして、バラード夫人ちでは意識してたのかしてないのかはどどでもよさ毛な大先輩ウォルター・ポッター氏の奇妙な剥製のせかいでもみなみなさまお馴染みの19世紀えげれす剥製ぶうむの立役者ウォルター・ポッターさんの時代かはおよそ150〜170年でこぼこ遅ばせな、壊れかけのタイムマシーソにのつた宅配ピザ屋バイクの落とし物みたいな勢いで、当店ショウルウムに再入荷ちうであります。前回入荷時の誤しょーかい文をコピっ屁してみますると、「人間そっくりの衣裳を着たオウムのショウを披露するために、幼稚園や老人ホームの慰問にもいけば、芸能プロダクションや映画テレビへの売り込み営業にまで手を拡げ、手づくり衣裳を着たオウムたちを、ウッディ‐アレンの映画『ブロードウェイのダニー‐ローズ』やテレビ『サタデーナイトライブ』など出演させることに成功、テレビワイドショウでも大反響を巻き起こしたトリさんコスプレの鬼、アルバ‐バラードことバラード夫人のお仕事の残存するオウム写真を寄せ集めた、とってもキメウな作品集。精神病院の長期滞在者でそれまで15年間しゃべったことがなかった人が、慰問にきたバラード夫人のオウムのコスプレ‐ショウをみたら、狂喜のあまり、しゃべるようになってしまった。とゆーほどにモー烈で愉快なバラード夫人のオウムコスプレショウ。まるでドサ回りの田舎芝居を見ているような、スキだらけでユルユルな心地よさは、どこから来ているのかと思えば、背景づくりと写真撮影を受け持っているバラード夫人の夫の大道具、小道具係としての作業のセンスのよさもありつつ、それ以上に重要そうなのが、バラード夫人てば元々の実家が旅回りの大衆演芸一座で、いわば大衆演劇のプロ中のプロだったことで、みょーな衣裳をつけたオウムが、何とタイニー‐ティムのコスプレをしてつま先立ちでチューリップ畑を歩いていたり、ギンギンのバイクにまたがって映画『イージーライダー』になりきっていたり、ニポンの伝統風衣裳をつけてオペラ蝶々夫人してみたり、歌手ソニーとシェールしてみたり、悪ふざけの限りをつくすたびごとに、ピントが微妙な写真機の遠目ににじんだ記憶のようなフレームのなかで、子ども時代から動物を手なづける能力がバツグンだったというバラード夫人の目の前で何をするのもウレシクてたまらないオウムたちが、似合い過ぎて変なかんじの泥臭い衣裳をつけて立ち尽くしちやつていたりする光景の魔薬的なパワーには、誰がその力に抵抗できるというのか心配になりそうなほどです。1994年にバラード夫人が死亡後、写真も16ミリ映画も、手づくりの衣裳も、ほとんど全てが無くなってしまったと思わされたあとに、エリザベス‐テーラーあてに届いたファンレターの入っていた封筒の中から見つかった、ごくごく貴重な残存写真を中心にバラード夫人のオウムコスプレ写真70点を全オールカラーで収録。」そすてデヂタル画像にばかり焦点あわせに慣れきつている2015年きのおきよおの目ん玉で見直してみると、撮影したあとに加工できるのが当たり前なデヂタル写真全盛期のいまでは実在を想像するのも急激にむつかしーくなっている、汗や笑い声やオウムのヒト真似声などなど撮影前の段階で写真撮影のために投入されている関係者のひとたちの熱気や熱量で画面のすみずみまでを支えられていることから生まれる手づくり感から湯気のように立ち上るアホらしさがトロけるよおにホッコリとしていて20世紀生まれのお写真集ならではの味わいをかもしているよおです。ずーと昔に当店ですでにお買い上のかたはひさびさにもぉ1冊、初めてのかたはとりあえず1冊、当店どどいつ文庫あてにお注文・お問合せの電気メエルを大至急にどどおぞ。[記:2015.05.20:PM21時25分]


アホアホおうむセレブコスプレお写真集(☆再入荷)
バラード夫人のオウムたち
by アーン・スヴェンソンン
発行=2005年。from=にゅうようく。英語版。
大きさ:本体=ヨコ230せんちxタテ210せんちめいとる。
  重さ= 約700ぐらむ。
外見:はあどかば。カラーお写真集。ページ数=96頁。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥2500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::オウム返し070621
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年05月18日のホカホカ新入荷本    ♥♥

イタリアンふぇろもん全開ヂヤズお絵描き集

 
アレッサンドロ・バザン:ぢやづ画集
・・中部イタリア・ペルージャ夏のめいぶつイベントなのだとゆーウンブリア・ジャズ・フェスティバル関連いべんとに招待された1990年代イタリア・パレルモ中年ふぇろもん画家アレッサンドロ・バザンさんの「ヂヤズ」お絵描き作品集でありまする。青い花びらをくわえた赤いドレスの女装のヒトが座っているテーブルに向かって後ろ姿をねじり葉巻の黄色いケブリをふーふーしている性別不明の角刈りのヒトを描いた作品「バール」で始まり、演奏者も関係者も白いヒトも黒いヒトもヲンナもヲトコも全員が全裸でいりみだれて演奏ちうなのか集団お見合いをしているのか見分けがつかない作品「人種混合」や、部屋の片隅でモヒカン刈りがギターで熱唱するなか全裸で料理をこさえている男女のウシロ姿もあれば座り込んで聞き入っているひともいれば口喧嘩ちうらしー男女もいれば両手をピンクのジャンパーに突っ込んでソッポをむいているミニスカートのヲンナもいたりsてい、ジュウタンのうえには黒いハイヒールが片方だけある大きな窓の青い部屋を描いた作品「チノ・ニオですよ(*オハイオ・アクロンのラッパーの名前?)」が最後のふたつ前&ひとつ前の作品で、そのあいだに実在の有名ヂャズ演奏家のひとたちの名前を作品題名につかった作品やヂヤズ演奏にあわせてネツトリ絡み合って踊るカップルを描いた作品やヒトリでヂヤズをきいて悶々としている独身妄想ヲトコを描いた作品などが何段もはさまっているフェロモン汁まむしのサンドイツチみたいな構成になつています。誰でもうっかりチェト・ベイカーかな?と思つてしまう作品『カラッポのチェト』だとかセロニアス・モンクかな?と思つてしまう作品『歌うモンク』だとかジャコ・パストリアスかな?と思つてしまう作品『カラッポのチェト』だとかチャールズ・ミンガスかな?と思つてしまう作品『ミンガス』だとか薬指も小指も長さが20センチ以上ありそうに描いてあるけど題名が題名なのでマイルス・デイビスを描いたのかな?と思つてしまう作品『マイルス』だとか伝説的な有名ヂヤヅ演奏家の名前が題名に使われている作品も、それぞれの演奏家そのひとを描いていると思うよりは、ヂヤヅの有名演奏家のつもりになりきっているどこの誰ともしれないヂヤズまにあを描いた想像図とおもつて眺めてみるほーが、絵師アレッサンドロ・バザンさんの筆先からほとばしるヂヤヅ酔い千鳥足で目つき腰つきが怪しくクネついているひとのヘそ出し半ケツ的フェロモンがよりわかりやすいかんぢかもで、おハレンチなはづなのでイヤラシさは最小限のあっさりめなヲトナのヂヤズお絵描き集に仕上がっているよおです。理解でけないモダソ・ヂヤズふぁん男性の脳内の陽あたりの悪いところをノゾキみたよおな気分にもなるようなそうでもないよおなアレッサンドロ・バザンさんヂヤヅ画集のお注文・お問合せは当店どどいつ文庫あて電気メエルでご連絡どどおぞ。[記:2015.05.18:PM21時40分]


イタリアンふぇろもん全開ヂヤズお絵描き集
アレッサンドロ・バザン:ぢやづ画集
by アレッサンドロ・バザン

Alessandro Bazan:Jazz Paintings
発行=2005年。from=にゅうようく。イタリヤ語と英語の2言語併用版。
大きさ:本体=ヨコ210せんちxタテ270せんちめいとる。
  重さ= 約420ぐらむ。
外見:そふとかば。ジャズ画集。カラー図版34点、シロクロ図版17点。ページ数=80頁。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥3600
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::ウンブリア150518
前のペエヂもどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年05月16日のホカホカ新入荷本    ♥♥

西あふりか手づくり棺桶ア〜トお写真集

 
暗闇への道行き:アフリカの幻想的な棺桶たち
・・ヒトが死んでコノ世からアノ世へと引越をするときに、もしも自分の手足が動かしづらいときには、乗り物にのっていけたらラクチンなのかも?とは思っても、こんなアホみたいに奇抜でカンオケにゆすられてアノ世へ行くとはちょと恥かしーなー。。と、恥かしがり屋のみなみなさまならきっと思うにちがいなくなくもなさそおな、まるでバカ殿がのるバカ神輿(みこし)みたいなアフリカ・ガーナの「装飾棺桶」の世界を、ガーナが大好きで大好きで1988年から1992年までガーナにいそーろーしていたアフリカ好きどすねむヂャーナリスト、ティエリー・セクレタンさんが世界ではじめて地元の外の世界にむけて発信した1995刊行の伝説的お写真集暗闇への道行き:アフリカの幻想的な棺桶たちの英訳版の古本版が20年ひとむかしっぽいかんぢで当店どどいつ文庫ショウルウムにご滞在ちうです。口に血まみれの獲物をくわえたタテガミもぢゃもぢゃのライオンさんが4本脚をテーブルのようにつっぱっているライオン型カンオケが青い台にのせられ、ひとの肩ではなくひとの頭のうえに担がれて青空の下を行進していたり。伊東旅館ハトヤの宴会場にも出たことが無いほどのマグロより巨大そおな、トボケた目をした青イワシ型のカンオケだったり。いまにも飛び立ちそうなイキオいで背中のツバサを斜め上に広げている名古屋城の金のシャチホコも顔負けの金金色の大ワシのカンオケだつたり。車体まるごと中学生らべるの木工工作なので三途の川を渡るときにはイカダのように浮かんでくれそおな期待もできる高級自動車ベンツ型のカンオケだつたり。とゆーたよーに持ち前のバツグンの脚力がコノ世からアノ世にむかうノリモノとしてのカンオケにぺったりそうな型のカンオケがある一方では、長細いネギ型のカンオケだとか、ドレイ暗黒史の悪夢が読者の脳内を走馬灯のようにながれるカカオの実の型のカンオケのようなカンオケもあったり。北の海のむこうから耶蘇歴換算15世紀後半ごろにドンブラコとやってきた南蛮ポルトガルぢんたちがドレイ貿易と一緒に持ち込んでくるまでは、カンオケとゆーモノがそもそも存在していなかったとゆーガーナで、生まれて初めてカンオケとゆーものを知ったひとたちのヲドロキがどれほど激しかつたかを想像できる限界をこえて想像してみると、ガーナのひとたちの想像のなかで初めて想像したカンオケの存在いぎや存在価値から逆算してみた想像のなかでのカンオケが本来あるべきカンオケの純粋形を地元ガーナの天然素材や歴史的人工素材でこねあげて、たぶんこれが「正解だっぺ」と自信をもてるカンオケの完成形が、海のかなたからガーナにやってきたドレイ商人たちが持ち込んだカンオケと煮ても煮付けない型にあてはまっていった事情が想像できたりできなかったするのはどどでもよいわけですが、ただ完成型のカンオケだけをづららーっと図録的に陳列しているのではなく、死者にふさわしいカンオケの型が選ばれ、棺桶大工さんたちがそれを制作している過程の写真や、出来上がったカンオケが葬列のひとたちによって運ばれている最中の写真や、カンオケが墓地に埋葬されていく写真など、葬儀に加わり、葬儀をいとなんでいる大勢のひとたちの表情や動きとのかかわりや現場の光景なども立体的に視野にとりこまれてい升。カタログ方式では全然ないので、取上げられているカンオケでざいんの種類は限られているのですが、そのぶんより一層、地元のひとたちにとっての異形のカンオケがいきいきと活写されていて、厳粛さとアホらしさがせめぎあう不思議なお葬式に立ち会つているかのよおな気分をしみぢみ噛み締めたりできそおな物好きお写真集でありまする。古本のためとりあえずの在庫は1冊かぎりですゆへ、お注文・お問合せは当店どどいつ文庫あて電気メエルでなにしろ大至急にご連絡おどどおぞ。[記:2015.05.16:PM21時40分]


西あふりか手づくり棺桶ア〜トお写真集
暗闇への道行き:アフリカの幻想的な棺桶たち
by ティエリー・セクレタン
発行=1995年。from=にゅうようく。英語版。
大きさ:本体=ヨコ240せんちxタテ320せんちめいとる。
  重さ= 約800ぐらむ。
外見:そふとかば。カラーお写真集。ページ数=128頁。*古本です。
古本:保存状態=ふつーです。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥7800*古本です
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::棺桶みこし150516
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年05月14日のホカホカ新入荷本    ♥♥

東欧ンビエト土俗小資本趣味デザイソあ〜と写真集

 
鉄のカーテンあさって側の雨陰堂諸品愚(うぃんどぉしょっぴんぐ)
・・そのお店でいちばんのオススめめな商品をうやうやしく飾るためにあるはづの小雨陰堂(しょう・ういんどぉ)のなかに、バターロールパンが1コと小さなフランスパンが2コの合計パン3コだけが透明ガラスにのせられているお店、だとか、上から白砂糖をふりかけた1切れの薄切りカステラをレース飾りの敷物のうえに置き、生け花の花瓶がその横で貴重なごちそうムウドを必死で盛り上げているお店、だとか、目覚まし時計を6コ並べた背後のカベにお花が1本とバンドを広げた腕時計10コをタテヨコに交差させてはりつけてあるお店。。東ヨヲロツパの旧ン連共産圏大都市あちこちの街角に実在した小さなお店の小雨陰堂(しょう・ういんどぉ)に「売り物」を展示・陳列するためにくりひろげられていた、驚異的なビンボー臭さとオカンあ〜とオババあ〜と的な手づくり内職芸のこきまざった共産趣味的土俗あ〜との失われた光景がまさかまさかの大復活。チェルノブイリ原発事故&赤色ン連邦ていこく崩壊直前直後の1986年から1990年、紅白むだ合戦のアカまむし組シロみみず組みたいなヤラセ八百長感まるだしの構図で地球てーこくしゅみ西側チームとの抗争ごっこにくたびれてきた東側チームの神秘むうど盛り上げ応援ぐっず「鉄のカーテン」のメッキがボロボロとはがれおちていった時期にスケベな観光客として最後のドキドキのアチラ側観光を満喫していたアメり力中西部出身で東側地域からの移民のご子孫とゆー写真家デイヴィッド・フリンスキィさんがポーランド・クラクフでベルリン東ドイツ地区でモスクワでブルガリアでユーゴスラビアでチェコスロバキアで撮影した8000点の雨陰堂諸品愚(うぃんどぉしょっぴんぐ)写真からよりすぐりちうのよりすぐりをとりまとめた貴重とゆーのもバカバカしーほど貴重な20世紀滅亡共産趣味文化発掘きろくお写真集でありまする。写真家デイヴィッド・フリンスキィさんの説明では、小雨陰堂(しょう・ういんどぉ)に展示されている「売り物」には、そのお店周辺の住民たちのうちで事情がわかっているヒトたちだけに通じる合図のようなウラの意味があるらしいのだけれど、そう説明する写真家フリンスキィさんぢしんが地元のヒトでもなく事情もしらないので、具体的なウラの意味はわかりまひんとウソぶく怪しさも、ヘソ曲がり読者のスキ者ごころや妄想グセをコチョコチョと執拗に攻め立ててきたり。そすてまた、素朴きわまる共産土俗趣味の香りたかい小雨陰堂(しょう・ういんどぉ)あ〜との素朴さは、ビンボーくささどころか、わだぐぢたち(誰誰?)てーこくしゅみ西側地域住民がずぶずぶに毒されている新しいもの神話や満足神話や身分神話や新発明神話や大企業ぢるし崇拝神話の解毒剤であり、サギそのものの誇大妄想的イメエヂ反復ばらまき宣伝広告神話の解毒剤なのでありますゾえ〜。とイワンばかりにどっぷりと共産趣味ふれんどりぃなフリンスキィさんの行き過ぎぎみにやさしーレンズ目線が「売り物」と同様にお店のボロボロっぷりまで含めたまるごとを撫でくりまわすように包み込んでいるおかげで、時々画面に入り込んで来る、喫茶室のまえでたたずむヲバあさんやら小雨陰堂(しょう・ういんどぉ)をのぞきこんでいる中年かつぷるや白衣姿で店内から出てきた仕事ちうのひと蒸気機関車の模型をながめている若い男子や地元の高校の卒業写真と並べて飾ってある電気洗濯機をぢいっとみている首の太い青年などなどもメルヘンでポエムな童話にでてくる欲張りな妖精さんたちのよおだつたり。小雨陰堂(しょう・ういんどぉ)のあるお店とゆうお店が東欧ロツア系の色彩かんかくで彩られたアウトサイダーあ〜とスレスレにみえてくる毛な味わい深い異文化商店デザイソの数々は、キテレツがらくた愛好家のみなみなさまに幅広く魅力的な珍妙無類の昭和世紀末レトロ系お写真集ともなつているよおです。梅雨入り直前のクソスマスぷれぜんとなどにも好適な本書のお注文・お問合せは当店どどいつ文庫あて電気メエルで大至急ご連絡どどどおぞ。[記:2015.05.14:PM22時00分]


東欧ンビエト土俗小資本趣味デザイソあ〜と写真集
鉄のカーテンあさって側の雨陰堂諸品愚(うぃんどぉしょっぴんぐ)
by デイヴィッド・フリンスキィ
発行=2015年。from=にゅうようく。英語版。
大きさ:本体=ヨコ170せんちxタテ245せんちめいとる。
  重さ= 約850ぐらむ。
外見:はあどかば。カラーお写真集。ページ数=208頁。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥4800
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::フェチ物件150514
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年05月12日のホカホカ新入荷本    ♥♥

エリック・デマジエール銅版画集

 
珍奇マニアの小部屋・古物偏愛狂と死の呪縛
・・みるひと次第でステキなゴミ屋敷に見えることもあれば恥辱のあまり崩れ落ちる演技のふたつみっつも朝飯前のセクツーな宝物殿に見えることもありそーな変痴奇げてものコレクションの21世紀ばあじょんといえば、今年1月の誤あんない以来当店の大ベストセラー(3ケ月累計2冊)となつている『ヴィクター・ウインド氏の驚異の小部屋』の著者ヴィクター・ウインド氏さんが開店&廃業した悪趣味あ〜と&ゲテモノ骨董品専門店『恐怖ばかりの小さなお店(りとる・しょっぴ・おぶ・ほらぁず)』が思い浮かぶかたは存外どころではなく随分すくないかと思いますが、21世紀の現代の方角にでわなく今から400年も500年もむかしのメディチ家フランチェスコ1世の書斎やルドルフ2世のアンブラス城、『怪物誌』のウリッセ・アルドロヴァンディの珍奇植物庭園やH・P・ラブクラフトが「ネクロミコン」の翻訳者のうちのひとりとラテン名で名指したのだとゆー「オラウス・ウォルミウス(Olaus Wormius)」ことオーレ・ボルム(Ole Worm)の珍奇物件収集室のほうへと、いつの時代にも不滅のおヘそ曲がりな穴黒滲無(あなくろにずむ)ばんざいフェロモンを全身の毛穴から発散しながら彫りあげた銅版画家エリック・デマジエールさんお作品集でありまする。1948年モロッコ生まれでおうちがパリにあるオトーさんと同じ外交官を目指して勉学のとちゅーに銅版画への興味にめざめ学校卒業と同時に外交官の道をなげすて銅版画師に弟子入りをしたのとゆーエリック・デマジエールさんが、本書収録の「珍奇物件まにあ驚異のお部屋」系統の作品を1990年代末頃から手がけだす以前は、ピラネージやルイ・ジャン・デプレ、エティエンヌ・ルイ・ブーレやクロード・ニコラ・ルドゥーなどの幻覚的な建築ぶつや奇ッ怪な迷路ぢみた都市空間を歪んだ遠近法を駆使しながらパノラマ図ちっくに描いた作品が多かつたのだそお(by本書解説)、それが「珍奇物件まにあ驚異のお部屋」系の時代になると、全体が真っ正面をむいたかたちで視野のなかにひとめでスッポリおさまるよおに上下左右の重力や反重力のバランスをとっているかたち(by本書解説を誤読)、ひらたく歪めて言い換えれば、時代をこえたガラクタ珍品奇品の数々がよせ集められている状態そのままがすでに激しく珍奇で幻想めいた異様な光景をそのままソオっと銅版画のなかに移し替えるのに、デマジエールさんの餅あぢになつているやくざな反時代精神は何しろぺったりだつたよおで、2000年代の新しい銅版画といわれるよりは、何百年かむかしの古本の挿し絵を切り取ってきたと間違った説明を聞いたほうが納得しやす毛な、カビ臭いムウドづくりの素ン晴らしさ。『憂鬱の解剖学』『壺葬論』のサー・トーマス・ブラウンの頭蓋骨と、トーマス・ブラウンがラブレーの『パンタグリュエル物語第2の書』をヒントにしっぴつした架空図書館の蔵書カタログ『秘密の図書館(Musaeum Clausm、別名、Bibliotheca Abscondita)』が2つの主人公のようになって、古い古い時代にすでにとても古くなつていた本や珍奇標本の数々などを描いた銅版画、あんど、水彩やグアッシュなどで彩色した銅版画、合計38点を収録。拡大すれば拡大したぶんだけ見応えもムクムクと増大していく細密な銅版画のよさをひきたてるための折り込み図版ペエヂも用意されていまして、ふくらし粉がわりに見えなくなくもなくない「驚異の小部屋」研究者パトリック・モーリエさんの解説部分と作品図版のバランスもおさまりもよく、落ち着いた怪奇ムウドの表紙カバでざいんもよく、本棚の肥料には最適な、いつまでも身近に転がしておきたい上々出来な珍奇コレクトまにあ必携の愛蔵版お作品集となつているよおです。お注文・お問合せは当店どどいつ文庫あて電気メエルで大至急ご連絡どどどおぞ。[記:2015.05.12:PM23時05分]


エリック・デマジエール銅版画集
珍奇マニアの小部屋・古物偏愛狂と死の呪縛
by エリック・デマジエール、文=パトリック・モーリエ
発行=2012年。from=にゅうようく。英語版。
大きさ:本体=ヨコ215せんちxタテ288せんちめいとる。
  重さ= 約770ぐらむ。
外見:はあどかば。シロクロ&着彩銅版画集。ページ数=110頁。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥6000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::壺葬壺葬150511
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年05月10日のホカホカ新入荷本    ♥♥

世界ヘンテコ図書館めぐり写真集

 
あり得なかつた図書館
・・図書館に本を借りに行ったり借りた本を返しに行ったりできるのはたっぷりヒマや時間の余裕のあるひとの特権と思われても仕方が無いようなタイプの図書館が図書館だとしたら、そおいう意味では全然「あり得なかつた」図書館、もろもろの制約や事情で「図書館」を利用できないひとたちのために作られた、本を借りに行くのではなく、借りてミソ読んでミソと本が迫つて来てくれる毛な新しい「図書館」が、極東ヂャポンを含めた今どきの世界ぢゅうにはこんなにもいろいろあるのネー!!とひたすらビックラさせてくれる勢いあまって、この本の宣伝のための誤あんないをスコスコしているヒマに当店どどいつ文庫もショウルウムをやめて図書館ごっこをしてみたいような妄想にどんどん引きずられてホ〜モ頁後進作業も出来なくなりそな気分から引き返すのがタイヘんなほどにたのしげな現代せかいのヘンテコ図書館めぐりお写真集であり升るン。「移動する図書館たち」とだいされた第1章は、飛行場図書館の元祖オランダ・アムステルダム・スキポール空港の「プロビブリオ」、乗合いタクシーが図書館をかねているハイチの「ビブリオタプタプ」、ブラジル・サンパウロの「ビブリオタクシー」には「食人肉習俗」の本が置いてあったり、利用者4万人をほこるチリ・サンチアゴの地下鉄図書館ネツトワーク「ビブリオメトロ」やスペイン・カタルーニャの図書館列車「ビブリオ・トレン」、被災者・難民・外国人などのためのテルアビブの防空壕内の「お庭の図書館」などなど、地上や空中の交通機関網を利用するひとたちの手から手へと本が移動していく図書館のまき。続く第2章「どうぶつ図書館」は、ロバさんヤギさんラクダさんゾウさんなど路上にぽたぽたウンチを落としながら歩くドヲブツさんたちの背中やお腹にのってしづしづと本が移動していく南米コロンビアやアンデス山脈やモンゴルやラオスの図書館のまき。第3章と第4章は「ちいちゃな図書館」と「でっかい図書館」のまきで、小さいほうのは木の枝からぶら下がった昆虫採集箱ふうのプラスチック箱に数冊ずつ本が入っていて、借りたい本の代わりに貸したい本を置いて行く方式の「本の交換所」や、いんぐらんど・ハンプシャー地方やニュウヨウクなど世界のあちこちにある用済み公衆電話ボックスを再利用した「公衆電話ボックス図書館」、オランダやギリシャやニュージーランドやアフリカ・ガーナなどこれまた各地にある、ロボット型や鳥かご型や雨やどり型やら何やら凝ったデザイソとりどりの「本と本の取り替えっこ図書館」。24時間利用者が自由に使ってよいドイツ・マクデブルクの「お取り替えのためのオープンなとこ」などなど、不特定のひと同士が不特定な本を貸したり借りたりする出会いの中継所みたいな図書館があれこれと登場。第5章は、生活の片隅に本があるのではなく生活を脇にどけるいきおいで本が生活のど真ん中にあるような「図書館なおウチ」のまき。第6章は、秋と冬に外部との陸路が閉ざされるノルウェイの西部海岸沿岸地方に船で本を届ける図書館船「えぽす」や、ラオス・メコン河の「ブックボート」や、ブラジル・サンパウロでおもにホームレス状態のひとたちに本を届ける自動二輪車図書館「バイクロテカ」などなど、そば屋の出前方式で図書館がやってきてくれる「もばいる式図書館」のまき。そすて最後の第7章は図書館ぢゃないけれど借りて読める本が置いてあるお店や公園や喫茶店などのまき。個人が手に入れて本棚や部屋のどこかに着地した時点から涅槃の境地へと直行する本とはちがい、文字どおりイキモノのよおに歩いたり走ったり自動車や船や飛行機やドオブツの背中にのったり川や海を泳いだりしながらヒトの手と手のあいだをいつまでもグルグル動き回る落ち着きのない本たちのたまり場としての図書館とゆー場所の変幻自在なフシギさヲモしろさ。図書館の本が読めるウレシさや図書館の本しか読めない悲しさをかみしめているコドモやヲトナが世界ぢゅうの実にいろんな場所や状態のなかに大勢いる事実を踏み石に妄想だけを湧かしたお風呂に肩までひたれそうなほどの妄想が煮えくりかえるのと同時に、図書館に置いてある本をみる目がどんぐりかえるよおな大充実のドッキュウンめたんりぃ写真集となつているよおです。図書館愛好家のみなみなさま図書館勤務のみなみなさま本屋さんブックカフェを開業したいみなみなさまへのプレゼソト用に5冊10冊まとめ買いもおススメな本書のお注文・お問合せは当店どどいつ文庫あて電気メエルで大至急ご連絡どどどおぞ。[記:2015.05.10:PM23時05分]


世界ヘンテコ図書館めぐり写真集
あり得なかつた図書館
by 編=アレックス・ジョンソン
発行=2015年。from=シカコ。英語版。
大きさ:本体=ヨコ187xタテ187みりめいとる。
  重さ= 約780ぐらむ。
外見:はあどかば。オールカラーお写真集。ページ数=240頁。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥4500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::暴走読書集団150509
前のペエジもどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年05月08日のホカホカ新入荷本    ♥♥

集団洗脳お笑いデザイソ秘蔵これくしおん集

 
ジム・ショウの秘密の世界:教訓洗脳あ〜とコレクシヲン
・・1970年代初期デトロイトじだいにはのちのちのパンク・スカム・ジャンク・ロォファイばんどぶうむの先祖にあたる「デストロイ・オール・モンスターズ」での電気ギター係やあ〜とわぁく合作でナイアガラ嬢やマイク・ケリーらの絶望のおともだちとしても知られる現代あ〜ちすとジム・ショウといえば、1980年代初期カリホルニアでのリサイクル店や古離易(ふりぃ)まぁけぅとで買い集めたお絵描きのシロウトが描いたブサイクなお絵描きの破壊的魅力を発掘するコレクシオン展示あ〜と活動によって現代あ〜とわあるどに「作者不明のドしろうと作品」とゆう未知の新大陸を発見した異人として現代ア〜ト史上にその名をうっすら刻んでいるかいないかとは無関係に圧倒的な影響力をばらまきまくってきたわけでですが、そんな地震多発地帯の地底湖のナマズみたいな1952年生まれのジム・ショウの、1960年代位末期16、17才頃ごろ以来のもうひとつの趣味が、怪獣テレビ番組をみている目線で洗脳系カルト集団の怪人性を観察したり怪獣グッヅを集めるのと同じほど無我夢中で淡々と集めてきた洗脳系カルト集団の布教宣伝関連グッヅのコレクシヲン。2013-2014年パリ、2014年スイス・ヌーシャテルで開催された展覧会「ジム・ショウの秘密の世界」展は、カルト教団ぷろぱがんだデザイソを変態見世物として鑑賞する趣味をイロハのイの字の磯ぢまんにも先駆けるいきおいでヲモしろくろがりまくった歴40年、これまた1980年代以後にはアングラ系からテレビ中毒系までニュウエイジかやらスピリチアルやら自己啓発やらに毒されまくつた北半球のかるちや全般の出とる糞、毒消し、解毒剤として重宝されることにもなったジム・ショウさん珍蔵の洗脳カルト集団PR宣伝関連デザイソ物件これくしょんを「作者不明のドしろうと作品」のときと同じようにあくまでも無価値なところがお値打ちの特異な「作品」群として展示した展覧会。そすて、コチラの本書は、映画かんとくジョン・ウォータースのゆう「ヨイ悪趣味」のお手本みたいなこの展覧会の開催記念出版物にふさわしく、オモテもウラも真っ黒黒、天地と小口の三方は赤く塗られた堅牢ハードカバーの装丁に金文字で「ざ・秘密世界」の一語だけをちょっとサーカスぽい字体で刻み込んだたたずまいからして見てくれはどうにもインチキ新興宗教の聖典ふう。なかみは区切りごとに数ペーヂずつ挿入されるジム・ショウいんたびう以外の本文500頁以上の大部分が、洗脳カルト集団PR宣伝関連デザイソ物件びぢゅあるゲバゲバ大行進。フリィメイソソからはじまって薔薇十時だん、コスプレUFOカルトうなりうす、超能力イルカ、未来操作催眠術、ポップおかると雑誌、宇宙雪男、地球空洞地底人、ポーランドの人類退化論絵師ズカルスキー、ドイツ式人体解剖図、世界こども教訓写真、世界科学教訓写真、ラジオ版テレビ伝道師第一号、エコ寺院、モルモソ教、ゼームス・ボンド・タロットカードなどなどなどなど。教義教派教祖もてんでんバラバラで有ったり無かったり、勧誘チラシやパンフレットや教団本、三流新聞や俗悪雑誌、マンガ、ビデオ映像のコマ撮りから宗教レコードやお告げTシャツなどなどなどなど、コレクション物件の形式もてんでんバラバラ、この世の常識をけちらしてアノ世の常識に突き進む非常識っぷりに非常識な擬態をかぶせて異次元緩和してみせるサギ師ぺてん師の手口のキホンは万国共通のよお。突拍子もない衣装やら小道具やら演技ぽい身振りやら、不自然でお芝居じみて大げさだったり、おすまし顔で思い切りトンチンカンだったりと、紙面全編すみからすみまで全身アホアホびじゅあるの大洪水っぷりは、アングラ系お笑い芸人をめざす無受験幼稚園児&小学生&早期自主不定年退職者のみなみなさまむけの『季刊・地下演劇』とゆいますか、ヲモしろくなければないほどバカ笑いがこみ上げて来るお笑い奥義の虎の巻みたひ。印刷物づくりがデヂタル化されていなかった旧時代の特に安っぽい特殊印刷物の手ざわり肌ざわりにツムヂのてっぺんまでドップリひたれる貴重な珍品コレクシヲン本に出来上がつているよおです。誰にもプレゼントせずコッソリ持っているのがぴったり気味な本書のごぢぶんからごぢんへのプレゼントをご所望のせつには、お注文・お問合せを当店どどいつ文庫あて電気メエルで大至急ご連絡どどどおぞ。[記:2015.05.08:PM21時45分]


集団洗脳お笑いデザイソ秘蔵これくしおん集
ジム・ショウの秘密の世界:教訓洗脳あ〜とコレクシヲン
by 編=マーク・オリバー・ワーラー
発行=2014年。from=ロンドン。英語版。
大きさ:本体=ヨコ132せんちxタテ167せんちめいとる。
  重さ= 約550ぐらむ。
外見:はあどかば。オールカラー&原色図版満載。ページ数=512頁。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥5400
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::怪人総進撃150507
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年05月06日のホカホカ新入荷本    ♥♥

野外オチツコあちこちツアーお写真集(☆再入荷)

 
地球でオシッコ
・・オシシコとウソコ、ぢぶんとぢぶんじゃないひと、地球と写真、などなどとなどなどなどなどの違いがわからなくても困らなかった赤んぼーの頃から馴染みがあるおかげで、何も知らなくてもわかっているつもりでいたオツツコやら地球やら写真やら風景やらやらやらが、ア〜ア〜!?ホォホォ?!見ようひとつでこ〜んな風にも見えるのね〜とクッキリすっきりアホアホ体験で脳みその宿便をかきだしてくれる女性写真家エレン・ジョングさんの野外聖水バラマキお写真集地球でオシッコが2006年の初入荷&2007年ごろからの長期在庫切れ期間をはさんで7、8年ぶりに再入荷しましぃた。エレンさんの写真機に呑み込まれて吐き出されるオシツコは、水道の蛇口からでてくる柔らかい棒のような液体状でわなく、ふにゃふふにゃしたビニール玉をつなげたデーエヌエィの首飾りがばらばらに飛び散った歪んだレンズ状の光る玉つぶに見えたり、玉つぶどころか時と場所によってはコンペイトゥーの破片のように鋭く角ばっていたり、夏ミカン汁のナミダの果肉状のしづくみたいだったり、海辺の波がしらのような生ビールの泡あわおどりと見分けがつかなくなっていたり、地面を濡らすと海面と同じように空を映しながら宇宙の裂け目が広がるような錯覚をさせてくれたり。ヲシツコと呼ばれているものとひとまとめにヲシツコとして片付けることの大切さをあらためて大切におもうヒマもなく、世界あちこちのおもには野外あちこちをオシッコをしながら風景写真を撮影するために右往左往していく女性写真家エレンさんとゆーひとが、ほとんど神秘体験にちかい自然界のなかの不思議で奇妙な出来事を自由自在にあやつる超人的な才能の持ち主であるかのように、巨大化したガリバーがするオシツコを朝立ちと錯覚したコビトのくにの住人のかたがたが感じるよおな感じ方で神々しく感ぢないではいられなくなくもなくて、たとえ近所のお寺や神社の境内で罰あたりなノグンをしたとしても体感するのは不可能ぽいほどのひたすら有難いものを参拝、拝観しているよおな気分になってくる奇妙さ、有難さ。レンズ目線がヲシツコと風景だけにひたすら向かっていき、おヌウド的要素や人体解剖的興味はちょっとも顔をださないスガスガしさ。刊行後およそ10年の風雪にゴシゴシさらされても、いつまでも腐らないコンビニ弁当もびっくりなアヤしーかんどーを呼び覚まし、路上観察マニヤや不自然観察マニヤのみなみなさまへのプレゼントにもグッショリな10年殺しラベルの迷作お写真集を、2015年黄金週間の湿りくくり、5月美容から梅雨いりヂトヂト気分の気散じなどに2冊3冊とまとめ買いなどもご検討してみてはどどでしよか?お注文・お問合せは今すぐ大至急に電気メエルで当店どどいつ文庫あてどおぞお気軽にご連絡どどどおぞ。[記:2015.05.06:PM21時00分]


野外オチツコあちこちツアーお写真集(☆再入荷)
地球でオシッコ
by エレン・ジョング
発行=2006年。from=ロンドン。英語版。
大きさ:本体=ヨコ285せんちxタテ185せんちめいとる。
  重さ= 約700ぐらむ。
外見:はあどかば。オールカラーお写真集。ページ数=112頁。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥4000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::ラブとピー060701
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年05月04日のホカホカ新入荷本    ♥♥

慢性的出会い依存系世界ウロチョロお写真集

 
ステファン・ルイーズ写真集:ひとびと
・・ツンデレラものがたりのガラス製のマニアっく靴をはくと馬車になるカボチャのように、普段はのりもののようにはあんまり見えないのに、マニアもおど全開になると途端にヒトをのせて世界ぢゅうを走り回り進入禁止区域のなかへ奥へとどこまでも引きづり回して連れ込んで行くマホーののりものに変身してしまう写真機てゆー怪しいフェチ機械のポンびき的な本性を、腰つきどっしりベテラン旅行添乗員の図太いカラオケ指づかいで披露してくれる毛な空飛ぶ無免許観光タクシーみたいな世界のどどでもよかつたヒトひとヒトひとお写真集でありまする。お絵描きや彫刻をこさえるア〜チストをしていたときからの、1秒みれば済む姿を1時間も2時間も見ていてもいつまで見ていても退屈しないどころかもっとずーっと見ていたい情欲をまんじょきさせるために写真家に転業したみたいな写真師ステファン・ルイーズさんは、何でもずーと見ていたいのと並んでもうひとつ、イロイロなものをずーと見ていたいてゆう多淫多情な性癖のしもべでもあるかのよおで、ほんとうは自分のオヂイちやんではないのではないかと疑いの目でみてしまうのだとゆーステファンさんの自分のオヂイちやんの肖像写真からはじまって、世界あちこちで撮影した雑多なシリイズ写真がはさまつていまして。雑誌「からぁず」の取材でおとづれたルワンダ・ブルンジ国境の難民キヤンプでのシリイズ写真は、虐殺で父を失いキャンプで母を失って孤児になった少年とゆー話を聞かなければただ何かを夢見ているようにしか見えない少年の肖像写真や、虐殺された大量の死者を埋めた墓地だと聞かなければ墓地にも見えない木立ちに囲まれた空き地みたいな場所を通りかかった豹の仮面をつけた少年の肖像写真や、皮をはがれ内蔵を仕分けなれたドオブツがそのまま床に置かれたりもしている肉市場のにぎわいや、目的不明のまま頼まれて撮影してきたのだとゆー物置き小屋にしかみえない手術室での手術記念写真とナゾの「手術室博物館」の展示物など。夢の工場の異名で知られるメキシコのメロドラマ専門テレビ局ドラマ撮影用セットのなかでの肖像写真シリィズは、衣装をつけて役になりきっている男優女優だと知らずにみると難民キャンプ以上に殺気立っているようにみえたり。水色の寝間着ぽい上着をきて不安げな表情を浮かべているヲトコのひとたちの肖像写真シリィズは、サン・クエンティン刑務所でルーズさんが美術指導係をしていたときに生徒だった囚人のひとだったり。企業CM撮影のオーデションに応募してきたエジプトのカイロのモデルさんたちの肖像写真シリィズやラクダ商人のシリィズ。モロッコの荷物積み過ぎトラック。これも雑誌「からぁず」の取材でおとづれたメキシコのスラム街のなんだか立派な掘っ立小屋や巨大ビニールてんとのあるぢたちの肖像写真シリィズやキューバの精神病院入院者たちの肖像写真シリィズ。フランスやメキシコの社交ダンスかっぷるシリィズ。ライザ・ミネリやジェームズ・ブラウン。撮影現場でも正気を失っていたとゆー話をきかなくても、そのよおにしか見えないビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンの肖像写真などなど。そすて最後は本書の表紙にもなっているステファンさんの親戚のオバちやんのひきっつった肖像写真やステファンさんのオカちやんの肖像から、ステファンさんのオバアちやんとオヂイちやんがそれぞれ斎場で棺桶のなかに横たわっている肖像写真へと、ぐるりと地球を一周して戻つてくるあいだにも、地球上のどこの誰ともしれないひとたちのぢんせいが生死の境目も飛び越えて転がりつづけていく音がドンガラゴロリンちょと近く遠くにひびきつづけている毛なスリルと、村びと的のんびり感のバランスが絶妙で、もしも世界が100人の具だくさんで気のきいたオデン屋さんが集う屋台村だつたら的な肖像お写真集となつているよおです。顔面ふぇちのみなみなさまはモロチンのこと、声ふぇちのみなみなさまにもオススめめなステファン・ルイーズさんお写真集の、お注文・お問合せは電気メエルで当店どどいつ文庫あて大至急にご連絡をどどおぞ。[記:2015.05.04:PM22時35分]


慢性的出会い依存系世界ウロチョロお写真集
ステファン・ルイーズ写真集:ひとびと
by ステファン・ルイーズ
発行=2006年。from=ロンドン。英語版。
大きさ:本体=ヨコ230せんちxタテ290せんちめいとる。
  重さ= 約1.1きろぐらむ以上(*当店使用の計量器の測定限界おぉばぁ)。
外見:はあどかば。オールカラーお写真集。ページ数=144頁。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥4500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::オデン人間150503
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年05月02日のホカホカ新入荷本    ♥♥

宇宙探検えいぢPOPおサイケ遊園地びんていぢビヂュアルこれくしおん集

 
パシフィックヲォシャン遊園地・LAすぺぃすエイヂ娯楽施設の大評判と没落
・・「ロサンゼルスの名物はデズニーランドとPOP(*パシフィックヲォシャン遊園地の略称)だっぺ」と1965年のビーチボーイズLP『サマーディズ』収録曲「遊園地(あみゅうずめんとぱぁくすゆうえっすえい)」に歌われたほど1960年代LAロツクの震源地でもあった当時大人気の観光名所「パシフィックヲォシャン遊園地」。ラジオからは南太平洋で実施されている核熱爆弾投下人体実験のあいまになニュースとスペエスえいじ電子音楽が流れる1950年代後半にオーピンした海辺の遊園地「パシフィックヲォシャン遊園地」は、建物や乗り物の名前だけをみたらデズニーランドと何が違うのか想像もでけづらひ「海上ロープうぇい」「火星への宇宙飛行」「空飛ぶ魔法のじゅうたん」「大ウミヘビじぇっとこーすたー」「神秘バナナ島横断列車」「大海神の王国」などなどとゆうた各種アトラクシヲンの全部を、1900年ごろのひとたちの21世紀の未来都市想像図でできたスポンヂケーキのうえに、1950年代後半ごろ流行最先端だつたスペエスえいじ式デザイソ感覚のお菓子やフルーツやカラフルな着色料どっぷりのクリームを、表面にケーキの生地が見える生地がなくなるぐらいにベットリと塗りたくつたおかげで無臭の悪夢のかおりが漂うような風情が最大の魅力の失われた楽園だつたのと同時に、地元テレビの「勝ち抜きエレキ合戦」系番組「ウィンク・マーティンディルのダンスパーチィ」などの中継会場にもなったことから初期にはサーフィン&エレキ系バンドが出演しビーチボーイズのテレビ初出演にもったり。1960年代なかばを過ぎて遊園地としての人気が下降線にはいっても西海岸さいけロックの震源地としての人気は燃え上がる一方でスカイ・サクソンのシーズやピンク・フロイドが生出演したり、クイックシルバーやらビッグ・ブラザーあんどざホールディングカンパニーやらクイックシルバー・メッセンジャーサービスが生出演したり。そして「パシフィックヲォシャン遊園地」の存在が、ザ・ドアーズの音楽にあたえた影響の大きさをメムバーのレイ・マンザレクが語っていたり。アリス・クーパーの前身ばんどNAZZが常連出演だったり、ジャック・ニコルソン監督映画『嵐の青春(Psych-Out)』でストロベリー・アラームクロック出演場面のロケ場所だったり、とゆーた1960年代ロツクふぁんのみなみなさまにはググッくる毛な当時のポスターや生写真なども本書の後半あたりにボカスカ収録されていて意外な見所になつていまして。以前から当店で誤あんないちうの 超レア音源CD付きサイケロック系カルト教団興亡史本『源泉:ファザー‐ヨッド、ヤホワ13および源泉教団をめぐる語られることのなかった伝説』やMC5や13thフロアエレベータースやムーンドッグについてのズッシリ中味の濃ゆい本を出してきたのと同じ出版社ならではの、時代密着&現場密着かんかくは今回もしっかりとで。「パシフィックヲォシャン遊園地」建設以前に同じ場所にずーっと昔にあった「ロサンゼルスのコニー・アイランド」こと「あめりかのヴェニス」てゆう名前の観光遊園地の様子から、「パシフィックヲォシャン遊園地」建築計画ぷらん時点でのふぁんたぢぃくな完成予想いらすとアレコレにはじまって、完成後の見物客で賑わっていた時代から人気絶頂の坂をころがり落ちてやがては廃墟化していくまでの大評判と没落の一部始終を手描き図解やら写真やら入場券やプログラムやポスターの現物やらやら、どっから借りてきたのかホヂくりだしてきたのかいちいちカラふるなカラーあんどシロクロの貴重ビヂュアル資料満載で細部の細部にわたって紙上に再現。さっきまでピンとこなかったはずの「パシフィックヲォシャン遊園地」が鮮明に脳内にまろびでてくるだけでなく、記憶もおぼろ毛なむかしむかしのテレビ番組やCMやインターネツトリ上の画像などでみたのかもしれないニポン各地の絶滅したマイナー遊園地のイメエジまでがハウリングのように共鳴しだしてざわざわする毛なかんぢだつたり。そすてまた本書は装丁を、写真集『死の風景(ですしーんず)』やビザールこらあじゅネタ切り抜きコレクシオンみにこみ『くらっぷばうんど』のショーン・ティジャラッチさんが担当しているだけあって、カバーから本文レイアウトまで本書まるごと全体がスペエスえいじ名所観光のおみやげ品みたいな輝きを帯び、どこかに安置して拝みたくなるような、むうどキャバレー床の間の仏像ちっくなオーラをかもしてもいているかのよお。眺めてよし飾つておいてもよしのありがたい1冊となつているよおです。黄金週間ちうの音楽たいむのおともにも好適な本書のお注文・お問合せは当店どどいつ文庫あて電気メエルで大至急のご連絡をどどどおぞ。[記:2015.05.02:PM21時40分]


宇宙探検えいぢPOPおサイケ遊園地びんていぢビヂュアルこれくしおん集
パシフィックヲォシャン遊園地・LAすぺぃすエイヂ娯楽施設の大評判と没落
by クリストファー・メリット、ドムニック・プライアー
序文=ブライアン・ウィルソン(ビーチ・ボーイズ)
発行=2014年。from=ワシソトソ。英語版。
大きさ:本体=ヨコ286せんちxタテ223せんちめいとる。
  重さ= 約1.1きろぐらむ以上(*当店使用の計量器の測定限界おぉばぁ)。
外見:はあどかば。オールカラーお作品集。ページ数=254頁。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥4600
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::霊界通信150501
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


翌月のペエヂはアチラ          先月のペエヂはアチラ

この頁の先頭に戻る

お問合せ‐ご注文は今スグ大至急なんとなくdobunko@mail.goo.ne.jp「どどいつ文庫」まで
inserted by FC2 system