♥ 世界のキテレツ洋書&デヘブヒデヘ専門店「どどいつ文庫」です。
ご連絡は
dobunko@mail.goo.ne.jp「コニチワど文庫」係まで大至急に。

メニウでゴザル

●最新頁はアチラ
最新頁
dobunko.jp/
◎ご来店あんない
コチラです
◎ご注文方法

ご注文は25ぢかんOK

※ホ〜モ頁にのつていない本やDVDのお問合せもどおぞ。。
◎おメエル連絡先
お問合せご連絡は、 dobunko@mail.goo.ne.jp
まで。いつでもどうぞ。
25ぢかん受付中
※ホ〜モ頁に出ていない本やDVDもお探ししします。。


〈ふりだしへ戻る〉

2015年7+8月のホカホカ入荷!
*お好きな順番で画像の上をゴキっゴキっと押っぺしてのぞいて見みみてください。


    ♥♥  2015年08月27日のホカホカ再入荷本    ♥♥

液体系ヘルスセンターびぢゅあるコレクシヲン

 
不老不死の泉を探して:フロリダの魔法の水とポンス・デ・レオン伝説
・・飲めば永遠の若さと不老不死の生命をゲツトでけると古代ギリツア神話のどこかで語られていた「不老不死の泉」のホントの所在地はココだヨとゆー老化や健康のヲトロエに実感がわかないヒトには意味が通じようのないウワサ話にムラムラっときてスペインから船ではるばるやってきたポンス・デ・レオンさんが1513年にヨオロツパ人としては初上陸をしたのがはじまりとゆーアメり力南部フロリダの「不老不死の泉」伝説にワルのり。1870年代ごろから登場し、ブームの絶頂期には7000ヶ所もあつたのに、近年は乱脈な都市化と地下水の枯渇などで激減してしまつている、大きな露天ぶろ以上のサイズの水たまりのある湧き水を利用したフロリダ観光客むけ天然ヘルスセンターの140年以上にわたるはやりすたりをふりかえる、その当時その当時の絵ハガキや観光客むけパンフレットやポスター、まんがや写真などカラー&白黒のいちいち興味ぶかく貴重なレトロびぢゅある図版コレクシヲン本でありまする。ブウムの広がりと反比例してどんどん忘れられていった「不老不死の泉」発見伝説の元祖ポンス・デ・レオンさんの名前そのものが客寄せ効果を発揮していた頃の名残りをとどめている看板や「不老不死の泉」への道しるべ。「不老不死の泉」からくみ上げた魔法の水の使用を売り物にした清涼飲料水やキャンディなどの宣伝ポスター。手すりをまたいでいきなり飛び込めるかたちで4層の回廊が「不老不死の泉」を中庭のように囲んでたてられている観光ホテルにつめかけた観光客たちの記念写真。「不老不死の泉」へのおもな交通手段として駅馬車にとってかわった蒸気船が木立ちに取り囲まれた水上に浮かんでいる時代から、鉄道の時代、自動車の時代への変化に背中をどつかれるよおにして、のどかな水あそびの場所だつた「不老不死の泉」にグラスボートが浮かび、やがてはゾウさんの水上スキーやら、美女の水中ショウなどを売り物にした遊園地へと、具だくさん見所いっぱいのヘルスセンターへと変身。それにあわせて宣伝びじゅあるイメエヂが140年のあいだに、アールヌーボー調だったり新聞まんが初期挿し絵風だったり、手彩色のシロクロ写真だったりの時代からだんだんと、初期カラーテレビのブラウン管画面をお手本にしてる毛な絵や写真に変化していくかんぢを、カラー&シロクロ図版まんさいでたのしめて、液体娯楽ふぁん(?)やレトロ観光ふぁん(?)のみなみなさまの休息時間のホネやすめには小さいすぎる水着よりもグググっと来る密着さあびす感をたのしめそおなビヂュアル資料本となつているよおです。夏の終わりのこの時期にはちょうど季節はずれなこの1冊、お注文・お問合せ当店どどいつ文庫あてに電気メエルで今すぐどおぞどおぞ。[記:2015.08.27:PM22時00分]


液体系ヘルスセンターびぢゅあるコレクシヲン
不老不死の泉を探して:フロリダの魔法の水とポンス・デ・レオン伝説
by 編=リック・キルビィ
発行=2013年。from=ふろりだ。英語版。
大きさ:本体=ヨコ255xタテ178みりめいとる。
  重さ:約430ぐらむ。
外見:はあどかば。ページ数=136頁。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥2500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::神秘温泉郷150827
前のペエヂもどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年08月25日のホカホカ再入荷本    ♥♥

絶滅寸前まつり仮面&仮装キテレツお写真集

 
アクセル・ヘット写真集:夕暮れどき
・・21世紀のいまは電気ゲームにでてくるキャラクタァやマンガの登場人物のカオや扮装をマネするのがフツーぽくなつているコスプレのお手本を、ヨオロッパ中世よりもずずっとむかしの宗教的妄想に出没する魔物や妖怪や化けモノに根ざしている毛な、奇妙でキテレツな伝統的全身着ぐるみ衣装をドイツ各地の仮面&仮装まつりに尋ねあるいたお写真集1年に1回が絶版になつてしまっていたお写真家アクセル・ヘットさんの、今回はドイツのおとなりオーストリアやスイスにまで足をのばした、カミがかりコスプレ祭りお写真集第2弾でありまする。雪のつもった冷たい風が濡れた靴下を一瞬のうちに鉄ゲタにかえてしまうような冬のひとり旅のとちうでお腹が痛くなつて困つているみたいな写真家アクセルさんの個人的な事情のようなものが共倒れをしそうないきおいで、変身した土地土地それぞれの消滅寸前の仮面&仮装まつりの扮装で素顔のスの字をのぞかせるスキもなく全身をかためた等身大の妖怪が性別不問の酔っ払いベロンベロンにシラフのお祭りヤロウ&メロウたちにとりついて、お祭り前夜のワクワク感でいっぱいの夕暮れどきがそのままいつの間にか、お祭りの夜がぴ〜ひゃらどんどこどんと明けた翌日のシラジラしいお日ぃさまの光線に打ちひしがれて立ち尽くしたままのお漏らしが凍りついているよおなテンショソの低さをツエにして、絶滅すんぜんの伝統的な異形ばけものコスプレたちが立つているケナゲさ。おサルさまに3本の毛が増えたときにはぢまった人類退化の歴史が最近数十年数百年のあいだに急激に加速したトバッチリをくらって、昆虫の仲間やドヲブツの仲間と同じようにニソゲソさま自身もまた、たくそんの部族や部族文化が丸ごと絶滅したり、少人数ぐるうぷのなかでだけ使われていたコトバが絶滅したりしていく夕暮れどきの人類ぶんめいの時計の針を、時計と反対の方向にぐるぐるりとまわそうとして時計の針にずるずるとガケっぷちまで押し戻されている異装異形の変身ニンゲンさまたちと別体化した写真家アクセル・ヘットさんの後ずさりっぷりと一緒になって、読者のぢぶん(誰?)まで土俵の外にころがりおちていくよおな気分に元祖コスプレ本来の、アノ世からのおつかいみたいな衝撃をぢんわりと伝えてくれる毛な夕暮れどきどきおひゃひん集となつているよおです。成人式や結婚式や七五三などの衣装デザイソづくりのヒントにもほとんど役立たなそおでプレゼントにも不似合いそうななの、見てるととりあえず買っておきたくなるいくつも穴のあいた薄い靴下みたいなこのお写真集、お注文・お問合せ当店どどいつ文庫あてに電気メエルで今すぐ忘れる前にどおぞどおぞ。[記:2015.08.25:PM22時00分]


絶滅寸前まつり仮面&仮装キテレツお写真集
アレックス・ヘット写真集:夕暮れどき
by 写真=アクセル・ヘット
発行=2015年。from=どいつ。英語版。
大きさ:本体=ヨコ185xタテ225みりめいとる。
  重さ:約460ぐらむ。
外見:はあどかば。ページ数=96頁。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥5200
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::夕暮れ族150825
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年08月23日のホカホカ再入荷本    ♥♥

昭和おサイケ地下雑誌お色気表紙復刻コレクシヲン

 
セツクす超特急:性的大革命期のアングラ出版物1963〜1979
・・昭和元禄はれんちゲバゲバ時代のアングラ雑誌の復刻版はアメり力編集のものが圧倒的に多いなかでは異色ぽいフランス編集版原著からの英訳版につき、表紙のスミっこに大きく、ドイツひっぴぃサイケ部族ばんどアモン・デュールの名前とマハヴィシュヌ・オーケストラのジョン・マクラフリンと異端のセツクす科学者ヴィルヘルム・ライヒとソルボンヌ大学つるぴかゲイ教授ミッシェル・フーコーの名前が4段重ねで印刷されている1968年根性がウレし毛だったり、この当時からの余命を保ちながらえたあげくに今年2015年1月におきた編集部事務所での執筆陣集団惨殺事件で世界をぶるぶるさせた漫画雑誌『週刊チャーリー(しゃるりー・えぷど)』の創刊直後の表紙(作者は「ハラキリ」創刊メムバアのひとりで1983年に骨髄腫で死亡したジャン・マルク・ライザー)や、ロバート・クラムが描いたおフランスあんぐら雑誌の表紙が見れれたりと、おフランス語圏のアングラ雑誌の復刻も埋込まれていているのが本書のさり毛なく目出つ増毛剤で強化したスネ毛いっぱいの鮫肌的なチャアム点にもなつているよおで。1960年代ニュウヨウクでのベトナム反戦(*「集団的自衛権行使」を隠れミノにしたベトナムでの「戦争」に反対するための)はぷにんぐや実験映画をご存知の工作舎版『マンハッタン自殺未遂常習犯』の頃からの草間彌生ふぁんのみなみなさまでも実物をみたことは多分あんまりなさそおな1969年の草間彌生謹製あんぐら雑誌『乱交(おぉじぃ)おぶ・ぬぅでぃちー、らぶ、せっくす、あんど、びゅーてー』第2号や、正統的石頭系代表『墓掘り族(でぃがぁ)』、ロンドンあんぐら代表『オズ(おず)』などヲトコ目線のあんぐら雑誌だけでなく、そのころ生まれたてホヤホヤだつた女性解放かつどう最初期のあんぐら雑誌やLGBT解放かつどう最初期のあんぐら雑誌の書影などがキッチリ収録されているのもこれまた本書のチャアム点になっているよおで。カレー粉にまざっているウドン粉よりもまんべんなく、その影響が今では現在のせかいのルーのなかに溶け込んでいるために、どんなものだか分かれれなくなつている、いまでは絶滅後にすこし復活のきざしもある手書き文字のかたちだとかいかにも非デヂタルな大まかさだとか階調や色かずの少なさだとか思いがけないそれこれの角度から既成の銭もうけ主義的お色気趣味を撃ちまくる非商業出版物&反商業出版物ならではのズッコケむうどに取り囲まれながら虹を渡って因習的なセツクす感の向こう側まで行こうとする手脚や髪型お化粧や肩から背中お腹の気分たちが、昭和40年代欧米で勃発したセツクすと文化の大大大革命が世界中に及ぼした影響のビフォーあんど途中経過あんどアフターの、途中経過のところの今から40、50年まえの地層の具体的な断面図として観察できる書影ばかりを積み重ねたいきおいは、植草甚一の書庫にせまるほどとちょっこし大げさに言いたくなくなくもないほどで、フツーのエロ本ふぁんのみなみなさまにわ、思い切りガックリする前に避難するのが無難そおなかんぢの、ぬわんとも貴重な資料本となつているよおです。お注文・お問合せ当店どどいつ文庫あてに電気メエルでどおぞどおぞ。[記:2015.08.23:PM22時00分]


昭和おサイケ地下雑誌お色気表紙復刻コレクシヲン
セツクす超特急:性的大革命期のアングラ出版物1963〜1979
by 編=ヴァンサン・ベルニエール、マリエル・プリモワ
発行=2012年。from=にうようく。おフランス語原著からの英訳版。
大きさ:本体=ヨコ225xタテ340みりめいとる。
  重さ:約1.1きろぐらむ以上(*当店の計量器具の測定限界オオバー)。
外見:そふとかば。ページ数=240頁。
推定対象読者年齢:30才〜120才
ど特価:=¥5800
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::暗愚裸出版150823
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年08月21日のホカホカ再入荷本    ♥♥

政治家サイン入りナマ写真コレクターお写真集

 
写真集・チカラの笑顔
・・政治屋のオヂさんたちの個人宣伝にも流行と流行遅れランキングソの確率変動がつねにあるよおで、ホームペエヂやらソシャールやらとゆーやたらに地味な最近の流行がまだ影もカタチもないどころではなかった1970年代はじめ頃は、本人のナマ写真に直筆サインを書き添えて渡すとゆー、ハリウッド映画スタアが無声映画初期のころから使っていた人気鳥のワザをそのまま拝借していたらしく。権力欲や金銭欲や性欲をはじめ何やらカニやらで全身こりかたまった政治屋のひとたちのナマ写真のあまりにもクダラナい魅力にクダラナさのツボを刺激された、ひとりの中学生が、大統領による盗聴指事が暴露されたウォーターゲイト事件とゆー醜聞でテンテコマイのさなかにあつたアメリ力の有名政治屋さんたちあてに、その頃に住んでいた今はもうない西ドイツとゆークニから、ファンでもないのテキトーな熱烈ファンレターを海外郵便でお届け。その御礼として受取ることができた、政治屋さんたちのサイン入りやサイン無しのナマ写真コレクションに、写真がホンモノである証拠をかねて、写真に同封されていた直筆サインいりのお礼状の写真や、写真がはいっていた封筒の写真もあわせて収録した愉快なアホアホお写真集でありまする。写真にでている政治屋さんたちは上院議員やイリノイ州ミネソタ州ミズーリ州カンサス州ケンタッキー州などの州知事くらすのオエラひかんぢのヲバさんの写真はゼロでオヂさんたちの写真ばっかり。見たひとに好印象をかんぢてもらえるよおに可能な限りすべての小細工が投入されているハズなのに、どーしてこんなウサン臭い写真が出来上がるのか。オイチい料理の作り方手順書と実際にぢぶんでこさえて食べてみた料理の味との滝ツボで全身ツボ洗いされる落差で目まいが耳鳴りになって鼻毛をゆさぶるよおなゴッツいほほえみを浮かべたりかみ殺したりしている不気味なオッサン写真がエンヤコラセーとそろい踏み。髪の毛を上や後ろの方向にひっぱっておデコをみせびらかすオヂさんたちの1970年代ふうにヒドい髪型に愚直にこだわるのを誠意のしるしと勘違いしているのか、髪の毛の残存量が多めのオヂさんも少なめのオヂさんもオデコをむきだしにしているために、おデコの不気味なテカリ競争みたいになってるアホらしさ。ちなみに中学生のときにこのアホアホこれくしょんをし、オトナになってこの写真集をこさえた著者アダム・ロウさんは、花輪和一や丸尾末広を英語圏に紹介した『マンガ・こみっくすとりっぷフロムぢゃぽん」(1991)の共同編集者としても知られるエゲレス・オクスフォード出身のあ〜ちすとでありまする。どんな事情なのかカラー写真がすくなくシロクロ写真がめだつのがちょっこし残念でわありますのですが、本のサイズは郵便はがきをひとまわり小さくしたぐらいの小ささなので例えばサイフのなかにいれてサイフを厚くみせたり、尻のポケットにいれて座高を高くみせたりする小道具にも好適とゆうプラスぽいんとも有るかも。ツボをそれるとヲモしろくろあかあおきいろくも何ともないかわりにツボにはまるとお腹のスジ肉が笑いで引きちぎれそうになるビミョーなお写真集でありまする。刊行からすでに14年、いまだに在庫があるのも驚異的なのですが、さすがに問屋在庫もびみょーになつていまするため、お問合せお注文はこれまた大至急にか逆に来年さ来年あたりに当店どどいつ文庫あてに電気メエルでどおぞどおぞ。[記:2015.08.21:PM22時00分]


政治家サイン入りナマ写真コレクターお写真集
写真集・チカラの笑顔
by 編=アダム・ロウ
発行=2001年。from=ろんどん。英語版。
大きさ:本体=ヨコ100xタテ140みりめいとる。
  重さ:約100ぐらむ。
外見:そふとかば。ページ数=記載なし。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥2000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::水門盗聴事件150821
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年08月19日のホカホカ再入荷本    ♥♥

廃墟ホネホネ幻視行お写真集

 
写真集・生者と死者:ナポリのドクロ崇拝異端教派
・・戦後ヨコハマで発明されたともいわれる赤いケチャップまみれハラわたミミズ飛び散るちる大盛りナポリタンスパゲッテーのスプラッターなイメエヂで視界一面をおおわれがちだつたりもする南イタリアのナポリのホントウの顔。遠い過去の文化的栄光を錆びついたクサリのようにいつまでも引きづりつづけ、迷信深く、時代おくれで、非合理的で、極端なビンボーが当たり前の風土のなかで、暗黒中世のじだいそのままに、死者たちのドクロを祭壇にまつりあげ、ドラマちっくで奇跡的な神秘体験の到来を祈願したり。儀式のための馬車も入れるほどの余裕をもって室内の広さや天井の高さを設計してある地の底の大納骨堂や廃墟になった聖堂などを中心にして、南イタリア・ナポリにうもれている「ヨオロッパの下北半島・恐山」みたいなイメエヂだけを、それ以外の現実はおもいきり写真のそとへとハジキ飛ばして撮影した女性写真家マーガレット・ストラットンさんの南イタリヤ廃墟ホネホネ幻視行お写真集でありまする。当店でも大好評の怪奇世界ホネホネ&ミイラ秘境巡礼お写真集『写真集・生者と死者:ナポリのドクロ崇拝異端教派』だとか秘蔵ぎんぎらガイコツご開帳お写真集『天国の肉体・地下納骨堂の秘教的金銀財宝と華麗な聖者たち』などホネホネ教会や納骨堂ほうめんの写真集といえば、ドクロやガイコツ画面のスミからスミまでを埋め尽くすよおな勢いで積み上げられているものが多いのですが、こちら女性写真家マーガレット・ストラットンさんのお写真は、廃墟化していく宗教建築物への偏愛がドクロ趣味と手と手をとりあってランララン。廃墟やドクロとぢぶんが撮影する写真が同化してひとまとまりのチリのツブのなかに崩壊していくのを、地面に這いつくばって待っている砂砂しい雰囲気が、ザラつかずに、滑らかなアワ状のノドごしのよい空気感のなかにとけこんでいるのが特徴で。香りがよいのにケブリもみえず燃えかすが飛び散らない上等なお線香みたいなかんぢで、もうひとつの特徴は気のせいなのか錯覚なのか、画面のなかの大部分のドクロの表情が、目元がにゅわでやさし毛で、ホホえんでいるように見えるのと、にもかかわらず、どれもこれものドクロというドクロが、いまにも崩れてドクロの形を失つてしまい、風に吹き払われて消えていってしまいそおな、はかな毛な風情をかもしているよおにも見えなくもないことで。南イタリア・ナポリ住民たちに奇跡へのお使い係の役をわりふられて根っから困りきっているかのよおな、眠りを忘れた毛な聖ドクロたちのいる地下墓地や納骨堂や廃墟聖堂のなかを、夢のなかの現実ぽいムウドで幻視するストラットンさんのお写真とともに何だかちょっこし涼しげな生き埋めお散歩きぶん体験もできそおで、ドクロふぁん廃墟ふぁん恐山のストゥージーズ狂などのみなみなさまに幅広く狭くおススめでけそおなオールしろくろ写真集でありまする。2001年1000部限定出版で残部僅少。ご注文お問合せは大至急に当店どどいつ文庫あてに電気メエルで今すぐどおぞどおぞ。[記:2015.08.19:PM22時00分]


廃墟ホネホネ幻視行お写真集
写真集・生者と死者:ナポリのドクロ崇拝異端教派
by 写真=マーガレット・ストラットン
発行=2010年。from=いりのい、英語版。1000部限定出版。
大きさ:本体=ヨコ210xタテ235みりめいとる。
  重さ:約540きろぐらむ。
外見:はあどかば。ページ数=80頁。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥5200
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::廃滅納骨堂150819
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年08月17日のホカホカ再入荷本    ♥♥

元祖・恐竜画家ドヲブツ&絶滅ドヲブツお絵描き集

 
チャールズ・R・ナイト画集:時代を超えて見たア〜チスト
・・レトロ怪奇映画そのままみたいな奇妙な標本に埋もれた研究室のなかで奇人オ〜ラ全開の古生物学者エドワード・ドリンカー・コープさんから伝授された画法によって、それまでわ誰も見たことも描いたことのなかった「恐竜」さんたちの想像図を人気動物園や博物館の壁画のかたちで何十年にもわたって発表しつづけ、いまから100年でこぼこ昔の19世紀末から20世紀初期にかけて驚異のまなざしで圧倒的な大歓迎をうけていた恐竜画家チャールズ・ナイトさん。とゆーてもピピンとこないのは、最初にタコ焼きを発明したひとが誰なのかを知らなくても誰でもタコ焼きの青ノリを歯にべったりつけてデヘヘと笑うことができるのと同じよおに、ぢぶんで知らないあいだにチャールズ・ナイトさん(1874−1953)が描いた恐竜や原始人の想像図がタコ焼きの青ノリのようにわだぐぢたち(誰誰?)の胃袋や脳ミソのなかにベッタリへばりついているせいなのかもかも。本書のなかで紹介されている、タコ焼きの具たい的な実例をならべてみますると、小さなところでは、小説シャーロック・ホームズの初出掲載誌としても有名な雑誌「すとらんど」にコナン・ドイルの空想冒険小説『失われた世界』が連載されたとき(1912、「さんでぃ」まがぢんから移動)したときの挿し絵の「お手本」がチャールズ・ナイトさんの「恐竜」だつたり。「リトル・ニモ」の天才漫画家ウインザー・マッケイがこさせた世界最初期のアニメ映画のひとつ(*実写部分もあり)といわれる『恐竜のガーティ』(1914)の恐竜「お手本」がチャールズ・ナイトさんのだつたり。ももっと小さい大きいところでは、ニポン怪獣映画のホオムラン王ゴジラ誕生にあたつても、昼間も夜もいつも遊びにくるスケベぃな目つきのトナリのオヂさんどころではない多大な影響をめぐんでくれた特撮ファンタヂィ映画の巨人レイ・ハリイハウゼンを唯一の弟子として育てた元祖怪獣特撮映画王ウィリス・オブライエンかんとくの映画『キングコング』の巨大ゴリラの「お手本」とゆーたらちょっこし大げさに聞こえたりしなくなくもないものの、そのウィリス・オブライエンかんとく最初期の特撮恐竜映画『恐竜と失われた古代類人猿(みっしんぐりんく)』(1914?)の「お手本」がチャールズ・ナイトさんだったり。とゆーた具合に、最近ではソレは実際と違うのぢゃないか??と揚げ足をとられてスッテンコロリンすることも多くなってきた、20世紀の懐かしげな「恐竜想像図」を、地球誕生から現在までの45億年を1年にちぢめたるとしたら0.0元祖のほうにむかってさかのぼっていくとぼぼ必ずたどりつくのがチャールズ・ナイトさん。昭和のむかしのコドモ向け雑誌の口絵などでみた恐竜や絶滅ドヲブツの絵のどれもこれもの元祖の味はコレだつたのかと納得うなずきモグモグせずにはおられないブロントザウルスやアロザウルスやステゴザウルスなどなどの恐竜たちやマンモスやサーベルタイガーや原始類人猿など絶滅ドヲブツたちを想像で描いたお絵描きにくわえ、これまたチャールズ・ナイトさんの大好物だつたてゆう、ヒョウやトラやカモシカやゴリラやトリなど現代のドヲブツの標本を観察をつうじて生きて動き回っているドヲブツたちを想像しながら描いたスケッチや油絵の数々などを満載。恐竜も野獣たちものどかにアホみたいな笑顔を浮かべたりして、ダーウィンの『種の起源』発表から第一次世界大戦のはじまるまでの間の時代のいちばん陽だまりっぽい明るい空気で深呼吸をしているみたいなチャールズ・ナイトさんの恐竜&ドヲブツ想像図の世界を、アレもコレもとゆーかんぢで一通りぐるっと拝観できて、現在入手可能な新刊本ではチャールズ・ナイトさんのお絵描きワールド体験にもっともよさげなこの作品集、恐竜画ふぁん、ドヲブツ画ふぁん、鳥類画ふぁん、博物史、博物画ふぁんのみなみなさまに限らず幅広く狭くおススメもできそうな、マニヤむけプレゼントにもファミリれすらん的プレゼントにもどちらにもぺったりな奥深い1冊となつているよおです。ご注文お問合せは大至急に当店どどいつ文庫あてに電気メエルで今すぐどおぞどおぞ。[記:2015.08.17:PM20時00分]


元祖・恐竜画家ドヲブツ&絶滅ドヲブツお絵描き集
チャールズ・R・ライト画集:時代を超えて見たア〜チスト
by 編=リチャード・ミルナー
発行=2012年。from=ニウヨウク、英語版。
大きさ:本体=ヨコ285xタテ260みりめいとる。
  重さ:約1.1きろぐらむ以上(*当店の計量器具の測定限界オオバー)。
外見:はあどかば。ページ数=180頁。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥5800
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::恐竜玉子150817
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年08月15日のホカホカ再入荷本    ♥♥

面接官ねごと入り受験用履歴書お写真発掘集(☆再入荷)

 
写真集・お受験希望者たち
・・履歴書に貼付けるために撮影したスピード写真の出来映えをみて、写っている本人がビックラしたり大笑いしたり仕方なしにボールペンでなぞって適当に修正してみたり。。とゆーことが何でもかんでもデ痔タル化される以前の穴ログじだいの昔むかしへとさかのぼるほどヒンパンに発生していたわけですが、そんなこんなの1965年から1975年ごろとゆーのでニポンでいえば昭和40年代に太平洋のむこうの名門大学の大学院受験生たちが履歴書に貼付けていた小さな肖像写真の大漁のたばが、世紀もあらたまった2000年代のある日ある時どこからか古雑誌リサイクルコーナにコンヌチワ。まともならばそのままただのゴミとして処分されていたところが、たまたまた古雑誌漁りにおとづれたジェス・レクロウさんとゆーて、ヲモシロくないもののヲモシロさをホヂホヂするヒマぢん感覚がムダに異常発達してインデーズお漫画家をしているヒトの目に止まってしまったのでモオモオたいへん。合格審査をした先生たちが書いたらしい、受験生ひとりひとりについてのワルグチのようなものが履歴書写真のウラ面に並んでいることにまで気付いてしまい、このクダラなひヲモシロいヲモしろくないヲモシロさをお得意の薄ぅ〜い本に濃縮したフシギなにおいの屁ぇの寄せ集めみたいな軽い軽いお写真集。しばらく前から品切れ状態がつづいていてお注文お問合せにお応えできない状態がずずっと続いていましたが、かれこれずーいぶん久しぶりに2009年増刷時の死蔵在庫ぶんが問屋さんから約2冊だけ再入荷をしました。「幼稚性のしるし多数」「へりくだり屋」「ぢぶんのことばっかりに気をとられる傾向」「計算が苦手」「落ち着きがない」「緊張しすぎ」「がんこ」「ゲートインして出走直前の競走馬みたい」「見た目がステキ」「批判に耳をかさず怒りやすい」などなど授業中に居眠りしてマンガきゃらくたあについて寝言でぶつぶつ言ってるみたいな人相うらない風のひとことコメントを面接官に殴り書きされるカナしひ運命のことなんかは、天井をあるきまわる屋根裏お散歩びとのゲタの音や足もとにすりよるアリクイのヨダレのぶくぶく音ほどにも気になっていないかのよおに、ひたすらレンズにむかって顔面全体から試験面接合格オーラをみなぎらせている昭和40年代インテリ候補者のヲトコとヲンナのひとたちのご尊顔を吸い取ったシロクロ写真の、数々とゆうのに十分なだけの写真点数なのかビミョーなかんぢもある数々。ぱらぱら頁をめくつていると、地べたの下から掘り起こした棺桶のなかで昼寝をしていたガイコツにがぶりつかれているよおな場違いな親近感がこみあげてきたり、コトバもわからない遠い土地の知らない建物のなかでオトイレを探して迷子になっている気分になつたりと、ズッコ毛三人組と学校の怪談がコキまっざったよおなボノボノとした恐怖感もただよう珍味系お写真集、本の買い過ぎで収納場所にお困りのみなみなさまにもベリぃ好適な、厚さも大きさも溶ろ毛るチーズ2、3枚をかさねたほどのペラペラさいずなので保管にも大変にベンリです。もっか再び問屋でも在庫切れになっているため、次回の入荷予定はまったくの白紙じょうたいです。是非ぜひこの機会に大至急、ご注文お問合せは当店どどいつ文庫あてに電気メエルで今すぐにどどどおぞ。[記:2015.08.15:PM20時00分]


面接官ねごと入り受験用履歴書お写真発掘集(☆再入荷)
写真集・お受験希望者たち
by 編=ジェス・レクロウ
発行=2004年(*2009年の第3刷版)。from=インディアナ、英語版。
大きさ:本体=ヨコ102xタテ140みりめいとる。
  重さ:約50ぐらむ。
外見:はあどかば。ページ数=48頁。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥1400(*8/23に売切れました)
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::顔面占い150815
前のペエヂもどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年08月13日のホカホカ再入荷本    ♥♥

世界イレズミ番外地あ〜ちすと凶作集

 
いれずみサロン・イレズミ業界育ちア〜チスト作品集
・・せっかく一生懸命に描いたお絵描きが、ぢぶんで歩いたりトラックやタクシーや電車にのったり船や飛行機にのったりしてどこかにいなくなってしまうのがお決まりの、生きている絵をこさえるのを仕事にしているイレズミ職人さんが、動かない絵を描きたいヨ〜と思うのはよくあることなのかそーでもないことなのか。あるいわ反対に、動かないのがあたりまえな絵ばかり描いているお絵描きア〜チすとのひとが、たまにはヒトのカラダを画用紙にして、ごはんをたくさん食べるとプックリお腹がふくるよおな絵を描いてみたいと思ったりするのかしないのか。誰にきくのも恥かしひ幼稚なギモンのこたえを聞いてみたいみなみなさま以上に、そんなことわ全くどどでもいいみなみなさまにも世界的に一部の世界で大人気の、そのまま地続きでマンガや音楽や映画や路上の落書きと直結している触覚ぴかぴか系イレズミあ〜ちすと10人の、紙や画布、板やお札などに描いた動かない作品ばかりを集めたオーストラリア・ウートル画廊での展覧会「いれずみサロン」の開催記念お作品集でありまする。ずずっと以前から当店でも誤あんないちうのいれずみ愛人こと阿蘭陀れとろモダンをんな刺青師エンジェリック・オトカンプさんの死相バンバン花咲くイレヅミをとめたちだとか。イベントでのヌポン来日も数多いグラフィティあ〜との巨人マイク・ジャイアントさんの暗黒サイケでりっく仏壇返しだとかスケートボードで血まみれスッテンころりんア〜チスト、ショオン・バーバーさんのドロドロ油絵だとか。手抜き一切なしで余裕もカンロクもたっぷりな、みなみなさまおなぢみのア〜ト職人さんたちに対して、おなぢみ度は低めでも好きものゴコロゆさゆさ揺さぶる変態震度エネルゲンは何万ガルガルにも届きそおな、丸尾末広ふぁんのビジュアル系ゴスロリばんどの宣伝美術みたいな雰囲気のクリストファー・コン・アスキューさんだとか、イレズミ師としてよりはコラージュ狂のイメエヂが強いメキシコのドクター・ラクラさんの死者の日の祭りの広場にテントをかけた見世物小屋の舞台上の全身イレズミをんなだとか。駅前デバートの食堂レストラン階のよおに、てんばんバラバラ色とりどろななかにも一貫して、朝から晩までずずっと1日が夜にはじまり夜に終わるムウドが充満しきっていて、イレズミ職人さんたちが描くのが、生きている絵でわなくて、死んでしまいそうな絵であることがジンワリと伝わってくるマイナスイオン発生お絵描き集となつているよおです。ヒンヤリ冷やっこさとチクチク暑ぐるぢさの食べ合わせが、猛暑ちうの炎天下でのラーメン大盛りスープに水着でドボン感をモヤシかもす世界イレズミ番外地あ〜ちすと凶作集のご注文お問合せは当店どどいつ文庫あてに電気メエルで今すぐ大至急にどどどおぞ。[記:2015.08.13:PM21時30分]


世界イレズミ番外地あ〜ちすと凶作集
いれずみサロン・イレズミ業界育ちア〜チスト作品集
by 編=マーチン・マッキントッシュ、ジェンマ・ジョーンズ
発行=2011年。from=オーストラリヤ、英語版。
大きさ:本体=ヨコ190xタテ240みりめいとる。
  重さ:約650ぐらむ。
外見:そふとかば。ページ数=128頁。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥3800
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::刺青鏡太郎150813
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年08月11日のホカホカ再入荷本    ♥♥

ヲンナとヲトコの同性愛天国ホッコリお写真集

 
見えないヒトたち・愛と誇りの古い写真
・・ヲンナとヲンナの乱舞ラブらぶりぃ関係やヲトコとヲトコの乱舞ラブらぶりぃ関係なヒトたちを、「見えないヒトたち」とゆう目にみえないカーテンの後ろから外へ出て「見えるヒト」の舞台にアロハオエした瞬間から「犯罪者」や「異常者」のように扱われるお約束に世のなかのヒトたちがひつこくネバネバねばりついていた1900〜1960年代。オバケや妖怪や幽霊とほどんど同じよおに、お化け屋敷や夜の墓地みたいなところまで出かけていかない限りマトモ毛な世の中のひとたちからみれば透明ニンゲンそのものみたいな非存在も同然だつた「見えないヒトたち」の50年も100年も昔の乱舞ラブらぶりぃプライベイト写真ばっかりをこれでもかてゆうほど集めてくれたホテル浦島太郎も恩人のカメも藤田大女姫もびっくりのくつろぎ&シヤワセもぉど全開ウルトラ貴重お写真集でありまする。写真の発掘人で本書の著者でもあるセバスチャン・リフシッツさんはドキュメンタリも劇映画もこさえてきた映画監督で、10代の頃から蚤の市フリィまあけっとや自宅車庫内即売ガレージセールでそこいら辺にいる誰だかわからないフツーのひとが日常的に撮影したヲモシロい古い写真を探して集めるのを趣味にしていたのだそーで、たまたまその趣味を通じて手にいれた、2人のヲンナのひとの不思議なイチャイチャ写真が気になつて気になつて最後には、写真にうつっているカップルを探し出して『見えないヒトたち』(2013、セザール賞受賞、ニポン未公開)とゆー映画までこさえてしまったのだとか。そすてその映画の副産物として産まれたのがこの写真集だつた、のでしぃた。いわゆる同性愛のひとたちの、珍かしひ古い写真を集めた写真集はソレコレといくらもありそおなわけですが、この写真集のいちばんのよいところは、ヲンナのひとがヲトコの服装をしたりヒゲをはやしたりカップルやグルウプでるるるんとしている写真の分量と、ヲトコのひとがヲンナの服装をしたりカップルやグルウプでららららんとしている写真の分量が、どちらに傾きすぎるとゆーこともないバランスのよさ。辛口カレーをたべたいひとにも甘口カレーをたべたいひとにもクチにあうように仕上がっているのは、どの写真をみてもどの写真をみても、目にみえないほど小さいシヤワセ感を虫眼鏡で思い切り拡大しているみたいな必死のシヤワセばいぶれいしょんの多分おかげで、ヲンナの同性愛、ヲトコの同性愛とゆー仕切りもなにも、同性愛とゆーものに惹きつけられたことがちょっとも無いとゆーみなみなさまでも、ただ何となく頁をめくっているだけで、小さなシヤワセきぶんの小さなおスソわけを頂いたよおな気分がずんずんとつのっていくよおなご利益あらたか系お写真集となつているよおです。これまたおもにぢぶんからぢぶんへのプレゼントをはじめ各種プレゼントにもベリィ好適なこの写真集、ご注文お問合せは当店どどいつ文庫あてに今すぐ大至急に電気メールでのご連絡をどどどおぞ。[記:2015.08.11:PM19時20分]


ヲンナとヲトコの同性愛天国ホッコリお写真集
見えないヒトたち・愛と誇りの古い写真
by 編=セバスチャン・リフシッツ
発行=2013年。from=にゅうようく、英語版。
大きさ:本体=ヨコ170xタテ226みりめいとる。
  重さ:約650ぐらむ。
外見:はあどかば。ページ数=(ノンブル表示なし)。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥3900
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::仮死歌詞化150811
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年08月09日のホカホカ再入荷本    ♥♥

いたりあん三流ハレンチ妄想まんが表紙いらすと怪作集

 
セツクスと怪奇・絵師エマニュエル・タリエッティ作品集
・・すべてのヘンタイ道はロヲマに通じとるどわサ、てゆーコトワザを聞いたことのないヒトに、その証拠としてコレを持ち出したらたらクワっと見開いた目を血走らせながらナルヘソ鳴るヘそと全身的にウナヅき納とぅくぅせずにはいられれなくないイタリヤ三流劇画雑誌全盛期1970〜80年代に無名の人気売れっ子絵師として大活躍したエマニュエル・タリエッティさん描くハレンチ妄想ふぁんたぢぃイラストでこりかためた、イタリア三流劇画いらすとまにあマーク・アルフレィ監修の地中海こてこて風味ドバドバいらすと怪作集でござりまする。むきだした鋭いキバを血でそめた金髪のヲンナ吸血鬼やツルぴかハゲ頭どすけべぃなピノオキ、ミドリ色のオウマにハイドオドオの騎兵コスプレ老人、とんがり耳でハゲあたまにツノを生やしたドスケベぃな悪魔やニソゲソのヲンナの顔をした毛もぢゃら巨大タランチュラなどなど、絵のなかに出没するバケモノ系キャラクターを数え上げるよりも、映画『食人族』とその類似作や『黒いエマニュエル』とその類似作や『ゾンビ』とその類似作などなど世界有数のロクでもなさで知られるイタリヤZ級ごみクズ映画のポスターを、映画のなかみよりはもそっとムウデぃな少し古い時代のイタリア怪奇映画ふうにとゆいますか、見世物小屋の看板ふうにドギツさを「写実」ぽくなぞった説明しすぎもいいとこな幻想的妄想画がオールカラーでごちゃまんと収録されています。1943年生まれの絵師エマニュエル・タリエッティさんは、おトヲさんの仕事が映画撮影所でのセットのデザイソで1960年代の人気監督ミケランジェロ・アントニオーニのイトコだったとゆー関係もあるのだとかで、絵師になる前は映画学校から映画界にすすみ、フェリーニの映画『魂のジュリエット』やマルコ・フェレーリ『ハーレム』にセットデザイン助手で参加したりもしていたそおなのですが、途中でロヲマでの映画の仕事に飽きてしまい、おウチでできる仕事とゆうことで、1970年頃人気に火がつきはじめていた、ひとくくりには「フメッティ」と呼ばれるイタリヤン三流劇画雑誌の表紙イラスト業界に転職。イタリヤン三流劇画雑誌のなかみがイタリヤZ級ごみクズ映画の見世物化と調子をあわせるようにしてドンドンと下劣愚劣なものならば何でもアリ状態になっていくなかで1970年代から80年代にかけて雨あがりのタケノコご飯のもとのよおに続々と顔をだしてはホヂクリ引っこ抜かれて顔をみせなくった多数の三流劇画雑誌紙上に、個性もヘタクレも死霊のエサとして喰い尽されていくワイルドでパワルルな怪奇妄想イラストを大漁製造。ニポン絵師・石原豪人なども随所に連想させつつも、文字どおりに骨のズイまで喰うか喰われるかのムチャクチャさのなかにもママースパゲッチーのふるさとイタリヤん女性たちの圧倒的な土性っ骨のツヲさが輝きわたり、表面は激しくヘンタイ焼けしつつも中は芯の芯までムっちムっちでヘルシひな地中海の海風ねばつき感もあるパワふる画集となつているよおです。夏休みの日帰り観光で近所の町営プールさいどに寝転がって日焼けの皮むきをして遊ぶより何倍も何十倍も暑苦ぢい夏休み気分を1年ぢゅうコッテリたのしめそおだつたりするうえに、グレコローマンすたいるの俗悪お絵描きをマネしてたのしむお手本集としてもグラッチェがーでんな妄想まんが本表紙絵あ〜と集、お問合せお注文は当店どどいつ文庫あてに今すぐ大至急の電気メールをどどどおぞ。[記:2015.08.09:PM19時20分]


いたりあん三流ハレンチ妄想まんが表紙いらすと怪作集
セツクスと怪奇・絵師エマニュエル・タリエッティ作品集
by エマニュエル・タリエッティ
発行=2015年。from=ろんどん、英語版。
大きさ:本体=ヨコ225xタテ260みりめいとる。
  重さ:約720ぐらむ。
外見:そふとかば。ページ数=160頁。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥4500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::羅馬トルコ風呂150809
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年08月07日のホカホカ再入荷本    ♥♥

夜のゲロゲロ飲料れしぴぃ集

 
精液学・バーテンさんの精液カクテル手帖
・・ヲトナのメスのドヲブツの体内から排泄されるタマゴや牛乳が栄養タップリのありがたひ食べものとして重宝されてきた長い文化や歴史があるのに、ヲトナのヲスのドヲブツの体内から排泄される「精液」の食べものとしてのありがた味が無視されているのは納得でけまへん!とのおもいから、生クリームやオリイブ油みたいなかんぢで「精液」をふんだんにつかったお料理のアイデア&作り方をドロドロドロっと並べた精液お料理れしぴの本『天然の収穫物』を2008年に刊行。いまのところはまだまだまだ世界的にもずいぶんおマヌケなかんぢの精液クッキング研究家ポオル・ホテンハウアーさんの精液レシピ本第二弾、精液こきまぜカクテル調合レシピ本でありまする。駆けつけの1杯め、ウォッカとザクロ果汁とソーダ水で精液を割った「前立腺の情熱」は、完成写真をみている限りでは全体的に紫色のザクロジュースと変わりがなさそおな外見で、なにも知らされずにいればそのままクチに運んでしまいそおな涼しげな夏の飲み物ぽいかんぢがちょっとガッカリぽくもあるのですが、2番手ででてくる「マッチョなモヒート」になると、ビールのアワでこさえた白いヘビのような大漁の精液の筋スジがラム酒のレモンジュース割にカラマリついていて、完成みほんをみているだけでも胃腸や食道がスッパくなってくるよおな恐怖のげろげろカルテルぱーちぃムウドむむむぅ〜ん。「マルガリータの精液のせ」「コニャック極楽浄土」「究極の精液」「クリィム増し増しエッグノッグ(フレンチミルク精液)」などなどなど、ゲテものドリンクまにあのみなみなさまであれば片っぱしからガブガブと試飲してみたくなること間違いなしの精液どろどろカクテルれしぴ22種類をすべて完成図のカラー写真入りで収録。いわゆるひとつの「実用書」として本書を実際に役立ててみたいヒトの人数が限りなく少なくなくないはづは無かろっペイとゆうジョーシキてきな想像のおかげさまで、実際にカクテルをこさえてみることや、それをゲロゲロと試飲することにはちょっとも興味のない非現実的なゲテモノ書籍ふぁんのみなみな様であれば、内容不問で必ず2冊3冊と持つていたいヘンタいお料理系珍本の王道的邪道ぽい1冊となっています。本書ならびに姉妹篇の精液お料理れしぴ本『天然の収穫物』のお問合せお注文は今すぐ大至急に当店どどいつ文庫あて電気メールで連絡をどどどおぞ。[記:2015.08.07:PM22時15分]


夜のゲロゲロ飲料れしぴぃ集
精液学・バーテンさんの精液カクテル手帖
by ポオル・ホテンハウアー
発行=2013年。from=英語版。
大きさ:本体=ヨコ140xタテ225みりめいとる。
  重さ:約120ぐらむ。
外見:そふとかば。ページ数=56頁。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥3000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::架空照150807
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年08月05日のホカホカ再入荷本    ♥♥

哀愁らぶらぶ電車お写真集(☆再入荷)

 
写真集・ヤマノテ線
・・電車がガタガタゆれて乗つているヒトたちに催眠術をかけようとするのは一体全体なんのためなのか。くるくる目の回る大ハード都会トヲキヲの真ん中をくるくる回るヤマノぉテ線の毎朝の通勤通学お時間帯の満員電車に密着して、駅のホームに到着した電車がドアを閉めて発車する直前の乗客たちの、スシ詰め状態になっていて何だか観念しきって診察台にねそべって看護士さんの注射を待っている半死体のようなオーラとオーラがぶつかりってうまれた見れば見るほどに不思議な光景をパチパチパチと捕獲した当店人気のヘンテコお写真集ヤマノテ線が、これまたン年ぶりに再入荷ちうでありまする。写真集全編をみてみていると携帯電話らしきものを手元に握っているヒトが1人ぐらいしか見当たらないのかわりにマンガ雑誌や折りたたんだスポーツ新聞を眺めてるひとが何人もいたりで、「へーせー」の年号もまだランドセル代わりにドデカホーンのラジカセを背負ってヨチヨチあるきしていたアナログ20世紀の最後の最後あたりっぽい空気感で、服装は冬から春をすぎて梅雨ぐらいまでのかんぢで、基本的にどの写真も、左右とも全開になっているドアーの部分が視野から消えて、ドアをハメてある銀色の外枠だけがガクブチっぽくとゆいますか弁当箱っぽく見えているなかに、写真1枚ずつすべて別別の、思い思いにウワのそら状態の乗客たちが、まるでヲトロしひほど精巧にこさえあげた生活疲れしたヒトたちの、操り糸がみえない操り人形たちでこさえた活人画みたいなかんぢでごしゃごしゃハメこまれていて、渓流で仕掛け網にかかったオサカナやら何やらがジタバタしているのを検分しているみたいな大漁歌い込みきぶんが一杯。それと同時にヒトが大勢ごしゃごしゃ映っている写真をみているとどおしても探したくなる心霊写真的な成分も、写真のうしろのほうにヒトとヒトの陰に隠れんボーをするようにひっそりまぎれこんでいるように見えなくなくもなさそおでもある以上に、写真の手前に大きくウジャウジャうつっているヒトたちこそがバカバカしーほどくっきりはっきりレンズがとらえたガサゴソうごめく実体ぽいかんぢの心霊写真みたいに、ヤマノテ線がオバケ専用の貸し切り電車みたいにみえてくるたのしさもあったり。舞台でヤマノテ線なのにいわゆる鉄道写真でわ全然なく、吊り革の形などは鉄道ファンや体操ファンのみなみなさまにも何かを語りかけてくれそおなかんぢがなくもなくもなかったりもするものの、すべての写真どれもが、大勢の登場人物のニソゲソ関係&ニソゲソ無関係がこんぐらかった視線と仕草のヒトこま写真マンガのよおで、読者ひとりひとりが投げかけるクダラナさ応じたクダラナさを投げかえしてくれる興味のつきないお写真集となつているよおです。ポケット寸法で持ち歩きにも無意味にちょおほおで、ぴちゃぴちゃするほど味がでてくる携帯用乾燥ウメボシのよおなお写真集ヤマノテ線お問合せお注文は今すぐ大至急に当店どどいつ文庫あて電気メールで連絡をどどどおぞ。[記:2015.08.05:PM22時15分]


哀愁らぶらぶ電車お写真集(☆再入荷)
写真集・ヤマノテ線
by 写真=イニゴ・アシス
発行=2001年。from=ろんどん。英語版。
大きさ:本体=ヨコ100xタテ140みりめいとる。
  重さ:約100ぐらむ。
外見:そふとかば。ページ数=記載なし。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥2000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::デンシャー150805
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年08月03日のホカホカ再入荷本    ♥♥

妄想科学お色気スポーツいらすと怪作狂宴集

 
凡打寺(ボンデイヂ)の発狂ヲンナたち:ふぇちア〜ト名作選:アーヴィン・クロウ篇第1集
・・ 凡打寺(ボンデイヂ)衣装をきて舞台でクチぱくダンツングのショウを演じる安室奈美恵や浜崎あゆみをみて、ヘンタイちつくとかんぢるヒトはぼぼ絶滅し尽くしたかと思えなくなくもない21世紀10年代も後半にうつろう今どきのプールの底に描いた視力検査表もすらすら読めるほど透き通った透明な目線のレンズを、真夏の真っ昼間にも雨戸をしめきった変態館の地下室のヂメヂメした暗闇の湿めり毛でモワモワに曇せるよおなほどんど誰にも必要のない意味不明なゼイタク感が夏カゼのノドの痛みをこじらせるのにもペッタリ系。1950年代ごろに真正マニヤのひとたちの間でだけ流通したあと行方知れずになったあと、1970年代末セツクスピストールズ&ロンドソぱんくす大ブウムとともにヴィヴィアン・ウエストウッドのオサレふぁっしょんのネタ元として再注目をあび、あっちこっちから復刻版各種がでまわったあと再び行方知れずに。とゆーた具合に過去40年ほどの間に何度も少部数ずつ復刻されてはいつの間にかどこかに消えていった有りあまるほどの何を今更ぽさが今ではスガスガしーく新鮮でさえなくもなくない新企画しりーず第1弾、アーヴィン・クロウ氏の巻の第1集でありまする。永遠の凡打寺(ボンデイヂ)ぴんなっぷアイドル神話の女王ベティ・ペイヂの育ての親として知られれている写真家アーヴィン・クロウ氏がうんえいしていたマニヤっくビヂュアル冊子せんもん地下出版社ヌートリックで活躍していた凡打寺(ボンデイヂ)いらすとお絵描き界草創期の怪人たち、とゆうよりは、寺山修司が『不思議図書館』だったか『幻想図書館』だったかでコレわよいよいパチパチパチと喜びながら名前を列挙していた凡打寺(ボンデイヂ)いらすとお絵描き職人の、とゆうほうがわかりにくさがわかりにくいかんぢのする、ジム、エネグ、スタントン、ルイス、ディクソンたちの、とゆうてもわからなければ、昭和30〜40年代ヌッポンの『奇譚クラブ』『風俗奇譚』など特殊マニヤ向け専門誌の挿し絵カットで西洋のインチキ中世臭い魔女むうど魔法むうどを盛り上げるために使われているのを古本で確認できることがあるソレ。もしも凡打寺(ボンデイヂ)とゆうものへの先入観をもたずに眺めてみたらば、ヲトロシい形相をうかべヲトロシげな特殊制服を着用した指導員のいるアスレチック施設かエステサロンの無料体験レッスン詐欺にひっかかったヲンナのひとたちが、運動器具やダイエット器具の異様な失敗作の実験台にされてしまい、何だか困ったわ〜と身動きがとれなくなっているみたいな、わがまま妄想科学お色気スポーツいらすと満載のヘンテコお絵描き集わ、真夏の暑さで溶けた線路のようにぐったりしたお疲れきぶんをシャキーンとがんぢがらめにする美容とケンコのおともには絶対的に不向きぽいため、涼しい季節になってからご覧になられてみてわどでしおか。とりあえずのお問合せお注文だけは今すぐ大至急に当店どどいつ文庫あて電気メールで連絡をどどどおぞ。[記:2015.08.03:PM22時15分]


妄想科学お色気スポーツいらすと怪作狂宴集
凡打寺(ボンデイヂ)の発狂ヲンナたち:ふぇちア〜ト名作選:アーヴィン・クロウ篇第1集
by 編=スティーブ・ペンテコステ
発行=2015年。from=英語版。
大きさ:本体=ヨコ216xタテ280みりめいとる。
  重さ:約820ぐらむ。
外見:そふとかば。ページ数=192頁。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥4500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::不思議図書館150803
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年08月01日のホカホカ再入荷本    ♥♥

狂乱のバケモノ怪人怪物ぶうむ懐かしコレクシヲン

 
どろどろ怪物:ブキミで奇妙な怪物狂い大流行期のあめリ力1957〜1972
・・ワガママな怪物赤たんとして生まれ、ももっとワガママな怪物老人として死んで行くニソゲソ怪物さまの狂気の世界とは別に、ニソゲソさまよりももっと怪物らしさとニソゲソ臭さいっぱいの怪人怪物がワガママやりもうだいの狂喜のサマーランドやウインターわんだあらんどがあるべっちゃてゆー怪物幻想製造業界の第一線で大暴れをしていたブサイクな怪物たちや怪人たちが、ホコリまるけのモノ忘れのながながしひ影をズルズルひきづりながら廃墟化した昭和文化団地の天井裏や物置小屋からン十年ぶりの怪物怪人コトバでウガウガウギャ〜(ヲーイ、いま帰ったヨ)!。戦前シロクロ怪奇映画の再放送ばっかりしているテレビ怪奇劇場の案内役の、今くるよみたいな髪型で死人専用の電球で照らしているような顔色にくっついたギョロ目と鼻毛で怪物怪人ブウムの火付け役になったオヂさんだとか、公称ウエストさいず43センチ(17インチ)とゆう驚異のセクツー体型とコテコテ厚塗り化粧で誘惑するテレビ女吸血鬼キャラクたー元祖のオバさんだとか、怪人怪物怪獣ヲタクの元祖の元祖にあたる世界でハヂメテの怪人怪物専門雑誌を昭和30年代に創刊したオヂさんだとか、怪物怪人の顔マネつきの怪奇歌謡曲で人気者になった歌手だとか、オーロラ社の怪奇趣味オモチャや組立式の怪人怪物プラモデルや外箱にゾゾっとウットリ変態風味まるだしの怪しいイラストを描くのを仕事にしていたのを内緒にしているオヂさんだとか、怪物怪人自動車デザイソで大人気だったオジサンだとか、怪奇テレビ映画「アダムのお化け一家」「怪物一家」、ティム・バートン監督が映画『ダーク・シャドウズ』で愛情コクハクしまりの元祖「ダーク・シャドウズ」などの怪奇男女優だとか、とかとか、半永久的に不滅の怪人怪物スターだつた当時のお姿と、すっかり老人になっていたり死んでいたりするニソゲソ世界での現在のお姿との二股がけでポロりんちょ。ビヂュアル的にはそれだけでなく、怪奇8ミリ映画これくしょん、怪奇トレカ、怪奇アイロンシール、怪奇ステッカー、怪人怪物マスク、怪奇スゴロク、怪奇カードゲーム、俗悪怪奇小説本やマンガ本、それに怪人怪物ソフビ人形などなどのお宝図版も満載。盛りだくさんすぎるので最初から順番に頁をめくっていると何がなんだか目がまわりそおなのですが、テキトーに頁をひらくとイチヂルしい高確率で、視線が釘づけになるよおな図版と出会えるようになっているビックリ屋敷的な怪物怪人レトロびじゅある本であるよおです。真夏には怪談、幽霊、怪物でオチッコちびりたい世代のみなみなさまには随喜のナミダもののこの1冊、お問合せお注文は今すぐ大至急に当店どどいつ文庫あて電気メールで連絡をどどどおぞ。[記:2015.08.01:PM19時15分]


狂乱のバケモノ怪人怪物ぶうむ懐かしコレクシヲン
どろどろ怪物:ブキミで奇妙な怪物狂い大流行期のあめリ力1957〜1972
by マーク・ヴォジャー
発行=2015年。from=英語版。
大きさ:本体=ヨコ222xタテ286みりめいとる。
  重さ:約820ぐらむ。
外見:はあどかば。ページ数=192頁。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥5400
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::怪物らんど150801
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年07月29日のホカホカ再入荷本    ♥♥

昭和40年代あんぐら雑誌デザイソ大全集

 
ひとびとにチカラを:対抗文化勃興期の尖端的雑誌のグラフィックデザイソ1964〜1974
・・ゼロとイチの2つの数字だけをつかう足し算をホットドッグ早食い世界一も目をまわすようなスピードでこなすことだけが取り柄の電気計算機とゆー発明品が世間のすみずみに入り込みはじめてから早なんぢう年。原稿かきから編集や印刷まで何でもおまかせの電気計算機がのさばりかえってしまったおかげでドレもコレも似たり寄ったりヲモしろくろ味のラベルがずり下がり落ちるばつかりの雑誌や印刷物とゆーものが、電気計算機がのさばる以前の、文字もビヂュアルもレイアウトもデザイソも、川岸まで何10里も往復とも歩きで水汲みにいくのが当たり前だつた手こき手づくり時代にさかのぼつてみると、オリヂン弁当バイキングの何百倍もウマ味ばんばん入れ放題で好き勝手しほうだいの多彩多様いろとりどり。パソンコ画面の沙漠のような味毛なさから逃げ出してノドのかわきをうるおす甘露のイヅみにたどりつくためのヌケ道ケモノ道まっぷ的にありがたやな昭和40年代英語版あんぐら雑誌およそ90種類から700点を越すオール原色図版で表紙&本文デザイソを紙上復刻したアアアッと目の玉が驚きつぱなしのあんぐらビヂュアル大全集でありまする。昭和40年代にお決まりのお経のようにつぶやかれた、ニソゲソさまの心身にひめられた夢幻の本能的ぱわーの青コオナアvs人類愚行史上もっとも残虐といわれたベトナム戦争ショウで最後には負けたアメり力がわ最大の戦争犯罪者であった電気計算機にしょーちょーされる合理主義ばんざいの機械化文明の赤コオナアの試合ぢかんも参加人数も無制限のプロレス勝負とゆーののが実際にはどんなものだったかを、狂乱無礼講のお花見大宴会が終わったあとの無人の荒野の草むらで色あせてボロボロになっていても不思議のないゲテもの貴重品的に貴重な古あんぐら雑誌の表紙をまるめた望遠鏡をとおして妄想体験しているかのよお。印刷物といえば紙に印刷されているのが当たり前だつた時代に手しごとの体温と感触を最大限に練り込んでつくられた奇抜なゲテもの手巻き寿司冷凍つめあわせ250段重ねのシャリでもあり具でもあるオオル英語のアルハベートのイロハ文字で書かれている昭和アングラ雑誌のなかにはなぜだかその当時に極東ニポンで発行された英語版のアングラ雑誌シンジュク・スートラ(¥30)、とか、アンポ、とかもまざっていたりもして、何十年もの時差のおかげで大都会でもド田舎ぽくかんぢれれる超ローカル電車を乗り継いで見知ったよおな見知らぬ土地から土地への行方不明旅行の車窓風景を、万年床のフトンの夢のなかで満喫しているよおなゼイタク貧乏きぶんをいつまでもたのしめる賞味期限しらず、イザという時に持って逃げられない緊急避難用カンヅメ詰め合わせみたいな重量感どっかんの昭和ハレンチゲバゲバアンダーグラウンドこれくしおん秘蔵愛蔵版となつているよおです。昭和ブルース世代だけでなく、平成うまれの昭和レトロふぁんのみなみなさまにも深くじゃかましくヒッツこくおススメしたいこの1冊、お問合せお注文は今すぐ大至急に当店どどいつ文庫あて電気メールで連絡をどどどおぞ。[記:2015.07.29:PM22時20分]


昭和40年代あんぐら雑誌デザイソ大全集
ひとびとにチカラを:対抗文化勃興期の尖端的雑誌のグラフィックデザイソ1964〜1974
by ジョフ・カプラン
発行=2013年。from=しかご。英語版。
大きさ:本体=ヨコ258xタテ310みりめいとる。
  重さ:約1.1きろぐらむ超え(*当店の計量器具の測定限界値を超えてい升)。
外見:はあどかば。ページ数=264頁。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥6000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::地下下水道150729
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年07月27日のホカホカ再入荷本    ♥♥

現代陶芸あ〜と交配実験お作品集

 
クリック・モルト:世界でもっとも愛されている重要な美術品たち
・・陶ゲイといえばオカマ、オカマといえば陶ゲイを連想する陶ゲイ人口がヌッポンだけでも水底100万人とも200万人ともいわれるほどに切っても切れない間柄と思われがちな陶ゲイ芸の世界の外側にいる現代あ〜ちすととゆう立場のお気楽さをよいことに、新進女性あ〜ちすとクリック・モルトさんが取り組んでいるのはオカマいらづの陶ゲイ術。ヤングいいひとたちの持っているおカネのはいっているおサイフの底をはたかせて、デザイソばっかりで中味はオカネのはいっていない空っぽのおサイフを買ってもらおうとするよおな今どきのオサレ雑貨屋さんよりは、日曜大工ホームセンターの園芸コオナーとかに置いてあることが多そうなかんぢの、何十年前なのか何百年前なのかそこそこにずいぶん昔のノドカぽい時代のオモテむきにはお品のよろすーコドモ部屋の雰囲気をにおわせている毛な人形とかドヲブツや野菜をかたどった出来合いの陶器を、物色して調達してくるとゆーまるでノンキなヲヂさんみたいなひと手間だけで、オカマに入れたり出したりの作業まで終わったも同然になっているのがクリモルさん流のツゴいところ。次の作業は、ヒトやドヲブツの陶器の首ちょんぱで。バラバラになったオツムと胴体を、プートルの胴体にカワひひ水兵さん帽子をかぶったバラ色ほっぺたのコのオツムがちょこんとのっていたり、ネコの顔をしたタイ焼きみたいなトリがお花のよこにで休んでいたり、パジャマをきたウサギの夫婦のよちよち歩きのコドモがヒトの顔をしたニンジンだったりとゆーように、エポキシ系接着剤とヤスリと塗料などを駆使ながらつなぎあわせ、元々のとは別物の突然変異的にあたらし毛なイキモノがうみだされていてくのですが、今どきのコンピウタンぐらひっくでデヂタル写真を合成加工して3次元印刷機でプリソトアウトすれば幼稚園ぢでも出来るコもいそうな作業を、陶器の実物を素材にしてわざわざ手作業でこさえているクスクス笑いのユウモアかんかくが、グロテスクのずずっと手前で立ち止まり、全体的にもいい意味での安っぽくチンマリとしたつつましさが、パソコソ用まうすをカチッとする「クリック」と、死を意味する「モルト」を組み合わせたコンピウタ文明の死滅みたいな芸名で活動するクリモルさん独特のおもち味となつているよおで、おゲレツなものに恥らいを感ぢるぢぶんにウットリしてみたいみなみなさまのムダ毛の毛穴つぼを直撃するラブリぃ陶ゲイあ〜と88点をオールカラー写真でたのしめる小さな写真絵本ぢたてのお作品集となつているよおです。イヤミ度ゼロでヘンテコで気がきいているのでほどんどどんな場面でのプレゼントにもぺったりそおな、ありそうで意外に珍しいお写真集をぜひこの機会に4、5冊まとめてご用意されてみてはどどでしおか。毎晩毎日の暑さにめげず、お問合せお注文は今すぐ大至急に当店どどいつ文庫あて電気メールで連絡をどどどおぞ。[記:2015.07.27:PM22時20分]


現代陶芸あ〜と交配実験お作品集
クリック・モルト:世界でもっとも愛されている重要な美術品たち
by クリック・モルト
発行=2015年。from=かりふぉるにあ。英語版。
大きさ:本体=ヨコ158xタテ160みりめいとる。
  重さ:約250ぐらむ
外見:布装、はあどかば。ページ数=92頁。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥2800
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::陶ゲイ実験工房150727
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年07月25日のホカホカ再入荷本    ♥♥

引きモッコリ女体まにあ究極お写真集

 
ミロスラフ・ティッシィ写真集;可もなく不可もないヲンナたち
・・それだけならまづまづ誰にでもでけそおな、ぷっちんぷりんと写真機のシャツターぼたんを押して写真をとるとゆーだけのことを、誰もがちょっともマネをしてみたくもなるはずのないオンボロ写真まにあ生活の苦行難行へのひたすらムダっぽく人格破綻ぽい何十年間にもおよぶヘンタイ的溺れっぱなし状態を通じて、新世界・天王寺公園で月曜日の昼間から串カツの串をマイクがわりに握りしめて自作のデタラメなうたを熱唱しているかのごときベラボーに恥かちいサイコぉの気持ちのよさにまでぐいぐい高めていった天災的写真あ〜と変質者ミロスラフ・ティッシィさん。先だって当店ホ〜モ頁で略歴&チェコ版の『ミロスラフ・ティッシィ写真集』を誤あんないした翌々年2011年春、東電福島原発爆発事故の1ケ月後に84歳で死没されたとのことなのですが、撮影したヒト撮影されたヒトの生死とは関係なさげにいつまでもそこにもあるここにもあるのが写真とゆーもののヲトロシさ。本書に収録されている、おウチの近所にずずっと昔から住んでいてティッシィさんと日頃のおつきあいが長かったひとたちへのインタビウによると、お絵描きが本職だと思っていたティッシーさんにとって写真はただのたのしー趣味だつたそおな。収録写真の撮影時期は、写真のなかのヲンナのひとたちの服装を手がかりにして近所のひとが推定したところではたぶん1990年代初期ごろとゆーことで、これまた本書に収録のティッシーさん写真展年譜と照らし合わせると、ドイツ・ケルンのデュモン芸術ホールやズザンネ・ザンダー画廊などのグループ展に出品をしていた時期あたりで、しかもそれれれわわわ、コノ写真集が、70才代に入るとすっかり写真を撮らなくなつてしまたとゆーティッシーさんの趣味のヘンタイ汚写真活動総決算の時期の写真をまとめて見らられれる、格別にあじわいぶかい写真集であり魔するン。ご近所インタビウの証言をうのみにするならば、ティッシーさんのヲンナのひとのあとをフラフラついていく性癖や、身なりのあまりの汚さのせいで年に一度の労働者パレエドの前になると予防拘禁で留置所にしょっぴかれていたとゆーおはなしは、むかし公園アベックいちゃいちゃ行為ノゾキの達人として有名だつたノゾキの為さんの双眼鏡をワクワクしながらのぞかせてもらったら焦点がピンボケのもやもやしか見えづ、名人の境地はこれかとつくづく感心しましたデスネーてゆーピンク映画監督山本晋也の名言?がみるたびにペツタリとあてはまるティッシーさんの女性性崇拝狂写真のホンモノのっぷり。らに本書のどこかに書き込まれていたティッシーさん写真のみどころは、ティッシーさんが写真をつかって捕獲しようとはげんでいたいのわ、ヲンナのひとの、カラダそのもでわなく、カラダの動きですけん、そこいらをしつかり見てつかあサイ、となんだか暗示的なおコトバに暗示されるがままにソノ気になつて本写真集のぺえぢをめくっていると、地べたそのものに変身して道路のようになつて仰向けにねそべっているティッシーさんのうえを、そおとも気づかないまま無防備に踏みつけて歩いて通り過ぎていくヲンナのひとたちの重心があっちこっちと動き回るたびに何かにとりつかれたように写真機のシャツターを切りまくるティッシーさんのケイレン的な身ぶりが写真の画面ごしに見ているわだぐぢたち(誰誰?)のエゲツないハラワタをゆさゆさコチョコチョとユスリたてて共犯かんけいへのお仲間土俵入りを強要されているかのよお。写真のなかのヲンナのひとたちの露出度は水着か下着が最大ででそれ以上の露出写真はないかわりに、ティッシーさんが鉛筆や絵筆で描いたおヌウド画も3点ほど収録。それでなくてもティッシーさん写真のばあいはとくべつに濃厚な、どんな写真のなかにもちょっこしずつ閉じ込められている呪物性が、写真の外にまでドロドロあふれだして写真をのみつくして、呪物性そのもののバケモノになつてしまったかのよお。不純度100%のキョヲレツ体験お写真集となつているよおです。真夏のひきもっこり生活のおともにもバカバカしーほどペットリなティッシィさんの遺作的お写真集、新刊なのですがドイツ・フランクフルトから問屋にはいるため、品切れ時の再入荷はどどても困難ですゆへ、是非ぜひこの機会にどどどおぞ。お問合せお注文は当店どどいつ文庫あて電気メールで大至急いますぐにお連絡を。[記:2015.07.25:PM22時20分]


引きモッコリ女体まにあ究極お写真集
ミロスラフ・ティッシィ写真集;可もなく不可もないヲンナたち
by 編=フランクフルト現代美術館
発行=2015年。from=どいつ。ドイツ語と英語の2言語併用版。
大きさ:本体=ヨコ172xタテ230みりめいとる。
  重さ:約180ぐらむ
外見:布装、はあどかば。ページ数=152頁。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥5200
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::女体心願狂150725
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年07月23日のホカホカ再入荷本    ♥♥

へんてこドヲブツ剥製お写真集

 
写真集;剥製づくりの空騒ぎ
・・いつもはオハシやスプーンを足の指で握ってラーメンでもと回転ずしでもカレーライスでも器用に食べているひとがぢぶん専用でもない義手を急にはめて手の指をつかって串カツを初めて食べようとするときよりもももっとチクリチクリと目の玉や顔のそこちちにギコチなく突き刺さるよおなブサイク感たつぷりのドヲブツ剥製ばかりをあつめた大好評のヒドい非道いアニマル剥製お写真集非道い(ひどイ)剥製づくりの第2弾。続編とゆーよりわ、ゾクゾクと変なかんぢの「ゾク変」と呼んであげてみたくなる、まだまだヒドいできばえの剥製アニマルがゾクゾクと登場。ヒドい剥製以上の、とゆうのかヒドい剥製未満の、ヒドいコメントが、ヒドいできばえの剥製アニマル写真と見開きで並んでいて、ヒドい写真集としての出来映えのヒドさをより一層高め、とゆいますか、低めめていまして、本のパっと見がヒドい、写真をよく見ると見ればみるほどヒドい、文章を読んでみるとヒドい。ヒドいアニマル剥製のヒドさをナゴヤ名物ひつまぶしのように1冊で3回たのしめる、呆れた感ゴミクヅ感バツグソの駄目だめ編集が、炭酸のぬけた剥製づくり用薬品みたいなマツタリ感をタオルでくるんだヲナラのようにますます膨張させていて、真底ひどいもの好きなみなみなさまの痛くもカユくもないツボ周辺をめった月。だいたいの衣服のポケツトにむりやり押し込むこともできそうな小さめで薄ぺらさのお写真集で持ち運びにも重宝なので、失敗するとマヅい試験やヲしごとのときから普段のぶらぶら歩きまで、気軽なきぶんで持ち歩いていて途中でもし落として無くしてしまつたとしても、拾ったひとへのプレゼントと思えばいわゆる死語でゆー、まんざらでもなさ毛な気分になれそうな、そおしてまた、年賀状や各種おいわいカードづくりなどのヒントにもならなくもなささそうだったりの意外な実用性までかんぢさせるブサいく愛ぐるぢいダメだんべーアニマル剥製お写真集となつているよおです。お問合せお注文は当店どどいつ文庫あて電気メールで大至急いますぐにどおぞどおぞ。[記:2015.07.23:PM17時50分]


へんてこドヲブツ剥製お写真集
写真集;剥製づくりの空騒ぎ
by 編=アダム・コーニッシュ
発行=2014年。from=みずうり。英語版。
大きさ:本体=ヨコ128xタテ178みりめいとる。
  重さ:約180ぐらむ
外見:そふとかば。ページ数=96頁。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥1400
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::剥製無縁仏150723
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年07月20日のホカホカ再入荷本    ♥♥

超魔術系あうとさいだあ未公開お絵描き発掘コレクシヲン

 
アレイスター・クロウリィの知られざるお絵描き:パレルモこれくしをん
・・となりのうちのイヌがニソゲソことばで語りかけたお告げのコトバで「使命感」にめざめ、他のだれにも「理解」不可能なスソバラシひお絵描きを死にもの狂いで描きまくつたお告げ系、幻視系のいわゆるアウトサイダーあ〜ちすととゆーひとたちが、ぼぼ間違いなく古今東西ものすごっく大勢おられたなかには、アチラのセカいからのお告げを幻聴したり幻視したりすることをお仕事にしているひとたちも、これまたボボ間違いなくもンのすンごく大勢おられるなかで、もともとは虚弱体質だつたひとがボデービルで筋肉もりもり女性に変身するのと同じよおなかんぢなのかオリジナルめにう開発に熱心になりすぎたせいなのか、ぢぶんの幻覚能力を最大限以上にもりもりするために、魔薬を乱用してみたりセツクス魔術儀式と称して怪しいプレイの極度の興奮状態に溺れてみたりしたために世間からは思いきりワルい評判を立てられたり白い目で見られたりしたことで、死後ののちのちまで、ヲカシな意味での「ツゴいひと」とゆーレツテルに、1960年代えげれすロック界の大御所ビートルズーやレッドツエツペリソのメンマなどにもタイコ判を押してもらつたりしている「ツゴいひと」アイドル業界の「大野獣ろっくろっくろっく」といえば、とっくの昔からみなみなさまのほおがわだぐぢ(誰?)よりもよくよくご存知の超魔術師アレイスター・クロウリーさん。本書以前にクロウリーさんのお絵描き作品集といえば、一瞬かんちがいしそうになるアレイスター・クロウリー版「トートのタロット」のお絵描きをクロウリーさんの指導をうけながら描いていたのは画家フリーダ・ハリスさんなのでそれはちょとちがいまして、1998年にロンドンおくとおばあ画廊で開催された「大魔術家・アレイスター・クロウリィの芸術」展のときに刊行された、全32頁、収録図版約40点の図録本が、本書以前にあった唯一の画集だつたのだとか。そして本書は、1998年ロンドンでの「大魔術家・アレイスター・クロウリィの芸術」展の終了後に、イタリア・シチリア島チェファリューの、オリーブ畑に囲まれた「テレマの僧院」周辺で発見されたらしい?アレイスター・クロウリィの未公開お絵描き作品を集めて2008年5〜6月に巴里のパレどトヲキオで開催された「悪夢の小部屋:アレイスター・クロウリィの知られざるお絵描き」の開催記念図録本なのでありまする。本のなかみは大きく2部構成になつていまして、前半は、1910年のエレシウスの密儀の写真(しろくろ)やお絵描きちうのクロウリィさんの写真(しろくろ)など秘蔵貴重しろくろ図版を文中にこきまぜつつ「画家アレイスター・クロウリィとパレルモこれくしおんの作品」「『魔女の洞窟』アレイスター・クロウリィあ〜とのアメり力でびゅー」「クロウリィ、チェファリューでの画業とパレルモこれくしおんのはじまり」「『すべてのヲトコ、すべてのヲンナは、スターであるぞヨ」現代あ〜との鏡に写したアレイスター・クロウリィ」「ケネス・アンガーとチェファリュ「テレマの僧院」の再発見(ケネス・アンガーいんたびう抜粋)」などの解説があり、1919年ニュウヨウク・グリニッジビレッヂでのクロウリィ初個展や1931年ベルリンの頽廃芸術系ギャラリーPorzaでの個展の様子や、収録作品とクロウリィ「日記」との読み比べなど、美術業界の土俵のはじっこに顔をだしたりひっこんだりするクロウリィさんのびみょうなアウトサイダーっぷりをホーフツとさせる興味ぶかい記事がそれこれと。そして巻末オールカラー34頁が作品篇で掲載さくひんはすべてアレイスター・クロウリィ筆のお絵描き16点で大半が「テレマの僧院」の時期のもの。「トートのタロット」とは別のタロットカードのためのお絵描きが数点あったり、「テレマの僧院」の女司祭リー・ハーシッグとおなじくクロウリィのコドモを産んだ愛人ニネット・シャムウエィさんの肖像画や、なぞのおデブ熟女おヌウド画があったり。ゴーギャンにかぶれつつも天然素朴で原始的なお絵描きを描きたいとゆー欲張りの度がすぎて、オラオラ系野獣魔術師とゆう世間のイメエヂとはと〜てもかけ離れた感が強烈な、ポンチ絵ふうの味わい濃厚なお絵描き図録本となつているよおです。古本のため在庫1点限りですため、お問合せお注文は大至急に当店どどいつ文庫あて電気メールで今すぐどおぞどおぞ。[記:2015.07.20:PM22時00分]


超魔術系あうとさいだあ未公開お絵描き発掘コレクシヲン
アレイスター・クロウリィの知られざるお絵描き:パレルモこれくしをん
by 編=マルコ・パシ
発行=2008年。from=いたりあ。おフランス語版。
大きさ:本体=ヨコ150xタテ200みりめいとる。
  重さ:約400ぐらむ
外見:そふとかば。ページ数=解説(シロクロ図版いり)70頁ぷらす巻末オールカラー作品図版34頁。
古本:保存状態=ふつーです。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥4800
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::黒烏瓜150719
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年07月18日のホカホカ再入荷本    ♥♥

蒸発家族ドンヂャラホイお写真集

 
お庭:アレッサンドロ・イムブリアコ写真集
・・深いふかい木立ちにとなりあわせたイタリヤ・ローマ郊外の高架道路の橋脚のしたに仮設の小屋をたてて暮らしているヲトナ2人とコドモ1人。シシリイ出身で人間蒸発歴12年のペドロさん、ペドロさんが蒸発中に知り合つて小屋で同居しているロツア出身のルウパさん、2人のあいだに生まれた娘のアンジェラちやんの3人が、森の木々のあいだに妖精ふぜいを思い切りかもしながらドンジャラホイ。食べるものや豊富な水や燃料になる木々の枝や柔らかい静けさをドヲゾドヲゾと何のおしげもなく恵んでくれるミドリの森のなかに身もココろもとろけこんで煮崩れじょうたいになっているせいなのか、木々の葉影のなかで半透明化していて生きているヒトなのかユウレイなのか見分けがつかなくなっている3人を、絵筆で描きあげたような繊細さで夜のアダムとイブたちがすむ森が主人公の幻想童話お写真絵本ふうにまとめあげた、イタリヤぢん写真家アレッサンドロ・イムブリアコさんのムウディーな人捨て庭園お写真集でありまする。さきにアト書きからかきうつしてみましぃた撮影場所や写真のなかに映っているヲトナの男女とヲンナのコについてのかんたんな紹介を脳内から消し去って写真集のペエヂをめくってみるとととたんにイムブリアコさんの写真にびっくらさせられるのは、たくさんの色の点・点・点・点・点・・で薄ぐらい森のなかの景色を描いた絵のなかに、ヒトのすがたに見えなくもない何個かの数少ない色の点々がカクレンボーのように紛れ込んでいるようないないようで、まるで鈍くきらめくミドリ色のへびのウロコの点・点・点の森のなかのヒトさがし幽霊さがしゲームにいきなり誘い込まれてしまつたかのよお。点点の森のなかでうまくヒトが探し出せる写真だけでなく、いくら探してもどこにヒトがいるのか探し出せない写真もあつたりして、いちいちギョギョギョっとさせられてしまうよお。この写真集以前には、写真家アレッサンドロ・イムブリアコさんは、住居不定ぐらしをしているヒトたちの手づくり仮設家屋ばかりを、作ったヒトたちや暮らしているヒトたちを脇にどけておいて写真にとるとゆうお仕事に熱中していたのだそおで、屋根やカベをあてにできないヒトが風や雨のきざしを先回りして大気の流れをキヤツチするためのお天気おねいさん的な体毛センセサーを特別仕様で写真機レンズに装着してある毛だったり、大雨や強風でも消えない特製マッチを照明器具としてオデコにはりつけてある毛だったりで、ヒトのいない仮設家屋にいないヒトの影が動くのをみたり、ヒトのいるはずのない木立ちのなかにいるヒトの姿を木陰と木もれ日の陰影のヒダヒダに封じ込めてみたと思うたら、木立ちのむこうに現代風集合住宅を廃墟のようにそそり立たせてみたり。たまたまそこにいた無名の蒸発ニンゲンふぁみりぃの3人をなんだか永遠ぽいよおな後光でくるむ、絵みたいな写真をつくるイムブリアコさんの術が、高級ぽいお絵描きゲーヂツとゆーものに対して写真機さえあれば誰にでも撮影できそおな写真あ〜ちすとが感じるレットー感をコクフクしませう、とか何とかゆーむかしむかし多用されたコトワザを裏返してしまい、木の枝と一緒にゲーヂツをたき火の燃料にして暖をとつているよおな、非情に現代ぽいシミジミ感をかもしだす味わいぶかい出来上がりとなつているよおです。2012年のヨヲロッパ出版社協会写真集賞?を受賞したりもしたのだとゆう宣伝オビつきの、夏から冬にかけての季節にもちょうどぺったりぽいアレッサンドロ・イムブリアコさん「庭園」お写真集の、お問合せ・お注文は当店どどいつ文庫あて電気メールで大至急いますぐにどおぞどおぞ。[記:2015.07.18:PM21時30分]


蒸発家族ドンヂャラホイお写真集
お庭:アレッサンドロ・インブリアコ写真集
by 写真=アレッサンドロ・インブリアコ
発行=2012年。from=えげれす。英語版。
大きさ:本体=ヨコ208xタテ277みりめいとる。
  重さ:約530ぐらむ
外見:はあどかば。ページ数=記載無し。オオル原色お作品集。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥5400
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::鬼輪番150717
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年07月16日のホカホカ再入荷本    ♥♥

最低レコじゃけデザイソ二百番勝負

 
ゾヲっとするほどヒドいレコードじゃけっと集
・・腐ったゴチソウのバイキング食べ放題で全身あちこちの神経や細胞が思いがけない変調でヲカシくなるのにも似たいちぢるしぃくヒドいヲンガクの素敵にまとまりのない刺激やドキドキのかずかずをそのまま奇跡的にデザイソ化したかのよおに素晴らしイヒヒくヒドひおかげで、ヒドいヲンガクふぁんのみなみなさまのドツボにどつぼり、ヒドいお写真ふぁんのみなみなさまのドツボにもどつぼりの、ヒドいヒドいレコードじゃけつと怪作集でありまする。だいぶ以前に誤あんないをしました本書と書名が似ていてマギラワしひ深刻にヒドいレコードじゃけっと集は、本書のエゲレス版、そしてコチラの『ゾヲっとするほどヒドいレコードじゃけっと集』はそのアメり力版てゆう関係になっていまして、題名が似ているだけでなく内容も、部分的に重複もしつつ、別個にそれぞれ独自の内容もふくまれている、2卵性ソオセエヂのような間柄。もお「深刻にヒドい〜」が手元にないために正確でないかもなのですが、こちら「ゾヲっとするほど〜」だけの独自ヂャンルとしては、老人介護施設入所ちうの元・吹奏楽部ふうな白髪白ひげのオヂイさんが指揮棒ふりふり腰痛をこらえながらの金曜フィーバーしたり、ブロードウエイ女優から転進した老人デスコ女王など、ダンスが住んだ箪笥が詰んだ餅がノドにンがンン的なデスコものレコジャケを並べた「ダンスフロアから」系。偏見で犯罪者あつかいされていた同性愛者たちが外部にはわからない隠語や暗号を駆使して通じ合っていた時代ならではの意味不明なアヤしい目つきで誘惑する歌手や笑顔がコワいツルぴか男性かっぷるの社交界デビウなど「聞かないで言わないで」系。引退したアメフト審判の講演依頼キャンペン用レコードやクレープ焼き名人の女性ナソパ術など限りなく実現不可能なアナタにもできマス「DIY」系。お洗濯アイロンかけのタメの、近所のひとにイヤがられるタメの、何も考えてないアナタのタメの、などなど「何かのタメの音楽」系。カンオケのなかがぢぶんたちのお部屋みたいな老人や老夫婦がずらりと居並ぶ「絶対に年寄りて呼ばんでネ」系。メンバーの見た目の尋常でわない輝きのなさスター性のなさがスキものゴコロをこちょこちょくすぐる「ロック」系。伝書バトや歌手を背中にのせた後ろ向きのウマ、酒盛りで盛り上がつている雄ジカなどドヲブツたちが活躍する「野獣的熱狂」系。そして「深刻にヒドい〜」と同じよおなジャンル分けのでは、ダサださ「集団ふぁっしょん」系。ホテルやナイトクラブが立ち並び生演奏バンドマンの代名詞のようにいわれた「ラウンジあっくす」系。「イナカのにいちゃん」系。「美容体操エステ業界の有名人」系。「10代のダンスパーティ」系。「ひたすらクダラナイ」系。「世界のヒドい」系。などヒドいヒドい百鬼夜行みたいなヒドいレコジャケ大行進で、もちもちろろん、聞いたことのないヒドいヲンガクを動画サイとでたのひむためのガイド本としてもタイヘンにヘンに重宝なかんぢの1冊となつていて、そして「深刻にヒドい〜」をお持ちのみなみなさまにはムニャムニャと、まだ「深刻にヒドい〜」をお持ちでないみなみなさまには安心して、おススメのできそおな、ヒドおぃビヂュアルこれくそんとなつているよおです。古本で在庫1冊限りのため、お問合せ・お注文は当店どどいつ文庫あて電気メールでいますぐ大至急にどおぞどおぞ。[記:2015.07.15:PM22時40分]


最低レコじゃけデザイソ二百番勝負
ゾヲっとするほどヒドいレコードじゃけっと集
by ジャック・ディフォンゾ
発行=2006年。from=にうようく。英語版。
大きさ:本体=ヨコ185xタテ185みりめいとる。
  重さ:約650ぐらむ
外見:はあどかば。ページ数=256頁。オオル原色お作品集。
古本:状態=カバ裏表紙にシールはがしのぺとぺと感。中味はきれい。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥3500(*古本です)
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::駄盤だ盤150715
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年07月13日のホカホカ再入荷本    ♥♥

顔面拘束女王様あ〜と作品集

 
ナンシー・グロスマン:辛酸生活日記
・・20世紀ゲイあ〜と史上の美の巨人メエプルソープやアベドンなどの写真家たちを熱狂させたハァドSMゲイ風味むんむんの革製顔面拘束おぶぢぇ彫刻でいまも一部マニヤにしられている1940年生まれの現代ア〜ト女王様ナンシー・グロスマンさまのデビウ直後から最新作まで約半世紀にわたるお仕事をたどった2012年ニューヨクでの大回顧展を記念して刊行された顔面拘束女王様あ〜とふぁん待望の重量感ずっしり作品集であありまする。お両親がおウチで縫製かんれんのお仕事をしていたために、5才のときからミシンを踏んでダーツ縫いの手伝いをしていたとゆーナンシィさまの工業ミシン職人技の冴えがテラテラと輝く革製顔面拘束おぶぢぇ彫刻は、廃材になった電柱などを素材に彫刻したゴッツいヲトコのカオが、目玉の部分と、性的不能なヲトコの生殖器みたいな白い鼻の部分だけが例外的に穴ぼこから見えるほかは、さまざまなパタァンとデザインと数の拘束用締め具で締め上げられたうえに、外科手術のキズぐちを縫い合わせているかのよおに痛々しげなジッパーの金具の歯にもかじり付かれていたりして、ド変態むうど満点。このシリーズの後期には、さらにハードな、顔面拘束おぶぢぇ彫刻の後頭部にライフルが突きつけらているタイプのオブヂェ彫刻シリィズも登場して、発表当時の1960年代後半から1970年代前半あたりには、「こりゃあベトナム戦争をヒハンしとるんぢゃあないの」と思われたりしてもいたらしーのですが、戦争ごつこ好きなドMヲトコたちへのキッツイお仕置き変態プレイへの情熱が、戦争ヒハンで途中下車をせずに通り越し、戦争そのものまで地上から消滅させるほどのあやしい熱気をみなぎらせているのがナンシィさまア〜トのスバラしさ。この作品集では、顔面拘束おぶぢぇシリーズにたどりつく以前のナンシィさま初期の、チンジャオロース風に激しいヲンナの裸体画や、コラージュによるカミナリ雲、テカリのある褐色や黒色の皮革製品や金属廃品をツクダ煮ふうに絡めてミリタリぃなヲトコたしの死臭をぷんぷん臭わせる立体さくひんなどなど。ツノが生えたり彫刻が悲鳴をあげて号泣しはじめたりした顔面拘束おぶぢぇシリーズからそのアフターの、全身拘束おぶぢぇや、そちら方面濃厚なハードぷれい臭を漂わせつつ砕け散り倒れ伏すよおなドロォイングやペイントんぐなどなど。巻末あたりには主にアトリエで撮影されたナンシィさまのシロクロすなっぷ写真もちょこまかと収録されていて、この作品集でナンシィさまのトリコになる予定のみなみなみなさまにはウレシ恥かしプレゼントかも?世界ぢゅうに戦争なくせ差別なくせの声がうずまいた熱い時代にのっかって現代ア〜トとド変態趣味の2刀流づかいを押し通したへんたい女王様あ〜ちすとナンシー・グロスマンさんの魅力を髪の毛のキュウチクルから足の指の水かきについた江戸紫までフルコースでたんのうできる愛蔵版お作品集となつているよおです。今回の初回入荷ぶんは、ナンシーさまの直筆サインいり版。当店ショウルウムで実物をご覧になりたいかたのご来店お希望日時のお知らせや、お問合せ・お注文などすべてもろもろ当店どどいつ文庫あて電気メールでいますぐ大至急にどおぞどおぞ。[記:2015.07.13:PM21時21分]


顔面拘束女王様あ〜と作品集
ナンシー・グロスマン:辛酸生活日記
by ナンシー・グロスマン
発行=2012年。from=にうようく。英語版。
大きさ:本体=ヨコ244xタテ290x厚さ25みりめいとる。
  重さ:約1.1きろぐらむ以上(*当店計測器具の測定限界を超えています。。)
外見:はあどかば。ページ数=256頁。オオル原色お作品集。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥8500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::皮ふぇち女王150713
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年07月11日のホカホカ再入荷本    ♥♥

レトロ美麗屍体お写真傑作集

 
暗いアノ世で:お遺体&死者追悼お写真集
・・発明ほやほやの写真とゆーものがまだまだ奇術や魔術の親戚だった江戸ちょんまげ幕末から明治初期のヴィクトリア朝時代、金属板に焼き付けられたニンゲンさまの似すがたそのものが、写真機がヒトのタマシヒを吸い取る機械だとゆうウワサ話がホンモノであることのまぎれもない証拠だった時ぶんに西洋で流行したのだとゆー、亡くなった身内や家族のタマシヒの記憶を物質化して半永久的保存するためにつくられた、金属工芸品みたいなお遺体銀板ダゲレオたいぷ写真の、そこだけは時計の針がいつも真夜中の死装束試着室みたいな静かな空気を全身にさわさわ贈り届けてくれる毛な、美麗屍体レトロお写真傑作集でござりまする。みなみみなさまおなぢみのコチラ方面の名著でいまや古書価もタイヘンなことになつてしまついている医学系古写真蒐集家スタンレー・バーンズ氏のいまではなかば都市伝説的な名著『眠れる美(すりぃぴんぐ・びゅうちー』初編あんど続編・続続編は、もとの銀板写真とくらべたばあい、本のサイズが大き過ぎる印象がなくもなく、厨房からお盆にのせてしずしず運んでる感ただよわせていたのにくらべて、こちらの暗いアノ世で:お遺体&死者追悼お写真集は、小さすぎず大きすぎず、ペーヂをひらいた瞬間から戸板がえしの水面下にざぶんと引っぱりこまれてゴボゴボと。1つずつの屍体写真のちがいやみどころを写真のしたの数行の文章でわかりやすく簡潔に説明してくれてあるのも暗いアノ世で:お遺体&死者追悼お写真集のどどてもヨイところで、言われてみれば確かにカニカマボコぼことゆーかんぢで、死者のいる部屋の室内全体が画面におさまるように隣の部屋から撮影している写真だとか、その時代としては相当に画期的なはずの、思い切った大接近で死者の顔の表情を撮影している写真だとか、出来上がった写真のうえから彩色してある写真を小道具として無彩色の写真のなかに入れこんである写真だとか、細かいみどころもそれこれと。死者の持ち物などについても『これはその時代のヲトメたちの間で大流行した「おまじないのヒモ」とゆーて、ボタンを100個むすぶと運命の彼氏に出会えると言われていたものデス』などなど読み終わつた瞬間に忘れてもちょっとも残念でない細かい説明もぽちぽちと。巻頭すぐには、死後の追悼お遺体写真ではなく生前の、余命を死の床に横たえながら目を見開いて写真機のレンヅを見詰めているひとたちの古写真をまとめてあつてお遺体系写真集としては異色の一章もあり。巻末にかけては、泣き女や霊柩馬車や墓石、葬儀かんれん立体写真や心霊写真までお遺体まわり関連の古写真をまとめたさり毛なく貴重ぽい一章や、家族のひとりだった愛玩ドヲブツたちの屍体追悼お写真をまとめた一章もあり。大部分のお遺体写真は屋内で棺桶のなかや寝台に安置されたり両親や家族に抱きかかえられたりしているなかで「犯罪・殺人・悲劇」と題された一章だけが例外的に、学校内のガス漏れ事故とか洪水の犠牲者たちとか客船の沈没事故による溺死者とかゆうた説明で、何人ものお遺体や棺桶が野外に置かれている写真も混ざっていたり。死んでしまつた瞬間からの、ぢぶんひとりでは何をどおすることもできない状態にある遺体のひとたちひとりひとりの凍りついたようにピタリと止まった時間の流れが写真のわくをくぐり抜けることで切なく悲しく安っぽくてステキな昭和レトロ少女まんがぽい影絵のお芝居みたいな古写真が、ペエヂごとに次から次へと主人公を変えながら登場するので、最初から最後まで順番にみたあとは頁の順番を無視して気のむくままに頁をめくってぼおおと眺めていれば、そのたびに違う妄想にひたってハンケチを濡らしながらうっとりできそおな、ゴオジャスでもゼイタクでもある奥深いお写真集となつているよおです。黒字に文字と模様は金箔の表紙装丁と持ち重りのするズッシリ感覚もサギ師のバイブルぽくて素晴らしく、実用用と保存用と同じ本を2冊買いたくなるのも納得なこちらのレトロ美麗屍体お写真傑作集、購入のお問合せ・お注文は当店どどいつ文庫あて電気メールやお電話でいますぐ大至急にどおぞどおぞ。[記:2015.07.11:PM21時21分]


レトロ美麗屍体お写真傑作集
暗いアノ世で:死神文書館収蔵お遺体&死者追悼お写真集
by 編=死の文書館
発行=2015年(第2刷)。from=ろさんぜるす。英語版。
大きさ:本体=ヨコ18.2せんちxタテ23.5せんちめいとる。
  重さ:約860ぐらむ
外見:はあどかば。三方金(裁断面の天地前小口に金箔)。ページ数=200頁。オオル原色お写真集。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥4000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::想い出卒塔婆150711
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年07月09日のホカホカ再入荷本    ♥♥

宇宙沙漠ぐるぐる巡礼お写真集

 
新疆ウイグルの生きている祭壇
・・スエーデンの冒険家・屁出ンがラクダの背中で船酔いしながら魔法使いや妖精の呪いで守られた伝説の金銀パールプレゼント埋蔵金が埋もれているとゆー幻覚におぼれたほど、油断すればいつでも近づくヒトたちをアアっとゆう間に呑み込み消し去ってしまう砂粒と砂粒がフク笑いもびっくりの夢幻のパタンで幻惑する砂の海タクラマカン沙漠を背景に、お告げ系デソパ系あ〜ちすとが交通事故現場の道ばたにこさえた地縛霊追悼の七夕かざりの沙漠バーヂョンみたいなフシギな人工物たちがイキモノのよおに、苛酷な沙漠の自然かんきょうのなかでハタハタ羽ばたいたりシーンと静まつたりする姿をみつめたパワーすぽっとお祈りキロクお写真集でありまする。シルクロードをさすらう巡礼者おヘンロさんや沙漠のそばの住人たちが奉納のために持ち寄った赤や青や緑や白などカラフルな布が巻き付けられ、てっぺんには旗がなびいていたりするお祈りのための宗教的こしらえものは、骨組みがタクラマカン沙漠にはえているタマリスク(たぶん?)の幹らしき木の枝などの組み合わせで出来ているせいもあつて、まるで、樹木でつくられた顔のない大きな人形が、沙漠のなかをどこかに向かって列をくんで踊り歩きまわってみたり、ときどきは座り込んで抱き合つていたりするかのよおだつたり。地元の旋回舞踊音楽など流しながら頁をめくたりすれば、空飛ぶジュウタンにくるまって沙漠で昼寝をしてるミイラのよおな気分にもなれそおだったり。聖人のお墓にむかって点々とつらなっているに簡単なトリイみたいなものがあったり。低い小さな柵を四角くならべた囲いのなかが先祖の墓地だったり。子宝祈願や安産祈願のおまじないや儀式のためなのだとゆー人形があったりヒツジやヤクなどのガイコツがあったり。生まれ変わりとゆー実際にはあり得ない出来事を空想のなかでたのしもーとするときに、ひごろは黄砂のみなもとだとか核兵器実験場だとか地元部族を迫害する政策だとか以外のことで時たま地名をきく新疆ウイグル痔地区タクラマカン沙漠あたりに魔界転生をしたとしてもビックリしないよおに今のうちにビックリしておくのにも好適な、タクラマカン沙漠の広大さを空間的にもれきし的にも、凧揚げ合戦をしていない時期の浜松・中田島砂丘ぐらいのチンマリしたお庭ムウドに圧縮して最高気温360度最低気温マイナス720度の砂風呂エステっぽく体感させてくれるかのよおです。タクラマカン沙漠とカックラキン大放送の野口ゴローの駄洒落の違いを気にしないみなみなさまにこそオスススめしてみたいこの宇宙軸ぐるぐる写真集の座り読みは当店ショウルウムにて、あんどお購入のお問合せ・お注文は当店どどいつ文庫あて電気メールやお電話などでのお連絡を忘れるまえに大至急どおぞどおぞ。[記:2015.07.09:PM17時40分]


宇宙沙漠ぐるぐる巡礼お写真集
新疆ウイグルの生きている祭壇
by リサ・ロス
発行=2013年。from=にうようく。英語版。
大きさ:本体=ヨコ256みりxタテ265みりめいとる。
  重さ:約1.0きろぐらむ
外見:はあどかば。ページ数=128頁。カラーお写真集。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥4500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::沙漠ダバダ150709
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年07月07日のホカホカ再入荷本    ♥♥

発狂あんぐらドロドロ迷宮マンガ怪作集

 
アンリエッタ・ヴァリウム大傑作1983〜2013年
・・マンガとゆうてもおハナシの展開への興味やコーフンにひっぱられてペエヂをめくるのに夢中になつて最後には破いたペエヂでおシリを拭いてスッキリして資源ゴミにだすタイプのマンガとゆう意味のマンガらしさは全然ほどんどなくつてそのかわりに、異様にこんぐらかっていて何が描いてあるのかパッと見ではわからないようなお絵描きのコングラカリぐあいと圧倒的な熱量の高さでペエヂをめくるのも忘れてしまうよおな、いつまで見ていればいるほどに何が描いてあるのかわからないように描いてあることだけがわかってくる他の誰にもマネのできない芸風で、先先月のZ級凶悪犯罪者報道タブロイドまんが図鑑チンピラ兄弟たちの肛門刑務所もホ〜モ頁での誤あんないから数時間後に完売したほどの根づよい人気をもつ毛ベツク州モン鳥オウルの特殊マンガ家アンリエッタ・ヴァリウムさんのデビウから2013年まで30年ぶんのホルモンを濃縮。酔いごこち吐く熱アルコオル度数マイナス40度の理解ふか脳マンガ集でありまする。収録さくひんは1995年にファンタグラフィックスぶっくすから刊行されるとそれまで北米都市の亡命飯らべるだつたヴァリウムさんの知名度を一気に世界発狂まんが史上の大異人らべるにまで押し上げた腐朽の怪作『原始的な低能』収録作の復刻をちうしん(?)に、発狂度をさらに加速したオールカラー頁を全84頁ちう30頁もにゅもにゅ投入。下水道トンネルのなかでネバつく小さな妖怪に変身した腐ったオデンの売残りたちがヒシメキあっているみたいなマンガ「ドブから来たヲトコ」。約4コマ前後マンガ「月刊変人れぽおと」しりいず。ヴァリウムさんお特異の歴史的有名人異次元生命体化肖像写真コラァジュこれくしおん「保存されたアタマ」。吐瀉物の海に浮かぶ爽快感ただよう「地獄からの隣人」。スーパーどろどろ昆虫ヒぃロォもの「パトゥvs色つきマメの腕」。途中には唐突に思い切り場違いなかんぢで「タソタソの冒険」のおゲレツぱろでぃ『ソタソタの冒険』が混ざっている食い合わせの悪さにヴァリウムさんの裏返しに謙虚なおひとがらも垣間見えてきたりもしつつ、S・クレイ・ウイルソンもビツクリのアンリエッタ・バリウム式錯乱幻覚万華鏡まんが最高けつさく「ワンコのお肉」はフルふるカラーで大臭録。ヘドロの海に浮き沈みするナゾの人体破壊病院に緊急移送されてタコ足接続が入り乱れて収拾不能な迷路状態になつている意味不明の医療プログラムにつながれた謎のチューブでぐるぐる状態の日野日出志の虹色の血みどろマンガにたとえてみると当たらずといえども近からずなヴァリウムまんがの目くるめき。さらに無理やりにたとえてみれば、一歩店内にはいってみると厨房やドンブリから飛び出したラーメンの麺がクモの巣のようにカベから天井からテーブルからところかまわず伸び広がっていてどこに座ってどこにハシをつけたらよいのか、お客のぢぶんの居場所をみつけるのにも足の踏み場にも困るような異様さにくるまれて逃げ出す気にもれずに立ち尽くしてしまうような他にはどこにもありえないラーメン屋のマンガ本置き場に置いてあったとしたら世界でいちばんペッタリしそおなかんぢで。この世のものとも思われなひグログロわあるどのまっただなかでカワひさの幼虫みたいなものを探す地味なたのしみも満点で、異様なもの好きのみなみなさまには辛抱たまらなひ、発行部数500部限定の愛蔵版まんが集となつているよおです。お自分からお自分へ、そうめん代わりに思い切り消化にわるぅい夏のお中元としても実にぺったりなこの1冊、お問合せ・お注文は当店どどいつ文庫あて大至急に電気メールやお電話などでのお連絡を忘れるまえにどおぞどおぞ。[記:2015.07.07:PM17時40分]


発狂あんぐらドロドロ迷宮マンガ怪作集
アンリエッタ・ヴァリウム大傑作1983〜2013年
by アンリエッタ・ヴァリウム
発行=2013年。from=マケドニア。英語+いみふめい語のちゃんぽん版。限定500部版。
大きさ:本体=ヨコ188みりxタテ284みりめいとる。
  重さ:約500ぐらむ
外見:はあどかば。ページ数=84頁。カラー&シロクロおマンガ集。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥4500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::迷走神経懐炉150707
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年07月05日のホカホカ再入荷本    ♥♥

1980年代英国ヅンドコ音楽お写真集

 
ワイルどなヒビ
・・1993年トヲキオにお引越してヲンガクふぁっしおん系のお仕事でかつやくしていたエゲレスのお写真家アンドリュウ・ビィズさんが2009年ごろ里帰りしたときに偶然にみつけたのだとゆー、アンドリュウさんが10代の頃に故郷で撮影した20本のフィルムロールから蘇った世界づんどこヲドリ震源地1980年代エゲレス・ブリストル花形づんどこ音楽隊のひとたちの10代後半〜20代前半ぐらい当時のみずみずしい緊張感ではちきれそうな空気が真空ぱっく的にとりこまれている奇跡っぽさで有名な2009年刊行のお写真集の問屋死蔵在庫版が、およそ6年おくれでモソモソもっさりと、およそオサレには縁遠い当店どどいつ文庫ショウルウにも到着してくれまぢだ。写真集のなかに見える顔ぶれを、アイドル音楽家名で数えあげていくと、ブリストル最初期のDJぱんく抵抗ダンスかるちやが、3Dの街角落書きや1986年来日時の告知チラシなどもまぢえた、マッシブ・アタックを名乗る以前のワイルド・バンチ・サウンドシステムを中心に、ポップグループのマーク・スチュワート、オンユーさうんどのエイドリアン・シャーウッド、スリッツのアリ・アップ、ジャー・シャカ、ブリリアント・コーナーズ、とかなんとか続々登場する超有名なひとたちの名前を誰ひとり知らなくても、たとえていえば中沢啓治のマンガにも通じるよおなコドモの無邪気さと異星体験をかねそなえた10代のコドモヲトナにしかありえな毛な奇想天外なほどのリリしさカッコよさがこの写真集の最大のモち味。この写真集の舞台になっている古い港町ブリストルといえば、世界奴隷貿易史上にリバプールと並ぶ奴隷三角貿易の拠点港として繁栄してきた森進一そっくり物マネの森進伍もびっくりのブルースな港町なわけですが、「ダンスはつねにイヤシメられ非人間化されるドレイの日常からの不可欠な切断として体現された。ダンスにおいてドレイたちはニグロであることを拒否する。ダンスは、タイコの音がその始まりを合図すれば、もうその時から何の制約もない想像力の世界に身を投じることを可能にしてくれる活性薬のようなものであった」「彼らはダンスに政治的価値と内容を付与した。つまり彼らはダンスにおいて逃亡を果たしたのである」「ダンスとは反逆することなのだ。内に向かうと同時に外に向かうこの場所はとてつもない力を内包する・・」などなどムツカしくて分からない所もいかにもありがた毛なおコトバ(*正確に書き写す根気が足りなくてスミませむむ。。)の数々が汁されている『ニグロ、ダンス、抵抗:17〜19世紀カリブ海地域奴隷制史』byガブリエル・アンチオープ、石塚道子訳、2001年、人文書院)とゆう本が、この写真集を最大限にたのしむためのバイアグラ的手助けになりそだつたりもしなくなくもなさそおなので、あわせてゼヒ是非お図書館などでこっそり復讐してみてくらはい。白い王様ふぁみりぃたちのエゲレス旧テイコクの空気にきゅっきゅきゅきゅと刻みこむように有色人無職人こきまざる1980年代港町ブリストルの将来性バンバンのわかいひとたちの繊細な表情のひだひだと二重うつしに近現代ぢんるい残酷史がくっきりと浮かび上がるのを感じてもかんじなくても、ベリィきゅうちぃな現場感いっぱいのお写真集として満喫できそおです。1980年代ヲンガクふぁん、ワイルドスタイル青少年お写真ふぁん、世界暗黒史ふぁんはじめ数少ない数多くのみなみなさまへのぢぶんからぢぶんへのプレゼントにも好適なこのお写真集、お問合せ・お注文は当店どどいつ文庫下記アドレスあて電気メールを大至急にどおぞどおぞ。[記:2015.07.05:PM20時20分]


1980年代英国ヅンドコ音楽お写真集
ワイルどなヒビ
by 写真=ビィザア(=アンドリュウ・ビィズ)
Wild Dayz by Beezer
発行=2009年。from=ブリストル。英語版。
大きさ:本体=ヨコ176みりxタテ260みりめいとる。
  重さ:約700ぐらむ
外見:そふとかば。ページ数=記載なし。カラー&シロクロお写真集。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥3400
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::ニンゲン貿易150705
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年07月03日のホカホカ再入荷本    ♥♥

おふらんすドヲブツ剥製400年お写真集

 
死んでるか生きてるか:剥製ドヲブツ同時代史
・・「ドヲブツの剥製(はくせい)」で思い浮かぶイメエヂとゆうても毛皮のフンドシ水着や生クビつきのエリマキや怪奇映画の呪われた小道具みたいなものをはぢめとしてヒトとりどりなわけですが、本書のばやいはおフランス・パリィにある国立自然史博物館に保管&(一部)展示されている、ルイ15世・ルイ16世の宮殿に飾られていたトリさん(ツグミやウズラたち)の剥製から21世紀の現在までのおおよそ300年ほどの間に作られた狩猟文化圏ならではと思いたくもなるものすごく数多くの「ドヲブツの剥製」を、もともとの所有者や剥製作者ごとに年代順に陳列。博物館倉庫の剥製専用のタンスにギウギウ詰めぽく押し込まれているトリさんたちの剥製を、タンスの引き出しをひっぱりだして撮影させてもらつたり、いたれりつくせりぽい国立自然史博物館のお助けをよいことに、白いヴェエルを頭から被せられて開館時の疲れをいやしている毛な剥製さんたちのヴェエルを脱がせ、消灯後の暗闇のなかに閃光を浮かべ、いやがうえにもドラマちっくなセッチングで撮影させてもらつたりと、ドヲブツさんたちの精気や霊気を呼び覚ますためにやりたい放題をさせてもらっているおかげさまで、国立自然史博物館の前身にあたる王立資料館当時にビュフォン伯ジョルジュ=ルイ・ルクレルに撫で撫でされていたドヲブツたちの剥製も、ルイ15世ご自慢のサイの剥製も、博物標本をもとめて海を渡り博物図鑑の名著をのこしたことでも知られるピエール・ベロン(1517-1564)など大航海時代の博物学者たちのトリやおサカナの標本も、ベルサイユの薔薇でおなぢみのおフランス大革命まっさいちゅうに正式発足した国立自然史博物館の草創期に鳥類剥製づくりに情熱を傾けたジャン=バティスト・ベクール師や、ジョルジュ・キュビエに師事しインドに旅立つた冒険やろおピエール・ディアール&アルフレッド・デュヴォーセルが持ち帰ったアジアの珍獣の剥製も、作文担当のほうの著者が「剥製ドヲブツの黄金時代の名人」とたたえるジュール・アンドレ師の剥製も、後半の後半に登場する現代の第一線のプロ剥製師さんが実際につくっている途中途中から完成までのドヲブツの作りかけの剥製も、どのどの剥製もどのどの剥製もが、写真ヨコ幅25cmタテ約35cmの大判紙面をお気にいりの夜の下着みたいにピッチリはきこなしている毛な写真家ジャック・ヴクマンさんの、剥製ひとつひとつの感触を細部の細部までツヤつややかに色つぽく撫でくり浮かびあがらせるレンズをくぐると、巨大ホニュウ類のタマゴのカラがぱかっと割れてたった今の今さっき飛び出してちょっと近所をウロウロして戻ってきたところみたいなかんぢで、ビフォーあんどアフター的に実物の剥製よりもももっとビュウチふるに生まれ変わってでてきたのかと思うよお。おフランス国立自然史博物館の剥製たちに、浮かばれなかったファッションモデルたちの霊魂が取り憑いて剥製ファッションショウの舞台で踊つているかのようなチャアミンぐなお写真集となつているよおです。お問合せ・お注文は当店どどいつ文庫下記アドレスあてさささささつと電気メールをどおぞどおぞ。[記:2015.07.03:PM22時45分]


おふらんすドヲブツ剥製400年お写真集
死んでるか生きてるか:剥製ドヲブツ同時代史
by 写真=ジャック・ヴクマン、文=ジャック・ティニィ
発行=2014年。from=巴里。おフランス語版。
大きさ:本体=ヨコ250みりxタテ347みりめいとる。
  重さ:約1.1きろぐらむ以上(*当店の計量器具測定限界値を越えてい升。。)
外見:はあどかば。ページ数=190頁。カラーお写真集。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥9800
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::剥製保管庫150703
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


    ♥♥  2015年07月01日のホカホカ再入荷本    ♥♥

おマヌケねっとオオクシヲン奇天烈デザイソ物品図鑑

 
うんち物件:Eベイ(いぃべい)でおいらが買つたくず
・・「むかしの教会のザンゲ部屋と一緒でインタアネットはヒトがどれほどクダラナいかを競い合う場所だ」とゆうゆうふうな言い伝えを聞いたことがあるかたは少なくなくなくないかと思いますが、コトバの違いとゆうカベをのりこえて、目にみえる物体のかたちでインタアネツトのクダラナさを見せびらかしてくれるのが、インタァネツトおおくしょんに世界ぢゅうの自覚的にか無自覚にかクゥダラなひひとたちが出品する、珍妙キテレツな手づくり品や誰の役に立つのか発明品のかずかず。思いつきもダメ、デザイソもダメ、最終的な出来上がりのカタチもダメ。ダメ、駄目、だめの3拍子がそろったダメさ加減が、原始人類もガックリな、インターネットとゆう出会いの場のくだらなさを無言のうちにものがたってくれる、選りすぐりのダメ物件101点を陳列した魅惑のクダラナひコレクシヲン本でありまするン。いちばん最初は「オーストラリヤ先住民のひとたちが伝統的に愛用してきた」とゆう商品説明もアヤシひかんじな「カンガルーの睾丸袋の皮でこさえた小銭入れ」からはじまって、最後のシメの「軍事刑務所たいぷ後背位型全自動性交マシン張り型つき」まで全部で101点の驚異的ダメ駄目だめネツトオークション出店品が、「イキモノからこさえたクズ物件」「(家具調度品など)おウチを地獄にかえるクズ物件」「誰がコレを人前で着られるのか不明なクズ(衣類)物件」「オモチャ箱から飛び出したクズ物件」「同じものをたくさん揃えたくなってぽちぃコレクターぐっづ系のクズ物件」「誰も欲しがらないクズ物件」「人工包皮や恥毛カツラなど性器まわりのお悩み解消をうたうクズ物件」「ヤブ医者そのものなクズ物件」「見た目がすごっくヲソロしークズ物件」「ヲトナ専用のクズ物件」「ペット用のクズ物件」「ノリモノ用のクズ物件」「食べようとおもえば食べられるクズ物件」「クリスマス用のクズ物件」「値段が高くて手が届かないクズ物件」とゆう分類順で、ニンゲンさまとダンゴムシさまの、どっちがホントオにオリコウなのか考えてみづにはいられない脱力ぐっづのかずかずが陳列されていてますす。「生きていたときそのままのカエルのカヲと上半身がくっついているキイちぇいん」「イエスキリすトをトラック運転手に見立てた悪趣味ビロード飾り絵」「ヘラジカのうんちを詰めた耳かざり」「ヒップあっぷのおまじない指輪」「パンストに早変わりする財布」「牛糞のすべてがわかるDVD」「アクリル製差し歯100本セット」「天然成分の女性臭香水『陰門』」「航空管制塔」などなどなど、ボーっとみていると値段次第でなんとなく買つてみたくなくなくもなさ毛なほどにトンチキでたのしげなオマヌケ物品びぢゅある図鑑となつているよおです。ネット通販で小銭かせぎ、大銭かせぎを目指してこれから何かをどおにかしてみたいけれど何が何だかわからにゃいみなみなさまのドツボよけ対策にもペッタリで、ぢぶんで買ってよし、プレゼントにもよしの、どこまでも軽はづみなお調子者ムウドもたっぷりなこの1冊、お問合せ・お注文は当店どどいつ文庫下記アドレスあてさささささつと電気メールをどおぞどおぞ。[記:2015.07.01:PM18時30分]


おマヌケねっとオオクシヲン奇天烈デザイソ物品図鑑
うんち物件:Eベイ(いぃべい)でおいらが買つたくず
by キャリィ・マクニール、ビバリィ・ジェンキンス
発行=2011年。from=ぺんしるべにあ。英語版。
大きさ:本体=ヨコ140みりxタテ210みりめいとる。
  重さ:約500ぐらむ。
外見:そふとかば。ページ数=156頁。カラーお写真集。
推定対象読者年齢:0才〜120才
ど特価:=¥2500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::珍品堂主人150701
次の本もどおぞ       前の本もどおぞ


次のペエヂはアチラ          先月のペエヂはアチラ

この頁の先頭に戻る

お問合せ‐ご注文は今スグ大至急なんとなくdobunko@mail.goo.ne.jp「どどいつ文庫」まで
inserted by FC2 system